■関連SS


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:30:18.83 :0isfhw5J0

※エロというより隠語多し
※つまりキャラ崩壊


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:31:01.81 :0isfhw5J0

球場にて

カキーン!

・「打ったーっ!伸びる!伸びる!」

友紀「きたぁーっ!!」

・「観客席に一直線だぁホーーーーーーームラン!!!」

友紀「やったぁぁぁあ!!」ガッツ!

友紀「やったよ!やったよプロデューサー!!」

友紀「逆転サヨナラ満塁ホームランだー!!」ピョンピョン

ぷるるん♪

モバP「あ…ああ!やったな!友紀!!」

友紀「今夜は祝杯だよー!!」ムギュ

モバP「わっちょ、ゆ、友紀っ」

ふにゅんふにゅん♪

モバP「…っ」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:33:01.79 :0isfhw5J0

事務所にて

友紀「えー、てはではー?」

友紀「キャッツが今夜日本シリーズ進出に」

友紀「チェックメイトをかけた…っていうか、暫定進出したことを記念し!」

友紀「え…っといま何次会だっけ?」

モバP「…」ぐったり

美優「…」うとうと

楓「わー♪」ぱちぱち

友紀「どしたどしたー?声が聞こえないぞー?」

モバP「…お前…たかだか日本シリーズ暫定進出だろ…」

友紀「たかだかとはなんだー!」

モバP「キャッツはほぼ毎年のように進出してんだよ!!」

友紀「それがなんだー!」

楓「なんだなんだー♪」

モバP「毎年恒例行事みたいなもんだぞ!」

モバP「いくらなんでも5次会までやんなくていいだろ!!」

モバP「キャッツ日本一制覇までとっとけよこんなもん!!」

友紀「制覇したら9次会までやるぞー!!」

友紀「飲み会で打線組むぞ打線っ!!」

モバP「もうやだこの子!」

楓「いっしょーいわいにいっしょーびーん♪」

友紀「イッキ♪イッキ♪」

楓「ユッキ♪ユッキ♪」

ごくごくごくごく


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:35:22.93 :0isfhw5J0

バシャーーーーッ

ジャーッ、キュッ、キュッ

モバP「うぅ…」

モバP(飲んだ分ほとんど出しちまった気がする…)

モバP(何故だろう…気分が晴れない…)

モバP(こうしてトイレで思う存分吐いたら)

モバP(少しくらい気分が晴れると思ったのに…)

モバP(どうした俺、二日酔いにしては、早すぎんぞ)

ガチャ

楓「プロデューサーさーん」ポーイ

モバP「わっ」チャリン

楓「ないすきゃーっつ、です。ふふっ」

モバP「は、はは」

モバP「…これ、事務所のカギ?」

楓「私達もう失礼しようかと思いまして、ほら、そこ」

友紀「くー…くー…」グテー

モバP「あいつ…」

モバP「…見事に地べたに突っ伏しているな」

楓「プロデューサーさんがおトイレにこもってる間に」

楓「電池切れちゃったみたいです」

楓「私はこのまま美優さんを送っていきますので」

楓「プロデューサーさんは友紀ちゃんをお願いします」

美優「んぅー…」グラグラ

楓「じゃ、また明日、お疲れ様です」

楓「美優さーん、ほらー」

楓「吐きたくなる前にご帰宅ですよー、ふふふ」

バタン

モバP「…」

友紀「ぐーっぐーっ」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:37:16.09 :0isfhw5J0

モバP(うぅ…まだ気持ち悪い…)

モバP「また明日…か」

モバP「そうだよ…明日があんだよ…聞いてっか友紀」

友紀「んー」ごろん

モバP「皆明日仕事なのに…」

モバP「居酒屋閉まる時間になっても事務所まで戻って酒攻めだったんだぞ…」

モバP「お前が強引に引っ張ってくるからだ…」

モバP「わかってんのかぁ…起きろこら」ツンツン

友紀「んへへぇ~」にへら

モバP「…」

モバP「おぶってくしか、ないのかぁ…」

ぐいっ

友紀「むー」キュッ

モバP「ほら、手回せ…って無理か」

モバP「…くそ…気持ち悪い…なんでだ」

モバP「悪酔いにも程があるだろ…」

フニュッ

モバP「…」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:39:11.32 :0isfhw5J0

モバP(なんだこれ…何が背中に当たってるんだ…?)

ユサッ、ユサッ

友紀「んぅ…」

フニュッ♪

モバP(…)

モバP(そうか…これ…友紀の胸か…やらけー…)

モバP(ずっと触っていたいなぁ…)

ユサッ、ユサッ

友紀「ぅ…ぇ…っ」

モバP「あ…やべ…」

モバP(馬鹿か俺…酔った人ゆすってどうすんだ)

モバP「す、すまん友紀…ちょっとまってろ…」

モバP(とにかくソファーに寝かせて、それから洗面器を…)

ドタドタ!


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:41:19.12 :0isfhw5J0

モバP「…」

友紀「すぅ…すぅ…」

モバP(なんとか寝ゲロは免れたか…)

モバP(あー、くそっ)

モバP(なんで俺が…こんなに引っ掻き回されなきゃいかんのだ)

モバP(このやろ…お前のせいだぞ…友紀…)

友紀「んー、ふーっ」ゴロン

ぽよよんっ♪

モバP(…)

モバP(不公平だ…)

モバP(俺はこんなに気持ち悪いのに…)

モバP(お前はそんな気持ち良さそうに寝てやがって…)

モバP「…」すすす…っ

フニュッ

友紀「ん…」

モバP(…やわらかい…手に…)

モバP(吸い付いてくる…)

フニュッ、フニュッ

友紀「ふ…っぁ…」

モバP(俺だって…気持ちよく…なりたいんだぞ…っ)


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:43:09.87 :0isfhw5J0

ぷるんっ、フニュッ、フニュッ

モバP(頭が…スッキリしない…)

モバP(なんでだよ…さっきこれ以上ねーくらい吐いたんだぞ…)

モバP(…もうトイレで出すもんなんか出し切っちまったぞ…)

モバP(気持ち悪いんだよ…くそぉっ…)

フニュッ、フニュッ、フニュッ

友紀「はぁ…っぁ…ぁぅ、ぅ」もじもじ…

ぷるぷるっ

モバP(…)

モバP(出したりねぇって体が言ってるのか…)

モバP(そうだ…まだあるじゃないか…)

モバP(出したら…すっきりするもの…)

スルスル…

友紀「んぅ…?ぷろ…でゅ……」

………プツン


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:45:02.76 :0isfhw5J0

チュンチュン

モバP(…頭痛い…酒くせぇ…)

モバP(なんだ…目の前にある盛り上がりは…)

フニッ♪

モバP(…胸?)

モバP(俺、誰かの腹の上に頭のっけてるのか?)

モバP(…友紀!?)

モバP「うわっ!」ガバッ

ガタガタッ!!

モバP「痛って!!」

モバP「なんだ、俺、ズボン半脱ぎ…」

モバP「どころじゃねぇ!pが丸出し!?」

モバP「やっべ、なんだよこの状況」カチャカチャ

未央「おっはよーー!!」ガチャッ

未央「今日はちゃんみおが一番乗りしちゃんみ…」

モバP「…」

未央「…」

モバP「…」

未央「…」

友紀「ほぼいきかけましたー…」むにゃ


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:46:49.84 :0isfhw5J0

友紀「…」zZ

楓「」

凛「…」ゴゴゴゴ…

まゆ「…」ゴゴゴゴ…

未央「ちひろさん、マイクある?マイク」

未央「…ん?ううん、入ってなくていいよ」

未央「私も変なことでもいいからなんかやってないと」

未央「ちょっとこの空気に耐えられないだけだから」

未央「ありがと。あー、っと、こほん」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:48:44.47 :0isfhw5J0

未央「どうもこんにちは」

未央「シンデレラ目指してまっしぐら、ミツボシパッションアイドル」

未央「本田未央です」

未央「本日のこの時間は…」

モバP「」←贄巻き

友紀「んー」

楓「お、起きて、早く起きて、友紀ちゃん」あせあせ

凛「…」ゴゴゴゴ…

まゆ「…」ゴゴゴゴ…

未央「あのタイトルマッチをお送りします」

仁奈「なにしやがってるでごぜーますか?」

未央「これから凄惨な殺し合いが始まろうとしてるから」

未央「せめて悪役レスラー同士の大乱闘ぐらいまでに抑えられないもんかなって」

未央「私がMCをやってみるんだ」

仁奈「よくわからねーでごぜーますが」

仁奈「頑張りやがってくだせー!」

未央「…まかせて!」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:51:00.30 :0isfhw5J0

未央「赤コーナーはこのコンビ!」

未央「蒼い番犬、紅い蜘蛛!」

未央「二人がリングに上がった瞬間(とき)は」

未央「正妻戦争の幕が開く!」

未央「アイオライトアカイイト!」

未央「シブリン・アンド・ママユーー!」

未央「得意技は外堀埋め!」

未央「敵が居ないと仲間割れるのはご愛敬!!」

ドゴォ!

未央「ひっ」

仁奈「にゃっ」

凛「未央、あんた」

凛「煽ってない?」

まゆ「…」

未央「…い、いやいや全然そんなことは?」

未央「全然煽ってないです。全然」

凛「…」スタスタ

まゆ「…」スタスタ

未央「…いつの間にか近くに来てた二人が…えー、リングに戻りました」

未央「…えー、流石悪役レスラーといったところでしょうか」

未央「立っている者は無差別に攻撃すると言わんばかりの」

未央「激しい破壊衝動を蓄積させている模様です」

仁奈「こ…怖いでごぜーますぅ…」ブルブル

未央「仁奈ちゃん、とりあえずリング上から出よっか」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:53:35.44 :0isfhw5J0

未央「気を取り直しまして」

未央「対する青コーナーはこのコンビです」

未央「酒を好んで幾星霜!」

未央「二人が呑んで歩いてゆけば!」

未央「空の酒瓶の獣道!」

未央「何年たっても『児』がとれない!」

未央「ユッキ・アンド・カエデーー!!」

楓「起きてぇっお願いぃ」ゆさゆさ

友紀「ぁー」ぐわんぐわん

未央「えー、青コーナーのユッキさんですが」

未央「今回の要となる人物でありながら」

未央「あまり反応がよろしくないようです」

未央「この試合のための減量の影響でしょうか?」

未央「…」

未央「…」

未央「あ、減量ってプロレスじゃなくてボクシングか」

未央「しくったしくった」

仁奈「たのしそーでごぜーますね」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:54:52.85 :0isfhw5J0

凛「…」

まゆ「…」

楓「…友紀ちゃん…友紀ちゃん」ポンポン

友紀「…ぅ」

未央「…ゴングが鳴って数分経っておりますが」

未央「両者にらみ合いのまま膠着状態がつづいています」

未央「赤チームには『行為』に関する証拠を持っておらず」

未央「青チームも無罪を証明するものがないからです」

未央「まぁほぼ有罪みたいな状況ですが」

未央「ユッキ選手の意識の回復が」

未央「どちらかのチームの攻め手になることでしょう」

未央「…もう一人のキーパーソンにも話を聞いてみましょうか」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:57:18.45 :0isfhw5J0

未央「プロデューサー」

モバP「…」

未央「昨日のプロデューサーの所業について」

未央「赤チームが有罪&断罪派」

未央「青チームが何も起こっていない派として」

未央「どちらも譲ろうとはしてませんが」

未央「今のお気持ちを」

モバP「…誤解だ…」

モバP「つーか昨日何やってたか…覚えてないんだよ…俺は」

モバP「ただ目が覚めたら…あんな状態で、すぐお前が入ってきた」

モバP(だけど…その消えた記憶の間…)

モバP(ものすごくpが気持ちよかったことだけは覚えている…)

モバP(無意識にマスでもかいたのだろうか…)

未央「…私が事務所に入った時はソファーで寝ているユッキ選手の前で」

未央「ズボンのベルトをカチャカチャとしていましたが」

未央「その状況に間違いはありませんか?」

モバP「…そうだけど…それは」

モバP「自分のをしまおうとしてただけだって…」

未央「つまり目覚めた時には下半身は丸出しだったと!?」

未央「聞きましたか皆さん!」

凛「…」

まゆ「…」

楓「っ」おどおど

友紀「んー…」ボー…

未央(うおぉ…重たい)


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 00:59:19.81 :0isfhw5J0

楓「あ、あのね、聞いて凛ちゃん」

楓「たしかにプロデューサーさんは」

楓「その、下半身を出してたかもしれないけど」

楓「友紀ちゃんはちゃんと服を着てたのよ?」

楓「ちょっと着崩れてたのは酔ってるせいで…」

楓「あなたたちが心配しているようなことは」

楓「なんにもないとおもうわ」

凛「寝てるアイドルの前で下半身出して何もないなんて」

凛「それこそ考えられないことだと思うけど」

楓「そ…それは…」

まゆ「未央ちゃんが入った時には着てただけで」

まゆ「入る前の友紀さんがどうだったかは」

まゆ「だれもわからないんですよぉ?」

楓「…うぅ」

未央「カエデ選手も必死です」

未央「何故なら、この件が黒になれば、連帯責任に加え」

未央「酒を持ち込むから悪いのだとみなされて」

未央「事務所内禁酒法が制定される恐れがあるからです、死活問題なのでしょう」

未央「流石のカエデ選手もダジャレを放つ余裕がなくなってきているようですね」

楓「お酒に罪はないんですぅ…」

楓「間違った呑み方をする大人に罪があるんですぅ…」

未央「…なんか聞いたことあるしゃべり方ですよ?カエデ選手」

未央「あぶないんじゃないかな?」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:01:53.90 :0isfhw5J0

楓「…あのねまゆちゃん」

楓「お酒には、不思議な力があるの」

楓「大人の世界って厳しいから、その力に頼らないと」

楓「辛くてつぶれてしまうのよ」

楓「友紀ちゃんも、プロデューサーさんも」

楓「お酒のおかげでこれまでがんばってこれたの」

楓「だからお願い。お酒を取り上げないであげて?」

まゆ「嫌です」

凛「過ちを引き起こす力なんかこの事務所にいらない」

楓「」

未央「カエデ選手はいい話っぽいことを言って」

未央「二人を丸め込む作戦を敢行しましたが」

未央「いかんせん話の対象年齢が低すぎたのでしょうか」

未央「速攻で失敗した模様です」

楓「お酒が…お酒が離れていく…」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:05:00.24 :0isfhw5J0

友紀「…うーん?」

友紀「はれ、なにこれ」

楓「!」

凛「!」

まゆ「!」

未央「ユッキ選手の意識が戻ったようです!」

未央「これは、劣勢のカエデ選手にとって起死回生の一手となるか!?」

友紀「あれ?わたし…」

友紀「…みんななんでこっち見てんの?」

楓「ゆ、友紀ちゃん!」ダッ

友紀「?」

楓「昨日のことを思い出して!」

楓「なにがあったの!?教えて!!」

楓「何もなかったのよね!?」

楓「飲酒の自由のために答えてください!!」

未央「もはや飲酒の自由とかぬかしよるカエデ選手」

友紀「きの…う…?」

凛「…」

まゆ「…」

未央「両者ともユッキ選手の一挙手一投足に注意を向けていますね」

未央「緊張の一瞬です!果たしてユッキ選手の反応は…?」

友紀「昨日…」

友紀「キャッツが優勝して…」

友紀「思う存分呑んだ…」

友紀「それから…」

友紀「…」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:07:26.38 :0isfhw5J0

友紀「////」バッ

未央「おーーーーーーっと!!!」

未央「これは決定的すぎるーーーーー!」

未央「胸を隠し、おまたを押さえ」

未央「体を庇ったということはーーーーー!?」

友紀「////」プシュー

楓「」

凛「」

まゆ「」

モバP「」

未央「全滅だーーーーーーーーー!!」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:10:22.20 :0isfhw5J0

未央「意外にも蒼紅の二人はその後動きを見せないでいます!!」

凛「」

まゆ「」

未央「二人はどうやら『どうせいつもの思い過ごしパターンだろ』と」

未央「ぶっちゃけタカをくくっていたようです!!」

未央「二人とも呆然自失!!まさかの展開です!!」

未央「まぁわたくしも思い過ごしを考えてた一人ですが」

未央「マジが入るとこんなんなるんですね!!プロデューサー!!」

モバP「い、いきなりこっちにふられても困る!」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:12:26.47 :0isfhw5J0

楓「なんで私を避けるのお酒さん…まって、まって」

モバP「なんで覚えてねぇんだ俺ぇ…!!」ゴンゴン

友紀「ぷ…プロデューサーが…私を見て…」わなわな

未央「対する大人組の反応は三者三様!」

未央「まぁ酒しか考えてねぇカエデ選手は置いといて」

未央「酔って覚えてくれてない事実には若干物悲しいものが…」

友紀「ひとりでやってた…!」

凛「へ?」

まゆ「はい?」

モバP「えっ」

楓「?」

未央「…まだ秋なのに」

未央「…友紀ニーとな?」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:15:59.76 :0isfhw5J0

友紀「プロデューサーの…お、おち、おちおち」プシュー

凛「…はぁ」

まゆ「…そんなことですかぁ」

楓「さけはまもられたのだ」

楓「さんきゅー、ゆっき」

凛「いや十分問題だけどね。見抜きも」

未央「あー…こほん、まあプロデューサーは」

未央「オカズを見るときは大抵モニタ越しだと思うので」

未央「やはりユッキ選手との間に擬似的なショーウィンドウを作る必要が」

未央「あったのではないでしょうか」

モバP「冷静に分析すんな」

友紀「…え、あっ…」カァァァッ

未央「あれ?でもおかしいな」

未央「私事務所来たときそういう所謂スパーム的な液体は…」

楓「友紀ちゃん!!!」

友紀「わっ」

楓「ありがとうございますっ友紀ちゃんはお酒の救世主ですっ」

楓「今夜も一緒に、めしあ、がりましょうっ!!」

ぎゅうっ

友紀「い、いたっ」

楓「!?」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:18:37.89 :0isfhw5J0

楓「…え、友紀ちゃんどうしたのこれっ!?」

楓「腰に、赤い手の跡が…」

友紀「これ?昨日プロデューサーが」

友紀「強く掴むから」

楓「…へっ?」

凛「…」

まゆ「…」

ごそごそ…

楓「…両手分ついてるわ…」

楓「ねぇ友紀ちゃん」

楓「あの、男の人のって」

楓「普通は片手で擦るものだから、普通はこういう跡なんかつかないの」

友紀「そうなの?」

友紀「でも勝手にこすってたのはプロデューサーだし」

友紀「それってひとりでやったんじゃないの?」

凛「…」

まゆ「…」

未央「ちょ、ちょーっとストーップ!!」

未央「え、え、ユッキ選手」

未央「プロデューサーは?ユッキ選手の腰を?両手で掴んで?」

未央「一体どこに勝手にこすってたって?」

友紀「…」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:20:48.95 :0isfhw5J0

友紀「中だけど?」

凛「結局やってたじゃん!!!」

まゆ「おまえらまとめて地獄ユッキ!!!」

おわり


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/13(火) 01:21:20.69 :0isfhw5J0

こんな変なSSを読んでくれてありがとう

HTML依頼出した後は

もっともっと面白い話が作れるように修行してきます


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】姫川友紀「泥酔黙示録」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444663818/