1 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:16:12.76 :l4IqRebF0

クレブルネタを書いていたらクレブルの衣装が追加されていた……だと……

よくあるネタですが、見てくださると歓迎です!


2 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:17:27.70 :l4IqRebF0

「話にならないわ!」

 志保さんがそう叫ぶとレッスン室は静寂に包まれました。今日はクレシェンドブルーの全体練習日、でもレッスン開始からギクシャクとした空気は拭えず、動きはバラバラ、まるでそれぞれが別の曲を踊っているかのようでした。

「あなたたち、ちゃんとやる気はあるの!? レッスンの時間は少ない、その少ない時間すらお喋りや団らんにばかり。私たちはプロなのよ!? 学校の部活動気分でいられると困るの!!」

 志保さんの言っていることは何も間違っていません。私の門限のせいでみんなの練習時間は六時まで。どんなに区切りが悪くても、その時間が来たらパタリと練習を打ち上げます。練習終了と同時に、志保さんが私の方を鋭く見つめているのも知っています。気づいていないふりをしていますが。


3 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:18:35.35 :l4IqRebF0

「いつまで経っても完成度は上がらない、なのに遊ぶ時間は減らないばかりか増える一方! ……もうあなたたちとはやっていけないわ。私、ユニットを抜けるから」

「ちょっと、志保! 何もそこまでしなくてもいいじゃない! 星梨花もみんなも手を抜いているわけじゃない、みんな一生懸命やってるよ! だから、ちゃんとできるようになるって!」

 すかさず静香さんがフォローに回ります。私は志保さんのことがちょっと怖くて、何も言えなくなります。だからいつもこんな時はいつも静香さんに助けてもらってます。


4 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:19:55.58 :l4IqRebF0

「できるっていつ? 一年後? ……私には時間がないの。悠長な遊びに付き合ってあげる暇なんてないわ」

 そう言い放って志保さんは、先程からこの騒動を離れて見ていたプロデューサーさんのもとに早足で近づきます。いつもは余裕があって大人なプロデューサーさんも、今回ばかりは焦った顔をしていました。

「さっきの件見てましたよね? そういうことですから私をメンバーから外してください」

「……いや、それは無理だ。もう既に次回公演は新ユニット、クレシェンドブルーのお披露目ということで大々的に宣伝も打ってる。志保にはクレシェンドブルーとしてステージに立ってもらわなければならない」


5 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:20:49.75 :l4IqRebF0

「っ! どうして!?」

「どうしてもだよ。……プロなんだから頼む」

 志保さんは唇を噛みしめてプロデューサーさんの言葉を呑み、ただ一言「分かりました」と返しました。何とか志保さんの脱退は阻止できたものの、深く刻まれた傷跡は癒えることなく、結局、公演は大失敗に終わってしまいました。そこからの記憶はありません。気づいた時にはみんな別々の道を歩いていました。


6 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:22:42.98 :l4IqRebF0

 あの時のことを夢に見て、ハッと私は覚醒しました。嫌な目覚めでした。体中、気持ちの悪い汗でびっしょりで、シャワーを浴びようと思った矢先に、ママが私を呼ぶ声が聞こえました。シャワーは後でいいかと思い、とりあえず私はママのいるリビングに向かいました。

「なあに~ママ~?」

「って星梨花まだパジャマなの!? あなた今日は大事な打ち合わせがあるって言ってたじゃない!? ごはん出来てるから、早く支度しなさい!!」

 何のことだろうと思ってカレンダーを見ると、やっぱり何もありませんでした。


7 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:23:44.46 :l4IqRebF0

「何もないじゃん!」

「星梨花、寝ぼけてるの? あなた、〇月△日が一際目立つようにしてたじゃない!」

 その日付に目をやります。そこには「ミーティング!」と可愛い文字で書かれていました。確かその日はクレシェンドブルーの初顔合わせの日だったっけ。でも……、なんでこの日?

「お母さん今日って何日?」

「〇月△日よ、星梨花大丈夫?」

 携帯を開きます。そこには〇月△日の文字が表記されていました。どうやら私はクレシェンドブルーが結成された日に戻ったみたいです。……もしかするとこれは千載一遇のチャンスなのではないのでしょうか。


8 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:24:41.55 :l4IqRebF0

 時計をみると遅刻もいいところでした。私は最低限の準備だけして、ぐしゃぐしゃになった髪も直さずに外へと駆け出していきました。


9 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:25:33.76 :l4IqRebF0

 劇場に着くと既に他の四人は揃っていました。私の遅刻にはプロデューサーさんも、志保さんも驚いていました。私は全員にしっかり謝ってその場を収めました。

そこからはプロデューサーさんがユニット結成の概要を話し始めました。リーダーが静香さんであること、新曲を披露すること、そして絶対に失敗できないライブであること。既にこの件について一度聞いている私は話の間、志保さんのほうをチラチラと見ていました。リーダーに静香さんが指名された時に一瞬顔をしかめたりしましたが、後は真剣な眼差しでプロデューサーさんを見つめていました。一度志保さんと目が合いましたが、まるでそんなことがなかったかのように、志保さんの視線はプロデューサーさんの方へと戻りました。


10 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:26:59.78 :l4IqRebF0

 それからは静香さん主導の下、ユニット活動が始まりました。歌やダンス、プロモーションなど、前の時と同じように忙しい日々を過ごしていきました。残念ながらこれらのことに関する記憶は都合よく残っているわけではなく、私は前回と同様に一から必死に覚えていきました。

 きっとこのやり直しは神様がくれたチャンスなんです。前回は私の実力不足で皆さんにご迷惑をおかけしたので、私は仕事と学校以外、さらには睡眠を削ってまでレッスンに明け暮れました。ちょっとしんどいけど、これでライブが無事に成功するならこれでいいよね。


11 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:28:03.89 :l4IqRebF0

 そうして月日は流れ、ライブ一週間前。最後の全体練習が行われようとしています。これまで、志保さんも私が原因で怒ったりすることはありませんでした。今回こそいけると、私は手ごたえを持っていました。

「ねぇ、星梨花」

 志保さんが心配そうな顔で私に尋ねます。静香さんも茜さんも麗花さんも同じような表情で私を見つめていました。

「あなた……、顔色がものすごく悪いわよ。ちゃんと睡眠取ってる? ねぇ静香、そろそろみんな疲れが溜まってきてるだろうし、今日のレッスンはオフにしない?」

 志保さんに心配されたのは初めてだったので何だか嬉しかったです。しかし、私が原因で皆さんの足を引っ張ってしまってはいけません。私は自分が健康であることを精一杯アピールし、強引にレッスンを開始してもらいました。


12 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:28:40.18 :l4IqRebF0

 その十分後、私は過労で倒れて救急車で運ばれました。診断結果は一週間以上安静。公演は中止となりました。それ以上は覚えていません。


13 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:29:28.07 :l4IqRebF0

 強烈な不快感と共に、私は自分のベッドで目覚めました。確か昨日は病院のベッドで眠ったはず…… 二度目ともなると物事を冷静に捉えることができるようですね。どうやら私は三周目に突入したみたいです。私は身支度などをしながら、今回どうやって成功に持っていくかなどを簡単に考え、そしてプロデューサーさんとクレシェンドブルーの皆さんが待つ事務所へと向かいました。

 三度目のプロデューサーさんの説明と三度目の顔合わせが終わり、三度目のユニット活動がスタートしました。前回は頑張りすぎが原因で失敗しましたが、ある程度の手ごたえは感じられたので、今回は練習も急速もバランスよく取り組むことにします。何といっても三度目の正直っていいますしね。今回こそは、と意気込み、また新たにレッスンや仕事に励みました。


14 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:30:24.05 :l4IqRebF0

 問題といった問題も発生せずについにライブ一週間前になりました。前回はここで倒れてしまいましたが、今回の私は超健康優良児そのもの。誰がどう見たって今日突然倒れるとは思わないでしょう。万全の体勢で私は最後の全体練習に臨みました。

 ここで私は過去にないほどのパフォーマンスを発揮しました。頭で考える前に体が動き、一切の音程のブレのない歌唱を披露することができました。油断していたわけではありませんが、今回の公演の成功を確信していました。


15 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:31:02.94 :l4IqRebF0

 私が自信に満ち溢れている一方で、他の四人はどこか不安そうな顔をしていました。プロデューサーさんも苦虫を噛み潰したような表情を浮かべていました。練習終了後、急にプロデューサーさんがミーティングを開きました。普段ミーティングは一日の始まりや終わりの時だけにするものであって、このタイミングで開かれたのは初めてでした。プロデューサーさんが議題に挙げたのはただ一つ、今回のレッスンの反省会でした。

 最初に話すのは私だったので、自分が思ったままのことを言いました。上手に歌えた、踊れた、自惚れではありますが本番が楽しみなどと、嘘偽りのない本心を打ち明けました。


16 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:31:57.37 :l4IqRebF0

 しかし、他の四人は違いました。合っていない、だとか、何か違う、だとか、そういった感覚的なことで不安を抱いているようでした。特に印象的だったのは静香さんが言った、「ユニット活動をしている感じがしない」でした。私はみんなと感覚がズレていることに少し恐怖を覚え始めました。最後にはプロデューサーさんが総括して、

「お前たちは五人全員がソロとしてステージに立ってるようだ」

と言って、その日のミーティングは終わりました。結局、今回も失敗に終わりました。


17 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:32:51.46 :l4IqRebF0

 そこからは似たようなループが続きました。私も要領を得てきたのか、体調と練習のコントロールが上手くなってきたように思います。一週目より二週目、二週目よりも三週目と、レベルアップしているように思います。しかし、何度繰り返しても皆さんが感じる微妙な違和感を解消することはできませんでした。六週、七週……、と繰り返していくうちに私の心は憔悴していきました。そして八回目、ついに私は最初の段階でユニット活動を辞退しました。


18 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:33:30.77 :l4IqRebF0

 クレシェンドブルーは私抜きの四人で活動することになりました。予想とは反して、心残りはありませんでした。むしろやっと肩の荷が下りて解放感に満ちていました。クレシェンドブルーのことは気にはなりますが、きっとあの四人なら成功させてくれるでしょう。

 そんなある日、私は静香さんから二人で話がしたいと言われて、カフェに行くことになりました。忙しい合間を縫って私との時間を設けてくれたので、少しでも静香さんの気を楽にできたらと、意気込んでいました。


19 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:34:39.07 :l4IqRebF0

 静香さんとは色んなことを話しました。クレシェンドブルーのことであったり、未来さんや翼さんのこと、学校のことや他愛のない雑談など、楽しい時間を過ごしました。

 そろそろ帰ろうかと思い始めた頃、静香さんは急に真面目な顔になりました。それを見て私は少したじろいでしまいましたが、静香さんは表情を崩す気はありませんでした。重苦しい沈黙を破るように、ゆっくりと、静香さんは語りかけます。


20 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:35:17.21 :l4IqRebF0


「ねぇ、星梨花。今何周目?」


21 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:36:19.83 :l4IqRebF0

 その言葉は今の私には鉛よりも重く、そしてナイフよりも鋭く私の胸に突き刺さりました。冷汗が止まりません。必死に何か言い訳を考えていると、静香さんの方から切り出してくれました。

「初めてクレシェンドブルーを結成した時、私は失敗してしまったの。その後、我にもなく『お願いします、もう一度チャンスをください!』なんて柄にもなく祈ったら、ユニット結成当日に戻ったの。幸運だと思ったわ。そこからは本当に色々な作戦を考えて、ありとあらゆる対策を講じたわ。まあ、全部失敗だったんだけどね」

 驚きました。まさか静香さんまで、あの終わりのない迷路に迷い込んでいたなんて。


22 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:37:35.87 :l4IqRebF0

「ループの途中で少しだけ不可解なことがあって、星梨花の行動だけが毎回違うの。最初はたまたまってことで割り切ってたけど、今回のユニット辞退の件で確信したわ」

 静香さんも一人で頑張っていたんだ。私は開いた口が止まらないのと同時に、運命から逃れようとしていた自分を恥じました。

「今回もきっと失敗すると思う。私ね、この次がダメならもうやり直すのはやめようと思ってるんだ。私も必要以上に優しくしたり、厳しくしたりしたんだけど、最後の一回は自分の心のままにやってみようと思うの。そうしたら……、きっと後悔もないから」


23 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:39:36.35 :l4IqRebF0

 私は知りませんでした。静香さんがこんな覚悟を内に秘めていたなんて。きっと静香さんは次の一周に全てをぶつけるつもりでいるんでしょう。私は、結局何も決めれないまま焦りばかりが増して、そして最後の一周を迎えました。


24 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:40:32.65 :l4IqRebF0

 もう慣れたものです。この日の部屋の物の配置、気温、日差しの角度などすっかり体で覚えてしまいました。準備万全でいつでも劇場に行くことができます。ただ、心の準備だけは今も整わないままでした。

 劇場に行って、プロデューサーさんとクレシェンドブルーの皆さんとお会いしました。前回での言葉通り、静香さんの目は覚悟を決めた人のものでした。それに対して私はただ焦燥感だけを募らせるばかりで、前の周などと比べても出来はひどく悪いものでした。


25 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:41:29.91 :l4IqRebF0

 静香さんが必要に配慮をしなくなったため、問題は割と早くに起こりました。原因は私が大幅に予定よりも遅れていること。志保さんが一週目同様に怒りを露にします。すかさず、静香さんや、茜さん、麗花さんがフォローに回ってくれますが、結果的に志保さんの火に油を注いだにすぎませんでした。

そこからは標的が私から逸れて、静香さんとの口論になりました。ああ、またです。私も静香さんもこんなことがしたくて何週もやり直してるんじゃないんです…… 私の中で、焦りや後悔、苛立ちがごちゃ混ぜになってパンクしそうです。もう嫌なんです。こんな光景を見るのは。みんなの苦しそうな顔しか見れないのは。


26 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:41:59.93 :l4IqRebF0


「もういい加減にしてください!!」


27 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:42:39.47 :l4IqRebF0

 散々うるさかったレッスン場が一気にシンと静まりました。

「全部私が悪いんです! 私の物覚えが悪いから! 私のお父さんが厳しいから! なのにっ! 私のせいで皆さんまで怒ったりしたら……、嫌、です……」

 レッスン場にいる人みんなが私の方を向いています。今まで人目に晒されることは少なくありませんでしたが、このような形では初めてでした。


28 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:45:13.63 :l4IqRebF0

「私……、もっと頑張ります! 一生懸命練習して、皆さんの迷惑をかけないように、いっぱい練習します! 皆さんが笑ってくれるなら私……、門限を破っちゃう、悪い子にもなります!!」

 自分でも何を言っているのか分からないです。顔をぐちゃぐちゃにして全然かっこよくなくて。でもこの感情のまま叫んだら、案外スラスラと出てくるものです。こんな気持ちは初めてでした。


29 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:46:01.63 :l4IqRebF0

 皆さんを黙らせてしまい、私も少し冷静になって困り始めていたちょうどその時、プロデューサーさんが助け船を出してくれました。

「星梨花が声を上げるなんて珍しいじゃないか。でも、ちゃんと伝わったんじゃないか? 星梨花が思っていること」

 改めて仲間の顔を見ます。顔を見ただけで、ちゃんと伝わったって分かりました。


30 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:46:54.59 :l4IqRebF0

「ごめんね、星梨花がそんなこと思ってたなんて知らなかった。星梨花の気持ち聞けて良かったよ」

「あなたにそんなところがあるなんて知らなかったわ。まあでも、今の星梨花の方がやりやすいかもね。言い過ぎたのは……、ごめんなさい」

 続いて茜さん、麗花さんからも一言「ごめん」と言われました。みんなの顔は少し綻んでいるように感じました。悪いことをしたのは私なのに……、変な気分です。

 それから改めて五人で今後のクレシェンドブルーについて話し合いました。私の門限を考慮して朝練を導入、六時以後はカメラ越しに一緒に練習するなど、少しでもみんなで練習する時間を増やそうと色々試しました。思えば、皆さんの顔をこんなにまじまじと見つめたのは初めてかもしれません。今日、私は本当の意味でユニットの一員になれました。


31 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:47:29.84 :l4IqRebF0

 それから流れるように月日は経過しました。それは決して楽な道のりではありませんでした。お互いを仲間として、ライバルとして認識して、たとえ雨に打たれながらでも激しくぶつかり合いました。このようにお互いがお互いを刺激し合えばし合うほど、絆が深まっていくことが感じられました。いつしかメンバーの顔には自信と覚悟が浮かんでくるようになりました。

 そして迎えた本番一週間前、最後の全体練習が行われました。私も驚くほどレッスンは滞りなく進み、一週間を残して非の打ちどころがない出来栄えでした。レッスンの先生からもお褒めの言葉をいただきましたが、すぐに仲間の間では次いつ自主練するかの話になり、結局最後の全体練習とはならなさそうですね。


32 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:47:59.03 :l4IqRebF0

 ライブ前日、私は仕事の都合でプロデューサーさんの車で家まで送ってもらっていました。私はもう既に緊張でいっぱいでした。そんな私に、運転しているプロデューサーさんが話しかけます。

「クレシェンドブルーを組んで本当に正解だったよ。メンバー全員が急激に成長している。その中で一番成長したのは誰だと思う、星梨花?」


33 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:48:41.60 :l4IqRebF0

 私はうーんと考えました。

「静香さんか志保さんでしょうか? 二人はアイドルとしても人間としてもすごいなあって思います」

「確かにそうだな。二人もユニットを通じて自分に無いものをたくさん得たと思う」

 志保さんと静香さんは本当にすごいです。私と一歳しか変わらないのに、何歳も年上であるかのような貫禄があります。ちょっと卑屈にもなっちゃいました。

「でも俺が一番成長したと思っているのは星梨花、お前だよ」


34 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:49:32.70 :l4IqRebF0

 突然私の名前が挙がり、動揺を隠せませんでした。

「お前は多少引っ込み思案なところがあるからな。志保みたいなタイプだと強く出れないだろ。そしてお前を守ってくれるであろう静香もユニットに入れた。この状況で星梨花がどう変わっていくか、それが見たくて俺はこのメンバーを選出したんだよ。もちろん他の理由もあるけどな」

 プロデューサーさんはハハハと笑いながらも運転に集中しています。気づけばもう家の近くにまで来ていました。

「星梨花が大声を出した時、俺は嬉しかったよ。そこに行きつくまで本当に色々辛いことがあっただろうけど……、よく頑張ったな星梨花」


35 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:50:49.53 :l4IqRebF0

 本当に何周も頑張りました。答えのない問題に振り回されました。諦めようとした時もありました。でも、最後まで頑張りました。やり切りました。その頑張りが認められただけで、もう私の涙腺は限界でした。一粒、二粒と大粒の涙が私の頬をぽろぽろと流れていきます。

 プロデューサーさんは何も言わず私にハンカチを手渡しました。自分のハンカチは持っていましたが、何も言わず受け取りました。


36 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:51:57.22 :l4IqRebF0

 数分後、ようやく涙が収まってきました。ハンカチは洗って返すと言いましたが、プロデューサーさんはいいよといって自分の鞄にしまいこみました。

 それから明日の連絡、注意事項などを伝達され、そしてプロデューサーさんは劇場に帰っていきました。一人になった途端、強烈な不安と緊張が襲ってきました。こんな気持ちはいつ以来でしょうか。とりあえず、早く寝ようと思った私は夕飯、風呂をさっさと済ませ、ベッドに入りました。泣いた疲れからか、一瞬でまどろみに落ちました。


37 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:52:25.12 :l4IqRebF0

 迎えたライブ当日、私たち、クレシェンドブルーは圧巻のパフォーマンスを見せていました。

 練習以上の成果が本番で発揮されています。プロデューサーさん談ですが、ステージでさらに成長しているとか。それは私たちにも実感できることで、実際のステージに立つことで、仲間の新たな一面を発見できたり、そういうことだと思います。今のクレシェンドブルーは誰にも止められない、メンバーもファンの皆さんもそう思ったでしょう。


38 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:53:58.83 :l4IqRebF0

 そんな破竹の勢いで突き進んできましたが、ついに最後の曲となりました。横を見てみるとみんな平然な顔を装って立っています。ホントは肩で息をするくらい疲れているはずなのに、もう一曲歌う余力なんて残ってないくせに。それは私も同じです。おかしくってなんだか笑っちゃいます。つられてみんなも笑いました。私たちにしか共有できないこの空間が、一瞬のようにも永遠のようにも感じました。

「正真正銘、これがラストの曲です。最後まで盛り上がってくださいね!」

 静香さんに煽られて、ファンの皆さんは歓声を上げます。ああ、終わっちゃうんだな。長かったような短かったような。


39 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:54:47.85 :l4IqRebF0

「じゃあ……、星梨花! タイトルコールお願いね!」

 突然。静香さんに振られて困惑しました。静香さんの方を見ると意地の悪い顔をしていました。

「えっ、はい……」

 私は観念して、そして今までのことを思い返しました。本当に色んなことがありました。その一つ一つが全て新鮮で、今にも溢れかえりそうです。一度は散らばった道もまた一つになりました。私たちなら……、きっと大丈夫です!


40 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:55:20.16 :l4IqRebF0


「それでは聴いてください、Flooding!」


41 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 14:57:39.32 :l4IqRebF0

終わりです。

クレブルものは一度書いてみたかったのですが、突如アイデアが降りてきてくれたおかげで書き上げることができました。

拙作ですが読んでくださった方、ありがとうございました! 今晩にはhtml化します。


42 :◆W56PhqhW.M :2018/02/26(月) 15:01:34.83 :l4IqRebF0

一応前作です。よろしければご一緒にどうぞ。

静香「未来はサンタさんに何をお願いしたの?」 未来「へ?」

桃子「私のサンタさん」


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】星梨花「試されている迷路の中」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519622172/