スポンサーリンク

未央「年に1度のものすごく淋しさを感じる日」 

0

【SS速報VIP】未央「年に1度のものすごく淋しさを感じる日」


■関連SS
美穂「いっぱいちゅき…///」P「!?」
有香「押忍! 不真面目になります!」ピシ-
ゆかり「脱・天然です♪」ピシ-
法子「正義の味方! レディ・ドーナツ♪」ピシ-
未央「年に1度のものすごく淋しさを感じる日」

1 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:42:26.61 :eR1W8P4D0

(事務所)

カチャ

未央「…おはよ。しぶりん」

凛「あ、おはよう。未央。来てたんだ」

未央「ん…さっきね」クテ-

凛「…」

未央「…」クテ-

凛「どうしたの未央、くったりして。体調悪いの?」
2 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:42:48.75 :eR1W8P4D0

未央「ううん。体調は悪くない」

凛「じゃあ何?」

未央「淋しいんだよ」

凛「はい?」

未央「年に1回くらいのペースでさ『あ、やばい。今日、めっちゃ人に甘えたい』って日があるわけ。今日の私はまさにその日なわけなのさ」

凛「…ふーん」
3 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:43:25.11 :eR1W8P4D0

未央「この気持ちわかる?」

凛「まあ。何となく」

未央「というわけでしぶりん! 甘えさせてくれたまえー!」ガ-!

凛「嫌だよ」グイ-

未央「ひ、ひどい! 事情を1から10まできちんと話したのに! 躊躇いなくはねつけるなんて酷すぎるぅー!」ガ-ン!

凛「私。いまレッスンの休憩中。汗かいてるからひっつきたくないんだ」

未央「おおぅ…そう言われちゃ甘えるに甘えられないな…」

凛「ごめん」
4 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:44:22.25 :eR1W8P4D0

未央「いいさ…私は淋しさに身を焦がれながら今日という日をたった1人で耐え抜くんだ…」シュ-ン

凛「大袈裟だなぁ。茜か藍子に声かけてみたら?」

未央「かけた…でも2人ともフリップフロップのイベントで近くにいない…」シュ-ン

凛「どんまい」

未央「そういえば! しまむーは!? しまむーなら私の淋しさを笑顔で浄化してくれるはず!! しまむぅー!!」

凛「卯月ならピンクチェックスクールのメンバーと一緒にハンターマウンテン(スキー場)に行ってるよ」

未央「私が甘えられないのは雪のせいだったのか!!」ガ-ン!!

凛「はいはい」
5 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:47:07.13 :eR1W8P4D0

未央「となると…やっぱりしぶりーん!!」ガバ-ッ!

凛「来ないで。暑苦しいから」グイ-

未央「いーけーずぅー!!!」ジタバタ

凛「まったく…プロデューサー呼んであげるからちょっと待ってなよ」

未央「待って!?」カッ!

凛「?」

未央「ぷ、プロデューサーは無し! 無しです!」カッ!

凛「…」

未央「…」
6 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:47:51.22 :eR1W8P4D0

凛「プロデューサーはダメな理由を50文字以内で簡潔に述べよ」

未央「え、えっと…迷惑かけちゃうかなー…なんて…えへへ…///」

凛「…」

未央「…」

凛「未央」

未央「は、はい」

凛「もうLINEで連絡したから安心していいよ」フフフ

未央「この裏切り者ぉぉぉぉ!!!」ガ-!!
7 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:48:38.42 :eR1W8P4D0

(しばらくして)

凛「未央がワガママ言うから『やっぱり来ないで』って返しておいたよ」

未央「ありがとう」

未央「(…なんかお礼を言うのも変な気がするけど)」

凛「話は変わるけどさ、うちの加蓮は週に1回くらいのペースで『今日は淋しい日だなー』って言ってるよ」

未央「かれんはそういうタイプだよねー。しぶりんは甘えさせてあげてるの?」

凛「ううん。いつも奈緒が絡まれてる。最初は『やめろ、やめろー』って抵抗してたんだけど、最近は諦めてる感じ」

未央「ほー」

凛「動画あるけど見る?」

未央「見たい♪」

凛「はい。これ」
8 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:49:13.19 :eR1W8P4D0

【ある日】

加蓮「奈緒ー」

奈緒「ん」

加蓮「♪」ギュ-

奈緒「…」

加蓮「♪」モフモフモフモフ

奈緒「りーん。今日のお昼どこで食べるー?」

加蓮「マックがいいなー♪」モフモフモフモフ

凛「私は蕎麦がいい」
9 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:49:46.99 :eR1W8P4D0

奈緒「じゃあ、蕎麦食うか」

加蓮「無視すんな~♪」ギュ-

モフモフモフ

奈緒「…」

奈緒「つーか、凛。さっきから何でスマホをこっちに向けてるんだよ?」

凛「撮ってるから」

奈緒「…はぁぁぁぁっ!? な、何やってんだよおぉぉっ!?」
10 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:50:48.14 :eR1W8P4D0

加蓮「イェーイ♪」ピ-ス

凛「いい笑顔。奈緒も笑って」

奈緒「うるさーい! 撮るな! 止めろ! 加蓮はいい加減に離れろぉぉぉぉっ!!!」ギャ-!

加蓮「奈緒~♪」ギュ-

凛「仲睦まじいようで何よりだね」

奈緒「あー! もー! 本当に怒るからなぁぁぁぁっ!!」ギャ-!!
11 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:51:25.07 :eR1W8P4D0

ピッ

凛「どう?」

未央「もうさ。かれんとかみやんは結婚していいんじゃないかな」

凛「私も最近夫婦なんじゃないかって疑うことがあるよ」

未央「いいなぁ…私もあんな風に気兼ねなくいつでも甘えることのできるパートナーが欲しいよ…」チラッ

凛「…」
12 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:52:03.50 :eR1W8P4D0

未央「しぶりーん!」ガ-ッ!

凛「だからやめてってば」グイ-

未央「ぐぇー」

凛「プロデューサー呼んでもいいわけ?」

未央「ごめんなさい。ごめんなさい。もうしません」

凛「ん」
13 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:52:35.04 :eR1W8P4D0

(しばらくして)

未央「あーまーえーたーいぃー…誰か甘えさせてくれる人はおらんかねー…」クテ-

凛「レッスンルームにマスタートレーナーさんがいるよ。お姉さんだし頼めば甘えさせてくれるかも」

未央「いーや、あの人は『下の子にプロレス技をかけるタイプのお姉ちゃん』だってことくらい未央ちゃんセンサーにはお見通しなのさ」フッ

凛「よその子には激甘かもしれないじゃん」

未央「かりにそうだとしても緊張でこっちが甘えられないよ。普段の鬼教官っぷりを知ってるだけに激甘だったらドン引きだよ。ヤ○ザがチワワを赤ちゃん言葉で可愛がってたら引くでしょ? それと同じだよ」
14 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:53:03.21 :eR1W8P4D0

凛「散々な言いようだね」

未央「怖いもの。しぶりんはあの人に『たくさん甘えていいんだぞ…☆』なんて言われてリラックスできるのかい?」

凛「無理。怖いね」

未央「でしょ」

凛「逆にどの程度までの人なら甘えられる?」

未央「どの程度、というと?」
15 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:53:39.46 :eR1W8P4D0

凛「例えば、川島さんとか」

未央「川島さんには相談に乗ってもらったことはあるけど…大人っぽすぎて甘えづらいかなぁ」

凛「美優さん」

未央「みゆみゆには甘えてみたいけど…いつも他の子に甘えられてるからちょっと気兼ねしちゃうなー」

凛「美嘉」

未央「実は尊敬の念が強くて甘え難い。美嘉ねぇはカッコよすぎるんだよ」

凛「ありさ」

未央「ありさ先生に子供扱いされちゃうと…恥ずかしいかな。幼稚園の先生を思い出しちゃってさ」
16 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:54:25.03 :eR1W8P4D0

凛「…」

未央「な、何さ。その目は」

凛「…未央って人に気を遣いすぎて甘えるの下手だよね」

未央「知ってるよっ! 気にしてるんだよっ! だからしぶりん甘えさせてーっ!」ガ-ッ!!

凛「だから、いまはやめてほしいんだって」グイ-

未央「ヒーン!」
17 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:54:57.69 :eR1W8P4D0

(しばらくして)

凛「甘えたい甘えたい言ってるけどさ。未央はどんな風に甘えたいわけ?」

未央「んー、膝枕とハグはしてもらいたいかな。 あーちゃんと茜ちんに甘える時はいつもやってもらうしね♪」

凛「定番だね」メモメモ

未央「それがいいんだよ」

凛「他には?」
18 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:55:29.43 :eR1W8P4D0

未央「やってもらったことはないけど腕枕してもらいたいかなー。ほら。『キミが寝るまで隣にいてやるぜ★』的なやつに憧れがあるわけよ♪」

凛「乙女だね」メモメモ

未央「うるさいやい。そういうしぶりんこそ、淋しい日はどうやって解消してるの?」

凛「ハナコを撫で回したり、抱きしめたりしてるよ」

未央「あー、犬はいいねー」

凛「あのね」

未央「うん?」

凛「すっ……」

未央「…」

凛「…」

未央「…」

凛「…っごい可愛いんだよね」

未央「そこまで溜める必要はあったの?」
19 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:56:22.82 :eR1W8P4D0

凛「犬はいいよ」

未央「はいはい」

凛「寝る時になってさ寂しくなる時ってあるでしょ」

未央「それすごくよくわかる。月1くらいのペースである」

凛「で、そんな時にハナコがベッドに潜り込んできたりするとね。一瞬で淋しさが吹き飛ぶんだよ」

未央「うわぁぁぁぁっ!! いーなぁぁぁぁっ!!!」ヒャ-!!

凛「人肌を求める未央には満足出来ないかもしれないけど」フフフ

未央「微妙にヤらしい言い方にするのやめてくれる!? 誤解を招くからっ!」

凛「『淋しい。抱いて』ってSNSで呼びかけたら人が集まるかも」

未央「アウトだよ! やましい気持ちを抱いた人たちしか集まらないよ! 全力でアウトだよ!」

凛「ワガママだね」

未央「今のは突っ込みを叩き込むべきポイントでしょうが」
20 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:57:40.88 :eR1W8P4D0

(しばらくして)

未央「贅沢は言わないけどさ」

凛「うん?」

未央「淋しい時、すっと隣に人が座ってくれるだけでも嬉しいんだよねー」

凛「うん」

未央「さらにハグやら膝枕をしてくれるとなおよし♪」

凛「部屋に2人きりだと?」

未央「最高! 気兼ねなく甘えられる!」
21 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:58:26.20 :eR1W8P4D0

凛「部屋は薄暗いのと明るいのどっちがいい?」

未央「薄暗いほうがいいかなぁ」

凛「ソファかベッド」

未央「腕枕してもらいたいしベッド」

凛「時間は?」

未央「淋しくなくなるまで!」

凛「なるほど」メモメモ

未央「…」

未央「ところでしぶりん。さっきからどうしてメモを取ってるわけ?」

凛「何でもないよ。気にしないで」

未央「?」
22 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:59:11.12 :eR1W8P4D0

(しばらくして)

凛「それじゃあ。私はレッスンに行ってくるよ」

未央「待たれい!」ガシッ!

凛「重いんだけど」

未央「1人にするつもり!?」ガシ-

凛「うん」

未央「酷い! 鬼! 悪魔! しぶりんて実は私のこと嫌いでしょ!」

凛「嫌いじゃないよ」ニコリ

未央「し、しぶりん…!」ジ-ン
23 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/26(金) 23:59:44.52 :eR1W8P4D0

凛「でも、これとそれとは話が違うよね」スッ

未央「行かないでー!!!」ガシ-

凛「…」

未央「そ、その冷たい目は怖いかナー…」

凛「はぁ…それじゃあ、この部屋に誰かが来るまで待っててあげるよ」

未央「さすがしぶりん!!!」

凛「その代わり。次来た人が誰であろうと、その人にきちんと甘えなよ?」

未央「もちろん!」
24 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:00:15.57 :6wNpAvat0

凛「相手が乃々でもだよ?」

未央「うっ…歳下も範囲に含まれるのか…」

凛「当然。仁奈でもありすでも同じだよ。約束するなら待っててあげる」

未央「…」

未央「ええい! いま1人になるよりはマシだ! その約束必ず守ろう!」カッ!

凛「OK。じゃあ、決まりだね」ポチポチ

未央「おやしぶりん。ケータイをいじってどうしたんだい?」

凛「今から来るって」

未央「へ? 誰が?」

凛「あ、着いたみたい」
25 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:00:43.79 :6wNpAvat0

カチャ

P「どうしたんだ凛。用事があるって?」

未央「!?」

凛「かくかくじかじか」

P「ほー」

凛「というわけで。未央の欲にまみれた願望一覧はこのメモに書いてあるから、よろしくね」

P「OK。レッスン頑張ってこいよ」

凛「うん。それじゃあね。プロデューサー、未央」ニタリ

パタン

未央「」
26 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:01:39.24 :6wNpAvat0

P「さて」

未央「わ、私も帰ろうかなー…な、なんて…」

P「帰ったらまた1人か」ボソリ

未央「…」

P「約束も破ることになるし…果たして帰っていいのかな?」

未央「…ァゥ」

P「まあ引き止めはしないけど」

未央「…」

P「…」

未央「ちくしょーうぅっ! こうなったら!! 全力で甘えさせろプロデューサー!!!!!!」カッ!!

P「かかってこい!!」カッ!
27 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:02:09.39 :6wNpAvat0

(仮眠室)

未央「うぉぉぉぉぉっ!!! 行くぞ! 膝枕ぁぁぁっ!!!」パタ-ン!!

P「こぉぉぉぉぉい!!!!」カッ!

未央「どぉりゃぁぁぁぁっ!!!」ゴロ-ン

P「…」

未央「…」

P「いかがですか?」

未央「…結構なお点前です」

P「ほう」
28 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:02:57.21 :6wNpAvat0

未央「…」

P「…」

未央「あ、あのさ」

P「はい?」

未央「こ、これは…いつまで続けるのでしょうか…///」カァァァ

P「しばらく」

未央「し、しばらくって?」

P「しばらく」
29 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:03:23.11 :6wNpAvat0

(しばらくして)

未央「アゥ…///」プシュ-

P「大丈夫?」

未央「も、問題ないぜ…!」グッ

P「次なんだっけ?」

未央「ハグ…///」

P「カモン」

未央「くそぉぉぉぉぉぉっ!!! こうなったら全力で挑んでやるぅっ!!!!」

未央「行くぞぉぉぉぉ!!! くなくそーーー!!!!」ガバ-ッ!!

P「はい」ギュ-
30 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:04:13.12 :6wNpAvat0

未央「…」

P「…」ギュ-

未央「アゥ…///」

P「…」ギュ-
31 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:04:41.21 :6wNpAvat0

(しばらくして)

未央「…///」キュ-

P「顔赤いなー」

未央「…うるさいよ///」

P「はい。じゃあラスト」ゴロ-

未央「…」

P「腕枕はやめとく?」

未央「ぐぅぅぅぅぅっ!!! ここまで来て逃げるものか!!! スーパースターの未央ちゃんは絶対に負けないぜぇぇっ!!!!!」

P「やるんだな?」

未央「無論っ!!!! とりゃぁぁぁぁっ!!!!」

P「はい」スッ
32 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:05:21.12 :6wNpAvat0

未央「…」クテ-

P「…」

未央「…」

P「…」

未央「…あのさ」

P「何?」

未央「これが人生初の腕枕なんだけどね」

P「うん」

未央「滅茶滅茶恥ずかしい…///」カァァァァ

P「このまま昼寝する?」

未央「無理…寝れない…///」プシュ-
33 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:05:48.84 :6wNpAvat0

(しばらくして)

カチャ

凛「ふぅ…レッスン終わり、と」

未央「」

凛「未央。そっちも終わったの?」

未央「…しぶりん」

凛「うん?」

未央「恨むから…」ジト-

凛「怖いなぁ。ところで甘えてどうだったの?」ニマニマ
34 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:06:18.94 :6wNpAvat0

未央「…」

未央「悪くはなかったけど…///」カァァァァ

凛「じゃあいいじゃん。またプロデューサーに頼んでみようよ」

未央「もうそれは無しっ!!!」ガ-ッ!!

終わり
35 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:06:46.58 :6wNpAvat0

おまけ

マストレ「甘えさせてくれ、だと?」

幸子「フフーン!」

マストレ「…何を考えているのか知らんがいいだろう。甘やかしてやろう」

幸子「(よし…! マストレさんをボクのカワイさの虜にしてしまえば今後のレッスンがマイルドなものに…♪)」

マストレ「ふふふ…腕が鳴るな♪」ボキボキ

幸子「…」

マストレ「しばらくやっていなかったあのメニューも復活させるか…いや、既存のメニューの組み合わせだけでも十分だろうか…」ブツブツ
36 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:07:18.85 :6wNpAvat0

幸子「あの」

マストレ「なんだ?」

幸子「甘えさせてくれるんですよね?」

マストレ「もちろんだ」ボキボキ

幸子「では、どうして指をボキボキ鳴らしているんですか」

マストレ「もちろん甘やかすためだ」

幸子「一応確認しておきます。マストレさんにとって甘やかすとは?」

マストレ「相手を徹底的に鍛え上げることに決まっているだろう」

幸子「」

マストレ「さぁ! 始めるぞ輿水!! 逃げる事は許さんっ!!」

イヤァァァァァァァァッ!!

終わり

37 :◆hAKnaa5i0. :2018/01/27(土) 00:07:53.23 :6wNpAvat0

以上です。
お読みいただきありがとうございました。

本当に久々に荒ぶらない凛を書いたような気がします。かやくを入れないで作ったカップラーメンのような味気なさを感じたので次は必ず荒ぶらせます(断言)

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

【SS速報VIP】未央「年に1度のものすごく淋しさを感じる日」

0

『未央「年に1度のものすごく淋しさを感じる日」 』へのコメント

  1. 名前:2018売れっ子プロデューサー 投稿日:2018/01/27(土) 04:33:08 ID:fb1873b64 返信

    最近、見かけなかったから心配してたんだ