1 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 22:30:18.14 :Mfl2DVdDO

『人気アイドル、桜守さんとそのプロデューサーのお泊りが発覚して早――』


バタン

奏「あら?何を見ているのかしら?」

モバP(奏の担当。以下P)「あぁ、芸能ニュースという名のゴシップ番組をな」

奏「ふぅーん。あ、これって両方が成人しているのね。ならいいんじゃない?」

P「おいおい、そんなんでお泊りしていたらモラルもへったくれもなくなるぞ」

P「奏もこういうヤツに引っ掛かるんじゃないぞ」

奏「そうね……」


奏「未成年アイドルと、こういう関係になるプロデューサーがいうことじゃなければよかったんだけどね」


2 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 22:31:13.06 :Mfl2DVdDO

極めて短い、奏誕生日SSです

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/01(日) 22:34:10.87 :Mfl2DVdDO

P(俺と奏。担当アイドルにして同棲相手。当然、そういう関係)

(プロデューサーとして、恋人として、将来の伴侶予定者として誓いあった仲だ)

(まぁ、なんていうか事の始まりは……)


4 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 22:45:11.56 :Mfl2DVdDO

――それは


「ハッピーバースデー!」

パンパーン

奏「ふふふっ、いくつになっても誕生日をお祝いしてもらえるっていいわね」

朋「まだ10代!うん、私は若い!」

海「こらこら、最年長が何を言ってるんだ?」

雪菜「そうですねぇ。来年はもう成人ですからぁ、誕生日のお祝いは無しってことでぇ」

朋「嘘!嘘!いやぁ、楽しい楽しい誕生日だなぁ」

ワハハハ

フレデリカ「奏ちゃん、コンステレーション!」

美嘉「何故に米空母?」

志希「そもそもフレちゃん的にフランス語をしゃべるべきで~?」

フレデリカ「フレちゃん、難しいフランス語は忘れましたー!」

奏「はいはい、私へのプレゼントは漫才でいいのかしら?」

周子「もう、わかってるくせに」

ワハハハ

ガチャ

P「お、やってるな」

奏「ちょっと?担当アイドルの誕生日なんだから最初から参加しなさいよ」

P「すまんな。さすがに抜け出せなかった」

奏「……もう」


5 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 22:55:14.87 :Mfl2DVdDO

フレデリカ「ほらほらプロデューサーも、奏ちゃんにキスでも接吻でも口付けでもして許してもらおうよ」

志希「いいねぇ~甘酸っぱいムードになるようにアロマを焚こうか」

美嘉「それはみんながそうなるからこないだ怒られはばかりでしょ!!」

奏「やっぱり、漫才がプレゼントじゃないの」プスー

周子「いやいや……ほらプロデューサー」

P「あ、あぁ。奏、今夜は空いているよな」

奏「あら?夜のデートのお誘いかしら?朝までしっぽりしたいのね?……汚されちゃったわ、よよよ」

フレデリカ「プロデューサー、サイテー」

志希「サイテー!」

P「お前らなあ……とりあえずよかったら、景色のいいレストランでディナーを誘いたいんだが」

奏「あら?本当にお誘い?ふふっ、キスだけで足りるかしら?」ピトッ

P「奏ぇ~」


朋「それじゃこの開運のロケットランチャーを撃つわね」ワクワク

海「お、お、おいおい。人に向けるなよ」

雪菜「ちょっとぉ~」

朋「まぁ、冗談だって」

ゴトッ

「おっとっと」ガシッ

ポチッ

三人「え゛っ」


6 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 23:01:17.70 :Mfl2DVdDO

BAHUM-FOOOOM!


奏「きゃっ!」

P「奏っ!」

チュッ

二人「……えっ」


フレデリカ「あー、キラキラの紙吹雪がいっぱいだね」

志希「にゃはは、おっきな紙に大吉って書いてあるよ」

美嘉「ジョークグッズにしては盛大ね」

周子「あれ?……奏?」


奏「あ……」

(や……)

(やっちゃった……)

(私の……)

(私の初めての)

(キス……)


7 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 23:06:58.15 :Mfl2DVdDO

周子「奏っ!しっかり!」

志希「揺らしちゃダメ。直撃コースだから頭打ったわけじゃないよね?」サスリサスリ

奏「あ……」ボーゼン

朋「ごめん、本当にごめん……」

美嘉「でもプロデューサーがいたから当たるようなことはなかったような……?」

海「とりあえず医務室へ」


フレデリカ「……ねぇ、プロデューサー」

P「な、なんだ?」

フレデリカ「奏ちゃんのファーストキス、おいしかった?」

P「な、なんのことかなぁ(棒)」

フレデリカ「……」

「今はごまかしてもいいけど」

「奏ちゃん、今ので一線を越えちゃったかもしれないから、ちゃんと責任は取ってあげてね」

P「……」

「……おおう」

フレデリカ「……ならよし」


8 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 23:11:37.84 :Mfl2DVdDO

…………
……

P(それ以来、バネが壊れたかのように奏は猛烈に接してきた)

(普段大人っぽくみせている反動か、年相応……いや、若干子どもっぽくなったりもする)

(恋人だけが知ってる特権ってヤツの、膨れた時のヤキモチ具合いもかわいいんだな、これが)

奏「Pさん?どうしたの?」

P「あぁ、なんでもないさ」

「それより、もう夜も遅い。寝るか」

奏「あら?」


「一緒に寝ないのかしら?」


9 :◆Vysj.4B9aySt :2018/07/01(日) 23:16:39.65 :Mfl2DVdDO

チュンチュン

バタン

P「おはようございますっ!」ツヤツヤ

奏「おはようございます」ツヤツヤ


ちひろ「……おはようございます」

フレデリカ「ボンソワール!夕べはお楽しみだった?」


奏「えぇ、朝まで繋がっていたわ」ツヤツヤ

P「おかげで寝れなかったよ」ツヤツヤ


志希「うーん、朝から男女のまぐわいのフレグランスが」

周子「……もういいや」

美嘉「慣れたら負けだからね……」


(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/01(日) 23:17:45.34 :Mfl2DVdDO

あれ?お誕生日の話なのにただのリア充カップルになってしまったよ

とりあえずありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【モバマス】奏「そこに惚れた人がいる限り」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530451817/