1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:15:16.79 :RDAaqnBh0

みく「あっ、ちがっ、にゃにゃにゃにゃーんでそーなるのにゃー!」

P「いやいやいや。思いっきりにゃんでやねんって言ったよな」

みく「しらないにゃ~いってないにゃ~」

P「みくって魚、苦手だったよな」

みく「そうにゃあ、ファンのみんなにはヒミツにゃよ?」

P「はい、ホッケあげるよ」

みく「にゃんでやねん!」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:21:03.07 :RDAaqnBh0

みく「」

P「みく? おい大丈夫か」

みく「はっ!? にゃあ~、ち、ちょっと用事を思い出したから今日はもう帰るにゃ」

P「まぁ待てよ。俺は方言が出たっていいと思うぞ」

みく「べっべつにみくは方言でてないにゃ」

P「いや実は時々イントネーションちょっと違ったりするよな」

みく「そっそんなことないにゃ」

P「『これ直しといてにゃ』とかぽろっと言ってるよな」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:26:38.42 :RDAaqnBh0

みく「」

P「ここにちひろさんからもらった録音データがある訳だが…」ピッ

みく『――Pチャーン、これもうほかしていいのかにゃ?』

P「笑美に聞いたんだが、ほかすってのは捨てるって意味なんだよな」

みく「に……にゃああ~っ! もうやめるにゃあ~っ!」

みく「みくが悪かったにゃあっ、たしかに大阪弁抜けきれてにゃいにゃあ!」

P「いや、だから別にいいんだって」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:36:53.84 :RDAaqnBh0

巴「そうじゃ! そがいなこと気にせんでもええ!」

沙織「気持ちはわかるんてがよ。わだすもなかなか訛りがとれなぐて…」

みく「ふ、ふたりとも…!」

P「なっ、言っただろ。方言が抜けてなくたっていいじゃないか。それも魅力だって」

みく「ほ、」

P「?」

みく「ほんまかにゃ!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:43:06.96 :RDAaqnBh0

みく「猫耳つけて大阪弁とかにゃいでぇーっておもとったから隠しててんけど」

みく「これでええんやったらもうずっとこれでやろや~Pチャン!」

みく「はぁーっ! 楽にゃ! ほんまはけっこうしんどかってん」

P「うん、なんか新鮮だな…」

瑞樹「わかるで」

P「!?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:55:10.89 :RDAaqnBh0

加奈「楽しそうなことしゆう! あたしも混ぜて~♪」

蘭子「天へ登らんとする罪の罰か……(方言でもいいじゃないですか!)」

菜々「scrtd ikdear ptterate!」

P「えっ? んっ?」

みく「こりゃええで! みんな自分の言葉でしゃべるんが一番ちゃうかにゃ!」

P「……なんかおかしくないか……?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:01:37.70 :RDAaqnBh0

智絵里「? みんな…、どうしたんですか…?」

P「あぁなんか、方言を抑えるのをやめてみたというか、なんかよくわからないけど」

智絵里「ほ、方言、ですか…」

P「智絵里は三重出身だっけ。みくのわかるの?」

智絵里「え、えぇっと、た、たぶん…」

P「よし、智絵里! みくを頼んだ!」

智絵里「えぇぇっ…!? う、うちですかぁ…っ?」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:09:58.15 :RDAaqnBh0

雪美「……そやったら……うちもそうしよか……」

小梅「ほ、方言で喋るほうが、慣れてへんかも知らんけど……」

ありす「…何やってるんですか」

P「おいおいありす、ノリが悪いぞ。方言出していこうぜ!」

ありす「いやです。あとありすって呼ばないでください」

P「なぁーちょっとでいいから聞かせてくれよー」プニプニ

きらり「にょわー! きらりもありすちゃんをぷにぷにすぅーっ!」プニプニ

ありす「や、やめっ、……やめろやけったくそ悪い!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:17:41.70 :RDAaqnBh0

P「ふえぇ…ありすが怒ったよぅ…」

きらり「うきゃー☆ 怖いにぃ!」

ありす「かなんなぁ…」

P「だーいじょうぶ、可愛いぞ! きらりもそう思うよな!」

きらり「そうですね。確かにそう思います」

P「どうしたきらり!? 言葉遣いが変だぞ!?」

杏「パクリは良くないと思うよ」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:28:10.51 :RDAaqnBh0

幸子「お疲れ様でーす」

P「おっ。お疲れ幸子! なぁなぁ幸子、ちょっと方言で喋ってみてくれないか」

幸子「はい? いやですよ。なに言ってるんですか」

P「いや、それがな」

みく「Pチャーン、もっとみくとお喋りしよーやー」

幸子「!?」

P「というわけだ」

幸子「ボクはやりませんからね!」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:35:30.33 :RDAaqnBh0

幸子(おまさんのことが好き、なんて言えねェじゃんけ……)

加奈「どうしたが? 顔真っ赤になりゆうよ?」

幸子「なっなんでもないですよ!」

卯月「なんだかみんな楽しそうだね!」

P「出た! いじりようのない普通さ!」

卯月「なんですかそれ! 私がんばりますよ!?」

P「がんばりようがないんだよ…」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:44:34.20 :RDAaqnBh0

卯月「はい? 方言、ですか?」

P「そうだよ。卯月は訛らないだろ? 東京出身だもんな」

卯月「てやんでぃっ! こちとら江戸っ子でぃっ!」

P「!?」

卯月「えへへ…どうですか? それっぽかったですか?」

P「うわぁびっくりした…ほんとにびっくりした…」

卯月「おいらが江戸言葉を使っちゃあダメけぇ…」

P「なんだかわからんけど落ち込むな!」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:50:43.59 :RDAaqnBh0

みく「智絵里チャンの関西弁も新鮮でおもろいにゃ!」

智絵里「も、もともと、あんまり訛ってへんから…ようわからんけど…」

雪美「そやね……うちも、そんなに……苦労……してへん……」

小梅「な、なんか…ヘンな、か、感じ、やね…」

法子「ここで満を持してウチの登場やでぇーっ!」バンッ

笑美「あんたはアカンやろ! ウチとかぶっとるし!」バンッ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:55:25.80 :RDAaqnBh0

法子「なんでや! ええやろ!」

笑美「いやいやめっちゃかぶってるやん。関西弁アイドルコンビみたいなっとるやん!」

法子「関西風海苔弁コンビ?」

笑美「なんでやねん! 訳わからんわ!」

P「ほんとにお前らコンビで売り出すぞ」

法子「ウチはええよ! ドーナッツ食べへん?」

笑美「おおきに!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:02:01.77 :RDAaqnBh0

みりあ「じゃあ私たちも東京出身のコンビだね!」

卯月「え? みりあちゃんも江戸っ子なの?」

みりあ「ううん☆ でもちょっとやってみようよ!」

卯月「うん! じゃ練習してみよっか!」

みりあ「では、こんな感じでどうかしら?」

卯月「べらんめえ! そいつぁ山の手の言葉じゃねぇかっ!」

みりあ「うふふ、ごめんあそばせ」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:13:36.54 :RDAaqnBh0

友紀「なんしよん?」

みく「あっ友紀チャンにゃ! っていうかもう方言出てるやん!」

美穂「えっ、げ、元気ですよっ?」

みく「にゃっ?」

美穂「あっ、あの、なんしよんって聞かれたのでっ!」

友紀「アッハッハ! 何ちかんち言わんでよか」

みく「にゃっはっは! わからへんわ!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:23:30.98 :RDAaqnBh0

イヴ「なんだか皆イキイキしてる気がしますね~」

加奈「あっイヴさんやが! イヴさんグリーンランド出身やきグリーンランド語喋ってや!」

イヴ「えっえぇっとー……」

イヴ「God dag! HOHOHO!」

杏「その笑い方はサンタクロース限定じゃないかな」

イヴ「いきなり言われても難しいですよぅっ!」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:31:19.95 :RDAaqnBh0

みく「やけど、けっこう楽しいもんやにゃあ方言で喋るんも」

加奈「なんかみくさんのにゃっていうが土佐弁に聞こえてきちゅう」

みく「にゃんで!?」

加奈「にゃ、とか、にゃあ、ってつける時ばぁありますき」

みく「ほほう! 実はみくは高知の生まれやったんかもしれんにゃ…」

蘭子「汝、生誕の地から離れてその翼を広げん」

P「お前らなにいってんだ」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:39:55.22 :RDAaqnBh0

輝子「ヒャッハァーッ! 皆が標準語から自由になっていくぜぇ! フリィーダァムっ!」

みく「きの子チャンもフリーダムやにゃ」

輝子「あったりまえだぜェ! …いや、わ、私の名前は輝子ですけどー…」

みく「さぁ! きの子チャンも方言で喋りや!」

輝子「フヒヒ、フハハハァーッハッハ! えっ、いや、私はいいよ…」

加奈「輝子ちゃんは今でも十分やと思うですけんど」

みく「そーかもにゃ」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:44:26.70 :RDAaqnBh0

P「まぁなんだ。方言を使うのも可愛いってことを再確認できたな!」

みく「なんでこないにゃったんやろ…」

P「まぁまぁ気にすんなって」

みく「そーいえばPチャンは訛らんの?」

P「……拙者、プロデューサーでござる!」

みく「にゃんでやねん!」


おしまい


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:47:36.15 :RDAaqnBh0

ありがとござしたー
方言てきとーだから間違ってたらごめんね
なんか書くひといたらよかったらどうぞ


2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です
【2ちゃんねる】みく「にゃんでやねん!」モバP「えっ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358090116/