1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 13:39:49.68 :HR2xIWqu0

恵美「ん、どのへん?」

琴葉「ほら、このあたりとか」ヒラヒラ

恵美「あ~~~。……確かに?」

琴葉「……適当に言ってない?」

恵美「……言ってないよ?」

琴葉「だったらどうして目をそらしたの?」

恵美「うーん琴葉には叶わない」

琴葉「もうっ!」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 13:42:24.40 :HR2xIWqu0

恵美「じゃさ、アタシが切ってあげるよ」

琴葉「えっ?」

恵美「髪伸びたんでしょ。ちょちょいって整えてあげるからっ!」

琴葉「恵美、そんなことできるの?」

恵美「できるできる。たまーに地元の友達とかに頼まれて切ってあげるし」

琴葉「そうなんだ……」

恵美「もしかしてウソだと思ってるな?」

琴葉「じゃなくて、その……」

琴葉「……」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 13:46:37.89 :HR2xIWqu0

琴葉「……ほら、私たちってアイドルやってるでしょ」

琴葉「だから、もし仮に失敗とかしちゃったら、お仕事に影響でちゃうんじゃないかって」

琴葉「気持ちはありがたいけど、地元の友達にやってあげるようなこととは違うかもしれないし」

恵美「そっか~。確かにそだね」

琴葉「……」

恵美「そこまでは考えてなかったな~。さすが琴葉!」

琴葉「…………」ハッ

琴葉「ち、違うのよ! 別に恵美の友達より私のほうがどうとか思ってるんじゃなくって!」

琴葉「責任のあるお仕事だし恵美に何かを押し付けちゃうのもダメだなって思って……」

恵美「誰もそんなこと気にしてないけどなー」

琴葉「うぅ……」

恵美(かわいい)


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 13:56:21.00 :HR2xIWqu0

琴葉「……わかった! 私、恵美に切ってもらうから!」

恵美「えっ今の流れで?」

琴葉「……私、恵美のこと信用してるから」

恵美「予想外に重い話になっちゃったなー」

琴葉「……」

恵美「わかったっ! 琴葉にそこまで言われちゃあやらないわけにはいかないよねっ!」

恵美「その信用に応えてみせるよ!」

琴葉「ふふっ、ありがとう」

恵美「んじゃ、もろもろ準備するから待っててね」

琴葉「うん、わかった」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:30:24.89 :HR2xIWqu0

~~~~~~~


恵美「……」

琴葉「……」

恵美「さてお客様、今日はどのような感じで?」

琴葉「ふふっ、なあにそれ?」

恵美「【バーバートコロ】って感じかな?」

琴葉「それにしても、よく劇場に美容道具が一式揃ってたね」

恵美「まあ765プロだし?」

琴葉「何でも765プロだからで説明できちゃうのは……」

恵美「まあまあ、だから今こうやってできてるんだし」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:32:16.93 :HR2xIWqu0

恵美「それじゃあ、髪さわるよ?」

琴葉「うん」

恵美「……」

恵美「…………」

恵美(……それにしても)

恵美(……琴葉の髪、キレイだな)

恵美(よくお手入れされてるのがわかる。しっとりとして、それで滑らかな……)

恵美(……)

恵美(……まずい、ずっと触っていたい)


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:35:21.95 :HR2xIWqu0

恵美「……」サワサワ

琴葉「……あっ、あの」

琴葉「恵美?」

恵美「な゛っ!? ……どうしたの琴葉?」

琴葉「いつまで、そうやって触ってるの?」

恵美「いやっ、ほら! 髪質の確認とか!?」

琴葉「そっか」

恵美「アタシ毛先にクセ入ってるじゃん? まっすぐな髪質がどんなのかなって」

琴葉「そう、その……」

琴葉「……でも、そうやって髪ばかりずっと触られると」

琴葉「さすがにちょっと、照れちゃうのだけど///」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:37:21.64 :HR2xIWqu0

恵美「~~~~~~っ///」カアッ

琴葉「ごっ、ごめんね。やってもらう立場で」

琴葉「でもその、あんまり長い間触ってたから……」

恵美「……///」

恵美「……こっ」

琴葉「…………え?」

恵美「……琴葉の髪がキレイすぎて、ずっと触ってたくなっちゃったから」

琴葉「ちょっ……///」

恵美「……」

琴葉「……」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:38:31.77 :HR2xIWqu0

恵美「今のナシ! 今のはノーカン! これから真剣にやるから!!!」

琴葉「そっ、そうね! それじゃあ改めておねがい!」

恵美「……」

琴葉「……」












ことめぐ「「き、気まずくなっちゃった……」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:41:03.68 :HR2xIWqu0

~~~~~~~




小鳥「」



環「ねえひびき、ことりが倒れちゃってるぞ!」

響「……ああ~。気にしなくて良いと思うぞ」

環「? どうして?」

響「……すごく幸せそうな顔して倒れてるから」

環「んんん~~~?」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/03/05(月) 15:41:41.65 :HR2xIWqu0

終わりです
思いついたのを書いてみたかっただけ
ミリシタ実装おめでとう


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】琴葉「髪が伸びた……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520224789/