1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 19:31:14.29 :P65cCycZO

蓮実「な、菜々さん!止めてください!この縄をほどいて!」

菜々「ふふふ。そうはいきませんよ、蓮実ちゃん」

蓮実「ど、どうして…どうしてこんなことするんですか!」

菜々「昭和アイドルを敬愛してやまない蓮実ちゃんにメルヘンデビューを歌わせる…そうすることで、菜々は…菜々は、時代を、越えるんです!」

蓮実「そ、そんな…そんなこと…そんなことできません!昭和アイドルを裏切るようなことっ!」

菜々「ふふふ。そのセリフは想定内ですよ、蓮実ちゃん?このスイッチ、なんだか分かりますか?」スッ

蓮実「な、なんのスイッチ…ですか……?」

菜々「このスイッチを押すとね?」

蓮実「お、押すと……?」

菜々「特急やくもが止まります!」

蓮実「ひ、ひどい!島根が孤立しちゃう!」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 19:42:23.13 :P65cCycZO

菜々「さぁ、どうしますか?しょっちゅう止まる山陰本線としょっちゅう遅れるサンライズ出雲を頼りに生きていきますか?」

蓮実「…かり…た……」

菜々「聞こえませんよ、蓮実ちゃん」

蓮実「わ、わかりました!メルヘンデビューを…歌います……」

菜々「ふふっ。素直な子は大好きですよ」

蓮実「…で、電波でオッケー……」

菜々「ストーップ!」

蓮実「……っ!?」

菜々「最初から、ですよ、蓮実ちゃん?」

蓮実「さ、最初って、まさか……」

菜々「そのとき出雲から、不思議な光が下りてきたのです、からですよ」

蓮実「セ、セリフから!?しかも改変されてる!?」

菜々「メルヘンデビューハスミンVer、ですよ」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 19:50:00.50 :P65cCycZO

蓮実「そ、そんな…そんなこと……」

菜々「あれれ?蓮実ちゃんまさか、セリフは歌に含まれない、と言うつもりですか?」

蓮実「そ、そんなこと……」

菜々「浪花恋しぐれを真っ向否定するつもりですかっ!!!」

蓮実「!?!?!?」

菜々「ね?」

蓮実「わ、わかりました……」

蓮実「そ、そのとき松江から」

菜々「出雲じゃないんです?」

蓮実「私、松江出身なので……」

菜々「………………へー」

蓮実「な、なんですか!松江と出雲はぜんぜん違うんですから!」

菜々「続きをどうぞ」

蓮実「はい……」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 20:03:08.76 :P65cCycZO

蓮実「そ、そのとき松江から、不思議な光が下りてきたのです…それは……」

菜々「それは?」

蓮実「ハスミでーっす!!!」

菜々「チョベリグ」

蓮実「はい?」

菜々「な、なんでもないでーっす☆」

蓮実「…菜々さんは17歳なんですよね?」

菜々「お、押しちゃおっかなー☆やくもが備中高梁あたりで止まるスイッチ押しちゃおっかなー☆☆☆」

蓮実「くっ………」

菜々「続きを」

蓮実「…あ、あー、ちょっと引かないでください!ハスミンパワーでメルヘチェンジ!」

菜々「ブラボー」

蓮実「お、お母さん、ごめんなさい…私は…私は……」

菜々「それはナナのセリフです……」

蓮実「はい?」

菜々「な、なんでもないでーっす☆」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 20:16:21.06 :P65cCycZO

蓮実「ミ、ミミミンミミミン、ハースミーン!」

菜々「ミミミンミミミン」

蓮実「ハースミーン!」

菜々「飛行機オッケー、ネットもオッケー」

蓮実「ハスミンハスミン 松江市民……」

菜々「これでもちゃんと アイドルなんです」

蓮実「日本海ーで釣り釣りー…」

菜々「ハースミーン
ハースミーン」

蓮実「電車が来るまで一時間……」

菜々「ハースミーン」

蓮実「止めて…もう止めてください……」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 20:28:53.20 :P65cCycZO

菜々「あれれ?もうギブアップしちゃうんですか?」

蓮実「電車は…電車はもう少し早く来るからっ!」

菜々「でも、今日も遅れるんでしょう?」

蓮実「な、夏場はそんなに遅れません!」

菜々「本日の下りサンライズ出雲はー、2時間遅れで到着予定ですー」

蓮実「と、東海地方の…東海地方の天気のせいですから!!!」

菜々「ハッ、ここは倉敷駅じゃない!?乗り過ごしちゃった!からのー、1.2」

蓮実「島根ー……」

菜々「ふふっ、身体は正直ですね」

蓮実「お母さん、私、汚れちゃった……」

菜々「だからそれは私のセリフです……」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 20:41:27.03 :P65cCycZO

蓮実「菜々さんは……」

菜々「なんですか?」

蓮実「聖子ちゃんとかキョンキョン、好きですか?」

菜々「……………………………………お母さんがよく聴いてました」

蓮実「私と同じですね」

菜々「そう…ですね、そうですそうです」

蓮実「私、いつも言われてたんです」

菜々「何をです?」

蓮実「そんな古いのばっかり聴いて、って」

菜々「…はい」

蓮実「そのたびに、こう返してました。古くないよ、って。少しだけ年齢を重ねただけだよ、って」

菜々「古くない…年齢を……」

蓮実「歌に年齢って、よく考えたらおかしいかもしれませんね、ふふっ」

菜々「……」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 20:52:21.07 :P65cCycZO

蓮実「そして、自分がアイドルになってみて分かったんです。やっぱり年齢を重ねただけなんだ、って」

菜々「蓮実ちゃん……」

蓮実「歌と一緒にファンの方たちも年齢を重ねて…ふと、昔の自分に戻りたいときがあって」

菜々「そのときに口ずさむ、ですか?」

蓮実「はい。それがほんの一瞬だったとしても…それはきっと、いいことなんだな、って」

菜々「…蓮実ちゃん」

蓮実「はい」

菜々「よく、分かります。ナナは…ナナはね、ナナはホントはにじゅう」

蓮実「菜々さん!」

菜々「は、はい!」

蓮実「菜々さんは17歳です。『菜々はまだ17歳』なんです」

菜々「センチメンタルジャーニー……」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 21:08:00.64 :P65cCycZO

蓮実「菜々さんも、17歳のまま年齢を重ねていけばいいって、そう思います。ファンの方たちと一緒に」

菜々「は、蓮実ちゃん……」

蓮実「聴かせてください、菜々さんのメルヘンデビュー。私も…私も一緒に歌います!」

菜々「…グスッ…えへへ、ナナ、なんだかデビューしたての頃に戻った気分です」

蓮実「それもきっと、良いことなんですよ。ふふ」

菜々「スゥ…そのとき空から、不思議な光が下りてきたのです」

蓮実「それは……?」

菜々「ナナでーっすぅ☆」

二つの歌声が、二人しかいない談話室から漏れてきました。

菜々「ミミミンミミミン」

蓮実「ウーサミーン!ミミミンミミミン」

菜々「ハースミーン!」

二人だけのコンサート。
アイドルの本質を知る、二人だけの。

「私はお邪魔かな?ふふっ」

ドアノブから離した右手で、ウサギの形を作ってみました。
あれ?これ、ウサギじゃなくてキツネ?
まぁいっか。
談話室から遠ざかる私の耳に、2つの歌声が重なります。


『ブイっ♪』

あ、今日はパスタを食べよう。
そう思いました。
        高垣 楓



お し ま い


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/22(金) 21:08:29.86 :P65cCycZO

終わりです。
飽きてないです。
さよーなら。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】菜々「ミミミンミミミン」蓮実「ハ、ハスミン……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529663474/