1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:13:12.85 :Jw0U0Ed60

短いです。キャラの一人称間違いとかコレジャナイ感とかあるかもしれませんがそれでもいい方のみ読んでくだされば幸いです。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:15:33.21 :Jw0U0Ed60

ーー事務所ーー

ありす「ふぅ...暇ですね...」

ありす「事務所には誰もいませんし...」

ありす「そういえば、事務所の本棚にアイドルの皆さんがマンガを置いているんですよね。レッスンの時間までそれを読みましょう」

ありす「ええと...どれにしましょうか...」

ありす「これがいいですね」

『ミスミソウ』


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:16:35.09 :Jw0U0Ed60

ありす「表紙で女の子が泣いていますね。失恋ものでしょうか...大人っぽい人になるには失恋も必要ですからね」フンス

ありす「どれどれ...」パラパラ

ありす「舞台は真冬の田舎なんですね...わたしもプロデューサーさんとこういうところに旅行に行ってみたいかも...」

ありす「主人公の名前は春花、ですね。かわいらしい名前ですね」

ありす「あ、男の子が出てきましたね...春花さんはこの人と恋に落ちるんでしょうか」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:17:28.34 :Jw0U0Ed60

ありす「え...」

ありす(春花さんが学校のクラスメイトたちにいじめられています...こんなのってあんまりです...)

ありす(すごくかわいそうです...!先生は何をやっているんですか...!)

ありす(あ、春花さんと相場さんがデートに行くみたいですね。春花さん、とても幸せそうな顔です...)

ありす(デートも終わり、帰り道の途中ですね...)

ありす(え、煙...?)

ありす「」

ありす(い、家が...春花さんの家が...燃えちゃって......)


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:18:04.69 :Jw0U0Ed60

ありす(春花さんの家族はーー??)

ありす(相場さんが、燃えている火の中に突っ込みました...!)

ありす(相場さんが何かを抱えて出てきました......)

ありす(相場さんが、抱えているモノってーー)

ありす「」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:20:37.88 :Jw0U0Ed60

*ミスミソウ未読の方には相場くんが何を抱えていたかはご想像にお任せします。

ドアガチャ

モバP「おはよう、ありす。何を読んでーー」

モバP「あ、ありす!?」

モバP「失神している...」

モバP「な、な、なんでだ!?」

モバP「ん、これはーー?」

『ミスミソウ』

モバP「」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:21:45.88 :Jw0U0Ed60

ーー1時間後ーー

モバP「というわけで、お前らを集めたわけだ」

比奈「」

奈緒「」

比奈「し、知りませんでスよ...!?そんなマンガなんて...?」

奈緒「あ、あたしもだぞ!そんなやばいマンガなんて...」

比奈「あっ、奈緒ちゃん...」

モバP「ん~?どうしてこのマンガがやばいやつだって知っているのかな~?」

奈緒(しまった...!)

比奈(奈緒ちゃん...!)


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:24:28.70 :Jw0U0Ed60

奈緒「関わりたくないから知らんぷりしようと思っていたのによ...」

比奈「まあ、しょうがないでスね。さておき、そのマンガはでスね、我々オタクの間でも有名なんでスよ」

比奈「でスから、アタシたちは知っているわけでス」

奈緒「鬱になるマンガといえば、真っ先にこれがあがるからな」

比奈「でスけど、アタシはそんなマンガを持っていませんし、ましてや他のアイドルも見る本棚にしまっておくなんてしないでスよ」

奈緒「あたしも同じく、そんなマンガなんて近くにも置いておきたくないからな」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:25:15.22 :Jw0U0Ed60

モバP「そうか...疑って悪かった」

モバP「誰が置いたんだろうな...」

モバP「しかし...」

モバP「俺も最近ネットで見たことがある程度だが...」

モバP「こんなに精神を削られるマンガはないんじゃないのか?」

比奈「そうでスね...名作であることに間違いはないんでスが...」

比奈「肉体的グロと精神的グロがふたつとも重なり合っているマンガなんてそうそうないでスよ」

奈緒「今年の春には実写映画にもなったみたいだな」

奈緒「結構評判もいいみたいだけど、見る人を選ぶスプラッター映画だとか」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:25:42.98 :Jw0U0Ed60

奈緒「ん?スプラッター...?」

奈緒「あ」

比奈「あ」

モバP「あ」

ーー1時間後ーー

モバP「小梅、お前だろ?」

小梅「......へへ......ごめんなさい...」

モバP(う、カワイイ!)

小梅「事務所でお仕事の時間まで読んでいたんだけど......読み終わらなくて......」

モバP「それでとりあえず本棚に置いたんだな?」

小梅「うん......」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:27:45.11 :Jw0U0Ed60

モバP「小梅がそういうマンガや映画を見ることは今更止めはしない。しかし、置き場所も考えろ」

小梅「はい...ごめんなさい......」

モバP「これからは気をつけろよ」

小梅「うん...気をつけるね...それじゃあ......」

ーーしばらくしてーー

モバP「やれやれ、小梅のスプラッター好きにも困ったもんだな」

モバP「そういえば、このマンガ、家燃やされた後どうなるんだろうな...?」

モバP「ネットでも家燃やされたことしか語られていなかったからな...」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:30:02.11 :Jw0U0Ed60

モバP「少し読んでみるか...」パラパラ

そのとき、モバPの目に入ったのは、無残な復讐シーンの数々だった!

モバP「」

小梅「忘れ物...しちゃった...」

小梅「あ......」

小梅「プロデューサーさん...気絶している......」

おわり


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:32:02.55 :Jw0U0Ed60

鬱漫画として有名なミスミソウですが、読んだことのある人は意外といないのではと思い、アイドル達に紹介してもらいました。家を燃やされた後も、精神的攻撃のラッシュですので嫌な気分になりたい人はぜひ...


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:37:07.36 :Jw0U0Ed60

おまけ

ありす「ここは...仮眠室...?」

モバP「お、ありす。目覚めたか」

??ありす「わたし、たしかマンガを読んでいて...」

モバP「それ以上は思い出すな、ありす」

ありす「はい...」

ありす「あの...」

ありす「わたしが落ち着くまでプロデューサーさんにしがみつかせてくれませんか?」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:37:33.55 :Jw0U0Ed60

モバP「え、それは...」

ありす「わたし、怖かったんですよ?」目ウルウル

モバP「くっ、しょうがない、好きにしろ...!」

ありす「えへへ、Pさん...」ギュー

おまけおわり


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/08/21(火) 20:38:28.31 :Jw0U0Ed60

これでおわりです。もうしばらくしたらHTML依頼出してきます。
読んでくださった方ありがとうございます。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「事務所の本棚にマンガの『ミスミソウ』があった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534849992/