■関連SS
きいてアロエ李衣菜
きいてアロエ李衣菜。


1 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:07:50.69 :iHitw3tn0

卯月「ちょっと言いにくいんだけど」

李衣菜「また?」


2 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:09:26.25 :iHitw3tn0

デレマスなんですよ
今回も李衣菜が話を聞いたり聞かなかったりします


3 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:14:57.39 :iHitw3tn0

卯月「またなんです」

李衣菜「またかぁ」

卯月「えへへっ、よろしくおねがいしますねっ」

李衣菜「で、どうしたの? 部屋の片付けなら手伝わないけど」

卯月「あ、それは大丈夫です。ルンバ買っちゃったんですよ、ルンバ」

李衣菜「あの部屋だと遭難すると思うんだけど」

卯月「そうなんですよ!」

李衣菜「……」

卯月「……」

李衣菜「照れるなら言わなきゃ良いのに」

卯月「我慢しても出ちゃう時は出ちゃうんですよ」

李衣菜「言い方」

卯月「つい」

李衣菜「つい」

卯月「でも本当に片付けたんです、ルンバのために」

李衣菜「往々にして逆転するよねそこ」

卯月「えへへ、でも部屋がきれいになったから良いかなーって」


4 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:19:48.24 :iHitw3tn0

李衣菜「で、結局どうしたの?」

卯月「えっと、美穂ちゃんと響子ちゃんのことなんですけど」

李衣菜「ユニットの話? に、荷が重いなぁ……」

卯月「あ、そうなんですけど、そうじゃなくって」

李衣菜「?」

卯月「二人の相談に乗ってあげてほしいんです、私より李衣菜ちゃんのほうが得意かなって思うので」

李衣菜「ロックな相談かな?」

卯月「それ李衣菜ちゃん得意なんですか?」

李衣菜「帰っていい?」

卯月「あっあっ冗談ですからー!」

李衣菜「まぁ良いや、どんな相談?」

卯月「それはかくかくしかじかで」

李衣菜「かくかくしかじかかぁ」

卯月「はい!」

李衣菜「いや可愛く笑われても全然わかんないけどね?」

卯月「えへへ……でも本人から聞いたほうが早いと思いますよ?」

李衣菜「正論だけど釈然としない」

卯月「割り切ってください」


5 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:24:52.44 :iHitw3tn0

李衣菜「でもちょっと以外だったかも」

卯月「え、二人には悩みが無さそうってことですか……酷い……」

李衣菜「酷いのはお前だ。そうじゃなくて、卯月ちゃんもちゃんと二人のこと考えてるんだなって」

卯月「李衣菜ちゃんは私の事なんだと思ってるの?」

李衣菜「畜生?」

卯月「ちくしょー」

李衣菜「……」

卯月「……」

李衣菜「照れるなら言わなきゃ良いのに」

卯月「漏れちゃうときは漏れちゃうんですよ」

李衣菜「言い方」

卯月「ぶいっ」

李衣菜「ごまけてないごまけてない」


6 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:29:34.14 :iHitw3tn0

卯月「あ、ついでに私の事、何か言ってたら教えてくれるとうれしいなーって」

李衣菜「ボロクソ言ってたらそのまま伝えていい?」

卯月「その時は二人に住所が割れてる恐ろしさを教えてあげますよ!」フンス

李衣菜「卯月ちゃんも割れてるでしょ」

卯月「あっ」

李衣菜「しかも実家」

卯月「そ、そんな……パパとママを人質に取るなんて……李衣菜ちゃん酷いよ……」

李衣菜「えっ待って私がやるの」

卯月「凛ちゃん助けて……パパとママはどうなってもいいから私だけは……」

李衣菜「逆逆」

卯月「私に乱暴したいんですか?」

李衣菜「今は確かにひっぱたいてやりたいけど」

卯月「それが李衣菜ちゃんの愛情表現だもんね」

李衣菜「グーで行っていい?」

卯月「あう」


7 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:46:09.64 :iHitw3tn0

李衣菜「まいいや、そういうことなら二人の話聞いてみるね」

卯月「李衣菜ちゃん……ありがとう!」

李衣菜「好きになっていいよ?」

卯月「それは遠慮しておきますけど」

李衣菜「あ、はい」

卯月「でもお礼にここのお会計は任せてください!」フンス

李衣菜「まだ何にも解決してないけど……まぁお言葉に甘えておこうかな」

卯月「ふふ、大船に乗った気持ちで、あれ……あっ」

李衣菜「うん?」

卯月「おさいふ……置いてきちゃいました……」

李衣菜「泥舟だったなぁ……」


8 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:49:38.22 :iHitw3tn0



―――――――――――――――――――――――――――――――……………



9 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:51:43.70 :iHitw3tn0

美穂「ちょっと言いにくいんだけど」

李衣菜「そこもかーい」


10 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 20:57:33.08 :iHitw3tn0

美穂「えっ、だ、駄目だった?」

李衣菜「いや、美穂ちゃんは悪くないんだけどね?」

美穂「卯月ちゃんがこう言うといいよ、って言ってたから真似してみたんだけど……」

李衣菜「卯月ちゃんには住所が割れてる恐ろしさを教えてあげないと」

美穂「ら、乱暴なのは駄目だよ」

李衣菜「卯月ちゃんの真似だから」

美穂「そうなの?」

李衣菜「だから大丈夫大丈夫」

美穂「そっかあ」

李衣菜「うん」

美穂「大丈夫じゃないよね?」

李衣菜「うん」

美穂「うんじゃないと思うな」


11 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:01:06.74 :iHitw3tn0

李衣菜「それで、美穂ちゃんどうしたの? 手軽に作れるおつまみなら真奈美さんとかのほうが知ってると思うけど」

美穂「ええっ!? ち、違うよ? お酒なんか飲めないよ?」

李衣菜「でもおつまみみたいなのでご飯食べるの好きでしょ」

美穂「うー、そうなんだよね。ついつい食べすぎちゃって……」

李衣菜「そんな細いんだから食べすぎるぐらいでいいと思うけど……まぁそういう問題でもないか」

美穂「李衣菜ちゃんこそもっと食べたほうが良いと思うけど」

李衣菜「え? そう?」

美穂「蹴ったら折れそうなぐらい細いって拓海さんも言ってたぐらいで……」

李衣菜「出来たらでいいんだけど蹴らないでもらっていい?」

美穂「け、蹴らないよ!?」

李衣菜「熊本の女は強いって言ってたから」

美穂「そういう強さじゃないよっ!」

李衣菜「あ、お酒かな」

美穂「お酒はまだダメ! ……お母さんは強いけど」

李衣菜「美穂ちゃんも強いと思うなー」

美穂「え、そうかなぁ……じゃなくて!」

李衣菜「ごめんごめんついつい」

美穂「もうっ」


12 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:06:29.02 :iHitw3tn0

李衣菜「それで、どうしたの?」

美穂「うん、今度雑誌の企画で、自分でコーディネートすることになったんだ」

李衣菜「ん、およふくの相談なら加蓮ちゃんとかまゆちゃんとか、なんだったら卯月ちゃんでも」

美穂「そうなんだけど、そうじゃなくって……」

李衣菜「卯月ちゃんじゃ頼りないって?」

美穂「ち、違うよ! 卯月ちゃんもおしゃれだし、ファンションのこと教えてもらったりするんだから! でも今回は男の子だから……」

李衣菜「うん。うん?」

美穂「うん?」

李衣菜「彼氏?」

美穂「違うよ!? そうじゃなくて、私が

李衣菜「男の子だったの!?」

美穂「違うよ!!?? 男の子の格好と女の子の格好するんだよ!?」

李衣菜「さ、左右半分ずつ?」

美穂「違うよ?」

李衣菜「むつかしいなぞなぞだね」

美穂「なぞなぞじゃないよ?」

李衣菜「そっか」

美穂「うん」


13 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:11:04.72 :iHitw3tn0

李衣菜「まぁそれは冗談として、そっかぁ一人二役で女の子も男の子もってなると大変だね」

美穂「もー、わかってるなら最初からぁ……」

李衣菜「わかってないほうが良かった?」

美穂「うぅん……ちょっと……かなり困るかな」

李衣菜「でしょ。でもそっか、男装かぁ……」

美穂「李衣菜ちゃん、いっつもおしゃれでかっこいい服着てるから、教えてくれるかなぁって……」

李衣菜「ほんと? ロック?」

美穂「ロック、なのかな?」

李衣菜「やったー」

美穂「それはロックじゃないんじゃないかなって思うけど」

李衣菜「確かに。でもそうだなぁ、かっこいいって言ってくれるのは嬉しいけど男装ってなるとちょっと違うかも」

美穂「そっか、李衣菜ちゃんスカートのこと多いもんね」

李衣菜「となると、うーん」

美穂「真奈美さんとかあいさんにも聞いてみようかなって思ったんだけど……」

李衣菜「確かにかっこいいけど元々の顔立ちが凛々しいからなぁ。美穂ちゃんは甘い感じの可愛い顔立ちだからまた違うんじゃないかな」

美穂「李衣菜ちゃん……そういうとこだよ?」

李衣菜「え、何が?」

美穂「……苦労しそうだね」

李衣菜「あれ、コレ怒られてる?」


14 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:17:53.57 :iHitw3tn0

美穂「んー、でもどうしたら良いかなぁ」

李衣菜「……よし、なつきちと沙紀さんも呼んで服見に行こうか。あの二人のほうがまだ顔立ち的に参考になりそうな気もするし」

美穂「確かに二人ともかっこいいしオシャレだから、頼りになるね」

李衣菜「美穂ちゃんもこの後大丈夫なんだよね? ちょっと聞いてみるね」

美穂「うん……なんか、ごめんね?」

李衣菜「? 何が?」

美穂「相談に乗ってもらって、連絡もお願いしてって頼り切りになっちゃってるかなって」

李衣菜「気にする必要ないでしょ、ちょっと遊びに出かけるだけだよ」

美穂「……そっか、うん、そうだね」

李衣菜「そうそう……うわ二人とも返信はや。女子かな」

美穂「女子だと思うよ?」

李衣菜「ん、オッケーだって。美穂ちゃん、行こっか」

美穂「それじゃあ、よろしくお願いします」

李衣菜「よろしくお願いされます」


15 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:21:44.82 :iHitw3tn0



―――――――――――――――――――――――――――――――……………



16 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:28:52.52 :iHitw3tn0

響子「ちょっと言いにくいんだけど」

李衣菜「へいラッシャイ」


17 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:33:19.01 :iHitw3tn0

響子「何屋さんですか?」

李衣菜「悩み屋さんだよっ」

響子「悩みを売ってるんですか?」

李衣菜「買ってでもしろって言うでしょ?」

響子「それ苦労ですよね?」

李衣菜「……」

響子「……」

李衣菜「それで響子ちゃんどうしたの?」

響子「あ、はい、相談なんだけど……」

李衣菜「ルンバに噛み付いちゃダメだよ」

響子「李衣菜ちゃんは私の事何だと思ってるんですか?」

李衣菜「響子ちゃんの仇敵かなって」

響子「まぁ先にお掃除されちゃうからちょっとさみしいですけど……」


18 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:40:58.89 :iHitw3tn0

李衣菜「じゃどしたの? 食洗機に噛み付いちゃダメだよ」

響子「李衣菜ちゃん噛まれたいんですか?」

李衣菜「間に合ってます」

響子「まにあっ……え?」

李衣菜「仇敵かなって」

響子「あの私李衣菜ちゃんに何だと思われてるんですか」

李衣菜「どうしたのそんな付け合せのミックスベジタブルを見るような目して」

響子「ハンバーグの材料を見るような目で見ても良いんですよ?」

李衣菜「これがいきなりステーキか……」

響子「いきなりステーキにされるからいきなりステーキってわけじゃないと思うんですけど……」

李衣菜「まぁそれはアレとして、今日の献立でしょ?」

響子「うん、ちょっと時期外れだけど、お野菜も値段落ち着いてきたしお鍋しようかなって……お肉ばっかりだとやっぱりバランス良くないですから」

李衣菜「壊血病になるよ」

響子「李衣菜ちゃんいつの時代の人なんですか? ……じゃなくて、違うんです!」

李衣菜「えっ、今晩お鍋じゃないの!?」

響子「そうなんですけど、そうじゃなくって!」


19 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:44:33.48 :iHitw3tn0

李衣菜「そっかぁ……じゃあどうしたの?」

響子「相談というかお願いなんですけど……」

李衣菜「まぁ言ってみてよ」

響子「引かないでくださいね?」

李衣菜「立ちどころに聞き流すね」

響子「聞いてくださいね?」

李衣菜「はい」

響子「えっと…………て欲しいんです」

李衣菜「うん?」

響子「めちゃくちゃにして欲しいんです!」

李衣菜「うん!?」

響子「李衣菜ちゃんにめちゃくちゃにして欲しいんです!」ガタッ

李衣菜「何かするまでもなく言ってることめちゃくちゃだけど!?」

響子「聞き流してくれるんじゃないんですか!?」

李衣菜「乞い願われても流れてかないで詰まるよそんな濃い願い!」

響子「え、あっ、ち、違うんです!」


20 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:49:45.75 :iHitw3tn0

李衣菜「ああ、そういうことかぁ……どれだけ持て余してるんだろうと思った」

響子「そんな変なつもりじゃないです! 普通ですよっ」

李衣菜「いや、十分変だと思うよ」

響子「え?」

李衣菜「掃除したいから部屋を散らかしてくださいっていうのはちょっと……」

響子「李衣菜ちゃん、お掃除好きじゃないんですか?」

李衣菜「キレイになった部屋は好きだけど掃除はそんなに」

響子「そっか……李衣菜ちゃんはお部屋フェチだったんですね」

李衣菜「お部屋フェチって何」

響子「私はお掃除したいんですよぅ。でも寮の皆もお部屋綺麗にしてるし……」

李衣菜「卯月ちゃんちは?」

響子「最近お部屋掃除したみたいで、綺麗なまま維持してるって」

李衣菜「ああー、ルンバ……もー卯月ちゃんも頼りないなぁ」

響子「そ、そんなことないですよ? センターで引っ張ってくれていつも頼りにしてるんですから!」

李衣菜「確かに部屋綺麗に維持できるぐらいには頼れるか……」

響子「だからもう李衣菜ちゃんにめちゃくちゃにしてもらうしか無いのかなって思ったんです」

李衣菜「手段のためなら目的を選ばないのやめない? ていうかそんなことしなくても散らからないかな」

響子「こまめにお掃除してるからやること無くて……」

李衣菜「響子ちゃん耳掃除しすぎて産毛全部無くなるタイプの人でしょ」

響子「なるんですか?」

李衣菜「私は炎症起こしてるって怒られたよ」

響子「何事もほどほどが肝心ですよ」

李衣菜「そっくりそのまま返したい」


21 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:53:58.97 :iHitw3tn0

響子「うーん、どうにかならないかなぁ……」

李衣菜「響子ちゃん、どうしたの? いくら掃除好きでもいつもならこんなめちゃくちゃ言わないでしょ?」

響子「えっと……」

李衣菜「ね、話すだけ話してみてよ」

響子「……実はピンクチェックスクールで出る大きなライブが迫ってて……李衣菜ちゃんも出ると思うんですけど」

李衣菜「うん、よろしくね」

響子「それに向けて、歌もダンスも頑張って練習して、トレーナーさんにも褒めてもらえたんですけど……なんだか落ち着かなくって」

李衣菜「うん」

響子「いつも通りのことをすれば落ち着くかなぁって思って、お掃除してたんだけど」

李衣菜「いつにも増して掃除してるからやり尽くしちゃったと」

響子「そうなんです……私はお掃除したいだけなのになんで綺麗になっちゃうのかなって」

李衣菜「それはちょっと正気か心配だけど」

響子「卯月ちゃんもお部屋きれいになっちゃったし……プロデューサーさんにもお願いしたけどダメって言われちゃったし」

李衣菜「そりゃそうだ。でもどうしよっかな……悩んでるのは本当だしなぁ」

響子「李衣菜ちゃん……」

李衣菜「そんなに掃除したいのはわかんないけど、せっかく頼ってくれたしね」

響子「ふふふっ……ありがとうございます」

李衣菜「あはは、どういたしまして」


22 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 21:57:25.23 :iHitw3tn0

響子「でもどうしよう……そうはいっても都合よく散らかってる部屋なんて」

李衣菜「都合よく散らかってるってすごい日本語だなぁ……あ、一部屋知ってる」

響子「え!? ……でも、掃除させてくれるかな」

李衣菜「特に掃除させてくれると思うな」

響子「誰なんですか?」

李衣菜「沙紀さん。ユニット組んでたしょ?」

響子「あ、はい。本格的にお仕事するのはもうちょっと先なんですけど……え、お部屋散らかってるんですか?」

李衣菜「いやー、沙紀さんの部屋はすごいよ。歩いたら怪我するよ」

響子「……なんで李衣菜ちゃん、沙紀さんのお部屋のこと知ってるんですか?」ジッ

李衣菜「ああ、美穂ちゃんを着せ替えしようと思って場所貸してもらおうと思ったんだけど、あまりにあまりにすぎてなつきちの家に移動したんだ」

響子「着せ替え……脱がしたんですか?」ジッ

李衣菜「えっどうしてどうして。服選ぶのお願いされただけだよ?」

響子「李衣菜ちゃん……そういうとこですよ?」

李衣菜「えっ、あっ、ごめんなさい」


23 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:06:44.87 :iHitw3tn0

響子「ところで、そんなにお部屋散らかってるんですか?」

李衣菜「あのね、すっごいよ。床見えない感じ」

響子「ふんふん」

李衣菜「ソファの上もとかにも脱いだ服とか投げてあるし」

響子「これは」

李衣菜「コンロの上にまで板渡して物置いてるぐらいだし、その割に冷蔵庫すっからかんだし」

響子「え、じゃあご飯は……」

李衣菜「集中してると食べるの忘れちゃうみたい。前二日ぐらい飲まず食わずで倒れたことあるって笑ってたよ」

響子「笑い事じゃないです……」

李衣菜「あはは、ほんとにね」

響子「これはお世話しがいがありそうですね!」

李衣菜「わーもう目がキラキラしてる」

響子「とはいってもいきなり押しかけても迷惑なのでとりあえず聞いてみましょう」シュポッ

李衣菜「冷静だ」

響子「李衣菜ちゃん!」

李衣菜「あっはい」

響子「ありがとうございます!」

李衣菜「今回こそ私何にもしてないけどね」

響子「ううん、お話聞いてもらいましたから。バカみたいな話だけど、私にはとっても大事なことですから」

李衣菜「そっか。どういたしまして……うわ沙紀さん返信はや。女子かな」ペコン

響子「女子だと思いますよ?」

李衣菜「そりゃそうだ」

響子「早速今日沙紀さんのおうちに行ってみますね!」フンス

李衣菜「急に元気になったなぁ」


24 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:09:19.92 :iHitw3tn0



―――――――――――――――――――――――――――――――……………



25 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:13:10.60 :iHitw3tn0

卯月「ねぇきいてっアロエ李衣菜っ♪」

李衣菜「え?」


26 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:17:41.61 :iHitw3tn0

卯月「恋をっしてるのっ♪」

李衣菜「あ、はい。おめでとうございます」

卯月「あっ、ありがとうございます」

李衣菜「……」

卯月「?」

李衣菜「え?」

卯月「李衣菜ちゃん何読んでたんですか?」

李衣菜「は、え? あ、うん、この前の美穂ちゃんの記事が

卯月「まさか……え、えっちな本ですか?」ハッ

李衣菜「美穂ちゃんの記事だっていってるでしょ!」

卯月「私間違ってないじゃないですか」

李衣菜「育ち方間違ってるよ。もっと真面目になって」

卯月「二人の相談聞いてくれてありがとうございました」

李衣菜「急に真面目にならないで」

卯月「注文が多いですね……凛ちゃぁん、私食べられちゃうよぉ」

李衣菜「やだよ当たりそうだもん」

卯月「アイドルとしては縁起がいいと思いますよ?」

李衣菜「やかましいわ。……まぁ、私は話聞いてただけだったからね。何にもしてないよ」

卯月「それでも、美穂ちゃんも響子ちゃんも喜んでましたから」

李衣菜「そう? それならよかった」


27 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:21:26.97 :iHitw3tn0

卯月「だってほら、美穂ちゃんいい写真ですよ」

李衣菜「ほんとにね。というか律儀に私達のこと話さなくてもいいのに」

卯月「そこが美穂ちゃんの良いところですから」

李衣菜「卯月ちゃんだったら言わないもんね」

卯月「李衣菜ちゃん私のこと何だと思ってるんですか?」

李衣菜「ちょっとぐらいボロクソ言ってもバレないかなって思ってる」

卯月「バレてるけど優しいから怒らないであげてるんですよ」

李衣菜「ありがとう」

卯月「どういたしまして」

李衣菜「そういえば響子ちゃんは? なんか何日か寮に居なかったみたいだけど」

卯月「えっ。きょ、響子ちゃん……まさか……」

李衣菜「え」



卯月「〽彼氏できた記ー念ー日ー」

李衣菜「君いい加減にしろよほんとに」


28 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:27:16.76 :iHitw3tn0

卯月「沙紀さんちに泊まり込みでお掃除してたみたいですよ?」

李衣菜「はりきりすぎだ……」

卯月「響子ちゃんも言ったら聞かないところありますからね」

李衣菜「美穂ちゃんも響子ちゃんもあるよね」

卯月「私が一番人の話を聞きますよ」

李衣菜「聞いてどうするの」

卯月「聞かなかったことにします!」

李衣菜「コレだよ」

卯月「聞こえないほうが良いこともあるんですよ。昨日もパパとママ

李衣菜「ごめんねその話やめてもらっていい?」

卯月「えへ」

李衣菜「……ま、二人とも元気そうで良かった」

卯月「そういうわけなんで今日こそここのお会計は任せてください」フンス

李衣菜「大船に乗ったつもりで?」

卯月「もちろん。今日の私はタイタニック級ですから」

李衣菜「沈むんだよなぁ」

卯月「じゃあ大和とか」

李衣菜「ボカチン食らってますよ。まぁいいや、すみませーんこのイチゴパフェお願いします」

卯月「そういうとこ容赦しないですよね」

李衣菜「まぁいいかなって」

卯月「まぁいいんですけど」


29 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:39:27.68 :iHitw3tn0

李衣菜「イチゴパフェおいしい」モスモス

卯月「なんだか急にちっちゃい子みたいになっちゃいましたね」

李衣菜「そういう日もあるよ。17歳なんかまだまだ子どもだぞー」

卯月「私も17歳ですけど……」

李衣菜「子どもじゃん」

卯月「むぅ、ニュージェネレーションではとってもおねーさんしてますよ?」

李衣菜「ほんと? どのへんがおねーさんなの」

卯月「り、李衣菜ちゃん何聞こうとしてるんですか!」

李衣菜「何言おうとしてるんですか?」

卯月「李衣菜ちゃんのえっち!」

李衣菜「やめてよ聞きたくないよ友達の夜の生活なんか……」

卯月「ラインで話してるだけなのに……何を想像したんですか?」

李衣菜「すみませんメニューのこのページ全部ください」

卯月「えっえっ、食べられるんですか?」

李衣菜「正直パフェもつらい」

卯月「まだ二口ぐらいしか食べてませんけど」

李衣菜「手伝って?」

卯月「李衣菜ちゃん……そういうとこですよ?」

李衣菜「次からはちゃんとお腹の具合と相談するから」

卯月「そこじゃなくて……ほんとそういうとこですよ」

李衣菜「えっあっはい、ごめんなさい」


30 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:46:26.65 :iHitw3tn0

卯月「あ、でもおいしいですねイチゴ」モス

李衣菜「おいしくないとかじゃなくて単純にお腹にスペースがなかったの」モスス

卯月「そんなだから美穂ちゃんに蹴られて折れるんですよ」

李衣菜「折れてないからね?」

卯月「蹴られてはいるんですか?」

李衣菜「蹴られてもないからね?」

卯月「なぁんだ」

李衣菜「なぁんだって」

卯月「……それで、お願いしてた話なんですけど」

李衣菜「何だっけ。新しいミャンマーの大統領だっけ?」

卯月「何がどうなってそうなったんですか? 美穂ちゃんと響子ちゃんの……」

李衣菜「そうだった」

卯月「本気で思ってたみたいな顔ですけど……」

李衣菜「いや流石に冗談だけどね?」

卯月「それで、なんて言ってたかなーって……」モジ

李衣菜「急にしおらしくなったね」

卯月「な、なんか改まって聞くと思うと緊張して」モジジ


31 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:51:32.71 :iHitw3tn0

李衣菜「そうだなぁ……うー……」



李衣菜(卯月ちゃんじゃ頼りないって?)

美穂(ち、違うよ! 卯月ちゃんもおしゃれだし、ファンションのこと教えてもらったりするんだから!)



李衣菜「んー……」



李衣菜(もー卯月ちゃんも頼りないなぁ)

響子(そ、そんなことないですよ? センターで引っ張ってくれていつも頼りにしてるんですから!)


32 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:53:58.01 :iHitw3tn0

李衣菜「ファッションセンターしまむら」

卯月「は?」


33 :◆ganja..OLI :2018/03/30(金) 22:57:34.04 :iHitw3tn0

おしまい
これが言いたかっただけを寝かせておいたら本気でしまむらコラボが始まったので焦って投げました


直近のは本編より長くなったおまけもどこぞに上がっております

というわけでこっちもそっちも読んでくれた人ありがとう、また次があればよろしくおねがいします


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】きいてアロエ李衣菜。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522408070/