1 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:20:32.00 :C2Hp/i550

そら「突然ですみませんけれど」

P「あ、早坂さんお疲れ様です。どうしたんですか?」

そら「お疲れ様ですPさん。私の仕事がどれだけ命がけなのかを知ってほしいと思いまして」

P「命がけですか?確かにカメラマンとして色々なシチュエーションで撮影されてるとは思いますが。宇宙とか」

そら「律子さんの月面撮影ですね、あれも確かに大変でしたが……」

そら「今回私がお伝えしたいのは、エミリーちゃんの撮影で起きた危機です」


2 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:24:51.13 :C2Hp/i550

P「エミリーの?」

そら「はい。ただし、普通にお話ししただけでは伝わりきらないと思うので……よっと」

そら「Pさん、このVRゴーグルを装着してください」

P「いいですけど、何の映像が流れるんですか?」

そら「”VR早坂そら”です」

P「……はい?」

そら「危機が訪れた時の私の主観映像が流れます」

P「いや、どうやって収録したんですかそんな映像」

そら「まぁまぁ、細かいことは置いておいて。早速ご覧ください!」

P「今日の早坂さんは押しが強いですね。まぁとりあえず着けますが(スチャ)」


3 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:27:55.96 :C2Hp/i550

そら「見えてますかー?」

P「はいOKです……これは、菜の花畑ですか?」

そら「ちゃんと見えてるみたいですね、はいイヤホンもどうぞ」

P「あっ、どうも。しかし菜の花畑ということは…あのブロマイドの撮影風景ですね?」

そら「ええ。さぁエミリーちゃんが来ますよ」

エミリー『早坂さん!お待たせしてしまいすみませんでした。本日の撮影、どうぞよろしくお願いします♪』

P「あっ…かわいい」


4 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:29:54.02 :C2Hp/i550

そら「白のブラウスに春っぽいクリーム色のカーディガンが女性らしい柔らかさを演出してますね。良い衣装です」

エミリー『似合っていますか?ありがとうございます♪』

P「ええ。青のロングスカートもスタイルが良いエミリーにピッタリです」

そら「花飾りがついたカチューシャもバッチリ似合ってますね」

P「でも眼鏡が無いですね?」

そら「眼鏡は撮影の途中でメイクさんが持ってきてくれますよ」


5 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:31:30.67 :AZfwghvxO

エミリー『それにしても、こんな素敵な場所で撮影していただけるなんて、私には少しもったいない気がしてしまいます』

P「あぁ~ほらこういう事言う~」

そら「謙虚な人柄も魅力的ですよね。もったいない訳ないじゃないですか」

P「その通りです!」

エミリー『あ、ありがとうございます。良い撮影にできるよう頑張ります!』

そら「本当に良い子ですね。親御さんの教育の賜物でしょう」

P「うちには、どう育てればこんな良い子に育つんだ?って子が何人も居ますけど、エミリーもその内の1人ですね」


6 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:34:08.91 :C2Hp/i550

エミリー『こちらに腰かけるんですね?かしこまりました』

そら「さぁ、撮影が始まりますよ」

エミリー『ではよろしくお願い致します』

P「眼鏡無しでも十分可愛い」

そら「ええ」

エミリー『姿勢はこのままで…視線だけ写真機ですね』

P「菜の花畑と金髪の美少女…絵になりますね」

エミリー『菜の花の香りですか?はい、ちょっと鼻を近づけてみますね』

P「なるほど、こうやってポーズや構図を変えさせるんですね」

そら「この時は顔と菜の花のアップも欲しいなと思ったもので」

エミリー『あっ!見てください!紋白蝶です!』

P「お、こういう事もあるんですね」

そら「野外ロケならではですね」

エミリー『凄いです!近づいても逃げませんね。もしかして一緒に写りたいんでしょうか♪』

P「はしゃいでる姿は年相応でまた可愛らしいですよね」

そら「ええ、なかなか無い良いシチュエーションに遭遇できてラッキーでした」


7 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:35:32.73 :C2Hp/i550

エミリー『ふふっ紋白蝶さんも一緒に撮られちゃいましたね……はい、小道具ですか?』

P「お、いよいよですね」

そら「はい」

エミリー『こちらの眼鏡ですか。かけてみますね』

P「ドキドキ」

そら「きますよ……」

エミリー『えっと……これで大丈夫でしょうか?似合っていますか?』

P「なんとぉ……」

そら「いかがです?」

P「これは……強い……」

そら「ふふ、撮影が続きますよ?」


8 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:37:32.46 :AZfwghvxO

エミリー『ありがとうございます♪はい、姿勢ですか?』

そら「ここから私の怒涛のポーズ指示が入ります」

エミリー『ええと、膝を揃えたまま立てて、両肘を腿に置いて……』

P「あっあのポーズになってきた」

エミリー『両手で頬杖……と』

そら「来ますよ来ますよ」

エミリー『首を傾げて…少しだけ俯き加減で眼鏡の枠越しに写真機を見る……』

P「おぉ……」

エミリー『こうですか?』

そら「そう、それで、ちょっとだけ悪戯っぽくニッコリ」

エミリー『ん♪』

P「あ」


9 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:39:57.53 :C2Hp/i550

01


10 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:41:21.51 :C2Hp/i550

P「うわあああああぁぁぁぁぁぁ!!!」

そら「かわいいいいぃぃぃぃぃぃ!!!」


11 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:45:49.30 :C2Hp/i550

P「はぁはぁ……あと一瞬VRゴーグルを外すのが遅れていたら危なかった……」

そら「どうですかPさん、エミリーちゃんの実力をその身に受けた感想は」

P「どうして早坂さんがドヤってるのかは分かりませんが、たしかに凶器レベルの可愛さでした」

そら「でしょう?」

P「ええ、身に染みました」

そら「ふふふ、私の仕事の大変さが伝わったようでなによりです」

P「これでもかと言うほど伝わりましたよ……ところで1つお願いがあるんですけど」

そら「なんでしょう?」

P「”VR早坂そら”うちの劇場で売らせてもらえませんか?これいくら積んでも欲しいって人いますよ」

そら「ダメです」

P「なんでですか」

そら「死人が出ます」

P「あっ確かに」


12 :◆2Go4eT6vck :2018/04/21(土) 22:48:34.35 :AZfwghvxO

おわり

仕掛け人さま増えてください


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【ミリマス】そら「エミリーちゃんは凶器」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524316831/