1 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:41:18.93 :zTrBEtsL0

春日未来(以下、未来) 「プッロデューサーさんっ♪」ダキッ

ミリP(以下、P) 「おっ、未来。おはよう」

P 「……抱きつくのはやめないか?」

未来 「でへへ……ドキドキ、してくれますか?」

P 「ああ、主に目の前にいる律子のお陰でな」

秋月律子(以下、律子) 「……プロデューサー?」

P 「いや、怒るような事でもないだろ……」

律子 「……まぁ、良いですけど」


2 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:42:10.20 :zTrBEtsL0

律子 「……プロデューサー殿、そろそろ時間じゃ?」

P 「おっ、そういえばそうか」

P 「未来、レッスン行くぞ!」

未来 「はい、分かりました!今日も頑張っちゃいますね!」

P 「よし、良い返事だ……それじゃ早速」

未来 「はいっ!」ギュッ

音無小鳥(以下、小鳥) 「!?」

P 「……別に手を繋がなくて良いんだぞ?」

未来 「……そ、それじゃ」ダキッ

小鳥 「!?!?」


3 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:42:46.47 :zTrBEtsL0

未来 「……ど、どうですか?」

P 「どうって?」

未来 「その……ドキドキしたり、とか」カァア

P 「……腕にしがみつかれると歩きづらい事は確かだな?」

律子 「プロデューサー……!」ワナワナ

P 「ひいっ!い、行ってきます!」

P 「捕まってろよ未来!」

未来 「は、はい……い、いってきま~す!」ギュゥウ


4 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:43:16.71 :zTrBEtsL0

律子 「はぁ……まったく、コアラか何かみたいね」フフッ

小鳥 「仲が良いのは良い事じゃないですか」

律子 「それは、そうですけど……」モヤモヤ

小鳥 「?」

律子 「……いえ、指摘はヤボね」

律子 「それじゃ、私もレッスン行ってきますね」

小鳥 「はい、いってらっしゃ~い」フリフリ

小鳥 「……さ、頑張らないと!」


5 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:44:20.71 :zTrBEtsL0

――――― 

未来 「たっだいまー!」バターン

小鳥 「ふふ、お帰りなさい」

未来 「小鳥さん、ただいまでーす!」

小鳥 「あら、プロデューサーさんは?」

未来 「えっと……他の子のレッスン見てくるって言ってました!」

小鳥 「あらら……それじゃ、帰ってくるのはもう少し後になるのかしら」

未来 「はい……」


6 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:46:19.43 :zTrBEtsL0

小鳥 「……プロデューサーさんいなくて寂しい?」

未来 「……さ、寂しいです」シュン

小鳥 「ふふ、プロデューサーさんと最近ずーっと仲良いものね」ニコニコ

未来 「えっ、仲良く見えますか!?」パァアア

小鳥 「ええ、まるで兄妹みたい」クスクス

未来 「きょう、だい……ですか」ショボーン

小鳥 「……未来ちゃん?」キョトン


7 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:46:51.62 :zTrBEtsL0

未来 「小鳥さん……聞きたい事があるんですけど」

小鳥 「な、何かしら?」

未来 「どうやったら、プロデューサーさんに女の子として見てもらえるんでしょうか……」

小鳥 「……えっ?それは、もしかして」

未来 「いっつも妹みたいにぃ……」グスッ

小鳥 「だ、大丈夫よ未来ちゃん!プロデューサーさんだって男なんだから!」

小鳥 「可愛い女の子の事、なんとも思ってないなんてないわよ!」

小鳥 (プロデューサーさん、未来ちゃんの事は特に大事にしてるし……)


8 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:47:33.75 :zTrBEtsL0

未来 「でも、この前お泊まりした時は何もしてくれなかったんです……」

小鳥 「……オトマリ?」キョトン

小鳥 「えっ、プロデューサーさんの家泊まったの!?」

未来 「はい、ご飯美味しかったです!」ニッコリ

小鳥 「なんて事なの小鳥、まさか14歳に先を越されるなんて……」オロオロ

未来 「布団にも潜り込んだのに……」シュン

小鳥 「……ど、どうだったの?」ドキドキ

未来 「?どうって、何がですか?」

小鳥 「プロデューサーさん、何かしてくれた……?」


9 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:48:19.08 :zTrBEtsL0

未来 「……ぎゅ、ぎゅってしてくれました」カァアア

小鳥 「!?」グサッ

未来 「それにそれに、頭も撫でてくれて……!」テレテレ

小鳥 「……ぐふっ」チーン

未来 「でへへ~……あったかかったです」ニコニコ

小鳥 「嗚呼、世の中は何て無情なの……」


10 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:49:09.11 :zTrBEtsL0

ガチャリ

P 「ただいま戻りました」

小鳥 「あっ、元凶!」ビシッ

P 「な、なんですか藪から棒に!?」ビクッ

小鳥 「とぼけたって無駄ですよ!もう証拠は挙がってるんですからね!」

P 「証拠?いったいなんの……」

未来 「あの、プロデューサーさん」

P 「未来、どうかしたのか?」

未来 「あ、あの……お泊まりの事、話しちゃいました」

P 「ああ、だからか……」


11 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:49:44.69 :zTrBEtsL0

小鳥 「だからか、じゃないですよ!」バン

小鳥 「そもそも何でアイドルを家に泊めてたんですか!?」

P 「宿題教えてただけですよ、未来が宿題終わってないって言うから」シレッ

小鳥 「それなら事務所とか劇場でやればいいでしょう!?」

P 「……そ、それはそうですが」

小鳥 「…………」ジトー

P 「……ゴメン未来、次からお泊まりはナシって事で……」

未来 「えっ……」ガーン


12 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:50:22.02 :zTrBEtsL0

未来 「ど、どうしてもですか?」ウルウル

P 「ど、どうしてもだ」

未来 「……え、Hな本の事みんなにバラしちゃいますよ?」

P 「!?ど、何処にあった奴の事だ?」アセアセ

未来 「ベッドの下です!」

P 「み、見つかってたのか……!」

小鳥 「教えて、未来ちゃん?」ニッコリ

P 「コラ、何聞いてるんですか!?」


13 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:51:43.65 :zTrBEtsL0

小鳥 「だって気になるじゃないですか!」

P 「俺のエロ本事情がなんてどうだっていいでしょうよ!」

P 「未来、絶対話しちゃダメだからな!」

未来 「…………」プイッ

P 「……す、スイーツバイキングでどうだ?」

未来 「食べ放題ですか!?」パァアアア

P 「勿論だ、俺の奢り!」

未来 「……それなら、許してあげます」ニヤニヤ

P 「顔ニヤけてるぞ未来」

未来 「あっ、見ちゃダメですよ!」カァアア


14 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:52:15.21 :zTrBEtsL0

小鳥 「……命拾いしましたね」ムゥ

P 「ははは、なんとでも言いたまえ音無君」ニヤニヤ

P 「……そういえば、そろそろか」チラッ

小鳥 「予定でもあるんですか?」

P 「はい、少し予約してるのがあるので」

P 「それ取りに行くんで、また事務所空けますね」

小鳥 「分かりました、留守は任せて下さい!」


15 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:52:41.53 :zTrBEtsL0

未来 「わ、私もついて行っていいですか!?」

P 「ごめん、ここは俺一人で行ってくるよ」

未来 「えっ……」

P 「悪い、これはちょっと特別でな」

P 「それじゃ、行ってきます!」

小鳥 「はい、いってらっしゃーい!」フリフリ

小鳥 「……ま、取りに行ったものの予想は出来るけど」フフ


16 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:53:34.76 :zTrBEtsL0

小鳥 「さて、当人は……」チラッ

未来 「…………」ズーン

小鳥 「み、未来ちゃん!?」

未来 「や、やっぱりプロデューサーさん……私の事なんてぇ」ウルウル

小鳥 「お、落ち着いて!嫌いならお泊まりなんてさせてないわよ!?」

未来 「で、でもこの前だって……」


17 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:54:08.08 :zTrBEtsL0

――――― 

未来 「どーですか、プロデューサーさん!」ビシッ

P 「あれ、その恰好……」

未来 「えっへへ……琴葉ちゃんから借りたんです!」

未来 「どうですか!?」クルリ

P 「ミニスカポリスなぁ……うん、可愛いと思うぞ」

未来 「やったぁ……でっへへ♪」ニコニコ


18 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:54:50.04 :zTrBEtsL0

P 「ところで、なんでそんな格好してるんだ?」

未来 「えっとですね、試したい事があって……」

P 「……指鉄砲?」

未来 「はい!それじゃ、いきますねー……!」

未来 「アナタのハートを狙い撃ち、ですよ!」ビシッ

未来 「えいっ、バキューン♪」バン

P 「ぐぅっ……!」ズキューン

未来 「おっ、効いてますか!?」ニコニコ

P 「あ、あぁ……滅茶苦茶効いてる」


19 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:55:17.85 :zTrBEtsL0

未来 「こ、恋人にしたいと思いましたか!?」カァアア

P 「おもっ……よくて妹だな!」

未来 「えー、そんなぁ!折角やったのにぃ」プクー

未来 「……おにいちゃんのイジワル」ボソリ

P 「…………」ドキドキ


20 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:56:14.45 :zTrBEtsL0

――――― 

未来 「……意識、してくれなくてぇ」ウルウル

小鳥 (もうオチてる気がするんだけど)

未来 「小鳥さん……私、どうすればいいんでしょう」ウルウル

小鳥 「あ、うん……」

小鳥 (どうすれば……)


21 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:57:04.51 :zTrBEtsL0

ガチャリ

P 「ただいま戻りましたー」

小鳥 「……おかえりなさい」ギロッ

P 「……な、なんですか」

小鳥 「いえ、なーんでもないですよ!」プイッ

P 「なんでですか……未来からも何か言ってやって」チラッ

P 「未来!?なんで泣いてるんだ?」

未来 「ぐすっ……ぷろでゅーさーさーん……」ウルウル


22 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:58:17.89 :zTrBEtsL0

P 「……何かあったのか?」

未来 「……お願いが、あるんですけど」

P 「俺に出来る事なら聞いてやる!なんだ?」

未来 「……どうしても、お泊まりダメですか?」

P 「ぐっ……そ、それはだな」アセリ

未来 「プロデューサーさーん……」ウルウル

P 「……分かったよ、今日はお泊まりして良し!」

未来 「!」パァアア

小鳥 「ちょっとプロデューサーさん、甘すぎませんか!?」

P 「こ、断りにくいじゃないですか……」アセアセ


23 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:58:56.72 :zTrBEtsL0

小鳥 「意志が弱すぎますよ!それなら私も泊めてください!」

P 「飲んだくれパターンじゃないですか!」

ワーワー

未来 「♪」ニコニコ

P 「はぁ……そうだ未来、両親に連絡は忘れるなよ?」

未来 「でっへへ……実は、今日はお泊りするって言って出てきました!」ビシッ

P 「最初から泊まる気だったのか……」

未来 「はいっ!誕生日はプロデューサーさんとお祝いするって決めてましたから!」

P 「俺に相談くらい……まぁ、いいか」ハァ


24 :◆SESAXlhwuI :2018/06/27(水) 23:59:25.53 :zTrBEtsL0

P 「そういう事なら丁度いいな、仕事もないし帰るか」

未来 「はーい!」

小鳥 「…………」ギロッ

P 「……この場は、見逃していただきたく」

小鳥 「明日美咲ちゃんに言いつけますから」

P 「勘弁してもらえませんかね!?」

小鳥 「それなら、今度私もお家泊めてください!」

P 「……ぜ、善処します」アセアセ

未来 「…………」プクー


25 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:00:07.14 :zTrBEtsL0

――――― 

未来 「…………」プクー

P 「未来……機嫌直してくれよ」

未来 「知りませんっ」プイッ

未来 「ぷ、プロデューサーさんは大人の女の人の方が良いんですよねっ」

P 「そ、そんな事ないぞ?」

未来 「うそばーっかり!知ってるんですからね!」


26 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:00:59.25 :zTrBEtsL0

P 「……ど、どうしてもダメか?」アセアセ

未来 「ふーんだ、もう許してあげませ……?」

未来 「プロデューサーさん、これなんですか?」キョトン

P 「バレたか……袋の方開けてごらん」

未来 「はい!」パサリ

未来 「……新しい、髪留め?」

P 「ああ、誕生日プレゼントだよ」

P 「未来に似合う可愛いの、俺なりに選んだつもりなんだけど……」

未来 「……あ、ありがとうございます」カァアア


27 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:01:50.45 :zTrBEtsL0

未来 「それじゃ、早速……」

P 「あれ、今付けるのか?」

未来 「ダメですか?」シュン

P 「帰ったら風呂入って外しちゃうだろ?」

P 「折角だし、明日付けてみたらどうだ?」

未来 「うー……分かりました」

P 「そんなに付けたかったのか?」

未来 「はい!だって、プロデューサーさんが選んでくれたんですよね!?」

P 「……そんな期待されても困るんだけどな」

未来 「えへへ……♪」ニヤニヤ


28 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:02:22.71 :zTrBEtsL0

未来 「あれ?それじゃ、こっちの箱は……」クンクン

未来 「な、生クリームの匂いがします!」

P 「ああ、誕生日ケーキだよ。家に届ける時に渡そうと思ってたんだけどな」

P 「どうせ泊まるんだし、ご飯の後食べようか」

未来 「はい、楽しみにしてます!」

P 「よし、それじゃもう少しかかるから待っててくれよ」

未来 「はい、分かりました!」


29 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:02:49.99 :zTrBEtsL0

P 「…………」

未来 「…………」

未来 (……今なら、バレないよね?)

未来 「……プロデューサーさん、大好きです」ボソッ

P 「おぅ、俺も好きだぞー」

未来 「そうですかー?でっへへ、両想い……!?」ピタリ

未来 「きっ、聞こえてたんですか!?」アワアワ

P 「そりゃ、ラジオもニュースもかけてない車内なんだから聞こえるだろ」


30 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:03:19.20 :zTrBEtsL0

未来 「え、えとその……忘れてくだ――」カァア

P 「はいはい、忘れ――」

未来 「だ、ダメです!やっぱり忘れちゃダメです!」ブンブン

P 「なんだ、忘れちゃダメなのか?」キョトン

未来 「ダメに決まってるじゃないですか!」

未来 「良いですか……もう一回言いますよ」ドキドキ

未来 「春日未来は……ぷっ、プロデューサーさんの事が大好きです!」カァアアア

P 「おぅ、俺も好きだぞー」

未来 「本気だと思ってないじゃないですかぁ!」ワーン


31 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:04:11.17 :zTrBEtsL0

――――― 
未来 「今日のハンバーグ、とーっても美味しかったです!」

P 「そうか、それなら作った甲斐があったよ」

未来 「むぅ……なんか負けた気分です」プクー

P 「一人暮らし長かったからなー」

未来 「……こ、今度は私が作りますね!」

P 「はは、それじゃ楽しみに待ってるよ」


32 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:04:47.04 :zTrBEtsL0

P 「……さて、ケーキ食べるか」

未来 「わぁ……!」

P 「俺達二人で食べきれるかなー……っと」

P 「よし、蝋燭立てた。電気消すぞー」カチリ

未来 「…………」ドキドキ

P 「……それでは」コホン

Happy Birthday to you~ Happy Birthday to you~

Happy Birthday, dear Mirai~

Happy Birthday to you~

未来 「…………!」フーッ

カチリ

未来 「一回で全部消えました!」ニッコリ

P 「良かった良かった……」


33 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:05:41.60 :zTrBEtsL0

P 「……俺ももうちょっと歌練習しないとなぁ」

未来 「今度、プロデューサーさんの誕生日には私が歌ってあげますね!」

P 「それは楽しみだな……」

P 「未来、どのくらい食べる?」

未来 「イチゴ3つ分とりあえずください!」

P 「分かった……はい」

未来 「でっへへ……」

P 「……結構量多くないか?」

未来 「大丈夫ですよ、ちゃーんと考えてますから!」


34 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:06:22.79 :zTrBEtsL0

P 「そうか、それなら良か……」

未来 「はいっ、あーん♪」スッ

P 「……自分の誕生日ケーキなのに、俺に食べさせてて良いのか?」

未来 「私は、プロデューサーさんに食べて欲しいんです!」

P 「それじゃ……はむっ」パクリ

未来 「お、美味しいですか?」

P 「うん、美味いよ」


35 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:06:52.31 :zTrBEtsL0

未来 「……それじゃ、次はプロデューサーさんの番ですよ!」

P 「えっ、俺もやるのか?」

未来 「誕生日なんだから良いじゃないですか!」

P 「そうだな……よし」

未来 「あー……むっ」パクリ

未来 「おいひいでふ……♪」ニコニコ

P 「それなら良かった……」

未来 「んく……それじゃ、もう一回」スッ

P 「一回一回やってたら時間かかるぞ?」

未来 「良いんですよ、時間がかかっても!」



未来 「ぜーったい!恋人にしたいって言わせてみせますからね!」


おしまい


36 :◆SESAXlhwuI :2018/06/28(木) 00:13:14.78 :zTrBEtsL0

という事で未来の誕生日ssを投稿しました、シアター担当の誕生日ssは意地でも投稿する模様
理屈を考えずにイチャついたらピヨ助の胃袋に穴が空いてしまった……
今回も楽しんでもらえたら幸いです


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【ミリマス】春日未来は恋させたい
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530110478/