1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/03(土) 23:26:02.83 :+KmGKB950

甘奈「え?」

甜花「甜花……このままじゃ、ダメになる……」

甜花「なーちゃんがいないと、生きていけない……ダメ人間になっちゃう……!」

甘奈「そうかなぁ? あれだけ不安がってたアイドルのお仕事も、今は一生懸命がんばって楽しんでるし」

甘奈「いつの間にか、1人で何でもできるようになっちゃうと思うけどなー」

甜花「えっ……そう思う……?」

甘奈「うん! 甜花ちゃんはできる女の子だから!」ニコニコ

甜花「甜花はできる子……にへへ……」

甜花「じゃあ、まだなーちゃんに甘えててもいいよね……?」

甘奈「当たり前だよ! 歯磨きの続きしよ? はい、あーんして」

甜花「あーん……」


甜花「はっ……!? だ、ダメ……!」プイッ

甘奈「どうしたの?」

甜花「これ、いつものパターン……こうして甜花は、なーちゃんの優しさにハマっていく……」

甜花「堕落していく……危ないとこだった……」フゥ…

甘奈「もー、気にしすぎだよ甜花ちゃん。歯磨きを妹にしてもらうのなんて、万国共通で一般常識だからね」フフ

甜花「……」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/03(土) 23:34:41.09 :+KmGKB950

甜花「なーちゃん……」

甘奈「?」

甜花「甜花が、堕落の一途を辿ってる原因……なーちゃんにもあると思う……」

甘奈「え」

甜花「なーちゃんは、お掃除もお洗濯も、てきぱきこなして……お料理も作れる……ハイスペック……」

甜花「その上、甘えさせ上手……甜花のお世話、嬉しそうにしてくれるから……ついつい甘えちゃう……」

甜花「もちろん……一番悪いのは、甜花だけど……」

甘奈「ど、どっちが悪いとか、そういうことじゃないと思うな。甘奈は甜花ちゃんのお世話してて幸せだもん!」

甘奈「甜花ちゃんは、お世話されてどうだった? 喜んでくれてたよね?」

甜花「……」

甘奈「て……甜花ちゃん……?」

甜花「喜んでたのは確か……だけど……」

甜花「あのね、なーちゃん……さっきなーちゃんは、甜花のこと……できる子だって言ってくれた……」

甜花「でも、正しくは……やればできる子だと思う……」

甘奈「うんっ! そうだよ! 甜花ちゃんはやれば何でも…」

甜花「だから、甜花……これから、やらなきゃいけない……」

甜花「やっぱり、なーちゃんに甘えないよう……がんばらなきゃいけない……!」グッ

甘奈「!!」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/03(土) 23:43:55.21 :+KmGKB950

甜花「歯ブラシ、貸して……」スッ

甘奈「あっ」

甜花「これからは……歯磨き、自分でやる……」

甜花「これが、甜花自立の第一歩……!」シャコシャコ

甘奈「……甜花ちゃん……」

――――

千雪「そんなことがあったの」

甘奈「……」

千雪「で、いつもみたいに甘えて来てくれないから、しょんぼりしてるのね」フフ

甘奈「し、してないよ。甜花ちゃんの一世一代の決意だもん」

甘奈「甘奈は応援してあげなきゃ。自分の脚でしっかり立とうとしてる甜花ちゃんを」


甜花「うぅぅ……」グッタリ


千雪「レッスンでヘトヘトになって、違う意味で立てないみたい……」

甘奈「て、甜花ちゃん!?」スタタッ

甜花「来な、いで……!」

甘奈「!?」

甜花「大丈夫……甜花、まだ余裕……っ」プルプル

甜花「ここで、なーちゃんに頼ったら……ぜんぶ水の泡、だから……!」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/03(土) 23:52:36.74 :+KmGKB950

甘奈「甜花ちゃん……!」ウルウル

甘奈「分かった、じゃあ全力で応援するね! がんばれ!」

甜花「ふうっ……くっ……!」プルプル

甘奈「がんばれ! 甜花ちゃんなら立てる!」

甜花「うゅーーっ……!」プルプル

千雪(生まれたての子鹿さんみたい)

甜花「……え、いっ……!」スッ

甜花「や、やった……! ひとりで立てた……!」パァァ

甘奈「すごいっ! すごいよ甜花ちゃんっ!」スタタタッ

甜花「にへへ、なーちゃ……あっ」

甜花「ダメ……!」

甘奈「!!」ピタッ

甜花「こ、このくらい……甜花なら、できて当然……」キリッ

甜花「だから、褒めるのも、なでなでもいらない……」

甘奈「そ……そっか。そうだよね」

甜花「お水飲んでくる……」

スタスタ

甘奈「……」

千雪(またしょんぼりしちゃった)

千雪(それにしても、甜花ちゃんの意思は本物みたい。いつもならすぐ立たせてもらうのに)


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 00:03:54.41 :+KmGKB950

――――

甜花「なーちゃん……」

甘奈「どうしたの!? ケーキ食べさせてほしいの!?」キラキラ

甜花「ち、違う……ひとりで、食べれる……」パクッ モグモグ

甘奈「そう……」

千雪(やっぱり甜花ちゃんのお世話ができなくて辛そうね)

千雪(こうなると、甘奈ちゃんも『脱・甜花ちゃん』を目指さなきゃ)

甜花「ケーキじゃなくて……これ、見て……」ピラッ

甘奈「?」

甜花「千雪さんも……」

千雪「私も?」スッ

千雪「これは……」

甜花「さっき考えた……甜花が自立するための、5ヶ条……」

甜花「これからは、これを意識して生活する……」

千雪「確かに、この5ヶ条が当たり前になれば自立したと言ってもいいと思うけど」

千雪「大丈夫? 一気にやらなくても、少しずつ…」

甜花「へーき……! 甜花は、やればできる子だから……!」フンス

千雪(すごいやる気。まるで別人を見てるみたい)

千雪(だけど……)

甘奈「いいんじゃないかな」

千雪「!」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 00:15:25.21 :+KmGKB950

甘奈「甜花ちゃんなら、きっとすぐに慣れちゃうよ!」

甘奈「応援するからね!」スッ

甜花「なーちゃん……ありがとう……」ギュッ

千雪(固い握手……)

千雪(そうよね。せっかくの決意なんだから、口は出さずにしばらく見守りましょう)

――――


『甜花自立への5ヶ条・その1』


甜花「規則正しい生活リズムを、身につける……!」デデン

甜花「朝、決まった時間に起きて……夜、決まった時間に寝る……」

甜花「お昼寝は1日30分……ゲームは1日2時間……」

甜花「お休みの日も……なるべく……同じ、リズムで……」ウトウト

甘奈「あ……! 甜花ちゃん、うとうとしてる……!」コソコソ

千雪「いつもならお昼寝の時間だから」コソコソ

甜花「……zzz」

千雪「あら、ソファーに座ったまま夢の中へ」

甘奈「ヤバい! もう30分のお昼寝は済んでるし、このままじゃ甜花ちゃん自立計画が危うい!」

甘奈「何とかしないと。何とか……」

千雪「甘奈ちゃん」ツンツン

甘奈「え?」

千雪「あれを見て」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 00:25:10.95 :+KmGKB950

甜花「うー……!」ブンブン

甘奈「あれ? 起きてる」

千雪「必死に頑張ってるわ。このまま眠らず過ごせるといいけど」

甜花「……zzz」

甜花「はっ……!? ね、寝てない……甜花、ぜんぜん寝てない、よ……」

甜花「うう……睡魔、強力……このままじゃ負ける……」

ポワンッ

悪魔甜花『ふっふっふ……』

甜花「!」

悪魔甜花『ちょっとくらい、大丈夫……1日だけなら、平気……』

悪魔甜花『眠っちゃえ……きっと気持ちいいよ……』

甜花(そ……そうだよね……追加で、30分くらいなら……)

ポワンッ

天使甜花『ダメだよ……』

甜花「!」

天使甜花『妥協しちゃ、ダメ……自分で決めたことだから……』

天使甜花『最後まで、やり通さなきゃ……』

甜花「……」

甜花「うん、その通り……甜花、がんばる……!」

甜花「あぅ……でも、睡魔がホントに強い……眠すぎる……」ウトウト


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 00:38:06.51 :+KmGKB950

甜花「ようし……事務所の中、歩く……」スッ

スタスタ

甜花「こ……こうしてれば、眠気に負けない……」

甜花「……zzz」ガクッ

甜花「はっ……!? こ、この……!」ペチ

甘奈「甜花ちゃん、ほっぺを叩いて眠気を堪えてる……!?」

甘奈「並外れた根性だよ……! さすが甘奈のお姉ちゃん……!」ウルウル

千雪「甘奈ちゃん、あまり身を乗り出すとバレちゃいますよ」

――――


『甜花自立への5ヶ条・その2』


甜花「お菓子の摂取量を、最小限に抑える……!」デデン

甜花「これまでは……際限なく、お菓子を食べてた……」

甜花「ポテチ、チョコレート、アイス……アメ、グミ、なーちゃん特製スイーツ、などなど……」

甜花「色々あるけど……どれか1つだけで、1日を乗り切る……」

甜花「……もうケーキ食べちゃったから……がまん……」

千雪「甜花ちゃんそんなに食べるの?」

甘奈「ううん。最低2つ、多くて3つだよ」

甘奈「近頃はアイドルのお仕事が忙しいから、反動で3つくらい食べちゃうかな」


智代子「あっ、甜花ちゃんだ!」

甜花「!!」ササッ

智代子「え? な、なんで身構えるの?」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 00:48:24.81 :+KmGKB950

甜花「智代子ちゃん……通称チョコちゃん……」

甜花「いつも甜花に、美味しいチョコレートくれる……優しい人……」

智代子「えへへ、だって美味しいものはみんなで食べた方がいいし」

智代子「そうだ! 実はさっき有名店の限定チョコをゲットしたんだけど、よかったら食べる?」

甜花「はう……!?」

甜花「げ、限定チョコ……うう……ほしい……」

智代子「あげるよ。はいどうぞっ」スッ

甜花「……美味しそう……」ゴクリ

甘奈「ダメだよ甜花ちゃん……! ケーキ食べたんだから我慢しなきゃ……!」

千雪「あ、手が伸びてる」

甘奈「甜花ちゃーん……!!」

甜花「にへへ……1日だけ、2つ食べたって……」

ポワンッ

天使甜花『ダメ……せっかく、自立しようと頑張ってるのに……』

甜花「!」

天使甜花『ここで負けちゃ、ダメ……頑張って……!』

甜花「そ、その通り……ちょっとの油断が、命とりになるかもしれないし……」

ポワンッ

悪魔甜花『ふっふっふ……』

甜花「!?」

悪魔甜花『1つくらい、余分に食べても……大したことない……』

悪魔甜花『きっと美味しいよ……限定チョコ……1つ、食べちゃえ……!』


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/04(日) 01:02:20.39 :+KmGKB950

甜花「お……美味しいチョコ……」

甜花「限定の……」

智代子「うん、限定のチョコ! 口に入れたらとろけちゃうんだー」

甜花「……」ダラー

甘奈「甜花ちゃんのヨダレがすごいことに」

千雪「我慢できるかしら……」

甜花「……」


甜花「ご……ごめんなさい……!」ペコリ

甘奈・千雪「!!」


甜花「甜花、今……すといっくな生活を、目指してる……」

甜花「気持ちは嬉しい、けど……チョコは、遠慮します……」ペコリ

智代子「あっ、そうなんだ。ごめんね? そんな時に誘惑しちゃって」

甜花「ううん……で、でも……」

甜花「明日なら、食べられるから……」チラッ チラッ

智代子「そうなの? なら事務所の冷蔵庫で冷やしておくから食べてよ!」

甜花「いいの……?」

智代子「メモも添えておくよ。『これは甜花ちゃんの』って」ニコッ

甜花「あ、ありがとう……!」パァァ

甘奈「甜花ちゃん……よく耐えたね……偉いよ……!」グスッ

千雪「だ、だから甘奈ちゃん。そんなに身を乗り出すと見つかっちゃうから」アセアセ


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 00:05:40.20 :+KmGKB950

甘奈「見つかってもいいと思う! すぐ近くで応援したい!」

千雪「そうすると、甘奈ちゃんに頼るっていう、甜花ちゃんへの誘惑が1つ増えちゃうから……」

甘奈「あっ、そうだった……甘奈も甜花ちゃんへの甘やかし欲を無くさないと」

千雪「応援したいって気持ちは、甘やかしでも何でもないと思いますよ。こっそりと見守ってあげましょう」

甘奈「うん!」

――――


『甜花自立への5ヶ条・その3』


甜花「なるべく、外に出る……!」デデン

甜花「甜花、学校とお仕事の時以外は……ほぼ自宅警備してる……」

甜花「それはマズい……ゲームやお昼寝の時間を、制限しちゃえば……外出の時間も増えるし……」

甜花「お散歩でもして、健康的になろう……!」グッ

甜花「さっそく行動する……今日はもう、やることないから……じっくり外で過ごせる……!」

スタスタ

甘奈「甜花ちゃんが1人で外に出ようとするなんて」

千雪「半端な覚悟じゃないってことね。改めて、甜花ちゃんの覚悟が伝わってくる」

甘奈「大丈夫かな? 人酔いしないかな?」

千雪「この辺はそんなに多くの人が通らないから、大丈夫だと思うけど……」

千雪「もしものことがあったら、助け舟を出しましょうか」

甘奈「うん、そうしよう」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 00:18:39.74 :+KmGKB950

――――

甜花「……」スタスタ

甜花(甜花……なーちゃんや、千雪さん……プロデューサーさんがいなくても……歩けてる……)

甜花(1人で、お散歩してる……)

甜花(ふふ……ウォーキング……今の甜花は、意識が高い……)キラーン

千雪「今のところ、順調ね」

甘奈「だね。歩き方も普通だし、顔も自信が満ち溢れてる」

甘奈「甜花ちゃんのドヤ顔、可愛いなぁ」ニコニコ

千雪「うふふ、そうね」

甘奈「あ! 人が来た!」


「でさー」 「マジで?」


甜花「……」スタスタ

甘奈「おお! 難なくすれ違った! 甜花ちゃん、成長したね……!」

千雪「ええ」


「はい、お世話になっております」 「あははは!」


甜花「……」スタスタ

甘奈「また普通にすれ違った!」

千雪「……いいえ、よく見て」

甘奈「?」

甜花「……」プルプル

甘奈「あっ、ちょっと震えてる」

千雪「苦手意識はまだあるみたい」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 00:27:40.17 :+KmGKB950

甘奈「多少は仕方ないよ。このままいけば、いずれは1人で都心を歩けちゃいそう!」

千雪「そうなるといいですね」フフ

甜花(……ふー……間違いない……)

甜花(甜花、成長してる……!)

甜花(完璧とまではいかないけど……知らない人、大丈夫になってきた……)

甜花(サイン会、握手会で……ファンの人と、お話ししてるおかげかな……にへへ……)

スタスタ

甜花(……ちょっぴり、疲れてきたかも……体力的にじゃなくて、精神的に……)

甜花(お散歩、気持ちいいけど……事務所に帰りたくなってきた……)

ポワンッ

悪魔甜花『帰ろう……』

甜花「!」

甜花(また出た……甜花の、悪の心……!)

悪魔甜花『お散歩なんて、つまんない……事務所に帰れば、お昼寝もできるし、限定チョコも食べれる……』

悪魔甜花『まだ、眠いでしょ……? 甘いもの、食べたいでしょ……?』

甜花(ううっ……)

悪魔甜花『それとも、お家に帰る……? ゲームができるし……どの場所よりも、リラックスできる……』

悪魔甜花『さあ……自分に正直になって……』

甜花(く……屈しない……甜花、屈しない……!)

甜花(せっかくここまで、頑張れてるから……やり遂げなきゃ……)


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 00:43:19.44 :+KmGKB950

ポワンッ

天使甜花『その通り……ここまでよく頑張ってる……』

天使甜花『今までの甜花からは、考えられない……すごいこと……』

甜花(うん……)

天使甜花『なーちゃんや、千雪さんも……背中を押してくれてるはず……』

天使甜花『甜花のすごいとこ、もっと見せよう……』

甜花「……うん……!」

甜花「ありがとう、善の心……やる気出てきた……ちょっと先の公園まで、出発……!」

スタスタ

甘奈・千雪「……」

甘奈「千雪さん」

千雪「なに、甘奈ちゃん?」

甘奈「甜花ちゃん、本当によく頑張ってるね」

千雪「ええ」

甘奈「実はね? 甘奈、良くないこと考えてたんだ」

甘奈「『甜花ちゃんのことだから、すぐ甘奈を頼ってくれる』って。自分が甜花ちゃんを甘やかしたいからって、そんなことを」

甘奈「でも、あの顔を……甜花ちゃんの『やるぞ!』って顔見てたら……」

甘奈「自立計画、心の底から応援したくなった」ニコッ

千雪「そうね。あんなに必死だもの」

甘奈「いい加減に甘奈も、甜花ちゃんを気にかけるの卒業しないとね」エヘヘ

千雪「ううん、姉妹だから気にかけて当然よ」

千雪「ただ歯磨きとか、ご飯を食べさせたりするのは……」

甘奈「あはは……ほどほどにしないと、だね」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 00:53:52.11 :+KmGKB950

――――


『甜花自立への5ヶ条・その4』


甜花「知らない人と、お話する……!」デデン

甜花「外出できたから、次の段階に移る……名前も、顔も知らない人とお話して……人見知りを、克服していく……」

甜花「最初はあいさつだけでもいい……話しかけよう……」

甘奈「あの甜花ちゃんが知らない人とお喋りなんて」

千雪「驚きの連続ね」

甘奈「これこそ不安だよ……大丈夫なのかな? パニックで固まっちゃうかも」

千雪「ファンの方との交流で、ある程度は喋れるようになってると思うけど」

甜花(うー……ハードル、高すぎたかな……)

甜花(そ、そんなことない……! 甜花は、やればできる子……自信を持って……)

甜花(えっと……誰にしよう……)キョロキョロ

甜花(あ……向こうの、ベンチに座ってるおばあさん……優しそう……)

甜花「すー……はー……」

甜花(よし……)スッ

スタスタ

甜花「……」スタスタ

スタスタ

甜花「……」スタスタ

甘奈「おばあさんの周りをウロウロしてる」

千雪「なかなか勇気が出ないのね」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/05(月) 01:06:47.97 :+KmGKB950

甘奈「こうなったら、ここから念を送ろう。頑張れーって」

千雪「いい考え! 私も参加するわ」フフ

甜花(あぅ……一歩が、踏み出せない……)

甜花(甜花はやればできる子……甜花はやればできる子……)

甜花「……あ……」


甜花「あのっ」

おばあさん「?」


甜花「こっ……こんにち、は……」

おばあさん「こんにちは」ペコリ

甜花「い、いい……お天気、ですね……」

おばあさん「そうですねぇ。こんな日は、外に出ないともったいないわ」

甜花「て、甜花も、そう思いましゅ!」

甜花(あぅ……噛んだ)

おばあさん「あなた、とっても可愛いわね。モデルさんかしら?」

甜花「ふぇ? あ、えっと……アイドル、です……」

おばあさん「まあ、アイドル! すごいわねぇ」


甘奈「やったね千雪さん♪」

千雪「ええ、よかった」フフ

千雪(思いが通じたのかも。いいえ、甜花ちゃんの頑張りね)


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 00:23:16.01 :+KmGKB950

――――

おばあさん「アイドルって、歌を歌ったり、踊ったりするの?」

甜花「は、はい……」

おばあさん「素敵なお仕事だわ」

甜花「甜……わ、わたしも、そう思います……」

おばあさん「テレビにも出てるのかしら」

甜花「ちょっとだけ……」

おばあさん「そうなの」

甜花「……」

甜花(10分くらい経ってるけど……これ、ちゃんとお話できてるの……かな……)

甜花(『はい』とか、『そうです』とか……相槌しかうってない……)

甜花(甜花も……おばあさんのこと、聞いた方がいいよね……?)

甜花(な、なにを質問すれば……)

ポワンッ

天使甜花『落ち着いて……頭、整理して……』

天使甜花『なーちゃんや、千雪さん……プロデューサーさんと、お話する時みたいに……』

甜花(そ、そっか……深呼吸して、いつものように話せば……)スー ハー

ポワンッ

悪魔甜花『無理しないで……知らない人と話すの、嫌でしょ……?』

悪魔甜花『挨拶できただけでも、充分……今日はもう、やめとこう……』

甜花(それは……そうだけど……)


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 00:44:04.58 :+KmGKB950

天使甜花『……ずっと、思ってたけど……』

天使甜花『悪魔甜花……甜花を悪い道へ導くの、やめて……』

悪魔甜花『どこが悪いの……? 人間、無理しない生き方をした方が、ずっと楽だし……』

天使甜花『楽な道ばっか選んでたら……甜花のためにならない……!』

悪魔甜花『負担をかけちゃうと、甜花が可哀想……!』

天使甜花『なにを……!?』スッ

悪魔甜花『やるの……!?』スッ

ペチペチペチペチ

甜花(あわわわ……! て、甜花の中で、甜花が戦ってる……!?)

甜花(やめて……争わないで……!)


おばあさん「そうそう。アイドルといえば」

甜花「!」


おばあさん「私、孫がいるんだけど、アイドルの女の子が出る番組が大好きでね」

おばあさん「テレビの前でマネっこするらしいの」

甜花「マネっこ……可愛い……」

おばあさん「そう、可愛いのよ。大きくなったらアイドルになるんだって、口癖のように言ってて……」

おばあさん「あら? あなた、名前は確か」

甜花「て……甜花、です……大崎甜花……」

おばあさん「甜花ちゃん! もしかしたら」

甜花「?」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 01:08:23.61 :+KmGKB950

おばあさん「孫がね、目標にしてるアイドルがいるの」

おばあさん「『あるすとろめりあ』っていうユニットの、『てんかちゃん』みたいになりたいって」

甜花「!!」

甜花「それ……わたし……!」

おばあさん「やっぱり! こんな偶然あるのかしら!」

おばあさん「ごめんなさい、年甲斐もなく興奮しちゃった」フフ

甜花「い、いえ……」

おばあさん「そうなのね。あなたが甜花ちゃん……」

おばあさん「今度、あなたが出てる番組を孫に教えてもらうわ。どんなに素敵か、知りたくなっちゃった」

甜花「あう……お、おそれ多い、です……」

おばあさん「ふふ」

甜花「……あの……お、おばあさん……もしよければ……」

甜花「お孫さんに……甜花の、サインとか……」

おばあさん「サイン? いいの?」

甜花「て、甜花のでよければっ」

おばあさん「嬉しいわ! きっと大喜びする」

甜花「にへへ……あと、写真なんかも……」

おばあさん「写真まで。ありがとうございます」ペコリ

甜花「あ、頭、上げてください……!」アセアセ


甘奈・千雪「……ふふ♪」ニコニコ


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 01:16:14.36 :+KmGKB950

甘奈「甜花ちゃん、人気者だねっ」

千雪「そうですね。メディア露出も着実に増えてきてるし、色んな人に知ってもらえてると思う」

甘奈「知らない人とお話するのもクリアしちゃったし!」

甘奈「ヤバいよ、ただでさえ可愛い甜花ちゃんが、完璧なコミュニケーション能力を得たら……」

甘奈「トップアイドルへのハードルが無くなっちゃう! 顔パス状態だよ!」

千雪(ちょっと想像できない……って言ったら酷いわね)アハハ…

千雪(でもソロ活動の時に必ず役立つし、アイドルとして成長できることには違いないわ)

おばあさん「あら、そろそろ帰らなきゃ」

おばあさん「もう少しお話したかったんだけど……」

甜花「時間なら、仕方ない、です……」

おばあさん「サインに写真まで。ありがとうございます」ペコリ

甜花「いえ……! お孫さん、絶対アイドルになれるから……!」

おばあさん「ありがとうございます。伝えておきます」ニコッ

――――


『甜花自立への5ヶ条・その5』


甜花「家事をこなす……!」デデン

甜花「ということで、公園から事務所……事務所から、家に帰ってきた甜花が、今からすることは……」

甜花「なーちゃんと甜花の、夕食を作る……!」フンス

甜花「ママとパパは、お出かけしてるから……2食分……できるかな……」

甜花「うん……やれる……甜花なら、絶対に……!」フンス

甘奈(鼻息ふんすしまくってる。おばあさんとのお話で、やる気が最高潮に達してるみたいだね)コソコソ

甘奈(千雪さんにはラインで逐一報告するとして……大丈夫かな。なにを作るんだろう)タプタプ


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/06(火) 01:36:00.92 :+KmGKB950

甜花「料理未経験だし……難しいものに挑戦したら、失敗する……」

甜花「だからここは、簡単にできるメニューを……!」キリッ

甘奈(冷静だ! いいよいいよ甜花ちゃん!)

甜花「冷蔵庫を確認……」ガチャ

甜花「……ふむふむ……」

パタン

甜花「決めた……オムライスを、作ろう……!」

――――

甜花「あう……卵の殻、ボウルに入っちゃった……」

甜花「取り出すの、難しい……」

甘奈(うー、やってあげたい)

甜花「ふぅ……なんとか摘出できた……」

甜花「次は、ケチャップライスを作る……!」

甜花「玉ねぎ、にんじん、豚バラ肉を細かく刻んで……」トントントン

甘奈(あああああっ! 猫の手だよ甜花ちゃんっ! 指切っちゃうよぉっ!)

甜花「……う……ひっく……目に染みる……」ウルウル

甜花「玉ねぎ、強敵……でも刻まないと……」トントントン

甘奈(玉ねぎより猫の手にして、お願いだからっ! どうする!? 出て行っちゃう!?)

甜花「あ……そうだ、猫の手……」

甘奈(ほっ)

甜花「包丁で、食材を切る時は、猫の手にする……危なかった……」トントントン

甘奈(ひとまず安心だけど、幸先不安だよ。怪我だけしないように気をつけてね……)


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:53:11.25 :+KmGKB950

(30分後)

甜花「できた……! あとは、ケチャップで……ハートマークを書いて……」

甜花「なーちゃん、呼びに行こう……」

甘奈(ヤバっ。すぐ近くで見守ってたことを知られるわけにはいかない)

甘奈「あれ? いい匂いがするー」スッ

甜花「あ、なーちゃん……ちょうどよかった」

甜花「甜花、ごはん作った……よかったら、食べてほしいな……」

甘奈「え!? 甜花ちゃんが甘奈のために!?」

甜花「うん……これも、自立計画のうちの、1つ……」

甘奈「そうなんだ! わあ、オムライスだー♪ ありがとう甜花ちゃん!」

甜花「にへへ……」

甘奈「さっそく食べていい? お腹ぺこぺこなんだー」

甜花「もちろん……先に、食べてて……」スタスタ

甘奈「どこ行くの?」

甜花「なーちゃんが干してくれた、洗濯物……取り込んでくる……」

甘奈「甘奈も手伝うよ!」

甜花「ダメ……甜花1人でやらなきゃ、意味ないから……」

甜花「てきぱきと済ませて……戻ってくるね……!」

スタタタッ

甘奈(ふふ、元気いっぱい。やる気が衰え知らずだね)

甘奈「さてと。いただきまーす」パクッ

モグモグ

甘奈(形は不格好だけど、愛情がこもってて。すっごく美味しいよ甜花ちゃん♪)ニコニコ


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:54:21.10 :+KmGKB950

――――

カチャカチャ

甜花「なーちゃん……お皿、甜花が洗うよ……」

甘奈「任せっきりはよくないもん! 甘奈にも手伝わせて?」

甜花「だけど……」

甘奈「これは大崎家のお仕事だし、なにも1人でやることないよ」

甘奈「自立計画のことなら、甜花ちゃんがお皿洗いに参加してるってことが大事だと思うな」

甜花「そ、そうかな……」

甘奈「そうだよ! ね? 一緒にやろ?」

甜花「……うんっ……」ニコッ

甘奈「お皿洗ったら何をするの?」

甜花「えっと……お風呂を沸かして……甜花の部屋の掃除、ちょこっとやる……」

甜花「そのあと、お風呂入って、歯を磨いて……寝る……」

甘奈「寝るの? テレビ観ないんだ」

甜花「今日は、早めに寝たい……」

甘奈(やっぱり疲れたのかな。急に色んなこと始めたから)

甜花「明日は、7時に起きないと……なーちゃんに、起こしてもらう前に……」

甘奈「早寝早起きだね。がんばって!」

甜花「うん……!」

――――

甘奈「っていう感じだよ」

千雪『お家でも一生懸命ね。今は何をしてるの?』

甘奈「お風呂に入ってる」

千雪『そう……』


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:55:05.22 :+KmGKB950

千雪(いつかガス欠を起こすんじゃないかって不安だったんだけど、心配はなさそうね)

甘奈「千雪さん? どうしたの?」

千雪『ううん、何でもない。そろそろお休みしましょうか』

甘奈「そだね! また明日事務所で!」

千雪『ええ。おやすみなさい』

甘奈「おやすみなさい!」


甜花「へくちっ」

甜花「んぅ……誰か……甜花の噂、してる……?」


――――


(翌日・事務所)


千雪「ふー……」

P「千雪、お疲れ様」

千雪「プロデューサーさん、お疲れ様ですっ」

P「今日はやけに気合入ってるな。何かあったのか?」

千雪「はい。身近な人がとても頑張ってるんです。だから、私も感化されちゃって」

千雪「いつもより気を引き締めてレッスンができた気がします」

P「見ていて伝わってきたよ。その身近な人って誰だ?」

千雪「プロデューサーさんも知ってる人ですよ」

P「俺も?」

ガチャ

甘奈「こんにちはー!」

千雪(あら、噂をすれば)


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:56:24.63 :+KmGKB950

P「甜花と甘奈が来たみたいだ」

千雪「そうですね」

千雪「……あら?」


甘奈「ほら、甜花ちゃん。事務所着いたよー」グイグイ

甜花「あうー……」グデー

甘奈「ソファーまで行こう? あとちょっとだから」

甜花「うん……」ダラーン


千雪「……」

P「どうしたんだ甜花!? 具合が悪いのか!?」

甘奈「ううん、病気とかじゃないの。甜花ちゃん、もうちょっとだからね!」

甜花「うう……」

甘奈「あんよがじょーず、あんよがじょーず」

ボフッ

甘奈「はい到着!」

甜花「ありがと、なーちゃん……」ゴロンッ

千雪(ソファーに着いた途端、寝ころんで丸まっちゃった)

P「説明してくれ甘奈。甜花に何が起きた?」

甘奈「んーと……とりあえず大事ではないよ。明日にはいつもの甜花ちゃんに戻ってると思う」

P「???」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:58:13.51 :+KmGKB950

甘奈「あはは、あまり気にしないで。幸い今日はレッスンないよね?」

甜花「プロデューサーさん、平気だよ……甜花、余裕だから……」

P「そ、そうか……ならいいけど」

千雪「甘奈ちゃん」コソコソ

甘奈「あ、千雪さん」

千雪「甜花ちゃん、どうしたの?」

甘奈「朝ベッドまで起こしに行った時から、こんな感じなんだ」

甘奈「倦怠感がすごいらしいよ。たぶん、昨日の頑張りの反動だと思う」

千雪「……」

千雪(やっぱり。予感が的中しちゃったわ)

千雪「こういうことになるなら、もう無理はさせられないわね……」

甘奈「うん。でも、まだ意識を改善する気持ちが強いみたいだし、少しずつこなしていくのがいいね」

千雪「そう思うわ。本人に無理のないように」

甜花「あ……そういえば冷蔵庫に、智代子ちゃんからもらった、限定チョコが…」

甘奈「甘奈がとってくるよっ! 待っててね甜花ちゃんっ!」ピューンッ

千雪(甘奈ちゃん活き活きとしてる……この娘も反動がきてるみたい)ハハ…


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 01:59:15.96 :+KmGKB950

甜花「……千雪さん……」

千雪「!」


甜花「甜花……学んだ……一度に、たくさんのこと変えるの、難しい……」

千雪「そうね」

甜花「だから……これからは、ちょっとずつ頑張る……」

甜花「……応援……してくれる……?」

千雪「もちろんよ」ニコッ

甜花「にへへ……」

甘奈「とって来たよ、甜花ちゃん!」スタタタッ

甜花「わ、ありがとう……」

甜花「ようし……甜花、このチョコを食べて……」


甜花「明日から、頑張る……!」モグモグ

甜花「……おいしい……」ニヘヘ


おわり


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/11/07(水) 02:03:54.66 :+KmGKB950

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます
まだ全種類のカードをプロデュースできてませんが、全キャラ魅力的というのだけは分かりました
大崎姉妹可愛い


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【シャニマス】甜花「このままじゃ、ダメ……!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541255162/