未央「はい、と言う訳でようこそお越しくださいましたレディース&ジェントルメン!」

卯月「レディしかいませんけどね!」ドンドンパフパフ

凛「まぁ、そこはご愛敬ってことでね」

みく「すみません。ちょっと用事を思いついたので」クルッ

まゆ「まゆ、王様ゲームはお医者さんに止められているので」クルッ

未央「ちなみにゲームが終わるまでこの部屋からは出られない仕組みになっております」

みく「毎度何なの!?何なのこの強制参加!」

凛「知らないの?ボス戦では「逃げる」コマンド使えないんだよ?」

まゆ「コンティニューしますから帰してくれませんかぁ?」

未央「アハハハ、大袈裟だなぁ。ただの王様ゲームだよ?ねぇしまむー」

卯月「は」ドンドンパフパフバンパフブォォーッ!

みく「うるさくて何言ってんのか全然わかんねぇにゃ!」

卯月「はいっ!一度やってみたかったんです!」ブォォーッ!

まゆ「…いつもみたいなゲテモノお食事会じゃないだけマシだと思うべきでしょうか」

みく「楽観視は危険だよ。誰が王様引くかによって請け負うリスクの高低差がありすぎるにゃ」

凛「ルールは分かるよね?1から4までの数字と王様って文字が書かれた棒をこの空き缶に入れるからみんなで1本ずつ引いて」

凛「王様を引いた人は番号を指定して好きな指示を出せるってゲームなんだけど、知ってる?」

まゆ「それなりに認知度のあるゲームですからルールくらいは知ってますよ?」

凛「みくも大丈夫?王様ゲームっていうんだよ。トモダチゲームでもアクマゲームでもないよ?」

みく「知っとるわい」

卯月「最後の1人になるまで戦うんですよね!」

みく「ちょっと待てぇルール理解してない子がそこにおるぞ」

未央「アハハ、しまむーそれじゃ別のバトルサバイバルだよ」

まゆ「今から行われるのもバトルサバイバルじゃありませんよねぇ!?」

凛「さぁ、地獄の門は開かれたよ」

卯月「新シリーズですね!」

みく「だったらキャストも一新しろよォ!」


2 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:03:21.36 :QIXqtKIk0

みく「ルール!ルールをちょっと煮詰めるにゃ!あんまり過激な指令とかはやめよ?みくたち仮にもアイドルなんだし!」

未央「過激か否かの境界線はどうやって決める?」

卯月「各々の良心に委ねましょうか!」

まゆ「まゆ、あんまりきつい言葉は使いたく無いんですけど言っちゃいますね?お前が言うんかい」

凛「大丈夫だよ。卯月だって普段ちょっぴりやんちゃだけどちゃんと物事の限度や匙加減ぐらい分かるって。ねぇ?」

卯月「・はいっ!」エヘッ

凛「ほら、良い返事」

みく「今の0.5秒の間は何さ」

未央「さてと、他に決めておく事はある?」

まゆ「回数制限つけませんか?延々と続けるのもアレですし。3回くらいで終わりにする、とか」

卯月「太陽が3回昇るまでですね!」

まゆ「耐久レースじゃないですかぁ!」

凛「そうだね…それじゃあ無難に7回くらいにしておこうか」

未央「おっ、総選挙の回数と一緒だねぇ」

みく「…まぁ、それくらいなら、大丈夫………だよね?」

未央「みくにゃんは野良猫ばりに警戒心強いなぁ。命まで取られる訳じゃないのに」

みく「命以外は取られてもおかしくないからにゃ!」

卯月「ちなみに今回使用する空き缶は某有名お菓子の金のエンゼルで貰えるオモチャのカンヅメです!」

まゆ「その情報を聞いてまゆ達はどうコメントすれば」

凛「何か手頃な空き缶か箱は無いかなって探してたら茄子さんがくれたんだ。「部屋を圧迫するくらいあるからどうぞ」だってさ」

未央「さぁルールはこれぐらいでいいかな?それじゃあみんな!諦めと覚悟…もとい心の準備は出来てるかー!?」

みく「隠し切れない心の内がポロッと出たにゃ」

まゆ「当然の如く凛ちゃんも未央ちゃんもハイライトさん休業してますもんねぇ…」

卯月「ではまずは武器の配布からですよね!」

凛「あはは、違うよ卯月。バトルロワイヤルじゃないってば」


3 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:09:11.30 :QIXqtKIk0

未央「まぁまぁ遊びなんだし気楽に行こーじゃないのさ。それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

卯月「遊びだからこそ本気になれるってラルさんが言ってました!」ズピョッ!

みく「誰にゃ」スッ

凛「さぁ残していこうか。私たちの足跡」スッ

まゆ「王様ゲームの痕跡残してどうするんですか」スッ

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

みく「王様」

凛「だーれだっ」






卯月「島村卯月、キングです!」ブイッ

みく「最初からクライマックスにゃあ!!」

まゆ「Pさん…まゆはいつまでもあなたの心の中に生き続けます…」

卯月「国民からの支持が全く無い王様です!」

未央「ありゃりゃ、いきなりしまむーかぁ。こりゃ最初からクライマックスだねえ」

凛「むしろフィナーレかもね」

卯月「1番から4番30分間腕立て伏せです!」

凛「え」

未央「ちょ」

卯月「私だってそれなりに傷つくハートがあるんです!はいスタート!」

みく「ちょっ!1回目からこれ!?」

まゆ「いつものロシアンシリーズと比べてどちらがマシかと尋ねられたらまだこっちのほうがマシかもしれませんけどねぇ」

卯月「みんな良い具合に色々麻痺してます!」









幸子「フフーン!それでは1番から4番、王様であるボクのカワイイところを1つずつ挙げてください!」

小梅「えっと…横ハネしてる髪の毛が、カワイイよ…?」

輝子「え、エリンギみたいな足が……カワイイな…」

友紀「着てる服がカワイイ!」

紗枝「肺呼吸しとるところとかカワイらしいなぁ」

幸子「雑っ!!」


4 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:11:17.89 :QIXqtKIk0

卯月「30分経ちました!」

凛「ハァ…ハァ……く、クール属性にはキツいよ、これ……!」

未央「パッションでもキツいって……!」

みく「う、腕がパンパンにゃ…うぉぉ、指が動かねぇ…!」

まゆ「」チーン

卯月「まゆちゃんは4回くらいからずっとプルプルしてました!」

凛「と、取り合えずさ…1番から4番までって全体攻撃は無しにしよ…?」

みく「賛成にゃ…被害規模は出来る限り減らそう?」

卯月「わかりました!では改めて1回目を!」

未央「よぉーし2回戦いっくぞぉー!」

まゆ「」チーン

みく「まゆチャンまゆチャン。ここで力尽きたらPチャンにもう会えなくなるよ?」

まゆ「死んで生きれますかァ!!」ガバッ

未央「こんな機敏なまゆちゃん見たことない!」

まゆ「まゆはここで朽ちる訳には!Pさんから指輪を受け取るまで朽ちる訳には!」

凛「グラブルコラボに参加したら貰えるかもよ、指輪」

まゆ「SRの凛ちゃんは貰えたんですかぁ?」

凛「お?」

まゆ「あ?」

卯月「ケンカは駄目です!争いは勝者と敗者しか生み出しません!」

みく「そこのラビットタンクコンビはほっといて2回目やろうよ。ササッと終わらせて甘いもの食べにいこ?」

未央「ほいさ、そんじゃあ続けるよー?ほらほらしぶりん、まゆちゃん。続けるってば」

凛「んぎぎぎ」グニィー

まゆ「んぶぶぶ」グニィー

卯月「えいっ!」ギュニィー

みく「ふぁんふぇにゃ!」


5 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:14:34.63 :QIXqtKIk0

未央「おおぅ腕がプルプルしてる…それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

凛「明日絶対筋肉痛だねこれ…」スッ

まゆ「お風呂でゆっくり暖まってしっかりマッサージすると良いらしいですよ?」スッ

みく「あ、それみくも聞いたにゃ。菜々チャンから」スッ

卯月「流石は346の歴史の本文(ポーネグリフ)ですね!」ズバシャッ

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

まゆ「王様」

卯月「だーれだっ!」




みく「うっしゃあみくが王様にゃあ!」

凛「全員に猫耳着用とかは無しだよ?」

まゆ「カルカン食べろとかも無しですよ?」

みく「みくを何だと!?」

未央「さぁさぁ王様みくにゃん。命令をどうぞー」

卯月「どうでもいいですけど王様みくにゃんって新種の昆虫みたいな語呂ですね!」

未央「本当にどうでもいいねぇ」

みく「うーん……じゃあ、さっきは卯月チャンがドギツイのかましてくれたから、みくは比較的ライトなやつで」

卯月「ドギツイのかました自覚はあります!」

凛「うん、正直だね卯月」

卯月「えへへ」

まゆ「甘やかすならその分手綱を握っててくださいねぇ?」

みく「よし、決めたにゃ!」

未央「猫耳?猫缶?」

凛「毛玉かもよ」

みく「2番、時子サマに電話して「このへっぽこ女王様ー!」ってぶちまけろにゃ」


6 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:17:28.97 :QIXqtKIk0

凛「」

まゆ「あ、凛ちゃん2番ですねぇ」

凛「ちょ、みく?ちょっ」

卯月「こちらに凛ちゃんのスマホを用意してあります!」

未央「あー…うん、まぁこれぐらいまだ平和な方じゃない?今までの愉快な食事会を思い返してみればさ」

凛「私、あんまり時子さんと親しくないんだけど」

まゆ「時子さんと親しい人なんて事務所の中でも片手で数えられるくらいじゃないですか?」

みく「ぶっちぎりで仲良しなのPチャンだけどね」

卯月「さぁ凛ちゃん!」

凛「え、え、ガチで?いや、あの、心の準備は……」

みく「さぁ残して行こうか。凛ちゃんの足跡」

まゆ「骨は拾いますからねぇ」

未央「大丈夫だよしぶりん。時子サマだって流石に息の根までは止めないと思うよ?」

凛「」










凛「……」


ヴーッ ヴーッ ヴーッ


凛「………」


ヴーッ ヴーッ ヴー・・・


みく「あ、ようやく止まったにゃ」

未央「着信履歴が凄いことになってそうだねぇ…ほらほらしぶりん。後でちゃんとみんなで説明しにいくからさぁ」

凛「…怖くて携帯見れない」クスン

卯月「豚の躾は得意らしいですけど雌犬はどうですかね!」

まゆ「安心してください。凛ちゃんが新しい世界に目覚めてもまゆは凛ちゃんの友達のフリしますから」

凛「…ありがとまゆ。将来保証人が必要になったらまゆに頼むからね」

未央「なんだか世間一般的な王様ゲームっぽくなってきたねぇ。それじゃあ3回目いこっか!」






モバP(以降P表記…で何このノリ)「うん?どうした時子」

P「まるでいきなり電話口でへっぽこ呼ばわりされたような顔して…本当にどうしたよ」

P「…いやだからどうしたんだってば!痛い!何で黙ってペシペシすんの!?」


7 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:19:40.31 :QIXqtKIk0

未央「さぁさぁガンガン行くよ3回目!それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

凛「3代目シンデレラガールです」スッ

卯月「5代目です!」シュバッ!

まゆ「8代目の予定です」スッ

みく「ちょ、つぎはみくが頂点に立つにゃ!」スッ

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

みく「王様」

未央「だーれだっ!」





凛「蒼穹の果て、私はここにいる!」ドンッ!

みく「うわぁ…問題児No2が引いちゃいましたかぁ」

凛「ちょっと、私は常識人枠だよ」

未央「んな訳あるかー!私だよ常識人!」

みく「悪いけど未央チャンも大概にゃ」

まゆ「サイコパスジェネレーションですもんねぇ」

卯月「みくちゃんとまゆちゃんは何番ですか?」

みく「え?1番だよ」

まゆ「まゆは3番です」

凛「はい1番と3番ワサビ寿司の刑」

みく「ちょ!これは反則にゃあ!」

まゆ「刑ってなんですか刑って!ゲームに私怨を混ぜないでくださいよぉ!」

卯月「では早速握ります!」ギュッギュッ

未央「お、しまむーお上手」

卯月「この前将太の寿司を読みました!」

みく「いやいや反則だから!ナシだから!無効だから!畜生この蒼サイコ!」

まゆ「今回は少なくとも味覚的な被害は無くて済むと思っていたのにぃ!渋谷の狂犬!」


8 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:23:01.95 :QIXqtKIk0

みく「あばばばばばばばばばば!!」ゴロゴロゴロゴロ

まゆ「んーーっ!!んんーーーっ!!」ビクッビクッ

凛「凄惨な光景だね…2人とも、私たち一応アイドルなんだよ?」

未央「2人がのたうち回る事をしれっと命じた張本人がよく言うね」

卯月「神経疑います!」

みく「かーーっ!!鼻の奥に生まれてこの方味わったことのない激痛が走ったにゃあ!!」

まゆ「前々から思ってましたけどまゆってこういうキャラじゃないと思うんですけど……!」

凛「2人とも、花粉症末期患者かってばかりの涙と鼻水だよ?」

みく「お前の!」チーンッ!

まゆ「せいですよぉ!」チーンッ!

凛「ちょっ!ヤメロォ!」

未央「取り合えずは番号聞き出してのダイレクトアタックも禁止ってことで、サクサク行くよー4回戦!」

卯月「4、不吉な数字です!今からワクワクします!」

未央「それそれ未央ちゃんも王様やってみたいなー。それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

みく「ゲホッ…ってかどうしてワサビとか用意してあるのさ…」スッ

まゆ「絶対確信犯ですよねぇ…サルミアッキとか無いでしょうねぇ?」スッ

凛「うぅ…涎と鼻水でグチョグチョなんだけど…」スッ

卯月「年頃のアイドルがヌルドロ、数字が取れます!」バビュンッ!

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

凛「王様」

まゆ「だーれだっ!」






未央「いよっしゃぁー!未央ちゃんキーング!!」

まゆ「これはアタリなんでしょうか、ハズレなんでしょうか」

みく「未央チャンは一見ニュージェネの良心に見えてストッパー役放棄してる戦犯だにゃ」

凛「着替えたいんだけど…卯月、何か着るものある?」ニチャァ

卯月「ミニスカメイドとバニーガールどっちがいいですか!」


9 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:26:41.95 :QIXqtKIk0

未央「それじゃあ早速行くぞぉ!3番、即興で一発ギャグ!はい10秒前!」

凛(ミニスカメイド)「うぇ!?」

みく「あ、凛チャンなんだ」

まゆ「なんでメイド服なんですか?」

凛「ちょっと!いきなりなんて無茶振りを…!」

卯月「5秒前ー!」

凛「た、タンマ!タイムアウト!」

未央「ノーノー。はい2秒前ー」

凛「えぇっ!?え、えーっと、えーっと……」

卯月「1秒前ー!」

凛「あーもうっ!!」

凛「り、リンリンリリリン、シーブリンっ♪キャハッ☆」

未央「…」

まゆ「…」

みく「…」

卯月「…」

凛「……キャハッ☆」

未央「さ、5回目いってみよっか」

みく「そだね。あともうちょっとにゃ」

卯月「名残惜しいからやっぱり346回にしませんか!」

まゆ「スレが足りませんねぇ」

凛「殺せぇ!!」






志希「にゃっはっは~!それじゃあ1番と3番、ずっと内緒にしてた秘密をここで暴露!」

周子「はーい。毎回映画の濡れ場シーンでお手洗いに立つんよー」

奏「ちょっと」

美嘉「プロデューサーをからかったら「舌は入れてもいいのか?」ってやり返されて真っ赤になって慌てて逃げた」

奏「見てたの!?」

志希「別に自分の秘密とは言ってないからね~。ちなみにフレちゃん何かある?」

フレデリカ「えっとねー、この前ウトウトしてた志希ちゃんに毛布かけてあげたの奏ちゃーん」

志希「……えっと、うん…ありがと?」

奏「…別の意味で恥ずかしいわね」


10 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:31:41.26 :QIXqtKIk0

未央「はい5回戦だよいってみよー!キャハッ☆」スッ

卯月「5代目シンデレラガールですっ!キャハッ☆」ズォッ!

凛「いっそ殺せぇえ!!」スッ

みく「まぁまぁ。可愛かったにゃ凛チャン。キャハッ☆」スッ

まゆ「メイド服お似合いですよ?キャハッ☆」スッ

凛「ォッ!!」

未央「あはは、怒りのあまり語彙がお亡くなりになってきちゃったみたいだしこの辺にしておこっか痛い痛いしぶりん痛い」

凛「ガルルル!」ガジガジ

まゆ「はいはい凛ちゃん。ステイステイ」

みく「おーよしよし。いい子だから大人しくするにゃ。後でビタワンあげるから」

卯月「渋谷なのに忠犬じゃなくて狂犬です!」

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

卯月「王様!」

未央「だーれだっ!」






まゆ「まゆですよぉ♪」

未央「おー、まゆちゃんかぁ。これは安パイかな?」

みく「どうだろ、まゆチャンはまゆチャンで油断ならないし」

まゆ「ま、まゆは常識人じゃないですかぁ!言いがかりですよっ!」

卯月「へっぽこー!」

まゆ「それただの悪口ですよね!?」

凛「まぁ、まゆの事だからどうせ大した事は言えないだろうし」プッ

まゆ「1番2番、このゲーム終了まで襯衣着用禁止」

未央(1番)「ちょっ!」

みく(2番)「こら渋谷ァ!お前が煽ったからメッチャえげつないの来たぞぉ!!」


11 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/14(木) 02:38:28.30 :QIXqtKIk0

ハデダネミクニャン ミルニャ! ウワ・・・エッロ ミルナッ!



卯月「もーいーかーい!」

みく「まーだ」

卯月「もーいーかーい!」

みく「早い!」


ゴソゴソ・・・


みく「…お、お待たせにゃあ」モジモジ

未央「うぅ…スースーするよぅ…落ち着かないよぅ…」シクシク

凛「目覚めちゃいそう?」

みく「目覚めるか!」

まゆ「これ、凛ちゃんが当たってたら今頃ミニスカノーパンメイドなんて化け物が出来上がっていたんですねぇ」

凛「ふふ、その可能性は考えないようにしてたのに」

卯月「凛ちゃん白目になっちゃいました!」

未央「せめてブラだけとかって譲歩してほしかった…」

みく「は、早く次いくにゃ!ほら次!」

卯月「折角ですから1枚。はいチーズ!」Rec

みく「するかぁ!」

まゆ「よりによってこのメンツのドスケベボディコンビが当たりましたねぇ」

未央「言い方っ!」

卯月「ツッコミの度にタプンタプンしてます!」

凛「邪魔そうだし、もいじゃう?」

未央「はい次6回目ー!はよ終わらせて襯衣よ我が元にー!」





千枝「あ、また千枝が王様です♪」

肇「2人で王様ゲームっていうのもどうかと思うけど…また千枝ちゃんが王様かぁ」

千枝「千枝、なんにもインチキしてませんよ?」

肇「澄み切った目で上目遣いはずるいなぁ。でも流石に41回連続は無理がない?」

千枝「い、いいいインチキなんてし、ししししししてませんにょ?」

肇「なんて模範的な挙動不審」


15 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/15(金) 04:43:07.78 :QIXqtKIk0

未央「クライマックスに差し掛かりました6回目!それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

みく「次からはニュージェネだけでやってほしいにゃ」スッ

凛「3人で王様ゲームって寂しくない?」スッ

卯月「じゃあ次回は事務所のアイドル全員でやりますか!」バビュッ!

まゆ「みんなそこまで暇では無いと思いますよ?」スッ

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

まゆ「王様」

みく「だーれだっ!」



卯月「勝利の法則は決まりました!」ブイッ

未央「あちゃー、またうづキングかぁ」

みく「ポケモンみたいなネーミングにゃ」

凛「そげキングみたいだね」

まゆ「卯月ちゃーん?くれぐれもTPOと倫理と人として最後の一線を考慮した上でお願いしますねー」

卯月「私は一体何だと思われているんでしょう!?」

みく「心外だってなら日頃の行いを改めなさいな」

卯月「心当たりがありません!」

まゆ「言い切っちゃいましたよこの子ったら」

卯月「4番が1番を30分間コチョコチョの刑です!」

未央「うわ、一見生易しそうに聞こえて実際エグいものを…ってあれ。私4番だ」

まゆ「犠牲になるのは誰ですかねぇ。あ、まゆは違いますよ?」

みく「みくもにゃ。…って、事は」チラッ

凛「無理」フルフル

卯月「凛ちゃん、ショータイムです!」

凛「無理」フルフルフル

みく「逃げないように抑えとこっか」ガシッ

まゆ「じゃあまゆ反対側の手を押さえますねぇ」ガシッ

凛「無理!」フルフルフルフル

卯月「じゃあ私は口を塞ぎます!」

凛「むごごご!」

未央「うっわぁ…凄い絵面だぞぉこれ」


36 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 02:41:51.80 :QIXqtKIk0

未央「んじゃ早速始めよっかしぶりん。心の準備はいい?」コチョコチョコチョコチョ

凛「むぐぅぅぅぅぅ~!!」ビクビクッ

みく「呼吸をするように始めおったよこの娘」

まゆ「大勢に押さえつけられて足の裏くすぐられるミニスカメイド……事案ですね」

未央「おーいしぶりんー?あんまり暴れるとスカートめくれちゃうぞー」コチョコチョコチョコチョ

凛「むぐぅぅっ!!んんっ!?むむーーっ!!?」ジタバタ

卯月「口を押さえてる私の手がみるみるうちに凛ちゃんの唾液でヌルベッチョリしていきます!」

凛「むぅぅぅぅぅぅぅーーーっ!!!!」

未央「アハハ段々興奮してきた。何でだろ?」コチョコチョコチョコチョワシャ





まゆ「はい、30分経ちましたよぉ」

凛「…ぁ……ぅ、ぁ…」ビクッビクッ

卯月「手がベチョベチョです!」フキフキ

みく「ちょっ、コラぁ!みくで拭くな!」

未央「いやぁー、楽しかった!」ツヤツヤ

まゆ「さり気無く日頃の鬱憤晴らしてませんか?」

未央「さぁ、いよいよラスト7回戦だよ!みんな覚悟はいい?私は出来ている!」

みく「覚悟以前に凛チャンの意識がまだ戻ってないにゃ」

卯月「もう30分くすぐったら元に戻りますかね!」

まゆ「卯月ちゃん卯月ちゃん。毒を飲んだ人にもう一度毒を飲ませたら治ると思いますか?」

凛「」チーン







穂乃香「1番から3番っ!ぴにゃこら太の魅力を1つずつ列挙してください!」

あずき「えぇっ!?え、えーっと、えぇーっと……い、色が目に優しい!」

忍「うーん………あ、声が可愛い!」

柚「結構強い!」

穂乃香「それじゃあちひろさんになっちゃいます!」ガオーッ!


37 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 03:05:03.22 :QIXqtKIk0

まゆ「大丈夫ですか?」

凛「…なんとか」

未央「アッハッハ。盛大に悶絶してたねぇしぶりん☆」

凛「ふふ、月夜ばかりと思わないでね?」

みく「何それ」

卯月「闇討ちの隠語です!」

未央「さぁ気を取り直して最終決戦!果たして誰が王様になるか…それじゃあ早速引いてみよー!」スッ

卯月「凛ちゃんどんな気分でした!?」ヒュンッ

凛「ひたすら苦しくて、段々気持ちよくなり始めて、通り越したらまた苦しくて」スッ

まゆ「変な趣味に目覚めなくて良かったですねぇ」スッ

みく「脱水症状になるんじゃないかってくらい色々出てたにゃ」スッ

未央「よぉーし、みんな引いたね?それじゃあせぇーの、で確認するよー?」

凛「王様」

未央「だーれだっ!」




みく「みくは自分を曲げないよ!」ドンッ!

凛「猫耳?猫缶?」

まゆ「その下りはさっきやりませんでしたか?」

卯月「今度は何て言って時子さんを泣かせるんですか!?」

未央「え、時子サマって泣くの?」

みく「ええい命令させろにゃ自由人ども!」

卯月「ガンガンいこうぜ!」

みく「やかましいわ」


38 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 03:25:30.08 :QIXqtKIk0

みく「それじゃこれでラストにゃ…覚悟せぇやお前ら」

未央「肩叩き?」

凛「10秒間握手とか?」

まゆ「ボツになったキャッチフレーズを発表とか」

卯月「異世界転生とか!」

みく「いちいちツッコまないにゃあ!2番!1番が一発芸をやる前で牛乳イッキ!」

未央「うわ、それどんな結果になっても双方大惨事だよ」

卯月「残念です!自信のあるネタがあるんですが!」

未央「あ、って事は」チラッ

凛(1番)「」

まゆ(2番)「」

卯月「牛乳用意します!」トテトテ

凛「ちょ、あのみく?私一発芸とか…ほら、私アイドルだし」

みく「王様の命令は絶対順守にゃ」

凛「だってほら、私だよ?3代目シンデレラガール渋谷凛だよ?みくじゃないんだよ?」

みく「みくだってギャグなんざ持ってないよ!」

卯月「牛乳持ってきました!」

まゆ「わぁ…こんな並々と…」

未央「一応念のためにちょっと離れてよっか。余波が来たらアレだし」

みく「よぉーし、それじゃあスタンバイにゃ!凛チャン心の準備は?うんバッチリだね!」

凛「バッチリな訳があろうはずが!」

みく「はいまゆチャン!ミルク、スタンバイ!」

まゆ「あわわ…ま、まゆ加工乳だとお腹がごろごろになっちゃうんですけど…」

卯月「安心してください!雪印です!」

まゆ「安心要素が希薄!」


40 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 03:45:25.26 :QIXqtKIk0

みく「はい、それじゃあ…」

凛「み、みく後生だから!後生だからせめてネタを考える時間を!」

まゆ「心の準備をする猶予を!」

みく「スタート!」

凛「うわああん!後で覚えてろぉ!?」

まゆ「Pさん…まゆに力を…!んぐ、んぐ…!」グビグビ

未央「まゆちゃんが飲み始めたね、はてさてしぶりんはどう出るか」

卯月「あ、動き始めました!」

凛「え、えぇっと…ど、どうしよう…」オロオロ

まゆ「んぐ、んぐぐ…」

凛「……っ!こ、こうなったら…!」バッ


凛「アテンション・エヴリワン!飲んでる間ダンサブルな私を見てるといいよ!」ズンドコズンドコ

まゆ「」ブフォーッ!!

凛「うわぁぁ!!」

未央「」ブフォッ

みく「」ブフォッ

卯月「ヘレンさんならぬヘ凛ちゃんは卑怯だと思います!」

凛「うぅ…人肌の生暖かい牛乳まみれだよ…気持ち悪い…」グッチョォ…

まゆ「ゲホッ!ゴホッ!ゴホッ…!…こ、殺す気ですかぁ!」

未央「てっきり「キャハッ☆」で来ると思ったのに…」プルプル

みく「わ、笑いすぎて…お、お腹、脾臓が痛い…っ!」ピクピク

まゆ「ああもう……スカートまでビッショビショじゃないですかぁ…う゛っ、臭!」

凛「私なんかスカートどころか頭からベトベトだよ…」

卯月「私たち一体何をやってるんですかね!」

みく「根源が今頃になって何を言い出すの!?」

未央「でも取り合えずはこれで終了だね。しまむー、楽しかった?」

卯月「はいっ!」

凛「ふふ、卯月が喜んでくれたなら何よりだね」

卯月「やり方はよく分かったのでそろそろ本番といきましょうか!」

まゆ「チュートリアルじゃありませんよぉ!?」


41 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 04:10:23.79 :QIXqtKIk0

まゆ「スカートびしょ濡れで気持ち悪いです…念のために着替え持ってきておいて良かったです」ヌギヌギ

凛「私もだよ…早くシャワー浴びたい、まゆミルク臭い…」ヌギヌギ

みく「もう終わったなら襯衣つけても良いんだよね?…うにゃ、付けにくい。一旦脱いだほうがいいにゃ」ヌギヌギ

未央「いつものロシアンシリーズと比べてどっちがマシだったんだろうねぇ」ヌギヌギ

卯月「牛乳美味しいです」コクコク

みく「あの娘は何で唐突にハイライトが戻ってるの?」

凛「知らないの?卯月は一定量の牛乳を摂取すると一時的に公式設定になるんだよ」

まゆ「何を知ってて当然かのようにブッ飛んだ新事実を」

未央「ハッハッハッ、しまむーの生態はまだまだ謎だらけなのだよ」

卯月「?」キョトン


ガチャッ


P「何か騒がしいけど誰かいるのか?一体何を……っ、て」

凛(着替え中)「え?」

みく(着替え中)「あ」

未央(着替え中)「へ?」

まゆ(着替え中)「ふえ?」

卯月(公式)「はい?」

P「…」

凛「…」

みく「…」

未央「…」

まゆ「…」

卯月「?」

P「……」




キャァァァーッ!スケベェー! オマエガサケブンカイー!




アッキー「終わりだ」

優「あ、いたいたアッキー。情熱〇陸の取材来てるよー」


42 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/16(土) 04:22:58.46 :QIXqtKIk0

梅雨の時期に因んで王様ゲームSSでした。オチを考えたりガンブレのクオリティにガックリしたりゼノ・イフリート狩りしてたら無駄に時間かかってしまいました。すんません。
次は6月誕生日組か時子サマか…多分どちらかだと思います。そろそろまた283陣営や某特撮ネタも手掛けたいのでいつかそのうちに。ビルド最終回前には何とか…
という訳でまた突発的にヘンテコなものを書き始めると思いますが心静かに見守っていてください。狭山茶の副作用なんです。


オツカーレ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】凛「王様ゲーム」 まゆ「です」 みく「にゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528908979/