■関連SS
P「は?肇にネコ耳が生えた?」
P「なぁ、なんで肇にイヌ耳が生えてるんだ?」
モバP「おはよう肇、今度はウサ耳が生えたのか」
モバP「あれ?紗枝はまだ来てないのか?」
モバP「あの、聖來さん見ませんでした?」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:17:20.81 :IJ85P5xS0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

関連作はこちらになります。

P「は?肇にネコ耳が生えた?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489424765/

P「なぁ、なんで肇にイヌ耳が生えてるんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495087704/

モバP「おはよう肇、今度はウサ耳が生えたのか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504448967/

モバP「あれ?紗枝はまだ来てないのか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534432027/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:20:10.11 :IJ85P5xS0

ちひろ「聖來さんですか?ここには来てないですよ」

P「まいったな……昼から打ち合わせの予定だったんですけど……」

ちひろ「携帯には連絡しましたか?」

P「それが、さっきからかけてるけど出ないんですよね」

ちひろ「ん~……愛想つかされちゃったんじゃないんですか?」

P「……そんな怖いこと言わないでくださいよ」

ちひろ「まぁPさんの信用はさておき、連絡がつかないっていうのはちょっと心配ですね」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:22:13.49 :IJ85P5xS0

ガチャ

ちひろ「噂をすれば」

P「あぁ、来た来た……って、あれ?わんこだけ?」

ちひろ「……ん?今ドア開けて入ってきました?みんなの開け方を見てて覚えたんでしょうか」

P「マジか、かしこいな……」

わんこ「……」

P「どうした?今日は元気がないな」ナデナデ

ちひろ「体調、悪いんでしょうか」

わんこ「……」

P「聖來さんならわかるんだろうけどなぁ……」ワシャワシャ

ちひろ「やっぱり、探してきた方がいいでしょうか」

わんこ「……」

P「……どこ行ったんだ聖來さん」

わんこ「……」

わんこ(聖來)「アタシだよ……」

P「うわっ!!?」

ちひろ「きゃあっ!!?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:23:06.64 :IJ85P5xS0

わんこ(聖來)「まぁそういう反応になるよね……」

P「わんこが喋っ……!?えぇ……?」

ちひろ「この声、聖來さんの声じゃ……!?」

わんこ(聖來)「だからアタシだって……聖來だよ……」

P「……聖來さんがわんこに……?」

わんこ(聖來)「見ての通り……」

ちひろ「見ての通りって……」

P「うわぁ……、わんこから聖來さんの声がするぅ……」

わんこ(聖來)「シュールだよねこれ」

ちひろ「なんだか吹替映画を見ているみたいですね……」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:24:09.68 :IJ85P5xS0

P「しかし、まんまわんこって……」

ちひろ「……まさか、またPさんの指示ですか?」

P「違いますよ!ってか『また』って言わないでください!」

ちひろ「どうせ志希ちゃんの仕業なんでしょう?」

わんこ(聖來)「うん」

ちひろ「やっぱり……」

P「やっぱりって!今まで俺の指示だったことないですよ!」

ちひろ「監督者責任ってやつです」

P「理不尽だぁ……」

ちひろ「ちゃんと教育してください」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:25:10.33 :IJ85P5xS0

P「……まぁ、ぶっちゃけ俺もそろそろやらかすとは思ってたんですけど」

ちひろ「どういうことです?」

わんこ(聖來)「?」

P「最近あいつ真面目にレッスン受けてたじゃないですか」

ちひろ「いいことじゃないですか」

P「それで、実験する時間がとれないって文句言われまして」

わんこ(聖來)「そこはまぁ……お仕事だし仕方ないんじゃないの?」

P「俺もそう言って大人しくさせたんですよ、そしたら渋々納得はしてたんですけど」

ちひろ「渋々って」

わんこ(聖來)「……Pさん、なんだかんだ志希ちゃんに甘いからなぁ」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:27:11.09 :IJ85P5xS0

P「でも、日に日に目がやばい感じになってってまして」

ちひろ「禁断症状出てるじゃないですか」

P「だから、肇と紗枝には『志希には気をつけろ』って忠告しておいたんです」

ちひろ「……まぁ、被害者1号と2号ですからね」

わんこ(聖來)「アタシには!?」

P「今日の打ち合わせでその話もするつもりだったんですよ……間に合わなかったけど」

わんこ(聖來)「遅いよぉ……」

P「でも聖來さんも、あいつの様子が変なの気付きませんでしたか?」

わんこ(聖來)「……確かに、今朝見たときちょっとは思ったけど……」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:29:32.57 :IJ85P5xS0

わんこ(聖來)「今日はわんこと一緒に朝のランニングして、そのまま事務所にきたんだ」

ちひろ「お仕事前にランニングですか、すごいですね」

わんこ(聖來)「わんこの朝の散歩代わりにね。それでシャワー浴びて、朝ごはん買いに行こうとしたら志希ちゃんが来てさ」

P「あいつ、今日はそんな早くから来てたのか……」

わんこ(聖來)「すっごい顔してたから大丈夫?って聞いたら『徹夜明けだ』って言ってて」

ちひろ「絶対実験明けじゃないですか……」

わんこ(聖來)「朝ごはん作ったけど一緒にどうって誘われたの」

P「それ一緒しちゃいけないやつなのに」

わんこ(聖來)「正直ね、アタシもちょっと怪しいかなとは思ったの」

P「じゃあなんで」

わんこ(聖來)「……お腹、すいてて」

P「……あ~ぁ」

わんこ(聖來)「でも食べたらすぐ眠くなっちゃって……さっき起きたら、これ」

ちひろ「……まったくもう」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:30:23.41 :IJ85P5xS0

P「聖來さん、次からあいつからもらったものは素直に口にしないように」

わんこ(聖來)「気を付けます……」

ちひろ「とりあえず、そんな姿じゃ今日の午後の予定は無理でしょう」

わんこ(聖來)「ごめんなさい……」

ちひろ「先方にはわたしから連絡を…………」

P「どうしました?」

ちひろ「……聖來さん、朝に志希ちゃんに眠らされて、さっき起きたって言ってましたよね?」

わんこ(聖來)「そうだけど……?」

ちひろ「……Pさん、聖來さんって今日の午前中は雑誌の撮影になってませんでした?」

P「あ、そういえば」

わんこ(聖來)「そうそう、だからすっぽかしちゃったお詫びもしなきゃって」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:30:54.09 :IJ85P5xS0

ちひろ「……現場からは、なんの連絡も来てないんです」

わんこ(聖來)「……どういうこと?」

P「こっちにも来てないです。……確かに、変ですね」

ちひろ「アイドルが来ない、ってなったらさすがに連絡が入るはずですけど……」

わんこ(聖來)「どうなってるの?」

???「その疑問にはあたしがお答えしよう!」

わんこ(聖來)「だ、誰!?」

P「この声は!?」

ちひろ「いや普通に志希ちゃんでしょう。何ですかこのノリ」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:32:00.48 :IJ85P5xS0

志希「ちひろさんつれなーい」

ちひろ「そんな悠長なこと言ってる場合じゃないでしょう」

志希「あ、あれ?もう怒っちゃってる感じ?」

P「見ればわかるだろ」

ちひろ「どっちかというともうあきれてるんですけどね……」

志希「でもでも、ちゃんと仕事に支障がない様にしてるよ?」

P「あ、そうそう。お前それどういう意味……」

聖來「……」

わんこ(聖來)「あれ?アタシがいる!?」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:33:13.64 :IJ85P5xS0

P「えっ?あれ?」

聖來「……」

ちひろ「どうなってるんですか?」

聖來「……」

聖來(わんこ)「わん!!」

わんこ(聖來)「」

志希「こーいうこと!」

P「…………えぇ~」

ちひろ「もう何がなんやら」

わんこ(聖來)「」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:34:16.69 :IJ85P5xS0

P「え~っと、要は聖來さんとわんこの中身が入れ替わってるってこと?」

志希「……プロデューサー、何言ってるの?」

P「えっ、違うのか?」

志希「そもそも精神なんてもともと曖昧なものなのに、それを入れ替えるなんてできると思うの?」

P「おっ、おぅ、確かに……?」

志希「ましてや人と動物だよ?あたしのプロデューサーなんだから、もうちょっとジョーシキ的にものを考えてよ」

P「あれ?俺が変なこと言ったのか?」

ちひろ「いや、確かにPさんはおかしなことを言ってるんですけど……」

聖來(わんこ)「わん!!」

P「やっぱり俺悪くないですよね」

ちひろ「……頭が痛くなってきました」

志希「違うんだって。聖來さんがわんこで、わんこが聖來さんなの」

P「……えっと、つまり?」

志希「そのまんまの意味。聖來さんがわんこになっちゃって、わんこが聖來さんになったの」

P「ちひろさん、わかりました?」

ちひろ「わかりたくないです」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:35:21.83 :IJ85P5xS0

志希「今回は杏ちゃんに頼まれちゃって。カエダーマ大作戦に使える薬はないかーって」

P「どうしてうちのアイドルたちはこいつを頼ってしまうんだ……」

志希「最初は晶葉ちゃんに頼んで作ってもらったらしいよ?」

P「あいつも関わってんのかよ」

ちひろ「どうなってるんですかこの事務所」

志希「ロボットだと体温がないから、きらりちゃんにすぐバレちゃったんだって。だから生き物じゃなきゃだめみたいで」

P「きらりすげぇな」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:35:57.97 :IJ85P5xS0

志希「この前作った変身薬、あれを応用できないかなって考えてみたんだー。で、せっかくだから素体で試してみようと思ったわけ」

ちひろ「前のって言うと……肇ちゃんが犬耳生えたやつですか?」

P「……そーいえば、素体はわんこだって言ってたな」

志希「んで、一発目だから素体と相性のいい人間にしてみようってことで、聖來さんに変身させようと思ったんだけど……」

P「けど、なんだよ」

志希「上手くいったとして、このままだと聖來さんが二人になっちゃうじゃない?事務所も大騒ぎになっちゃうと思って」

ちひろ「もう十分大騒ぎなんですけどね」

志希「だからわんこが変身してる間は、聖來さんにもわんこになってもらうことにしたのでした!」

P「そういうことらしいです」

ちひろ「……はぁ」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:37:00.45 :IJ85P5xS0

ちひろ「じゃあ、午前中は、そのわんこちゃんが代わりにお仕事したってことですか?」

志希「そだよー。変身したわんこに脱げた聖來さんの服を着せて連れてったの」

P「脱げた服って」

志希「変身直後はまっぱだったからね、さすがにまずいでしょ」

P「……」

志希「……想像した?」

P「よっ、よく無事に仕事こなせたな」

志希「基本的には大人しかったよ。何度か吠えちゃったけど」

P「……無事だったんだよな?」

志希「慣れない環境で、おまけに飼い主さんの姿も見えなかったからね。怖かったみたい」

P「かわいそうに」

志希「聖來さんの声で『わん!』って吠えるから、みんなもびっくりしちゃってた」

P「そりゃそうだろ」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:37:47.06 :IJ85P5xS0

ちひろ「……まぁ、事情はわかりました。とにかく、私は各所に連絡してきますから、あとはPさんがなんとかしてください」

P「お手数かけます」

ちひろ「あと、さっきから聖來さんが固まっちゃってるんで、ちゃんとケアしてあげてくださいね」

志希「あっ、ほんとだ」

わんこ(聖來)「」

P「えっと、聖來さん、大丈夫ですか?」

わんこ(聖來)「……Pさん、アタシ、ちゃんとアイドル続けられるのかな……」

P「だ、大丈夫ですよ。志希もちゃんとフォローしてくれたんだろ?」

志希「もちろん」

P「ほら、こう言ってますし」

志希「『寂しいみたいです』って言っておいた!」

P「フォロー雑すぎない?」

わんこ(聖來)「寂しくなると吠えだすやばい女って思われちゃうのかな……」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:38:18.44 :IJ85P5xS0

P「ま、まぁ、俺もちゃんとフォローしておきますから……」

わんこ(聖來)「……ほんと?」

P「はい、だから元気出してください」ナデナデ

わんこ(聖來)「……あぅ」

志希「……プロデューサー、わかってると思うけど、それ聖來さんだからね?」

P「あっ!す、すみません、つい、わんこを撫でるつもりで……」

わんこ(聖來)「べ、べつに嫌じゃなかったから……///」

志希「……ふぅ~ん?」ニヤニヤ


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:38:53.81 :IJ85P5xS0

肇「おはようございます」

紗枝「おはようさんどす~」

志希「おっ、ふたりともいいところに来たねー」

紗枝「……なんやえらい嫌な予感するんやけど」

肇「……さすがに警戒するよね」

P「学んでるなぁ」

志希「ちょっとひどくない?」

紗枝「自分の胸に聞いてみなはれ」

P「まぁでもいいタイミングってのは確かだ」

紗枝「なんやのPはんまで……あら?」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:39:43.09 :IJ85P5xS0

わんこ(聖來)「……」

紗枝「あら~わんこはんやないの~♪かいらしかいらしな~」ワシャワシャ

P「あっ」

志希「……」プルプル

肇「紗枝ちゃん、ほんとに犬好きだよね」

紗枝「うちじゃ飼われへんかったからな~」ワシャワシャ

P「……まぁ、ほどほどにしといてやってくれ」

紗枝「む~。えぇやないの。なぁ聖來はん?」ワシャワシャ

聖來(わんこ)「……?」

肇「……聖來さん?どうかしたんですか?」

聖來(わんこ)「……」

わんこ(聖來)「……アタシはこっちだよ」

紗枝「うひゃぁ!?」

肇「!!?」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:41:29.97 :IJ85P5xS0

志希「にゃははははははっ!!!」

紗枝「わ、わんこはんが、しゃべ、しゃべっ……」

肇「えっ、な、どういうことですか!?」

P「まぁ、そういう反応になるよな」

聖來(わんこ)「わん!!」

紗枝・肇「!!?!?」

わんこ(聖來)「あー、ややこしくなるから静かにしてて」

紗枝・肇「!?!?!?」

志希「にゃはははっ!!にゃはっ!にゃっははははははっ!!!」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:42:06.65 :IJ85P5xS0

P「……とまぁ、そういう事情でな」

紗枝「……また志希はんの仕業どすか」

肇「私の時より悲惨ですね……」

志希「あーおもしろかった、ちょっと涙でてきちゃった」

わんこ(聖來)「泣きたいのはこっちだよ」

聖來(わんこ)「くぅ~ん」

わんこ(聖來)「……お願いだからわんこはアタシの声で変な声出さないで……」

P「……これはこれで」

わんこ(聖來)「Pさんも見ないで!聞かないで!もうやだ……」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:44:19.76 :IJ85P5xS0

P「冗談はさておき、このままだと聖來さんが大変だから、身の回りのこと手伝ってやってくれ」

肇「そういうことでしたら」

紗枝「うちらでよければ~」

わんこ(聖來)「二人とも……!」

肇「……被害者仲間ですし」

紗枝「……せやねぇ」

わんこ(聖來)「苦労してるんだね……」

P「今までの傾向だと、だいたい一日くらいで元に戻るんだろ?」

志希「そのはずだよー。まぁ新薬だし、強めに作ってあるから効果時間はずれるかもしれないけど」

わんこ(聖來)「戻れるんならいいよもう……」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:44:46.09 :IJ85P5xS0

肇「でも聖來さん、その、衝動とか、大丈夫なんですか?」

P「衝動?」

肇「私の時は、だいぶ犬っぽい行動をしてしまったので……」

わんこ(聖來)「……実は、結構我慢してるんだよね」

志希「へ~、我慢できてるんだ。肇ちゃんの時より強い薬だから大変そうなのに」

肇「本能に抗えませんでしたからね……」

紗枝「ほ~、そうなんや……なぁ、聖來はん」

わんこ(聖來)「なに?」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:45:26.38 :IJ85P5xS0

紗枝「……おすわり」

わんこ(聖來)「わん!」サッ

肇「!」プルプル

志希「くっ……!」プルプル

わんこ(聖來)「……はっ!?」

紗枝「……♪」ニンマリ

わんこ(聖來)「さ、紗枝ちゃん?何を……」

紗枝「お手!」

わんこ(聖來)「わん!」サッ

紗枝「よしよし~♪せーらはかしこいなぁ♪」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:47:02.48 :IJ85P5xS0

わんこ(聖來)「ちょ、紗枝ちゃん!ほんと勘弁して!抗えないから!ほんと!待って!」

志希「にゃははははっ!にゃははははははっ、ひーーーっ!し、しんじゃう……っ!わらいしぬ……っ!」

わんこ(聖來)「志希ちゃん笑いすぎじゃない!?肇ちゃん!助けて!」

肇「聖來さん……待て」

わんこ(聖來)「!?」ピタッ

肇「……そういえば、私に犬耳が生えたのって、聖來さんがきっかけでしたよね」ニッコリ

わんこ(聖來)「あ、あれは……!」

P「あ~……お楽しみのところ悪いんだけど、こっちもなんとかしてくれない?」

わんこ(聖來)「楽しんでなんて……って何してんの?!」

聖來(わんこ)「わんわん!」ハッハッハッ

P「さっきの命令、こっちのわんこも従っててさ。ほめてやったらはしゃがれちゃって。顔、めっちゃ舐められそうなんだけど」

わんこ(聖來)「いやああああああ!なにやってんのわんこぉおおおおおお」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:48:38.15 :IJ85P5xS0

志希「ーーーーーーっ!ーーーーーっ!」ビクンビクン

紗枝「せーらはん!?なにしてはるの!?」

肇「それはずるいですよ!?」

P「ずるいってなに!?」

わんこ(聖來)「アタシじゃない!わんこが勝手に!やめなさい!」

志希「犬が……犬が人間に……!」ピクピク

肇「だめです!聖來、ハウス!」

聖來(わんこ)「わん!」

わんこ(聖來)「やめて……これ以上アタシの格好で恥ずかしいことしないでぇえええええ……」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:49:37.56 :IJ85P5xS0

志希「…………」ピクピク

P「あれっ!?志希息してなくない!?」

紗枝「志希はん!?」

わんこ(聖來)「待って!志希ちゃん!逝くならアタシを戻してから!お願いだから!」

聖來(わんこ)「わんわん!!」シュゥゥゥ

肇「こら!聖來はステイ……あれ?なにか煙出てませんか?」

わんこ(聖來)「あっ、アタシも!なにこれ怖い!」シュゥゥゥ


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:50:47.61 :IJ85P5xS0

紗枝「ひょっとして、元に戻るんちゃいます」

肇「今回は早めみたいですね」

わんこ(聖來)「ほんと!?よかった、これで!」シュゥゥゥ

P「待て、今元に戻ったら聖來さんの服って」

紗枝・肇「あっ」

紗枝「せ、聖來はんはよぅ隠れて!」

肇「Pさん、だめです!ハウス」

P「俺も!?」

わんこ(聖來)「あああああああやっぱり待ってまだ戻らないでちょっとでいいから待ってぇええええ」シュゥゥゥ

ボン


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:53:56.58 :IJ85P5xS0

翌日

志希「いやー、昨日はさすがにやばかったねー」

P「本当にな。息してなかった時はマジで危なかったぞ」

志希「笑いすぎて出ちゃうところだった」

P「……マジで危なかったぞ」

紗枝「まぁ、志希はんにもいい薬になったんちゃいます?」

肇「私は冷や冷やしました……その、色々と……」

聖來「……」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:54:28.15 :IJ85P5xS0

P「だ、だいじょーぶ、ですよ、見てませんから」

聖來「……もうお嫁にいけない……」

志希「プロデューサーはこうやって、何人のアイドルをお嫁にいけなくしたんだろうねぇ……」

P「全部お前が原因だろ……」

ちひろ「なんにしても、無事元に戻れたなら何よりです。昨日キャンセルしちゃった先方には、ちゃんとご挨拶してきてくださいね」

P「わかってますよ。ほら、聖來さん、行きましょう」

聖來「……は~い、いってきまーす」

紗・肇・志「いってらっしゃーい」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 06:56:08.38 :IJ85P5xS0

ちひろ「志希ちゃんは、こっちで特別レッスンですよ」

志希「あ、あたし聖來さんが心配だからやっぱりついていくねー」

ちひろ「ふたりとも、確保!」

紗枝「はいなー」
肇「はいっ!」

志希「いやぁあああああああああああ」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 07:00:36.02 :IJ85P5xS0

聖來「ねぇ、Pさん」

P「なんですか?」

聖來「……実際のところ、見たでしょ?」

P「……」

聖來「どうなの?」

P「……見てませんよ。煙でよく見えなかったです」

聖來「……ふーん、それならいいんだけど」

P「信じてくれました?」

聖來「朝食べ過ぎてたから、ちょっとお腹出てないかって、恥ずかしかったんだよね」

P「そんな!ちゃんと引き締まってて綺麗な……」

聖來「」

P「……ヤッベ」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 07:01:15.69 :IJ85P5xS0

聖來「しっかり見てるじゃん!H!」

P「ご、ごめんなさい!」

聖來「……ちゃんと責任、とってよね」

P「!?」


おしまい


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/30(日) 07:06:37.16 :IJ85P5xS0

以上になります。

あっという間に戌年も終わりですね。
来年はもう少し読みやすいものを書けるようにがんばります。

HTML化依頼出してきます。
ありがとうございました。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「あの、聖來さん見ませんでした?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546118240/