1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:15:47.90 :2ckwowIPo

ナターリア「今日は、ワタシが皆にスシをおみまいするゾ!」

ナターリア「ジャ~ン! 見て、コレ!」

ナターリア「ちっちゃいスシ屋が、事務所前に!」

ナターリア「新鮮なネタを取り揃えてるゾ!」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「さーて、最初に来るのはダレかナー?」


アイドル>>3


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:18:26.09 :sPLuJsZlo
ありす

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:19:09.76 :7WXOXBq70
初手前川


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:22:02.06 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


みく「……えっと、何してるの? このセットは一体……」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

みく「えっ? えっ?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

みく「えっ? 座れって事?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

みく「わ、わかった! 座る! 座るにゃ!」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:25:36.44 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

みく「何って……おスシ、だよね?」

ナターリア「そうだゾ! 今日のワタシは、大将だからナ!」

みく「……みく、お魚は嫌いなんだけど」

ナターリア「テヤンデェ!」

みく「あの、聞いてる!?」

ナターリア「テヤンデェ!」

みく「んも~っ! じゃあ――」


みく「>>7! >>7を握って!」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:28:12.59 :M+cabWW20
玉子


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:31:35.12 :2ckwowIPo

ナターリア「ヘイ、玉子!」

みく「玉子だったら、お魚じゃないにゃ!」

ナターリア「今日の玉子は、新鮮だゾ!」

みく「新鮮な玉子? ああ、採れたてって事?」

ナターリア「……!」

みく「真剣に握ってる……ちょっと、楽しみになってきたにゃ!」

ナターリア「ヘイ、お待ち!」


ナターリア「ピータン、一丁!」


みく「なんで!?」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:35:06.92 :2ckwowIPo

みく「みく、玉子って言ったよね!?」

ナターリア「? ピータンも、玉子だゾ?」

みく「普通の! 普通の玉子にして!」

ナターリア「テヤンデェ!」

みく「駄目なの!? エッ、食べろって!?」

ナターリア「……」ジッ

みく「だけど、これ……えー……本当に?」


ナターリア「……一生懸命、握ったんだけどナ」


みく「……わかったにゃ! もう!」

みく「食べる! 食べるって!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:38:51.33 :2ckwowIPo

ナターリア「醤油をつけずに、食べてナ!」

みく「……いただきます」


みく「これは……くっさいにゃあ」

みく「ピータンと、酢飯の匂いがなんともミスマッチで……」

みく「……いやもう、ホントくっさい」


ナターリア「……」ジッ


みく「……あ……あ……んんん!」

みく「みくは、自分を曲げないよ!」

みく「おスシなんかに、絶対負けないもん!」

パクッ!


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:42:45.98 :2ckwowIPo

ナターリア「おいしいカ? どうだ? おいしいカ?」

みく「……」モグモグ

ナターリア「ナアナア? どうなんだ? ナアナア?」

みく「……ちょっ、と待って……口の中で……」モグモグ

ナターリア「テヤンデェ!」


みく「口の中、で……戦争が起きて……」モグモグ

みく「……~~っ!」

ダダダダダッ!


ナターリア「……走って、事務所に入って行ったゾ!」

ナターリア「あんなに速く……元気いっぱい!」


ナターリア「玉子、大成功だナ!」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:45:54.72 :2ckwowIPo

ナターリア「サアサア、まだ一人目だからナ!」

ナターリア「新鮮なネタは、まだまだあるゾ!」

ナターリア「……ナターリア、皆の喜ぶ顔が見たい♪」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「さーて、次におみまいするのは、誰ダー?」


アイドル>>13


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:46:13.62 :KCugMmhxO
のあ


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:51:03.86 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


のあ「これは……何?」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

のあ「……理解したわ。私に、その席につけ、と」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

のあ「そして、貴女に求めろと言うのね」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

のあ「……良いわ。余興を楽しむだけの余裕は、まだあるから」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:55:12.47 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

のあ「本来ならば、全てを委ねても良いけれど」

ナターリア「オマカセか!? オマカセなのか!?」キラキラッ

のあ「何が出てくるか不透明なこの状況で、それは暴挙」

ナターリア「テヤンデェ!」

のあ「そうね……それじゃあ――」


のあ「>>16で」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 10:55:44.17 :To/Ts27h0
サーモン


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:01:25.12 :2ckwowIPo

ナターリア「ヘイ、サーモン!」

のあ「無難な所に落ち着くのは、仕方の無い事」

ナターリア「今日は、良いサーモンが入ってるゾ!」

のあ「冒険は時に必要だけれど、私は今、それを求めていない」

ナターリア「……!」

のあ「真剣に握って……予想外に、浮かれてきているわ」

ナターリア「ヘイ、お待ち!」


ナターリア「ちゃんちゃん焼き、一丁!」


のあ「何故」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:05:45.59 :2ckwowIPo

のあ「私は、サーモンと伝えたはずだけど」

ナターリア「? 新鮮なサーモンを使ったゾ?」

のあ「ホットプレートの周りの白いのが……酢飯ね」

ナターリア「テヤンデェ!」

のあ「……多いわね。それも、凄く」

ナターリア「……」ジッ

のあ「独創的で、且つ、挑戦的。けれど、これは……」


ナターリア「……一生懸命、握ったんだけどナ」


のあ「……」

のあ「貴女の生み出したこの結晶、いただくわ」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:12:05.51 :2ckwowIPo

ナターリア「酢飯と一緒に、食べてナ!」

のあ「……ええ、スシだからね」


のあ「……ふぅ、これは中々の難物ね」

のあ「みそとバターの濃厚な香りを貫く、熱々の酢飯の流星」

のあ「新鮮なサーモンは、無残にも熱く、踊り続けている……」


ナターリア「……」ジッ


のあ「……私も、この輪の中に飛び込むのね」

のあ「あっ、酢が刺すように……あっ……はふ、ふぅ」

のあ「……いただくわね」

パクッ!


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:18:10.20 :2ckwowIPo

ナターリア「おいしいカ? どうだ? おいしいカ?」

のあ「……」モグ…モグ…

ナターリア「ナアナア? どうなんだ? ナアナア?」

のあ「……むせるのは、私にとって……敗北、んっふぅ……!」モグ…モグ…

ナターリア「テヤンデェ!」


のあ「……残りは、中で食べることにするわ」

のあ「外の風に晒すのは惜しい、熱々のスシだから」

ダダダダダッ!


ナターリア「……プレートごと抱えて、事務所に入って行ったゾ!」

ナターリア「モチカエリ! スシの、定番だナ!」


ナターリア「サーモン、大成功だナ!」


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:20:49.52 :2ckwowIPo

ナターリア「サアサア、調子が出てきたゾ!」

ナターリア「踊りたいけど、今日のナターリアは大将だからナ!」

ナターリア「踊るように、スシを握るゾ!」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「サアサア! 次におみまいするのは、誰ダー?」


アイドル>>23


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:21:13.41 :KTk1MjQ5O
アーニャ

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:23:32.84 :UYMp82bT0
今日の被害者:にゃんにゃんにゃんの皆さん


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:25:01.78 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


アーニャ「ドーブラエ ウートラ、おはよう、ございます」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

アーニャ「? これは、アー、お寿司屋さんですね?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

アーニャ「ヘイ、ラッシャイ♪」ニコッ

ナターリア「……ヘイ、ラッシャイ!」

アーニャ「?……ダー! 座りますね♪」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:34:54.37 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

アーニャ「何を頼んでも、良いのですか?」

ナターリア「テヤンデェ! こちとらリオっ子でい!」

アーニャ「そうですね……アー、フフッ、迷います♪」

ナターリア「テヤンデェ!」

アーニャ「……決めました♪」


アーニャ「>>30をお願い、します」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:38:21.35 :M+cabWW20
イクラの軍艦巻き

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:38:49.68 :KTk1MjQ5O
ピロシキ


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:44:18.95 :2ckwowIPo

ナターリア「ヘイ、ピロシキ!」

アーニャ「フフッ、冗談、です! 本当は――」

ナターリア「任せとけ! 仕込みは、バッチリだゾ!」

アーニャ「シトー?」


ナターリア「ミュージック、スタート!」

ポチッ!




アーニャ「……これは……『Memories』」

アーニャ「ニェート……ニェートニェート!」

アーニャ「嫌な予感が、します! 無しで、今の注文は、取り消し、で!」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:50:40.94 :2ckwowIPo

アーニャ「お願い、です! 曲を止めてください!」


「ハ~ア~ア~♪」


アーニャ「ニェ――ット! 歌声が、聞こえます!」

ナターリア「新鮮ピチピチだゾ!」

アーニャ「何が、ですか!?」


美波「ピロシキ、一丁♪」


アーニャ「ンンンミナァミ! ニェート、いけません!」

アーニャ「服を着てください、ミナァ――ミッ!」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 11:57:43.87 :2ckwowIPo

ナターリア「サアサア、遠慮しないで良いゾ!」

美波「右手の酢飯と、左手のピロシキ、一緒にどうぞ♪」

アーニャ「何が、どうぞ♪ ですか!?」

美波「アーニャちゃん、聞いて」

アーニャ「……ミナミ?」


美波「風は寒いし、ピロシキが熱くて火傷しちゃったわ♪」

アーニャ「早く! 早く、事務所に入りましょう! 早――くっ!」

ダダダダダッ!


ナターリア「……あんなに喜んで……仕込みを頑張って良かったゾ!」

ナターリア「やっぱり、お客さんの驚いた顔は、最高だナ!」


ナターリア「ピロシキ、大成功だナ!」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:01:55.31 :2ckwowIPo

ナターリア「……おっ、12時を過ぎて、お昼ゴハンの時間だゾ!」

ナターリア「皆、お腹ペコペコになってるに違いないナ!」

ナターリア「ランチにスシ! 喜ぶこと、間違いナシ!」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「握るヨ~! どんどん、おみまいするヨ~!」


アイドル>>35


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:02:30.59 :4tMEXVhXo
本田

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:02:51.25 :KTk1MjQ5O
幸子


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:04:54.08 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


未央「おっはよー! って、何これ? 寿司屋?」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

未央「おっ、威勢が良いねぇ! 事務所前寿司?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

未央「何か握ってくれるの? えっ、マジで?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

未央「ちょうどお昼だし……ご馳走になっちゃおうかな!」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:07:17.48 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

未央「結構本格的なセットだし……うーん、何でも良いの?」

ナターリア「テヤンデェ!」

未央「おっ、良いね良いね! 威勢が良いねぇ!」

ナターリア「テヤンデェ!」

未央「それじゃあ、そうだなぁ……よし、大将!」


未央「>>41を!」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:08:02.24 :CyddlQ1K0
フライドチキン

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:08:25.02 :HZuCBnHZO
大トロ


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:12:19.81 :2ckwowIPo

ナターリア「ヘイ、大トロ!」

未央「うっそ、マジで!? 本当に!?」

ナターリア「大トロは、ワタシも大好きだゾ!」

未央「うわうわうわ……言ってみるもんだなぁ!」

ナターリア「……!」

未央「こんな昼から大トロなんて……えへへ、バチが当たっちゃうかな?」

ナターリア「ヘイ、お待ち!」


ナターリア「ツナ、一丁!」


未央「バチが当たるの早すぎない!?」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:18:25.68 :2ckwowIPo

未央「いや……確かに、ツナはマグロだけど……」

ナターリア「油をひかえめじゃない、ツナだゾ!」

未央「それにしたって、コレ……ツナ缶の上に酢飯乗せてるだけって……」

ナターリア「……うわ、大トロウマ~!」モグモグ

未央「食べてるじゃん! 今、大トロ食べたよね!?」

ナターリア「テヤンデェ! こちとらリオっ子でえ!」

未央「それを寄越しなさいって! 私が注文した大トロを!」


ナターリア「……サービスだからナ」

…そっ


未央「ふむ、ツナ缶の上に乗った酢飯の上に、ワサビを……ね」

未央「なんじゃそらコラ!」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:24:20.24 :2ckwowIPo

ナターリア「サアサア、新鮮なうちに食べてナ!」

未央「新鮮も何も、缶に入ってるよ」

ナターリア「缶の蓋は開けるんだゾ? わかるカ?」

未央「そのくらいわかるよ」

ナターリア「なら安心だナ!……うおお、大トロウマー!」モグモグ


未央「……」

パカッ!

未央「……うっわ、すっごい油浮いてるんだけど」

未央「これと一緒に酢飯って……あっ、醤油を垂らせば!」


ナターリア「くう~っ! やっぱり、大トロは最高だナ!」


未央「……脂っていうか、油だよ、これ」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:29:53.63 :2ckwowIPo

ナターリア「おいしいカ? どうだ? おいしいカ?」

未央「……」モチャ…モチャ…

ナターリア「ナアナア? どうなんだ? ナアナア?」

未央「……そっちの大トロは、美味しい?」モチャ…モチャ…

ナターリア「最高だゾ! 新鮮で、脂がのってて!」


未央「こっちはさ……空きっ腹に油分が直撃だよ」

未央「だから、ちょっと気分が……気分が……ううっ!?」

ダダダダダッ!


ナターリア「……気分が良くなったのカ、元気に走って行ったゾ!」

ナターリア「ナターリアは、今のはナシだと思ったけど、喜んだみたいだナ!」


ナターリア「大トロ、大成功だナ!」

ナターリア「……」モグモグ

ナターリア「ウマー! ホント、この大トロウマー!」ニコニコ!


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:33:10.47 :2ckwowIPo

ナターリア「まだまだ、お昼ゴハンの時間だゾ!」

ナターリア「お腹を空かせた皆に、おみまいするゾ!」

ナターリア「ホント、ナターリアのスシは間違い無いナ!」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「サア、次のお客サンは、誰カナ誰カナ~?」


アイドル>>52


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:33:39.24 :7WXOXBq70
卯月


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:36:39.52 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


卯月「おはようございます……って、お寿司屋さんですか?」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

卯月「えっ? 座れって事……ですかね?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

卯月「注文しろって事……ですよね?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

卯月「お昼もまだだったし……えへへ、甘えちゃおうかな♪」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:39:35.82 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

卯月「ええと……何にしようかなぁ」

ナターリア「何でもあるゾ! 全部、新鮮だヨ!」

卯月「かなり本格的なんですね……」

ナターリア「テヤンデェ!」

卯月「ええと……それじゃあ……」


卯月「>>58をお願いします♪」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:39:52.30 :ExfyAK8so
生ハムメロン

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:39:57.94 :0M4cWpDYO
えんがわ


62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:44:43.36 :2ckwowIPo

ナターリア「ヘイ、エンガワ!」

卯月「エンガワ、美味しいですよね♪」

ナターリア「うんっ! ナターリアも、エンガワは大好きだゾ!」

卯月「はいっ♪……楽しみだなぁ」

ナターリア「仕込みは、バッチリしてあるからナ!」

卯月「おおっ! かなり、手が込んでそうですね!」

ナターリア「テヤンデェ!」


ナターリア「カモン! トラック!」


卯月「……トラック?」


63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:48:04.12 :2ckwowIPo

卯月「えっと……トラックって? えっ、何で?」

ナターリア「おっ、来たゾ!」


ブロロロロロッ!


卯月「大型トラック!? どうしてですか!?」

ナターリア「バックで入ってくるから、手伝うゾ!」

卯月「ふえっ!? は、はい……が、頑張ります!」

ナターリア「オーライ、オーライ!」

卯月「お、オーライ、オーラーイ!」


卯月「……何で!? 何で、大型トラックを!?」


65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:52:09.81 :2ckwowIPo

ナターリア「……オッケー! ストップ!」

卯月「あの……このトラックに、エンガワが?」

ナターリア「鋭いナ! その通りだゾ!」


ナターリア「オープン!」

…ウィィィン……!


卯月「荷台が開いていって……何か、セットが」

ナターリア「サアサア、新鮮なうちに、行くゾ!」

卯月「ふえっ!? は、はい」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 12:57:31.66 :2ckwowIPo

ナターリア「サア、座って座って!」

卯月「あ、あのっ!? これ、日本家屋の、本当の縁側ですよね!?」

ナターリア「そうだゾ」

卯月「私は、お寿司を注文……あ、酢飯が」

ナターリア「昔は当り前だった、日本の、普通だヨ」

卯月「……はあ」

ナターリア「ワタシは、そんな普通のエンガワをテイキョウしたかった」


ナターリア「クローズ!」

…ウィィィン……!


卯月「えっ、あのっ!? ちょっと待ってください!」

卯月「まだ乗ってます! だから閉めないでください!」


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:03:53.09 :2ckwowIPo

ナターリア「おいしいカ? どうだ? おいしいカ?」

卯月「待っ……ちょっ、えっ!?」

ナターリア「ナターリアは……ん~っ! エンガワ、最高だゾ!」モグモグ!

卯月「わ、私も! 私も、そっちのエンガワで良いんです!」

ナターリア「遠慮するナ! そっちの方が、普通だゾ!」


卯月「普通ですけど、ですけど、普通って何ですか!?」

卯月「あのっ、本当に閉まっちゃ――」

…バシュゥゥン


…ブロロロロロッ!


ナターリア「普通のネタを仕込むのが、案外一番大変なんだゾ」

ナターリア「……でも、普通だし、喜んでくれただろうナ!」


ナターリア「エンガワ、大成功だナ!」


70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:08:20.25 :2ckwowIPo

ナターリア「そろそろ、お昼は最後だナ!」

ナターリア「お昼ゴハンを食べられなかった人!」

ナターリア「そんな、ションボリしてる人に、おみまいするゾ!」

ナターリア「スシ、スキヤキ、テンプラ!」

ナターリア「サアサア、食いねえ食いねえ、スシ食いねえ!」


アイドル>>73


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:13:22.24 :KTk1MjQ5O
しぶりん


74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:17:11.15 :2ckwowIPo

ナターリア「……お、来たゾ!」


凛「おはよう……って、何コレ?」


ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

凛「何かの撮影?……座れって?」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

凛「……ふーん。結構、本格的だね」

ナターリア「ヘイ、ラッシャイ!」

凛「うん、お昼食べ損なっちゃったし、ご馳走になろうかな」


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:20:15.71 :2ckwowIPo

ナターリア「お客サン、何にする?」

凛「そうだね……どうしようかな」

ナターリア「何でもゴザル! 新鮮だヨ! 美味しいヨ~!」

凛「……へえ、ちょっと楽しみかも」

ナターリア「テヤンデェ!」

凛「ふーん、じゃあ……」


凛「>>77にしようかな」


76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:21:47.66 :onP1oKrY0
しめさば

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:21:53.92 :j5pVzAOyO
闇夜に漂う蒼い月明かりのような寿司


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:26:37.74 :2ckwowIPo

ナターリア「ン? よく聞こえなかったから、もう一回言って?」

凛「闇夜に漂う蒼い月明かりのような寿司、だね」

凛「ふふっ! なんて、それは冗談――」

ナターリア「わかったゾ!」

凛「――へっ?」


ナターリア「活きが良いのが入ってるヨ~!」

ナターリア「お客サン、ツウだネ~!」



凛「えっ!? 何!? あるの!?」

凛「……待って待って! 活きが良いって、生きてるの!?」


82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:31:08.82 :2ckwowIPo

ナターリア「よっこい……しょっと!」

ドンッ

凛「……クーラーボックス? えっ、冷たいの?」

ナターリア「サア?」

凛「さあ!? さあって……わからないの!?」

ナターリア「輝きを冷たいと感じるカ、温かいと感じるカ」


ナターリア「オマエ次第だからナ!」


凛「ちょっと!? 何なの!?」

凛「その中、何が入ってるの!?」


83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:38:08.57 :2ckwowIPo

ナターリア「闇夜にタダヨウ、アオい月明かりっぽいのが入ってるゾ!」

凛「ねえ……そんなの、どこで手に入るの」

ナターリア「サア?」


ナターリア「コウメに頼んだから、ナターリアは知らないナ」


凛「ふーん。小梅に頼んだんだ」

凛「……」

凛「霊でしょ!? ねえ、ソレって霊だよね!?」

ナターリア「鮮度はバッチリだゾ! ホラ、聞こえる!」


「ダシテ……ココカラダシテ……!」


ナターリア「ホラ、活きが良い!」

凛「そういう問題じゃない! 活きが良いっていうか、死んでるよ!」


84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:44:42.29 :2ckwowIPo

ナターリア「食べ方が変わってて、ネタとシャリを別々にナ」

凛「良いから! 説明とか、要らないから!」

ナターリア「先にネタをツルッといって、喉越しをナ」

凛「ねえ、嘘でしょ!?」

ナターリア「押し出されそうになるから、耐えるんだゾ!」

凛「体を乗っ取ろうとしてくるの!?」

ナターリア「もうダメだー! と思ったら、シャリを食べる」

凛「……食べたら、どうなるの」


ナターリア「少し、お腹が膨れるゾ!」


凛「だから何!?」


85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:52:22.07 :2ckwowIPo

ナターリア「サアサア! 新鮮なうちに!」

凛「……!?」

ナターリア「早くしないと、ネタが消えちゃうからナ!」


「クルシイ……モウ、ダメ……!」


凛「……ねえ、これを食べる前に、注文良い?」

ナターリア「テヤンデェ!」

凛「……」

ナターリア「テヤンデェ! スシ食いねえ!」

凛「……わかった」

凛「食べれば良いんでしょ!? 食べれば!」


凛「……!」

パカッ!


新鮮or傷んでる

>>87


86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:53:14.74 :BU3VsouQo
傷んでる

87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 13:55:52.19 :+viIaf3xO
新鮮


88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 14:01:47.84 :2ckwowIPo

…ツルンッ!

凛「――!? 勝手に、体の中に……!」

ナターリア「頑張れ! ココカラが、勝負だゾ!」

凛「っ!? 体を渡せって、声が聞こえる!」

ナターリア「ネタが新鮮な証拠だナ! やったナ!」

凛「渡さない……絶対に、体は渡さない……!」

ナターリア「今! 今、シャリを食べる!」

凛「ぐうううっ!? シャリ……シャリを……」モグ…モグ・・・

ナターリア「どうだ!?」


凛「こ、こかっ……小腹が、膨れた……!」


ナターリア「やったナ!」


89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 14:10:07.01 :2ckwowIPo

ナターリア「おいしいカ? どうだ? おいしいカ?」

凛「かあっ! うぐ、ううううっ! ふうううぅぅぅん!」ガタガタ!

ナターリア「ナアナア? どうなんだ? ナアナア?」


凛「――ふ――んっ!」

ピカーッ!


ナターリア「っ!? 眩しい……!」

ナターリア「ヒカリモノ、ってやつだナ!」


凛「……まあ、悪くないかな」

凛「ワサビがきいてたから……うん、なんとか勝てたよ」…ニコリ

ヨロヨロッ…


ナターリア「……なんだかふらついてるナ」

ナターリア「でも、ワサビの持つ、サッキンコーカは凄いな!」


ナターリア「ヤミヨなんたら、大成功だナ!」


90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 14:19:20.73 :2ckwowIPo

ナターリア「……むむっ、もうこんな時間カ!」

ナターリア「イヤー、いっぱい握ったゾ!」

ナターリア「皆、とっても喜んでくれたみたいで嬉しいヨ!」

ナターリア「おみまいした、カイがあった!」

ナターリア「やっぱり、スシは最高だゾ!」


ナターリア「高級事務所前ズシ、ヘイ、ラッシャイ!」


ナターリア「……でも、まだまだ握り足りないナ~」

ナターリア「――よし! 決めた!」


ナターリア「出前で、高級ズシをおみまいしていくゾ!」


ナターリア「お代は安価! でも、お金は要らない!」


ナターリア「食べてくれた人の、笑顔で十分だからナ!」



おわり


91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/25(月) 14:20:21.08 :2ckwowIPo

俺がお腹減ったので終わります


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】ナターリア「安価で、高級事務所前ズシだゾ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529889347/