1 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:47:22.07 :yOFHlcrg0

キャラ崩壊です

【Pの家】

千早「大きな声を出すと寝ているプロデューサーが起きてしまうでしょ!!」

静香、志保「す、すみませんでした!」

千早「まったく、これだから最近の若い蒼は…」プンスカ

ミリP(以下P)「ん、んん……zzz」

千早「ふふふっ。プロデューサー、今日もちーちゃんが来ましたよ~」

静香「もがみんもいますよプロデューサー」

志保「し、しほりんも…///」

千早「いい二人とも?初めてのプロデューサーのお家で興奮しているのはわかるけど、節度を持った行動をしないといけないわよ」

静香「は、はいっ。わかりました!今日はよろしくお願いします千早さん」

志保「今日は千早さんに色々と教わりたいと思います」


2 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:48:58.75 :yOFHlcrg0

千早「ええ。この前話した通り、貴女達も765プロに入ったからにはキチンとしたプロデューサーとの付き合い方を学ぶ必要があります」

千早「今日は私が講師役になって指導していくから二人ともよろしくね」

静香、志保「はいっ!」

千早「ふふふっ、良い返事ね」

静香「でもその……千早さん?一つ不安な事があるんですけど」

千早「あら、何かしら?」

静香「あの、ものすごーーーく今さらなんですけど、勝手にプロデューサーの部屋に入ってしまって良かったんですか?見つかったら怒られるどころじゃ済まないと思うんですけど……」

千早「そんな事を心配していたの?大丈夫よ静香、アイドルがプロデューサーの部屋に入るのは世間一般的に何の問題もないのだし」

静香「そうなんですか?それなら安心……なのかな?」

志保「……あの、千早さん。その合鍵ってどうやって」


3 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:50:18.66 :yOFHlcrg0

千早「業者さんに頼んで自分で作ったのだけど?」

志保「プ、プロデューサーさんから預かってるとかじゃないんですか!?」

千早「いいえ、でもプロデューサーなら大丈夫よ」

静香「ち、千早さん?いくらプロデューサーでも勝手に合鍵作られて部屋に入られたら、ブチギレ案件だと思うんですけど」アセアセ

志保「い、今からでも帰った方がよくないですか?」ワタワタ

千早「まだまだね二人とも、いい?プロデューサーならきっと……ごほん」

千早「ええっ、合鍵まで作って俺に会いに来てくれたのかい?」

千早「まったく言えば鍵なんて100でも200でもあげたのに、本当にいじらしくて可愛いな千早は、もうこれは嫁にするしかないな。明日あたりブログで結婚発表しよう!」

千早「って言うに決まってるわよ」

静香、志保「なるほど~!」(尊敬の眼差し)


4 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:51:52.67 :yOFHlcrg0

千早「だから大丈夫。むしろ見つかって欲しいくらいなのだけれど、プロデューサーも疲れてる事だし寝かせてあげましょう」

静香「じゃあ、これから思う存分プロデューサーの部屋を探索できるんですね!」

志保「この機会に色々と素材を入手したいんですが、それもOKですか千早さん?」

千早「ええ、勿論よ。ここは素材の最高効率ステージですからね、それじゃあまず最初は……」



千早「ここがキッチンね」

千早「とりあえず来るときに買った食材を、置いておきましょう」

志保「はい。それにしても意外でした、プロデューサーさん結構いいところに住んでいるんですね」

静香「そうね、こんなセキュリティもしっかりしてるマンションに住んでるなんて思っていなかったかも」

千早「前まではピ-ッ!のピ-ッ!駅近くのピ-ッ!っていうセキュリティの緩いところに住んでたんだけどね」
※Pさんのプライバシー保護の為地名、駅、建物名は伏せさせて頂きます

千早「貴女達には話してなかったけど……実は、プロデューサーにしつこく付きまとっている奴がいるらしいの」


5 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:53:03.74 :yOFHlcrg0

静香「ええっ!?そ、それってストーカ-って事ですか?」

志保「プロデューサーさんにストーカ-?許せないですね……」

千早「ええ、話を聞くとプロデューサーが寝てる時に誰かの視線を感じたとか、洗濯物のシャツが数枚無くなってたとか、寝る時にベッドに入ったら、まるでさっきまで誰かが寝ていたみたいに布団の中が暖かくなってたとか…etc」

静香「やだ怖い……」ガクブル

志保「…………」ガクブル
(あまりの恐怖で言葉が出ない)

千早「でも大丈夫よ。それに対抗するために私もプロデューサーの自宅警備を週6でやってるから」

静香「ほっ……それなら安心ですね!」

志保「千早さんが見守ってくれてるなら、プロデューサーさんも心強いと思います」

静香、志保「さすが千早さん!」

千早「ふふふっ。もうっ、褒めても何も出ないわよ?」


6 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:54:47.94 :yOFHlcrg0

静香「それで、千早さん。この食材を使って何を?」

千早「プロデューサーの朝ごはんを作っておくのよ。私は来たら毎回作っているわ」

志保「なるほど、確かにプロデューサーさんの食生活は乱れてますから、バランスの良い食事を作っておくのは大切な事ですね」

静香「そうね、健康な身体は健康な食生活からって言うし、もうっ……プロデューサーってば、私がいくら言っても笑って謝るだけで、改善しようとしないんだから」プンスカ

千早「ええ、プロデューサーも困ったものだわ……ふふっ、でもそういう所が母性本能くすぐったりするのだけどね?」

静香、志保「わかる……」ウンウン

千早「さぁ、早速調理を始めましょう。今日は二人が来てくれたからいつもより多い品数を作れそうね」

志保「何を作るのかは決めているんですか?」

千早「ふっ、これが献立表よ。毎日、栄養学とかの本を見ながら考えてるの」

静香、志保「さすが千早さん!」


7 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:56:02.20 :yOFHlcrg0

静香「あっ、でも私エプロン忘れてしまいました……」

志保「私も……」

千早「仕方ないわね、私の予備を貸してあげるわ。使い古したプロデューサーの服を生地にしてるから着心地抜群よ」

静香、志保「さすが千早さん!」

静香「わぁ、可愛いエプロンですね♪」

志保(猫さん柄、可愛い……♪)

静香「はっ、千早さん大変です!プロデューサーのPCに入ってるドスケベ画像が女教師とOL物が多目です!」

千早「任せて、後でちゃんと学生物を多目にしておくから!」

静香、志保「さすちは!」


8 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:57:23.21 :yOFHlcrg0

ー調理終了ー

千早「よしっ、これで準備はオッケーね」

静香「次は何をするんですか千早さん?」

千早「次はそうね洗濯物かしら?」

静香「プロデューサーの……」ゴクリ

志保「洗濯物……」ゴクリ



千早「もう、また洗濯物を溜めて……困ったわねプロデューサーにも、仕事が忙しいのはわかるけど」

静香「ち、ちち…千早さん!こ、これはまさか、この置いてるシャツやら下着やらは」

千早「当然、プロデューサーが着た物ね」

志保「こ、こんなSS級の素材が普通に落ちてるなんて……恐るべしプロデューサーさんの家!」キラキラ


9 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 12:58:58.09 :yOFHlcrg0

千早「貴女達、流石にこれをそのまま持って帰ったらダメよ?」

静香「そんなっ、目の前にお宝があるのに……!?」

志保「後生です、後生ですから千早さん!」

千早「プロデューサーに迷惑がかかるでしょ?」

千早「どうしても持って帰りたい時は替えの新品シャツを買ってきなさい。それと交換ならプロデューサーも迷惑にならないでしょうし」

静香「なるほど、そうですねわかりました。志保、残念だけど今日は諦めましょう」

志保「うぅ……」

千早「まったく困った後輩達ね…まぁ、ここで楽しむ分には問題ないから思う存分ハッスルしなさい」

静香、志保「さすちは!」

静香「クンクン……ふわぁ、この香り落ち着きます…」


10 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 13:00:18.16 :yOFHlcrg0

志保「クンクンクンクンクンクンクンクンクンクン…」

千早「はぁ、貴女達まだまだね」

静香「むっ、どういう事ですか千早さん?プロデューサーのシャツをくんかくんかする以外に他の楽しみ方があるんですか?」

志保「クンクンクンクンクンクンクンクンクンクン…」

千早「あるわよ。ふふっ、静香そのシャツを貸して」

静香「どうぞ、でも本当に何をする気なんですか?」

千早「こうするのよ、ふっ!」

静香「こ、これはっ!?」

静香「……いや、ただプロデューサーのシャツを着ただけですよね?それで何が変わるんですか?」

千早「ふふふっ、さぁ静香!私の胸に飛び込んで来なさい!」


11 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 13:02:02.12 :yOFHlcrg0

静香「え、えぇっ!?千早さんの胸に……胸?」

千早「いいから、さあ早くしなさい」

静香「うぅ…説明を求めたいですけど、千早さんの言うことだし何か根拠があるはず……とりあえず、えーいっ!」ダキッ

千早「ふふっ、そのまま目を閉じてごらんなさい、すると?」ギュッ

静香「あ、あっ…あっ……これ、すごいです!目を閉じるとプロデューサーの匂いに包まれて、まるでプロデューサーに抱きしめられてるような感覚に!」

千早「ふふふっ、そうよね?これが複数人でのプロデューサーのシャツの楽しみ方よ」ナデナデ

静香「やぁ……プロデューサー頭撫でないで……子供扱いしないでくださ…んふふっ♪」

志保「……」ジ-ッ

千早「ほら、志保もいらっしゃい?」

志保「で、でも……」モジモジ


12 :◆cq7bCfF752 :2018/04/17(火) 13:03:22.64 :yOFHlcrg0

千早「大丈夫、貴女ならやれるわ。小学生メイドを乗り越えた貴女ならきっと」

志保「は、はいっ!……っ」ダキッ

千早「ほら、どう志保?」ナデナデ

志保「す、すごいです……///」

志保「こんな幸せ……あっていいんでしょうか……んっ」スリスリ

静香「プロデューサー…もっと、もっと……」スリスリ

千早「ふふっ、まったく二人とも甘えん坊ね。でも、良い後輩を持って私も嬉しいわ……よしよし」ナデナデ

静香、志保「んっ……さすがです…千早さん……♪」


20 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:04:15.42 :GubL5OI/0

ーその後ー


千早「さてと、洗濯物も済ませた事だし、後は掃除をして帰りましょう」

静香「そうですね。ほら、志保?……あっ」

志保「かえるのやだ…しほ、まだあそびたい……」ウルウル

静香「千早さん!大変です、プロデューサーの香りに包まれ過ぎて志保が幼女沢志保に!」

千早「あら、困ったわね」

千早「志保?今日は帰りましょう」

志保「やっ……」フルフル

千早「言う事聞かない悪い子のところには、プロデューサーは来ないわよ?」

志保「ひぅっ……」ウルウル

千早「ふふふっ、でも、志保が良い子にしてたらまたプロデューサーのお家に遊びに連れて行ってあげるわよ」ナデナデ


21 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:05:37.73 :GubL5OI/0

志保「しほ……しほ…ガマンする」

千早「そうね。今日は帰りましょう」ナデナデ

静香「偉い偉い」ナデナデ

志保「えへへ……」

ー数分後ー

志保「すみません、ご迷惑をおかけしました」

千早「良いのよ、よくあることだもの」

静香「ですね。それより掃除をしましょう!」

千早「どうしたの静香、やけに張り切りガールだけど」

静香「そ、そそっ、そんな事ないですよ!?」アタフタ

志保「……まさか静香、掃除してるドサクサに紛れてプロデューサーの下着を数枚回収しようって魂胆なんじゃ」


22 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:07:07.70 :GubL5OI/0

静香「な、何でわかった……はっ!?」

志保「やっぱりね」

静香「いいじゃない……いいじゃない!下着の一枚や二枚!今月私頑張ったんだから、これは自分へのご褒美よ」

志保「本性あらわしたわね、このムッツリスケベうどん」

千早「静香」

静香「ち、千早さん」

千早「……私もね、若い頃は色々とヤンチャしたわ」

千早「プロデューサーに無理矢理結婚を迫ってみたり、自分に首輪をつけてペットどうですか?とアピールしてみたり、メールと電話を一日に百件以上してみたり、婚姻届も……くっ、あそこで春香の妨害がなければ今頃」

千早「とにかく色々やってみて思ったの、やっぱりプロデューサーに迷惑がかかるのは問題だってね」

静香「そこまでやって、ようやく気づいた千早さんは流石です」


23 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:08:36.10 :GubL5OI/0

千早「それに、私からの一方通行なラブじゃなくて、その……プ、プロデューサーから告白とかされてみたいし…///」

静香、志保「可愛い!さすちは!」

静香「言いたい事はよくわからないですが、わかりました。下着は今回諦めます」

千早「そうね。偉い、よく我慢したわ静香」

志保「はぁ……やっと一件落着ですね」


ー掃除終了ー

千早「さて、掃除も終わったし帰りましょう二人とも」

千早「今日はおつかれ様、二人とも初めてにしてはなかなか良いセンスね」

静香「はぁ、名残惜しいですね……」

志保「せっかくプロデューサーさんと添い寝チャンスだったのに……」


24 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:09:30.73 :GubL5OI/0

千早「ふふっ、次はもう一ランク上の楽しみ方を教えてあげるわね」

静香「やった!」

志保「約束ですよ、千早さん」

千早「ええ、もちろん。貴女達が一人前になるまでは私が色々とレッスンしてあげなきゃねっ?」

静香「ふふっ、どっちが早く一人前になるか勝負する志保?」

志保「普段ならくだらない勝負とか絶対しないけど、今回は乗ってあげる。まぁ、勝つのは私だけど」

静香「言ったわね?見てなさい、私だって負けないんだから!」


千早「うふふっ、これは二人の将来が楽しみね」


25 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:11:29.51 :GubL5OI/0

ー数週間後ー


【事務所】


P「はぁ……」

小鳥「あら、プロデューサーさんどうしたんです?そんな大きなタメ息なんてついて」

P「いや、ちょっと色々あって、また引っ越ししようかなと……」

小鳥「えっ、またですか?確かこの間引っ越したばかりですよね?」

P「そうなんですけど、なんか最近変なんですよ今の家」

小鳥「へ、変とは?」

P「うーん、どこから話していいのか」

P「掃除した覚えないのに部屋がやたら綺麗だったり、作った覚えのない豪華な朝食が準備されてたり、洗濯物が勝手にされてたり、シャツとか下着が新品になってたり」

小鳥「ぴ、ぴよぉ……」ガクブル

ガチャ

千早「おはようこざいます」

P「それから…ああ、千早おはよう」

千早「プロデューサーおはようこざいます。二人で何のお話ですか?」

P「いや、俺が引っ越しをまた考えてな、音無さんに相談に乗ってもらってたんだ」

千早「引っ越しですか?ちなみに、どんなお部屋に引っ越すとか決まってるんでしょうか?」

P「いや、まだ全然だよ」


26 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:12:33.80 :GubL5OI/0

千早「でしたら、今のお部屋より少し大きめの部屋を探した方がいいかもしれないですね」

P「今の部屋より大きめの?」

千早「はい、だってその方が」

千早「掃除のしがいがありますから……ねっ♪」


ーおわりー


27 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:13:43.61 :GubL5OI/0

おまけ


春香「うーん、ちょっと違うかな」

未来「うぅ……難しいですね」

春香「ちょっと見ててね!」

春香「プロデューサーさ……きゃっ!」ドンガラガッシャ-ン

春香「あいたた~……うぅ、また何もない所で転んじゃいました、てへへ♪」

未来「春香さん凄いです!まるで、本当にうっかり転んだみたいでした!」(尊敬の眼差し)

春香「ふふっ、今のを参考にして未来ちゃん。さぁ、もう一回やってみよう!」

未来「はいっ、よーしっ!!」

ドンガラガッシャ-ン

春香「いいよ未来ちゃん!もっと、もっとあざとく!」

ワイワイキャッキャッ

P「なにやってんだアイツら……」


おわり


28 :◆cq7bCfF752 :2018/04/18(水) 13:18:56.27 :GubL5OI/0

読んでくださってありがとうございました
ほのぼのSSが書けて満足です


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【ミリマスSS】千早「静香、志保!いい加減にしなさい!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523936841/