■関連SS
巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「38回目です」
巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「39回目です」
巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「40回目です」
巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「41回目です」


1 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:13:44.21 :/f9JQM3DO

※某聖帝様とは何の関係もありません
※キワモノレシピ有り、写真なし

前回【晶葉「機械族決闘」まゆ「いちご味」】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459777234/l20


2 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:16:19.73 :/f9JQM3DO

ありす「ラジオネーム【絶対王者】さんから」

――――――――――――――――――――

何故俺が考案したイチゴ料理が不味いに決まっているという扱いをされているのだ!

本来ならば全員デュエルで倒す所だがサインと写真が当選したので許そう

――――――――――――――――――――

ありす「えっと…おめでとうございます」


3 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:17:04.69 :/f9JQM3DO

巴「41回目の放送、パーソナリティーの村上巴じゃ」

ありす「同じく橘ありすです」

かな子「同じく三村かな子です」

巴「当選したからとはいえチョロ過ぎやせんか元キン…」

ありす「まあタクシー竜の力で暴れられるよりはいいんですけど」

かな子「それにしてもまたトロン家の皆さんが当選してるんですけど…」

――――――――――――――――――――

ち、抽選は厳正にしましたし!(震

――――――――――――――――――――

ありす「決闘者って凄いと改めて思い知りました」


4 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:18:22.96 :/f9JQM3DO

かな子「それじゃ今回はまず宣伝からだね」

ありす「はい、今月7日からCGプロ公式サイトにて第5回シンデレラガール総選挙が開催されます」

巴「期間は来月9日までじゃ…結構長いのう」

かな子「投票方法は公式サイトでチェックして下さいね」

ありす「皆さんの投票をお待ちしています…出来れば巴さんとほたるさんと晴さんに入れてレッドベリィズのユニットCDを出す機会を下さい」

巴「えらくピンポイントなお願いじゃな!というか師匠はええんか?」

かな子「私はレッドベリィズじゃないからね…」

巴「そういやそうじゃったな…すっかり忘れとったわ」


5 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:19:19.27 :/f9JQM3DO

巴「さて、それじゃゲストを呼ぶかの」

――――――――――――――――――――

総選挙の開催が決定しましたので今回から歴代シンデレラガール+1人がゲストになります

因みにもう1人はシンデレラガール自身に選んで頂きましたので自分達も知りません

――――――――――――――――――――

かな子「スタッフさんすら知らないっていいのかなぁ…」

ありす「まあ二代目と三代目は何となく予想出来ますけど…」

巴「まあ来れば分かるじゃろ…今回はこの人じゃ」


かな子「愛梨さんのアップルパイ・プリンセスだね」

巴「やはり最初は初代からじゃな…となると相方が気になるのう」

ありす「それではどうぞ」

愛梨「こんにちは~」

きらり「オッスオッス☆」

かな子「まさかのとときら学園!?」

愛梨「だってかな子ちゃんはこの番組のパーソナリティーだし川島さんはナレーションだし…」

かな子「あぁー…」

きらり「ちょーどスケジュール空いてて良かったにぃ☆」

巴「まさかのきらり姐さんじゃったな…」

かな子「ってありすちゃんいつの間にスモックを」

ありす(E:とときら学園スモック)「ゑ…」

きらり(犯人)「やっぱし似合ってゆにぃ☆」

ありす「ちょっ!///」

巴「ありすが真っ赤になってあたふたしとる…一旦CMじゃ」

ナレーション(川島さん)「この番組は枝垂カンパニーの提供でお送りします」


6 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:20:57.32 :/f9JQM3DO

巴「改めてパーソナリティーの村上巴じゃ」

ありす(諦めた)「同じく橘ありすです」

かな子「同じく三村かな子です」

愛梨「ゲストの十時愛梨です」

きらり「同じく諸星きらりだよ☆」

愛梨「何だかんだでこの番組楽しみに聴いてたからゲストになれて嬉しいかな」

かな子「愛梨さんの作るお菓子は私より美味しいから…ちょっと緊張しちゃうなぁ」

巴「聴いてたなら話は早いのう…きらり姐さんも2回目じゃから説明は不要じゃな」

きらり「ばっちしだよぉ☆」

きらり「(イチゴ料理がかなーり不安だけどにぃ…)」

かな子「(きらりちゃんの目に生気が感じられない…)」


7 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:21:45.95 :/f9JQM3DO

ありす「まずはラジオネーム【酢昆布】さんから」

――――――――――――――――――――

愛梨ちゃんに質問です

以前プディンセス軸のマドルチェと聞きましたけどどんな戦術を使ってますか?

――――――――――――――――――――

愛梨「メタル化やミストボディを装備させて強化するタイプですよ」

ありす「プディング(鋼鉄製)ですね、分かります」

巴「それじゃ食えんじゃろ!」

愛梨「きらりちゃんとタッグ組むと欲しい装備カードがすぐ手札に来るから助かってますよ」

かな子「そういえばきらりちゃんはディフォーマーだったっけ…それならパワーツールも入ってるね」

きらり「きらりのメインデッキは装備魔法が多いからにぃ、パワーツールは必須だゆ☆」

ありす「(装備減らせば40枚に収まるのに…何であんな60枚構築で事故らないんだろう?)」


8 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:23:49.84 :/f9JQM3DO

かな子「次はラジオネーム【さくら大根】さんから」

――――――――――――――――――――

きらりんに質問です

杏ちゃんロボを作る気はありますか?

――――――――――――――――――――

ありす「そういえば公演で出ましたよね…きらりんロボ」

きらり「あれは晶葉ちゃんが作ったんだけどにぃ…でも出来れば作ってみたいにぃ☆」

かな子「杏ちゃんロボ…どれだけエネルギーや燃料入れても絶対に動かない気がしますね」

巴「文字通り動いたら負けっちゅー奴じゃな」

きらり「その時はきらりが担いで運ぶよ☆」

愛梨「それ意味ないんじゃ…」

きらり「きゃわいーならオッケーだゆ☆」


9 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:25:58.90 :/f9JQM3DO

巴「次はラジオネーム【のしいか】さんからじゃ」

――――――――――――――――――――

愛梨ちゃんに質問です

2回目のシンデレラガールの座を狙ってますか?

――――――――――――――――――――

愛梨「なれるならなりたいよね」

かな子「ですよねー」

巴「しかし初代がパッションで後が全員クールじゃからなぁ…これで愛梨姐さんがまたなったらCuPが噴死しそうじゃな」

きらり「否定出来ないにぃ…」

ありす「因みに私達も1人1票入れる事になってますけど…誰に入れますか?」

愛梨「私はかな子ちゃんかな」

きらり「きらりは杏ちゃん☆」

かな子「私は智絵里ちゃんかな」

巴「うちはほたるに入れようかと思っとるわ」

ありす「私はCD同期の桃華さん…って全員キュートじゃないですか!」

かな子「偶然って凄いよね…」


10 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:27:38.72 :/f9JQM3DO

ありす「最後にラジオネーム【ヨーグル】さんから」

――――――――――――――――――――

ゲストの2人に質問です

とときら学園で誰が1番スモックが似合ってましたか?

――――――――――――――――――――

愛梨・きらり「杏ちゃん」

かな子「即答!?」

巴「スモックが1番似合うのが17歳とは…」

ありす「まあ…気持ちは分かりますね」

きらり「ありすちゃんも似合ってるよぉ☆」

ありす(E:とときら学園スモック)「そういえば今着せられてました…」

――――――――――――――――――――

ちゃんと公式HPにUPしてありますから安心して下さい

――――――――――――――――――――

ありす(赤面)「今すぐ消して下さい!」

――――――――――――――――――――

だが断る

――――――――――――――――――――

ありす「ぐぬぬ…」


11 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:29:12.89 :/f9JQM3DO

巴「質問はこれで終わりじゃな」

ありす「ゲストがシンデレラガールだからか比較的まともな質問が多かったですね…」

かな子「毎回こうならいいのにね…」

愛梨「気持ちは分かるよ…うん」

きらり「問題はこの後だにぃ…」

ありす「それでは次のコーナー…あれ?」

かな子「どうしたの?」

ありす「えっと…今回限りのコーナー【ストロベリープリンセス】…?」

――――――――――――――――――――

かな子ちゃんが作ったお菓子より美味しいという愛梨ちゃんの作るお菓子が食べたかった…
後悔も反省もしていない!(キリッ

――――――――――――――――――――

かな子「(良かったぁ…)」ホッ

きらり「(助かっちゃったにぃ☆)」

巴「確かに師匠が作るよりも美味いというお菓子は気になるわ…」

ありす「滅多にないチャンスなのは確かですからね…」

愛梨「という訳で今回は私が【ストロベリーパイ】を作りましたよ」

かな子「うわぁ楽しみです」


12 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:30:38.38 :/f9JQM3DO

愛梨「材料はこちらです」

――――――――――――――――――――

ストロベリーパイの材料
イチゴ(酸っぱい品種の物、1パック)
パイシート(1枚)
無塩バター(10g)
水飴(70g)

――――――――――――――――――――

愛梨「まずパイシートを2mmぐらいの厚さに伸ばしてフォークで穴を開けるよ」

愛梨「そうしたらパイシートを半分にカットして、ヘタを取って水洗いしたイチゴを並べて」

愛梨「並べたイチゴにレンジで温めた水飴を塗ってカットした半分を被せるよ」

愛梨「途中で剥がれない様に端をフォークで押しつぶして、溶かしたバターを塗る」

愛梨「後は180度のオーブンで15分から20分焼いて出来上がり」

ありす「見ただけだと先生の手順と余り変わってない様な…」

愛梨・かな子「それはどうかな?」

巴「どういう事じゃ?」

かな子「実は今回私も愛梨さんと同じストロベリーパイを作ったんだよね…食べ比べてみれば分かるよ」


13 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:32:49.63 :/f9JQM3DO

巴「それじゃ試食じゃな…まずは師匠から」

全員「頂きます」

全員「…」モグモグ

愛梨「うん、甘酸っぱいイチゴの味が生きてるね」

きらり「かな子ちゃんのお菓子は美味すぃーにぃ☆」

かな子「ふぅ…」

巴「次は愛梨姐さんの方じゃな」

ありす「こ、これは…愛梨さんのパイの方が甘味と酸味が調和しています!」

巴「どういう…事じゃ?」

愛梨「フフフ…それはかな子ちゃんの使ったイチゴより私が使ったイチゴの方が酸っぱいからだよ」

かな子「使ったイチゴも持ってきたから比べてみてね」

きらり「うゆ…かな子ちゃんのイチゴは甘酸っぱくて美味すぃーけど…愛梨ちゃんのイチゴはただ酸っぱいだけだにぃ」

愛梨「ジャムにしろソースにしろ加熱する時は必ずお砂糖が入りますからね…だからなるべく甘味のない品種を使うのがセオリーだよ」

愛梨「レモン果汁とかで酸味を補強する方法もあるけどそれじゃ肝心のイチゴの味がぼやけちゃいますしね」

ありす「という事は…」

かな子「うん、私が作ったパイにはレモン果汁が混ざってるよ…といってもほんの2滴ぐらいだけど」

巴「全く分からんかったわ…」

ありす「これからは愛梨さんを大先生と呼ばなければいけませんね…」

巴「うちも大師匠と呼ばねばならんな…」

愛梨「ゑ…ちょっと」

かな子(遠い目)「えっと…こうなるともう諦めた方がいいですよ?」

きらり「かな子ちゃんも苦労したんだにぃ…」

愛梨「何でこうなるの…【ストロベリープリンセス】のコーナーでした」


15 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:34:02.36 :/f9JQM3DO

巴「あっという間にエンディングじゃ」

きらり「楽しかったよぉ☆」

愛梨「今日はお菓子も作れたし満足です」

かな子「(良かった…本当に)」

ありす「流石大先生のストロベリーパイでした」

愛梨「その呼び方は何とかならないかなぁ…」

かな子(遠い目)「その内慣れますよ…」

きらり「かな子ちゃん目が…」

ありす「では最後にまたメールを紹介します、ラジオネーム【ビッグカツ】さんから」

――――――――――――――――――――

ああ~愛梨ちゃんが作ったパイ食べたいんじゃあ~!

だから視聴者プレゼントになりませんかねぇ?

――――――――――――――――――――

愛梨「明日はオフだし抽選で5名までなら構わないけど?」

――――――――――――――――――――

ではお言葉に甘えてやっちゃいましょう

キーワードは愛梨ちゃんが考えて下さい

――――――――――――――――――――

愛梨「はぁい」

ありす「出来れば作る所を近くで見たいです」

巴「うちもじゃ」

愛梨「じゃあ明日事務所でね」

きらり「良かったにぃ☆」


16 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:35:55.89 :/f9JQM3DO

かな子「最後にラジオネーム【ブタメン】さんから」

きらり「今回はお菓子の名前ばっかしだったにぃ…」

愛梨「というか駄菓子ばっかりだね…」

――――――――――――――――――――

愛梨ちゃんが気絶しちゃうかと思ったら今回はイチゴ料理がなかった…

どういう事だ?

――――――――――――――――――――

かな子「愛梨さんならイチゴ料理食べても気絶しないと思うよ…(色んな意味で)」

ありす「大先生ですからね」

巴「大師匠じゃからな」

愛梨「まだ認めてないんだけどなぁ…」

きらり「もう諦めた方がいいゆ?」


17 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:37:20.51 :/f9JQM3DO

巴「といった所で終了じゃ」

巴「お相手は村上巴と」

ありす「橘ありすと」

かな子「三村かな子と」

きらり「諸星きらりとぉ」

愛梨「十時愛梨でした」

ありす「終わりましたからこれ(スモック)脱いでいいですか?」

きらり「まだダメだゆ☆」

巴「(うちは着せられずに済んだけぇ…正直助かったわ)」

かな子「(ドラマでは着たけど今回はなくて良かった…)」

愛梨「あ、キーワードは【スウィートラヴァーズ】ですよ」

巴「お、師匠と大師匠のユニット名じゃな」

かな子「それ言い辛くないかな?」


18 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:38:57.78 :/f9JQM3DO

~終了後~

巴「お疲れじゃ」

ありす「お疲れ様でした」

かな子「お疲れ様です」

愛梨「お疲れ様でした」

きらり「おっつおっつ☆」

愛梨「じゃあ明日事務所で…午後2時ぐらいでいいかな?」

ありす「分かりました」

巴「うちも構わんぞ」

かな子「折角ですから私もお手伝いしますね」

きらり「きらりは明日お仕事だからにぃ…残念だゆ」

―この後なし崩し的に弟子入り成功した

愛梨(遠い目)「かな子ちゃんの苦労が良く分かったよ…」

かな子(遠い目)「理解してくれて何よりです…」


19 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:39:46.04 :/f9JQM3DO

~同日・夕方~

杏「何で杏がきらりと一緒じゃないのさ!やり直しを要求する!」

モバP「いや…俺も今日初めて知ったんだが」

 

若葉「珍しく杏ちゃんがやる気を出してますねぇ…」

菜々「愛梨ちゃんがきらりちゃんと一緒にあのラジオに出ましたからねぇ…」

輝子「不順な理由…だな…フヒヒ」



20 :◆Q9Ut3Q1M6s :2016/04/06(水) 23:41:10.96 :/f9JQM3DO

終わりです
初代シンデレラガールを出すならこうするしかねぇと思った…反省はしている
次回はちゃんとやります…はい

見てくれた人(居たら)ありがとうございます
さて…明日からきらりんに投票しなきゃ(使命感


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「41回目です」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459952022/