1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:17:16.77 :q3Cz9ArzO

P「買います、買わせてください」

ちひろ「まいどありがとうございます!」

P「では約束のスタドリ60本……」

ちひろ「ふふ……どうも」

凛(わ、私がプロデューサーに買われてる!?)


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:20:45.38 :q3Cz9ArzO

P「はぁ~~凛かわいいなぁオイ」

凛(……っ、ぷ、プロデューサー、私なんか買ってどうするんだろ)

凛(やっぱり、あんな事やこんな事……)

P「げっ、これ親愛度0じゃないですか」

ちひろ「そうですね」

凛(いや、限りなくMAXに近いと思うけど)

P「しかもLV1じゃないですか……だから安かったんですね」

ちひろ「ふふ、よく確認しなかったプロデューサーさんの落ち度ですよ」

P「くそ、躾しまくって鍛えないとなあ」

凛(プロデューサー、そういう趣味だったんだ)


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:27:19.54 :q3Cz9ArzO

凛(私……プロデューサーにどんなことされちゃうんだろ)

凛(や、やっぱり、服脱がされたりとか、そういう……)ドキドキ

P「とりあえず適当に喰わせまくるか」

凛(そ、そっち!?喰わせるなんて、プロデューサー以外とは嫌だよ……!)


ちひろ「じゃあ、道場通ってはいかがですか?」

P「いいですね。ドンドン殴らせましょう」

凛(何がなんだかわからなくなってきた……)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:34:31.07 :q3Cz9ArzO

P「とりあえずまあ、仕事に行ってちゅっちゅして親愛度上げときますね!」

ちひろ「はい」

凛(ちゅっちゅ……って、アレだよね)


P(おっと、本当に仕事の時間になっちまった)

P「それじゃあ、そろそろ凛を呼んで仕事にいってきます」

ちひろ「はい、行ってらっしゃい!」

凛(……)ドキドキ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:45:02.70 :q3Cz9ArzO

P「よーし、そろそろ出発するか」

凛「う、うん」

P「今日は昼の生放送番組に出て、その次はクイズ番組、あとはラジオの収録に……これぐらいかな」

凛「あの、プロデューサー」

P「どうした?」

凛「……は、はい」

P「……目なんか瞑って、どうかしたか?」

凛「……ちゅ」

P「……ちゅ?」

凛「ちゅ、ちゅっちゅするんでしょ?準備、オッケーだよ」

凛「く、喰わせるとかは嫌だけど、キスくらいなら……」

P「ん?」

凛「え?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 02:51:14.30 :q3Cz9ArzO

凛「……」

P「……なあ、そろそろ機嫌直してくれよ」

凛(……恥ずかしくて死にそう)

P「凛達がカードゲーム化したって、前に言わなかったっけ?」

凛「……言った」

P「だ、だよな」

凛「でも、あんな会話じゃ普通わからないよ……っていうか、公で普通あんなこと言わないでしょ」

P「ご、ごめん」

凛「はぁ……もういいよ。私だったから良かったものの……他の娘だったら何言われてるかわかんないよ?」

P「そうだな……(何か要求されたけどな)」

凛「で、プロデューサーが買うって言ってたのは私のカードなんだよね?」

P「ああ、3枚買いして全て余すことなく網羅したぜ!」

凛「ふ、ふーん……そうなんだ」

凛「ね、ちょっと見せてよ」

P「え、あ、おい」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:04:15.97 :q3Cz9ArzO

凛「どれどれ……」

凛「……画面の何処にも、私いないんだけど」

P「いや、その、ほら、じょ、女子寮に」

凛「よくわかんないよ」

P「えっと、なんて説明したらいいか」

凛「フロントメンバー?っていうやつには楓さんとか川島さんとかはいるけど、どういうこと?」

P「あの……凛はコストが低いから、理想フロントには入らないっていうか、そのだな」

凛「……最低だね」

P「滅相もございません」
凛「……」ムスッ

凛「……」ポチポチ

P「でも、次の月末ガチャこそ強SRとして凛が出てくると……ってお前、なにして」

凛「はい、私以外消しといたから」

P「oh……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:16:09.64 :q3Cz9ArzO

P「ああ……俺の汗と涙の結晶が……」

凛「親愛度上げ、頑張らないとね?」クスッ

P「ボックス全部凛になってる……」

凛「嫁艦隊、っていうんだっけ?」

P「そうだけどさ、あんまりそれはしたくないんだよな」

凛「何で?」

P「あんまし凛を戦わせたくないんだよな、負けた時辛いし」

凛「……調子良いこと言ってるけど、さっき弱いとか言ってた人の台詞じゃないよ」

P「はい」

P「……まあでも、最初は嫁艦隊にしようと思ってたしな。これからは凛の嫁艦隊でいくぞ!」

凛「あ、あんまり嫁とか連呼しないで欲しいんだけど」

P「お前が先に言ったんだろ」

凛「そうだけど……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:31:46.66 :q3Cz9ArzO

P「じゃあ道場行って殴ってくるか」ポチポチ

凛「殴るって誰を?」

P「えーと、色々なアイドルだな」

凛「アイドルにアイドルを殴らせるやっぱり最低だね」

P「比喩であって殴らせてないしそういうゲームなんだよ!」

凛「冗談だよ」クスッ

P「そろそろ勘弁してくれ……」

凛「じゃあさ、親愛度当ててみてよ。それで許してあげる」

P「親愛度?」

凛「うん、今の私のプロデューサーに対する、ね」

P「0に近い気がする」

凛「どうかな?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:40:28.74 :q3Cz9ArzO

P「えーと、最大値は?」

凛「うーん、じゃあ300でいいよ」

P「結構細かいな……」

凛「文句言わない。いくつだと思う?」

P「うーん、80くらい、かな?」

凛「かなり低いよ、それだと顔見知りレベルだよ?」

P「そ、そんなもんなのか?」

凛「わかってないね。高くなるにつれ上がりにくくなるものなんだよ」

P「そういうものなのか……答えは?」

凛「教えない」

P「えっ!?そんなぁ……」

凛「だって、教えちゃうと面白くないじゃん」

P「……とかいって、決めてないだけだろ」

凛「当たり」

P「ほらな」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:48:56.01 :q3Cz9ArzO

P「そろそろ着くぞー」

凛(うーん、いくつだろ……今日でちょっと下がったし)

凛(299、ぐらいかな?)

P「なにか考え事か?」

凛「ううん、なんでもない」

凛「……ね、プロデューサー」

P「うん?」

凛「私たち、ずっと一緒だよね」

P「ああ、もちろんさ」

凛「……ん」

凛(プロデューサーの親愛度も、高かったらいいな)

おわり


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/16(水) 03:50:08.22 :q3Cz9ArzO

終わります
フェスお疲れ様でした、月末ガチャに凛くることを祈ってます
おやすみなさい


2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です
【2ちゃんねる】モバP「凛、いくらで売ってくれますか?」ちひろ「60本です」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358270236/