1 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:18:03.02 :p/hJEL580

千秋「心外だわ」

モバP(以降P表記どすこーい!)「いや心外と言われても」

千秋「そもそも私の何をどう見て取ってポンコツだなんて言うのかしら」

P「そうやって自覚症状の無いところとか?」

千秋「心外だわ」

P「別に俺が吹聴してる訳じゃないんだけど」

千秋「仕事は完璧にこなしているじゃない」

P「そうだな」

千秋「それなのにどうしてポンコツなんて言われるの?不服だわ」

P(収録や撮影終わると傍に来てジーッと褒められ待ちしてたりするからじゃないかなぁ)

千秋「それは確かに急なアドリブとかはまだ苦手だけれど」

P「いいじゃんか別に。世間のイメージじゃなくて業界内で浸透しつつあるイメージなんだから」

千秋「嫌よ!」

P「仕事に影響ある訳でもあるまいし」

千秋「プライドの問題よ」

P「プライドねぇ」スッ

千秋「ど、何処に行くのよ!」ガシッ

P「厠くらい行かせてくれない?」

千秋「そ、そろそろ一番の山場よ…見逃してもいいのかしら」

P「いや俺これ前に観たし」

千秋「く、来るわよ…来るわよ…!」

P「放してートイレ行きたいー」

千秋「ひゃああああ!!」ギュゥゥゥゥ!

P「ぎゃああああ!!」メキメキミシメキ


2 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:20:22.61 :p/hJEL580

P「ホラー苦手なら無理して観なきゃいいのに…」

千秋「だって…折角白坂さんが貸してくれたんですもの。退く訳にはいかないわ」

P「明らかに勝ち目のない戦からは背を向けるのも立派な戦略だと思うけどなぁ」

千秋「ほら、もうスタッフロールよ。どう?乗り越えたわよ」

P「はいはい偉い偉い」

P「あ、エンディング後にまだ続きが」

千秋「きゃあああああああ!!」ギュゥゥゥ!

P「ぐわああああああ!!」メキメキゴキメキ



千秋「ポンコツだなんて心外だわ」

P「え、その話まだ続くの?」

千秋「と言う訳でリベンジよ」

P「またホラーか?正直俺も怖いのは苦手なんだけど」

千秋「安心して。ちゃんと速水さんに選んで貰ってきたわ」ゴソゴソ

P「キラー〇マトとかチョイスしてそうで怖い」

千秋「ええっと…まずはこの『クイール』と」

P「おい」

千秋「『HACHI 約束の犬』と」

P「おい」

千秋「『戦火の馬』と」

P「うぉい」

千秋「あと『南極物語』」

P「脱水症状で殺す気か!?」


3 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:25:06.04 :p/hJEL580

P「お疲れ様。ん、差し入れ」スッ

千秋「ありがとう。このくらいは当然よ」

P「流石としか言いようがないな」

千秋「まだまだ改善の余地はあるわ。これくらいで満足なんてしていられないもの」ググッ・・・

P「ストイックだなぁ」

千秋「やるからには全力で。それだけの事よ」ギューーッ

P「某双葉や一ノ瀬にも聞かせてやりたい、その言葉」

千秋「彼女たちには彼女たちのスタイルがあるじゃない。私はこういうやり方しか出来ないだけ、よ……!」

P「それはそれとしてさ」

千秋「んーっ……!」

P「蓋、開けてやろうか?」

千秋「も、もう少しで…開くと思う、わ…!」ギギギギ

P(今度から飲み物渡す時は予め緩めてから渡してあげよう)

千秋「んぅーーっ!」ギチギチギチ

千秋「……」

千秋「…思っていたより疲れていたみたいね。お願いできるかしら」スッ

P「あいよ」

千秋「ありがとう」

千秋「……」

千秋「ポンコツじゃないわよ?」

P「まだ何も言ってねーよ」

千秋「ふぅ…やっぱりお茶と言えば伊右衛門ね」

P「綾鷹だよそれ」

千秋「……伊右衛門のように美味しい綾鷹ね」

P「嘘だよホントは生茶だよ」

千秋「~っ!」ポカポカ


4 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:27:42.70 :p/hJEL580

千秋「ポンコツって結局何なのかしら」

P「哲学だな」

千秋「美波さんのような感じかしら」

P「具体的な名前はやめて差し上げろ。それに美波はゲームセンスが壊滅的なだけだから」

千秋「東郷さん?」

P「あいさんは回避能力が高いから良いんだよ。一撃食らうと撃墜されるけど」

千秋「…佐久間さん?」

P「アレはへちょいって言うんだ」

P「まぁ大まかにいえば全員ポンコツと言えなくも無いかもしれないけどもさ」

千秋「今一つ定義が曖昧なのよね」

P「印象とかイメージからそう受け取られる事が多いからなぁ」

千秋「私にどうしてそんなイメージがつくの?」

P「ハハッ、事務所に来たばっかの頃はあんな高圧的だったのにな」

千秋「あ、あれは忘れて!誰だって最初は何かしらやらかすものでしょう!?」

P「クール勢によく見られる光景だよな」

P「あ、飛車取り」パチッ

千秋「えっ。…ちょ、ちょっと待って!」

P「待ったなしじゃけぇ」

千秋「お、王将1枚でどうしろって言うの!?」

P「ほれ、千秋のターンだぞー」

千秋「いっそ殺せぇーー!!」




試しに王将一枚で勝負してみても勝った


5 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:31:09.11 :p/hJEL580

千秋「ただいま。ごめんなさいね、わざわざお休みをもらっちゃって」

P「構わんよ。ただでさえウチの娘たちは働きすぎなんだから休む時はちゃんと休まんと」

千秋「はい、これお土産。定番だけどザッハトルテ」

P「おお、これが本場の。あのザッハ家が肉親同士で骨肉の元祖争いをしたと言う」

千秋「あと頼まれていたジャムも持ってきたわよ」

P「ありがとな。いやぁ一度食べてみたかったんだ。オーストリアと言ったらジャムが有名だもんな」

千秋「あとウィーンの空港で何故か売ってた海老煎餅」

P「何故よりにもよって」

千秋「これも空港で買ったのだけど、ドクロと十字架のキーホルダー」

P「蘭子か飛鳥に上げなさい」

千秋「機内で貰った飴玉」

P「それ土産って言う?」

千秋「定番だけどザッハトルテ」

P「同じの2個買っちゃったのかな?」

千秋「あとジャム」

P「同じの買っちゃったのかぁ」

千秋「あと…」

千秋「……」ゴソゴソ

P「ん?今のやたらスケスケな布は一体…」

千秋「これは違うわ」

P「ああ、例のいかがわしいナイトウェアか」

千秋「いかがわしくはないわよ!」

P「…え、それも土産?」

千秋「どこの世界に使用済みの寝間着をお土産に渡す女がいるのよ!」ガオーッ!


千秋「あ、それとジャム」

P「3回買っちゃったのかぁ…」


6 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 01:42:35.02 :p/hJEL580

千秋「…」

千秋「…じゃあ、いくわよ?」

P「おう」

千秋「…」クシャクシャ クシクシ

千秋「ふーん、アンタが私のプロデューサー?…まあ、悪くないかな…」

P「アハハハ!似てる似てる!」

千秋「さぁ、次はあなたの番よ?」

P「ほいきた」

P「んっ、んんっ!」

P「ホッホッホッ、黒川さん良い演技でしたよ?」

千秋「…っ!」プフッ

P(中尾ボイス)「ほらご覧なさいザーボンさんドドリアさん。綺麗な花火ですよ」

千秋「くっ……ふふっ……!」プルプル

P「よし俺の勝ちだな」

千秋「そ、それは卑怯よ…!今回は引き分けでしょう?」

P「んじゃ7回戦だな。んじゃ千秋、お題引いて」

千秋「今度こそ負けないわよ」ゴソゴソ

千秋「さぁ、次は何かし……ら…」

千秋「…」

P「…」

千秋「……」

P「…?」

千秋「…す」

千秋「スウィーティー☆」テヘッ

P「…」カシャッ

千秋「おいやめろ今撮ったのよこせ☆」


8 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 02:37:35.16 :p/hJEL580

千秋「…あら、珍しいわね」

P「お疲れ。送ろうか?」

千秋「ふふ、わざわざそのために待っていてくれたのかしら?」

P「偶然近くにいただけだよ」

千秋「ならそういう事にしておいてあげるわ」

P「どうだった?今日の撮影」

千秋「聞くまでも無いでしょう?この私よ?」

P「だから聞きたいんだけど」

千秋「どういう意味よっ!」

P「千秋は手のかからない優等生だもんなぁ」

千秋「私は私なりにゃって当然の事をしているだけよ」

P「仕事以外は色々やらかすのに」

千秋「やらかさないわよ!」

P「あ、シートベルトちゃんとつけてな」

千秋「うん」カチッ

P「もうこんな時間だし、事務所に戻る前にどこかで何か食べていくか?」

千秋「あら、ディナーのお誘いのつもりかしら」

P「昼に銀ダラ定食食べてオヤツにポンテリング食べたっきりだからお腹空いてるんだよ」

千秋「普通にがっつりと食べてるじゃないの」

P「気分じゃないっていうなら真っすぐ戻るけど、どうする?」

千秋「そうね……どうしようかしら」

千秋「…」

千秋「あ、クーポンあるわ。この近くにマックあるかしら」

P「それでいいのかお前さんは」

千秋「本当はラッキーピエロがあれば嬉しいんだけど…内地には無いのよね」

P「千秋って道民なんだよなぁ。イメージ無いけど」

千秋「そうかしら」

P「もっと北海道出身アピールしてみるか?鮭担いでテレビ出るとか、熊に跨ってステージに立つとか」

千秋「ポンコツどころか狂人のレッテル張られるわよ」


9 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 03:05:07.96 :p/hJEL580

千秋「心外だわ」

P「何が」

千秋「見てよこれ」スッ

P「ん、どれどれ?」


『黒川千秋マジぽんこつ』

『新田美波とのマリカー決戦は伝説に残るな』

『見下されたい』

『なんで鮭抱えてたんだww』

『ちーちゃんご飯はちゃんと食べてる?』


千秋「相も変わらずの風評ね」

P「お前芸能人がエゴサって…地雷原でタンゴ踊るようなもんだぞ」

千秋「不服だわ」

P「とは言っても。別にいいじゃんマイナスイメージって訳じゃなさそうだし」

千秋「不本意だわ!」

P「間違った意見は何一つ言われてないと思うんだけどなぁ…」ボソッ

千秋「今何か言ったかしら」

P「気のせいダヨー」

千秋「どうしてかしら…ちゃんとこの前の仕事では熊は断ったのに…」

P(自覚症状が無いのが症状と言うか何と言うか)

千秋「今何か思ったかしら」

P「気のせいダヨー」

千秋「あ、それはそうと速水さんからまたオススメを借りてきたわよ」

P「今度は何だ、『星守る犬』か。『ロック ~わんこの島~』か」

千秋「えっと……『キラートマト』っていう映画らしいのだけれど」

P「」


10 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 03:21:09.28 :p/hJEL580

クールー キットクルー キットクルー


千秋「…っ」ドキドキ

P(本人はポンコツポンコツって随分気にしてるみたいだけど)

千秋「…な、なかなか雰囲気あるわね…ビデオテープとかアナログなのがまた味があると言うか…」

P(仕事中はビシッとキチッとシャキッとしてるしなぁ)

千秋「ヒィッ!な、何で井戸?どうして井戸!?」

P(単に事務所に来た時と比べて丸くなったってだけだと思うんだけどなぁ)

千秋「ど、どうしてビデオを見ただけで呪われるの!?理不尽じゃない!」

P(それだけ心を許せる相手が増えた、今の居場所を居心地良く思ってくれてるって事だし)

千秋「で、出てきたわ!出てきたわよ!ど、どんどん近づいてくるわ!」ギュゥゥゥ

P(まぁ、真面目でちょっと要領悪いから割を食う場合が多いのは確かだけども痛い)

千秋「く、来るわ…迫ってくるわ、どんどん近づいて…!あ、ああ……て、テレビの画面から出てきて…!」

P(ポンコツというより単に緩くなった、ってだけな気がするけどなぁ)

千秋「ひぃぃっ!こ、来ないで!来ないでっ!!」ギュゥゥゥ!

P(ま、本人には言わないけど。どうせ絶対否定するし痛い痛い)

千秋「きゃあああああああ!!」ギュゥゥゥ!!!

P「ぐわああああああ!!」メキメキゴキメキ

あの子「うわああああああ!」







アッキー「終わりだ」

小梅「ね、ねぇ…あの子見なかった…?」

アッキー「見ていない」

小梅「そっかぁー」トテトテ


ネェ、アノコミナカッタ…? アッキーミナカッタ?


11 :◆Dm8ArSIo3MOQ :2018/06/08(金) 03:28:26.77 :p/hJEL580

おお一晩で仕上げられた。まぁ短いけど。はい、てな訳でオススメ映画紹介SSでした。いやアニマルものは泣きますよ。そりゃ泣くよ泣くにきまってるだロ!
てな感じで思い付きでの千秋さんでした。何故かこの人にもポンコツオーラがあるんですよね…何でやろ?個人的には黒川さんは「ポンコツ化」というよりは「染まってきた」感です。周囲の色がドス濃いですもんねぇ…
ネタのストックが珍しく溜まっているのでまたそのうち世界戦が歪んだものを書くかもしれませんが県民に課せられた宿命のようなものです気にしないでください。


オツカーレ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「ポンコツ風評?手遅れでは…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528388282/