1 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:05:27.85 :urkN9sGZ0

百瀬莉緒(以下、莉緒) 「もー、なーんで誕生日なのにこんな歩かなきゃいけないのよー……」ムスー

ミリP(以下、P) 「莉緒が調子乗ってグイグイ飲むからだろ……」

莉緒 「楽しかったんだから仕方ないじゃないの……」ブルブル

P 「にしても、まさか終電終わるまで飲む事になるとはなぁ……」

莉緒 「……くちゅん!」

莉緒 「うぅ、今日は冷えるわねぇ……」フルフル


2 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:06:44.50 :urkN9sGZ0

P 「……莉緒、ちょっとこっち来てくれるか?」

莉緒 「?」トコトコ

P 「はい、これなら暖かいだろ?」マキマキ

莉緒 「プロデューサーくんのマフラー……暖かいけど」

莉緒 「でも、それならプロデューサーくんはどうするのよ?」

P 「俺はこのままで大丈夫だって」


3 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:08:22.85 :urkN9sGZ0

莉緒 「ダメよ!それじゃプロデューサーくんが風邪ひいちゃうじゃないの!」

P 「担当アイドルに風邪をひかせるよりマシだからな」

P 「ほら、遠慮せず使ってくれよ……くしゅん!」

莉緒 「…………」ムゥ

P 「……だ、大丈夫だって!」アセアセ

莉緒 「大丈夫な訳ないでしょ……どうすれば良いかしら」


4 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:09:25.10 :urkN9sGZ0

莉緒 「あっ、そうだ!プロデューサーくん、失礼するわね♪」マキマキ

P 「もう……だから、莉緒が使ってくれって」

莉緒 「二人で巻いたら、二人とも暖かいでしょ?」ニッコリ

P 「二人で……って」

P 「……いや、それは」

莉緒 「大丈夫よ、誰も見てないから♪」マキマキ

P 「確かに、人気はないけどさ……」

莉緒 「ふふっ……完成!」

P 「もう巻き終わってるし……」


5 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:09:52.56 :urkN9sGZ0

莉緒 「ちゃんと暖かいし……これ良いわね!」ダキッ

莉緒 「ね、プロデュー……」ポカン

P 「莉緒、あのな――」ピタッ

莉緒 「…………」ジッ

P (か、顔が予想以上に近いな……)カァアア

莉緒 「……あ、あの」カァアア

P 「…………」ドキドキ

莉緒 「……は、早く帰りましょ!ね?」カァアアア

P 「あ、ああ!そうだな!」ハハハ


6 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:10:53.87 :urkN9sGZ0

――――― 

P 「結構歩いてきたな……」

莉緒 「…………」ギュッ

P 「莉緒、疲れてないか?」

莉緒 「ん、大丈夫よ?」

P 「……本当は?」

莉緒 「……ちょーっとだけ足が痛いかも」アハハ

P 「それを早く言ってくれ……大事になったらどうするんだ」

莉緒 「大丈夫よ、大した事ないから!」


7 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:11:35.18 :urkN9sGZ0

P 「そうは言ってもだな……」

P (どこかに、一旦休めるところは……)キョロキョロ

P 「……っと、公園か」

P 「莉緒、あの中ちょっと入ってみないか?」

莉緒 「へ?どうして?」キョトン

P 「少しだけ休憩しようと思ってな、どうせなら座った方が良いだろ?」

莉緒 「もう、気を遣わなくても良いのに……」

P 「ただでさえ歩かせてるんだ、これくらいさせてくれよ」

莉緒 「……ふふっ、アリガト♪」


8 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:12:40.01 :urkN9sGZ0

――――― 

莉緒 「ふぅ……」サスサス

P 「……痛むのか?」

莉緒 「平気、このくらいならレッスン後の方が全然辛いから」

P 「それは……判断に困るな」

莉緒 「プロデューサーくんは心配しなくて良いって事!」

莉緒 「もう、こんな時くらい仕事は休めばいいのに……」


9 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:13:05.89 :urkN9sGZ0

P 「……莉緒、勘違いしてるぞ?」

莉緒 「?」

P 「仕事だから莉緒を気遣ってるんじゃないって事だ」

莉緒 「ふふっ……分かったわよ」

莉緒 「ありがとね、プロデューサーくん」


10 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:14:13.33 :urkN9sGZ0

P 「……それにしても、今日の誕生日会は豪華だったな」

莉緒 「春香ちゃんのケーキも美味しかったし、雪歩ちゃんもお茶入れくれたり……」

莉緒 「ホント、賑やかだったわねー……」

P 「それだけ、皆莉緒を祝いたかったって事だ」

莉緒 「……プロデューサーくんは、祝ってくれる?」

P 「当然だろ?なんたって、莉緒の特別な日なんだからさ」


11 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:15:06.67 :urkN9sGZ0

P 「皆から、沢山贈り物をもらったな……」

莉緒 「そうね……」

莉緒 「……でもね、今日一番嬉しかったのはそれじゃないのよ」

P 「違うのか?じゃあ、一体……」

莉緒 「……キミ」

P 「俺?」

莉緒 「そうよ、こうやって二人でいられるのが嬉しいの」


12 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:15:34.13 :urkN9sGZ0

P 「……大した事じゃない気がするんだが」

莉緒 「……プロデューサーくんはいつも色んな子の面倒見てるでしょ?」

莉緒 「だから……ね、今一人占めできてるのが嬉しくて」

P 「いつも二人で飲んでるじゃないか、それじゃダメなのか?」

莉緒 「ダメよ、今こうしてるのが良いんだもの」

P 「……?」キョトン

莉緒 「いつもの一人占めは、大抵部屋の中でしょ?」

莉緒 「でも、今はこうやって外で二人なんだもの」

P 「……言われてみれば、そうだな」


13 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:16:23.37 :urkN9sGZ0

莉緒 「でしょ?世界がとても静かで――」

莉緒 「――まるで、世界に二人っきりになったみたい」フフッ

P 「……莉緒も、中々のロマンチストだな」

莉緒 「もう、こういう時くらい良いじゃない」プクー

P 「はは、ごめんって」

P 「……でも、分かる気がするよ」

P 「いつもは、もっと騒がしいはずなのにな……」

莉緒 「ね……なんだか、夢の中みたい」コテン

P 「莉緒……」


14 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:16:55.68 :urkN9sGZ0

莉緒 「……プロデューサーくん」

P 「うん、どうした?」

莉緒 「私ね、今日キミから欲しいって思ってたのが一つあるの」

P 「俺から?プレゼント、渡し損ねたっけ……」ガサゴソ

莉緒 「違うわよ、それはね――」


15 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:18:06.22 :urkN9sGZ0

チラチラ

P 「……ん?」

莉緒 「……雪?」

P 「ああ……寒いとは思ったけど、まさか雪まで降るとはな」

莉緒 「…………」

P 「それで、何が欲しかったんだ?」

莉緒 「……こういう静かな時に、折角二人きりなんだもの」

莉緒 「今日くらい、キミにワガママ言っても良いわよね?」

P 「?構わないが……何を言うつもりなんだ?」


16 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:18:41.82 :urkN9sGZ0


莉緒 「――キミに、キスしてもらいたいの」ジッ


17 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:19:11.63 :urkN9sGZ0

P 「…………っ」ドキッ

莉緒 「ずっと気になってたのよ、されたらどんな気持ちなのかって」

莉緒 「こういうのって、本で読んだのとは全然違うものでしょ?」

P 「だ、だがそれは……」

莉緒 「いつもはダメだって分かってるけど……今日は特別だから」

莉緒 「……ね、ダメ?」ウルッ

P 「――――」

P (お、俺はどうすれば……)


18 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:19:52.04 :urkN9sGZ0

莉緒 「…………」ウルウル

P 「り、莉緒……俺は」

莉緒 「……ご、ゴメン!困らせちゃったわね!」アハハ

P 「……莉緒」

莉緒 「さ、さ!早くかえ――」チュッ

莉緒 「――――!」

P 「…………」

莉緒 「……っはぁ」


19 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:20:38.79 :urkN9sGZ0

P 「っ……俺は、別にダメなんて言ってないぞ」

莉緒 「キミってばもう……ホントに、ズルいんだから」

P 「ズルいのは莉緒の方だろ……」

P 「あんな顔されて、断れるわけないじゃないか」

莉緒 「もう、バカぁ……」ダキッ

P 「バカってなんだよ……」

莉緒 「バカって言ったらバカなのよ、バカぁ……!」ギュゥウ

P 「…………」ナデナデ

莉緒 「……りがとう、プロデューサーくん」

P 「……どういたしまして」


20 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:21:28.99 :urkN9sGZ0

――――― 

莉緒 「それにしても……こんなに素敵な贈り物をもらっちゃったら」

莉緒 「クリスマス、何をお願いしたら良いのかしらね?」

P 「他に欲しい物とかないのか?」

莉緒 「うーん……でも、一番欲しい物はもらっちゃったもの」


21 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:21:54.10 :urkN9sGZ0

莉緒 「他に……そうだ、赤ちゃんとかどうかしら!」

P 「…………!?」ブフッ

P 「ま、待て……それは流石にやめた方が良いんじゃないか?」

莉緒 「え?キミと二人なら大丈夫じゃないの?」キョトン

P 「そ、それはそうだけどな!流石にそうなると問題が……」

P 「……大体、なんで子供が欲しいなんて言い出すんだよ」

莉緒 「うーん、私自身子供は好きなんだけど……」

P 「それだけじゃ、自分の子供が欲しいって理由にはならないだろ?」


22 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:22:24.67 :urkN9sGZ0

P 「他の理由って一体何なんだよ」

莉緒 「……私ね、コウノトリ見た事ないのよ」

P 「……は?」キョトン

莉緒 「だって、赤ちゃんってコウノトリが運んできてくれるんでしょ?」

莉緒 「今までは見れなかったけど……自分が親になる時なら見られるかなって!」

P 「…………」

莉緒 「どんなのかしら……そもそも、どうやって赤ちゃんを運ぶのかも気になるわね」ムムム

P 「……ふふっ、ハハハ!」

莉緒 「ちょ、ちょっと!?なんで笑うのよー!」


23 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:23:10.98 :urkN9sGZ0

P 「いや、悪い悪い……」

P 「やっぱり、莉緒は莉緒だなって……そう思っただけだ」

莉緒 「もう、何よそれ……」

P 「……でもな、それならやっぱりやめといた方が良いぞ」

P 「自分に赤ちゃんが出来るんだ、責任もって育てないといけないからな」

莉緒 「……むぅ」プクー

P 「……どうした?」

莉緒 「もう、そうなったら結局何も欲しい物なくなっちゃうじゃないのー!」


24 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:23:50.65 :urkN9sGZ0

P 「……別に、それで良いんじゃないのか?」

莉緒 「?」

P 「今日みたく、誰かと祝えばさ」

莉緒 「誰かと、ねぇ……」

P 「……な、だから歌織さんとか誘って」

莉緒 「…………」ジトー

P 「……な、なんだよ」

莉緒 「もう!そこは『俺が一緒に居てやるよ』とか言うところでしょー!?」


25 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:24:21.09 :urkN9sGZ0

P 「生憎、その日は予定があってだな」

莉緒 「誰との?」ジーッ

P 「……しゃ、社長とか?」

莉緒 「折角のクリスマスなのに?」ジトー

P 「……嘘だよ、社長は黒井社長と飲んでる」

莉緒 「……そんなに、私と過ごすのはイヤ?」シュン

P 「嫌じゃない、けど……」


26 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:24:56.94 :urkN9sGZ0

莉緒 「けど?」

P 「なんか、俺なんかが一緒に過ごして良いのかなって……いてぇ!?」ボカッ

莉緒 「なんか、とか言わないの!」

莉緒 「……私は、プロデューサーくんと一緒が良いんだから♪」

P 「……分かった、二人で美味いもんでも食べに行くか」

莉緒 「そう来なくっちゃ♪」ニコニコ


27 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:25:30.98 :urkN9sGZ0

莉緒 「……そういえば、さっきのお返ししてあげてないわね」

P 「へ?お返しって……」

莉緒 「――――♪」チュッ

P 「…………」ポカーン

莉緒 「……こ、これ恥ずかしいわね」カァア

P 「は、恥ずかしいと思うならやるなよ……!」カァアア


28 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:25:59.75 :urkN9sGZ0

莉緒 「だ、だって……その」

莉緒 「私だって、キミにお返ししたかったんだもの……」

莉緒 「それでその……う、嬉しかった?」

P 「……嬉しかったけどさ」

莉緒 「ふふっ、それなら良かった♪」


莉緒 「……これからもよろしくね、プロデューサーくん♪」

おしまい


29 :◆SESAXlhwuI :2018/11/21(水) 00:26:57.78 :urkN9sGZ0

急ごしらえではありますが、莉緒姉の誕生日お祝いssになります
莉緒、誕生日おめでとう

もっと自然にイチャつきたかったが別件でネタを使い切った模様


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【ミリマス】莉緒「特別な日に、特別な贈り物」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542726327/