■関連SS
千早「アイドル辞めてラーメン屋になるわ」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:33:21.27 :AcN46w470

千早「春香、実は話したいことがあるの」

春香「話したいことって??」

千早「実は・・・」

千早「私アイドル辞めてラーメン屋になりたいの!!」

春香「( ゚Д゚)ハァ?」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:34:18.44 :AcN46w470

ガチャ

P「ハァハァ…春香…大変な事って何があったんだ?」

春香「プロデューサーさん。実は、千早ちゃんが・・・」

春香「アイドルやめてラーメン屋さんなりたいって言ってます」

P「( ゚Д゚)ハァ?」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:34:56.42 :AcN46w470

千早「突然、ラーメンと聞いて驚いてるみたいですねプロデューサー」

P「おう、別にラーメンじゃなくても だが」

P「驚きが隠せねぇよ!!」

千早「フフ、やはり今をときめく大人気ラーメン店 PS 家」

P「千早!?なぜそれを!?」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:35:27.32 :AcN46w470

千早「私が何も知らないとでも?」

千早「一週間前の日刊ラーメン新聞で PS 家オーナーが暴露していましたよ」

P「!?」

千早「このラーメンを作ったのは自分の兄だとね!!!!!!!」

春香(話についていけない・・・)


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:35:59.31 :AcN46w470

P「そこまでバレているようでは仕方ない」

P「俺が千早のラーメンを採点してやろう」

P「それで千早が俺の作った究極のラーメンを超えているなら」

P「俺は何も言わない」

千早「フフフ、望むところです!!」

春香(律子さんか社長を呼べばよかったな)


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:36:30.21 :AcN46w470

P「ふふ、だが千早そのラーメンとは千早自身が作るのか??」

千早「!?」

P「別に俺は差別をするわけではないが」

P「女の作ったラーメンが世間で評価されるかな?」

千早「イメージの問題ってことですね?」

P「ああ、そうだ」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:37:14.66 :AcN46w470

P「正直、同じ食材同じ調理法をすれば男が作ろうが女が作ろうが味に変わりはない」

P「だが世間のイメージはどうだろう?」

P「頑固おやじと化粧をする女が作ったラーメンどちらが食べたいだろうか??」

千早「・・・くっ!」

P「そう千早が、どれだけ旨いラーメンを作ろうと」

P「決して評価されることはないのだよ!!!!」

P「 ははははははははは!!!!!!!」

春香(たしかに頑固おやじのラーメンのほうがおいしそう)


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:37:59.83 :AcN46w470

千早「フフフ、さすがはラーメン界の敏腕プロデューサー」

千早「絶対にそういうと思っていましたよ」

P「何!?」

千早「ラーメンを作るのは私ではないということです」

P「千早まさか!?」

千早「そう世間のイメージでは頑固おやじのラーメンこそが至高」

千早「それは変えられない事実」

千早「ならばそれを利用すればいいだけ!!!!」

P「後ろにいるのは誰だ!?」

千早「気づきましたか、私に代わってラーメンを作るのはこの人」

千早「見た目だけなら頑固おやじ!!」

千早「高橋さん52歳 (無職)!!」

P「なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

高橋「高橋です。こんにちは」ニッコリ


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:39:07.80 :AcN46w470

P「完璧だ世間が思う頑固おやじのイメージに」

P「何て逸材だこれが無職だなんて・・・」

P「うちのラーメン屋にスカウトしたいぐらいだぜ」

春香(むしろスカウトして欲しい、そして話を終わらせて欲しい)

P「だ、だが、いくらイメージが合ってたとしてもラーメンの味」

P「うまいラーメンでないと流行ることはない!!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:40:35.99 :AcN46w470

千早「そうラーメンで一番大事なことは味!!」

千早「うまさこそが正義!!」

千早「だからこそプロデューサーには本当の正義というものを味わってもらいましょう!!」

春香(千早ちゃん、熱いなー)

千早「まずはスープ!!」

千早「私のラーメンでは鳥を丸々一匹使う!!」

P「ふっ」

千早「もちろん内臓を取り除き、アクはこまめにとる」

P(チッ…初歩的なミスは犯さないか)


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:41:25.20 :AcN46w470

春香「千早ちゃん?この鳥普通の鳥と色が違うみたいだけど?」

千早「さすが春香、そこに気づくとは」

千早「将来2号店の店長にしてあげてもいいわよ」

春香「ハハハ、考えとくね・・・」

P「まさか、その鳥は親鳥か!?」

千早「そうこの鳥は親鳥!世間で出回っている若鶏とは違い」

千早「出荷までの時間がかかり味が濃縮されている 」

P「世間では実が固いため人気がなく市場に出回りにくいが」

P「ここで親鳥を使うということは千早の狙いは・・・」

千早「そう油!!親鳥からでる旨味が凝縮された油こそ」

千早「このラーメンの肝よ!!!!」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:47:18.75 :AcN46w470

千早「親鳥をベースにして、にんにく、玉ねぎ、青ネギ、そして魚介類」

千早「これらが合わさることで究極の旨味の効いた」

千早「黄金スープが出来上がるわ!!!!!」

春香「凄い、きれいな黄金色」

P「ここまでとは・・・」

高橋「私が作りました」ニッコリ


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:48:01.47 :AcN46w470

千早「そして麺!!」

千早「これには中太の縮れ麺を使用」

千早「プロデューサー何か気づくことはありませんか?」

P「ん?なに言ってるんだ、ただの!?」

P「麺の真ん中に切れ込みが入ってある!?」

P「これならば麺を作った時のスープの絡み方は普通の数倍」

千早「そうなのです」

千早「これは私のラーメンのためだけに特別に作ってもらった麺」

千早「だけど秘密はそれだけではありません」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:48:53.12 :AcN46w470

千早「春香、この麺を食べてみて」

春香「うん」モグモグ

春香「はっ!!」

P「どうした春香!?」

春香「この面、すごくモチモチしてます」

P「モチモチだと!?千早!!何をした!?」

千早「フフフ・・・知りたいですか」

P「その笑い、まさか」

千早「そう、麺を閉めたんですよ。とびきり冷たい冷水でね」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:51:40.81 :AcN46w470

P「千早ああああああああああああ!!!!!」

千早「麺をしめるというのはうどんやそばでは一般的 」

千早「それなのにラーメンで、されないのはなぜなのでしょう?」

千早「それは博多とんこつを代表とする極細麺の存在」

千早「確かにあの麺ならしめる必要がないかもしれません」

千早「だが、中太麺以上の麺ならしめた方が触感的に正解だと」

千早「私は考えます!!」

千早「そしてこの方法ならまずいラーメン屋でありがちな」

千早「麺がぬるぬるしているという現象を防ぐことができます!!」

高橋 「私が考えました」ニッコリ


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:54:43.00 :AcN46w470

P「まだだ、千早のラーメンには味の決め手であるあれが入ってない」

春香「あれですか?」

千早「そうです。塩味(えんみ)!!」

千早「だからここに用意していました」

P「それは!?」

春香「わぁ、大きい」

P「なんて巨大な干しシイタケなんだ!?」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:55:28.92 :AcN46w470

千早「関西風の薄口しょうゆに巨大干しシイタケで旨味をきかせる」

千早「これこそが私のラーメンの味の決め手である究極の醤油」

千早「これを先ほどの黄金スープと混ぜ合わせることにより」

千早「究極のラーメンスープが完成する」


高橋「私が作りました」ニッコリ


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:56:40.07 :AcN46w470

千早「そして忘れちゃいけないのが温度」

千早「ここで気を付けなければいけないのは絶対に沸騰させないこと」

千早「沸騰させてしまうと風味が逃げてしまうのよ」

春香「すごいこだわりだねー(棒)」

P「おでんなどでは、よく言われているがラーメンにそれを持ち込むとは!?」

千早「それだけじゃありません!!」

P「なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:58:06.02 :AcN46w470

その後、千早ちゃんはチャーシューにはじまり
トッピングやら器の大切さ、店のレイアウトなどを語り続けました。

そのたびにプロデューサーさんは驚きの声を上げ 、
高橋さんは笑顔で頷いていました。

そしてついに、千早ちゃんのラーメンが完成したのでした。

春香(正直、長かった・・・)

高橋「私が作りました」ニッコリ


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:59:19.37 :AcN46w470

千早「では春香、実際に私のラーメンを食べて味を評価してちょうだい」

P「俺の前に春香ということか」

千早「ええ、ごく一般的な家庭に生まれ、ごく一般的な生活をして
   ごく庶民的な舌の持ち主である春香を満足させられないのでは」

春香「あれ?なんか馬鹿にされてない?」

千早「プロデューサーを倒すことなどできない!!」

千早「さぁ、春香、私の究極のラーメンを食べてみて」

春香「う、うん」

高橋「どうぞ」ニッコリ


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 19:59:50.86 :AcN46w470

春香「いただきます」モグモグ

春香(こ、これは!?)

千早・P(春香が箸をとめた!?)

P「春香、味はどうなんだ!?」

千早「味の感想をきかせて!!」

春香「うん・・・ええとね」

春香「ひと言でいうと・・・普通」


千早「」

P「」

高橋「」ガーン


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 20:00:31.17 :AcN46w470

春香「ええと・・・」



千早「如月千早 アイドル一筋で頑張ります!!!」

P「おお、よく言ってくれた千早!!」

千早「はい、一緒にステラステージを成功させましょう!!」


春香「ええ・・・あ、うん」

高橋「」ガーン

春香(高橋さん・・・どうすればいいの?)

春香「あの千早ちゃん?」

千早「なにかしら春香?」

春香「ラーメンはどうするの?」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 20:01:55.56 :AcN46w470

千早「ラーメン?」

千早「フフフ・・・私はステラステージの重圧から逃げるために」

千早「ラーメンを利用していたのかもしれないわ」

春香(なんか、たそがれてる・・・汗)

千早「さあプロデューサー、レッスンにいきましょう」

P「おうよ!!今日のレッスンは厳しくなるぞ」

千早「のぞむところです!!」

春香(熱いなーー)

高橋「」ガーン


こうして千早ちゃんのラーメン騒動は幕を閉じた。
ここで気になるのは高橋さんの行方だが、最近公園でごみ箱をあさってるのを
みかけたので元気にやっているのだろ。

そう思いたい・・・ので、そう思うことにした。


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 20:03:47.52 :AcN46w470

千早「春香、私、アイドルやめてユーチューバーになろうと思うのだけど」

春香「」

春香「千早ちゃん」

千早「なに春香?」

春香「もう好きにすれば!!!」

千早「ええ!?」

終わり


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/06/17(日) 21:04:29.19 :AcN46w470

お疲れ様でした。読んでくれてありがとう。

≪過去に書いたやつ≫
千早「ファミ○キ旨!!」

雪歩「穴掘って埋まっ……なんだと!?」

雪歩「阿部さん?」

P「やよいの家にGが出ただって!?」ガタッ

P「アイドル達が俺の渡米を止めにくる!!(物理)」


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】千早「アイドル辞めてラーメン屋になるわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529231600/