1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 20:56:41.72 :3E0rhGP90

響「ファンレター以外にも色んなものがあって嬉しいぞー!」

響「いつもぴよ子がえり分けてるけど・・・」

響「疲れて隣の部屋で寝てるからいいよね」

響「これも自分が人気すぎるせいさー!」

響「えっと、まずはこれにしようかな」


>>3


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 20:58:24.91 :JCct9/mpo
紫の薔薇の花


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:03:36.55 :3E0rhGP90

響「えっと・・・これは紫の薔薇の花?」

響「花かー・・・動物は興味あるけど、花はあんまり知らないぞ」

響「そもそも、こんな色の薔薇あったのか・・・」

響「うーん、なにかの添え書きも無いし・・・」

貴音「それはきっと花言葉でしょう」

響「うわっ、貴音、いたのか!?」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:09:15.68 :3E0rhGP90

響「い、いつからいたんだ?」

貴音「昨日からです」

響「え?あ、うん」

響「ってところで、花言葉、貴音は分かるのか?」

貴音「じいやから少し聞きかじっただけですが・・・」

響「じゃあ教えてよ!自分宛の花だしさ!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:11:58.71 :3E0rhGP90

貴音「紫の薔薇は『気品』や『上品さ』、またそれらに対する『尊敬』を示します」

響「き、きひん・・・?じょうひんさ・・・?」

貴音「そしてまた、『気高さ』と『誇り』も示す・・・」

貴音「淑やかさと強さを秘めた、まさに『王』、『君主』の花なのです」

響「し、しとやかで・・・自分が?」

貴音「・・・・・・・」

響「て、照れるなあ・・・うへへ・・・」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:14:09.14 :3E0rhGP90

響「やっぱり自分は間違ってなかったんだな!」

貴音「と、言いますと?」

響「自分はクールなキャラなんだ!それを崩したら駄目さー!」

響「はっはっはっは!自分はやっぱりクールだ!超Coolだぞ自分ー!」

貴音「・・・・・・」

貴音(おそらく手違いでしょうが・・・)

貴音(宛先が私となってるのは黙っておきましょう)フフ


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:15:17.47 :3E0rhGP90

次のプレゼント >>13


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:16:03.78 :I6TBf1UMO
ひまわりの種

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:16:40.74 :5vli0wmZO
辛ラーメン

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:16:42.96 :Ag+YCylC0
貴音


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:21:36.43 :3E0rhGP90

響「えっとこれは・・・辛ラーメン?」

響「あんまり見たことないラーメンだな」

響「というか自分ペットフードで済ますし、あんまりインスタント食べないからなあ」

響「貴音にあげておこう」

貴音「ありがとうございます」

響「うんうん・・・え?」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:24:16.59 :3E0rhGP90

響「ついさっきさっき部屋からでてったよね」

貴音「はい」

響「入るとき扉開けた?」

貴音「あけてません」

響「そっか」

響「じゃなくて貴音、このラーメン食べたことあるのか?」

貴音「時たま食べたくなる味なのです」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:28:04.40 :3E0rhGP90

貴音「元々韓国で作られたものなので、あまり取り扱ってる店が少ないのです」

響「へー貴音は海外まで手を出すのか」

貴音「唐辛子をふんだんに使う彼の地で生まれましたから、その辛さは折り紙付きです」

貴音「どうです?一口食べますか?」ズルズル

響「じ、自分、辛いのは遠慮しておくぞ・・・」

響「え?いつのまに作って・・・」

貴音「さっきです」

響「そっか」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:32:05.80 :3E0rhGP90

貴音「余談ですが」ズルズル

貴音「このラーメンでは幾度か混入物があったこともあります」ムシャムシャ

響「混入物?それって・・・」

貴音「いただいている最中なので具体的には控えておきますが」ホフホフ

貴音「それでもたまには食べたくなる刺激なのです」ズズズズ

響「は、早い・・・」

貴音「それにです」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:35:56.80 :3E0rhGP90

貴音「辛くても甘くても」モギュモギュ

貴音「最後まで作りとおしたらあめんに」ガリガリ

貴音「偽りなど一つもありません」グポーン

響「食べてる音で聞こえなかったぞ」

貴音「ごちそうさまでした」

次のプレゼント >>22


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:36:50.36 :T8PY2yhL0

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:36:53.73 :7Vk46YDGO
ハムスターのぬいぐるみ


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:39:57.97 :3E0rhGP90

響「えっと・・・これはハムスターのぬいぐるみ?」

響「凄くよくできてるなー、しかしどこかで見た、よ、う、な」

響「あれ?なんか、変なカンジが・・・」グワングワン

響「・・・・・・・」

響「こんなところにいたのか!ハム蔵!」

ハム蔵「!?」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:42:10.38 :3E0rhGP90

ぬいぐるみ「」

響「まったくーこんなところに入っててどうするんだよー」

ぬいぐるみ「」

響「少し元気が無いぞ?大丈夫か?」

ぬいぐるみ「」

ハム蔵「ッー!ッ-!」

響「?」

響「あれ?こんなところにぬいぐるみが」

ハム蔵「!!??」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:44:38.71 :3E0rhGP90

響「しかしハム蔵そっくりのぬいぐるみだなー」ガシ

ハム蔵「~!」ジタバタ

響「ここに良い箱があるからしまっておくぞ」

ハム蔵「―――――――!!」

ガチャン


響「そうだハム蔵、一緒にお昼食べるぞ!」

ぬいぐるみ「」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:46:55.11 :3E0rhGP90

ぬいぐるみ「」

響「なんだって?本当にいぬ美がそんなことを?」

ぬいぐるみ「」

響「はははは!なんくるないさー!」

ぬいぐるみ「」


春香「千早ちゃん、あれ・・・」

千早「いつもの我那覇さんだと思うわ」


次のプレゼント >>30


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:47:17.43 :6MfGOdNAO
饅頭

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:47:33.29 :T8PY2yhL0
カッター

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:47:34.75 :QXVJbQaDO
GBハムスター倶楽部2のソフト


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:51:59.35 :3E0rhGP90

響「えっと・・・これはカッター?」

響「カッターなんて趣味悪いぞ・・・」

響「第一、これ自分に送ってくるってことは、自分に使えってこと?」

響「アイドル生活にカッターは必要ないぞ・・・」

響「・・・・・・」

響「・・・」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:52:37.78 :3E0rhGP90

響「・・・・ハア」

響「ハサミだったらよかったのに・・・」

次のプレゼント >>38


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:56:37.42 :EjDlIkRho
パジェロ

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 21:56:45.11 :La6PLt+8o
極太


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:01:11.73 :3E0rhGP90

響「えっと、これは、は、は・・・」

響「うぎゃー!なんなのもー!」

響「ここここんなもの使うわけなななないぞ!」

響「第一、アイドルに送ってくること事態がどーなんだよー!」

響「・・・・・・・・ハッ!」

響「・・・・・・・」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:05:24.62 :3E0rhGP90

響「・・・・・・」キョロキョロ

響「ピヨ子は・・・・」ソー

小鳥「・・・オヤツニスルチュン・・・ウーン」ムニャムニャ

響「・・・・・・」

響「こ、これは自分が預かるさー」


小鳥(くっ、いつもの役得が目の前で奪われ・・・!)


次のプレゼント >>47


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:07:03.84 :+QG2M9TCo
Pの写真


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:12:21.71 :3E0rhGP90

響「えっと、これは・・・プロデューサーの写真!?」

響「しかもこのアングル、絶対本人が気づいてないぞ!?」

響「こんなのどうやって撮ったんだよー・・・うわ、こんなところまで・・・」

響「スタジオの裏や楽屋までとられてる、どうなってるんだー?」

響「・・・・ん?」

響「あれ?このスタジオ・・・」


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:15:44.08 :3E0rhGP90

響「これも!これも!これもだ!」

響「全部自分も一緒のヤツじゃないかー!」

響「くそう、自分がいたのにどうして気付けなかった!?」

響「安心するんだぞプロデューサー!明日からは、指一本触れさせないぞー!」


小鳥(響ちゃん・・・)

小鳥(それ、目的はプロデューサーさんじゃなくて響ちゃんじゃ・・・)


>>51


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:17:59.76 :Kj2EQg7XO
サーターアンダギー

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:18:08.47 :Sk7L99Ul0
首輪


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:23:36.39 :3E0rhGP90

響「えっと、これは首輪?」

響「ちょうどよかったぞ、首輪はいくらあってもみんな壊すからな!」

響「それにこれ凄いぞ、もの凄く太くって、頑丈で、鎖までついてる」

響「これならいぬ美でも迂闊に動けなくなるぞ、はっはっはっは!」

響「どれどれ、自分につけてみてサイズを・・・」


ガシャン


響「あれ?」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:27:09.37 :3E0rhGP90

響「し、しまった、外れないぞ・・・」

響「あれ?鍵は?おかしいな」

響「・・・・・・」

響「まさか入ってなかったのか・・・?」

響「いやそんなことあるわけ」


ビー


響き「!?」ビクゥ


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:29:48.67 :3E0rhGP90

響「ブザー!?首輪から!?」

ビー     ビー

響「な、何だって言うんだ!?」

ビー    ビー

響「・・・・・」

ビー   ビー

響「だ、段々、間隔が小さく・・・」

響「・・・・・・まさか」

響「爆発するのか!?」


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:31:52.70 :3E0rhGP90

響「い、いやだー!まだ自分は死にたくないぞー!」

響「やりたいこと、まだやってないこと、いっぱいいっぱいあるんだー!」

響「くそう、外れろー!」

ビー  ビー

響「駄目だ全然とれないぞー!」

響「うわああああああああ助けてくれハム蔵ー!」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:40:09.76 :3E0rhGP90

ビー ビー

響「も、もう駄目だ・・・」

響「ハム蔵ー!悪かったー!裏口においてあった種、全部食べたのは自分だー!」

響「貴音ー!一昨日らあめんがなかったのは自分のせいだー!お腹が空いてたから仕方なかったんだー!」

ビー ビー

響「そしてプロデューサー!いつも悪態つくことも多かったけど・・・」

響「辛いとき、寂しいとき、いつも一緒にいてくれてありがとうー!」

響「トップアイドルになれなくてごめーん!」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:41:48.71 :3E0rhGP90

響「それからみんな、自分がいなくても、」

響「自分の分まで頑張って、みんなで・・・・」

響「みんなでトップアイドルを目指すんだああああああー!」

ビーーーーーーーーー

響「な、765プロ、ファイトおおおおおおー!」

ビーーーーーーーーーーー


ガシャン


響「へ?」


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:45:01.06 :3E0rhGP90

響「あれ、首輪、外れて」

響「・・・・・・・・・」

響「・・・・・なんだったんだ・・・・?」

響「・・・・・・・・・」

響「・・・・・ちょっとチビッてたのは内緒だぞ・・・」

貴音「わかりました」

響「えっ」

貴音「ところで響・・・さっきの話しは本当ですか?」

響「あれ?え?いや・・・」


次のプレゼント >>60


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:46:55.43 :Kj2EQg7XO
響のフィギュア

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:47:17.26 :yhFh2kZ8o
脅迫文


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 22:57:04.29 :3E0rhGP90

響「えっと、これは脅迫文!?」

響「ま、またとんでもないものがでてきたぞ!?」

響「と、とりあえず読むか・・・」

響『エー親愛なる765プロ諸君、これは君達への脅迫文である』

響『現在ほとんど稼動してない中、ついに私の近所でもアーケード版が消えてしまった』

響『これはアイマス原理主義者の我々としては真に遺憾である』


65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:00:24.83 :3E0rhGP90

響『アーケードに賭けた時間、かけがえのない思い出を返して欲しい』

響『24時間以内、明日の日没までにこれが達成されないなら』

響『こちらで人質として預かってる響を殺害する』

響「なんだこれ・・・・」

響「・・・・・」

響「え!?自分人質だったの!?」


66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:03:11.16 :3E0rhGP90

響「ピヨ子、これ見てよ!」

小鳥「なんですって!?響ちゃんが人質に!?」

響「え?」

小鳥「もしもし社長ですか?事務所に脅迫文が!」

小鳥「はい、響ちゃんを人質にしてると!」

響「・・・・あれ?」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:05:57.48 :3E0rhGP90

P「くそ!俺が悪かったんです!」

P「俺がもっとちゃんと、アイドルだから気をつけろといってれば・・・!」

響「・・・・・・」

社長「君、過ぎたことをいっても仕方が無い」

小鳥「今はとにかく、響ちゃんを助けることに専念しましょう」

響「そ、そうだな・・・」

P「すみません、小鳥さん・・・ごめんな、響」

P「響のこと、響が一番心配してるもんな?」

響「え!?ああ、まあ・・・」


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:08:24.35 :3E0rhGP90

社長「だが脅迫に屈するわけにはいかない」

社長「響君は大切だが、ここは警察に連絡するべきだ」

社長「響君もそうおもうだろ?」

響「うん」

P「響がそういうなら決まりですね」

響「そ、そうだな」


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:11:22.44 :3E0rhGP90

社長「犯人との待ち合わせ場所で取り押さえるそうだ」

社長「だから交渉役として誰かが行ってほしい」

響「じゃ、じゃあ、自分・・・」

P「駄目だ!響は女の子なんだぞ!」

響「プロデューサー・・・」

P「響が心配なのはわかる。だが、俺を信じてくれ」

P「響を必ず連れ帰ってくるからな、響!」

響「・・・・・・」


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:13:34.97 :3E0rhGP90

社長「やったぞ!響君を無事救出できたそうだ!」

小鳥「よかった・・・本当に響ちゃんが無事でよかった・・・」

響「よ・・良かったな!響が!助かって!」

社長「一度事務所に帰ってくるそうだ、暖かく出迎えてあげよう」

小鳥「はい、社長!」

響「・・・・・・・・」

響「自分は帰るぞ・・・・」


おしまい


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/31(土) 23:15:13.72 :3E0rhGP90

72をすぎたので終わります
途中設定を忘れてた部分、ミス等あってすみませんでした
安価のほのぼのさを理解していただければ幸いです
またどこかでお会いしましょう


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】響「ファンからプレゼントが届いたぞー!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422705401/