1 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:45:28.11 :moZUOvcc0

如月千早(以下、千早) 「始業より少し早め……よし」

ガチャリ

千早 「おはようございます、ぷろでゅー……」

天海春香(以下、春香) 「あっ、千早ちゃん!おはよう」ニコニコ

千早 「春香?お、おはよう……」

千早 「今日は随分と早いのね?家遠いのに……」

春香 「えっへへ……ちょっと早くに来たら、プロデューサーさんとゆっくり出来るかなって」

千早 「プロデューサーと……そう」


2 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:46:07.01 :moZUOvcc0

春香 「もう、折角ブラウニーに作ってきたのになぁ……」プクー

春香 「そうだ、千早ちゃんにもあげるね!私の自信作!」

千早 「あ、ありがとう……大事に食べるわね」

春香 「後で感想聞かせてね!」

千早 「ええ……分かったわ」


3 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:47:54.29 :moZUOvcc0

春香 「そういえば……千早ちゃんはどうして早めに来たの?」

千早 「えっ?そ、それは……」

春香 「?」

千早 「……少し、プロデューサーと話がしたくて」

春香 「?悩み事なら、私が相談に乗ってあげるよ?」

千早 「な、悩みって程の事じゃないのよ?」

千早 「ただ……その」モジモジ

春香 「?」

千早 「……最近、あまりプロデューサーと話せてなかったから」シュン

春香 「ふーん……?」ニヤニヤ

千早 「……な、なに?」


4 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:49:24.22 :moZUOvcc0

春香 「それって、もしかして……」

春香 「千早ちゃん、プロデューサーさんに構って欲しいんじゃないの?」ニヤニヤ

千早 「そ、そんな事ないわよ?」カァアア

春香 「でも、話したいんでしょ?」

千早 「…………」コクリ

春香 「確かに、最近プロデューサーさん忙しそうだもんね……」

千早 「静香に志保に……後輩たちがいっぱいできたもの、仕方ないわ」

春香 「千早ちゃんは大人だなぁ……」

千早 「……大人になんてなれてたら、こんな事してないわ」

春香 「……そっか、そうだよね」


5 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:50:50.16 :moZUOvcc0

千早 「…………」シュン

春香 「……よーっし、千早ちゃん!折角だし、プロデューサーさんに何かお願いしに行こうよ!」

千早 「お願い?」

春香 「そう!アイドルに関係する事なら、プロデューサーさんも仕事として聞いてくれるでしょ?」

千早 「それは、そうかもしれないけれど……」

春香 「良いから良いから!」


6 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:51:36.25 :moZUOvcc0

春香 「千早ちゃん、何か困ってる事とかないの?例えば歌とか」

千早 「歌で困ってる事……そうね」

千早 「それなら、客観的な意見がプロデューサーから欲しいわ」

春香 「客観的?」

千早 「ええ、歌っている本人じゃ分からない事も沢山あるから」

千早 「人から聞いて、調整した方が良いかもしれないと思って」

春香 「…………」のワの

千早 「……春香も気にした方が良いわよ?」

春香 「うう……気を付けます」


7 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:53:08.04 :moZUOvcc0

ガチャリ

ミリP(以下、P) 「おはよう!二人とも早いな?」

千早 「おはようございます、プロデューサー」ペコリ

春香 「えっへへ、ちょっと渡したいものがありまして!」

P 「渡したいもの?」

春香 「はい!これです!」スッ

P 「おっ、お菓子か!ありがとう!」パァアア

春香 「お仕事で疲れた時に、どうかなーって……」テレ

春香 「良かったぁ、喜んでもらえて……」ホッ

P 「春香のお菓子は美味しいからな!」


8 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:54:07.69 :moZUOvcc0

P 「うん……これで、今日はなんとか乗り切れそうだ」

千早 「?今日、ひょっとしてお忙しいんですか?」

春香 「そういえば、小鳥さん達がいないような……」

P 「ああ、二人ともちょっと今日は休みでな」

春香 「へっ?そ、それじゃあ……」

P 「生憎、今日は一人で書類作業だな……ハハ」


9 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:55:43.48 :moZUOvcc0

春香 「そ、そうなんですかー……」チラッ

千早 (それなら、あんまり困らせるべきじゃないわね……)シュン

春香 「千早ちゃん」ツンツン

千早 「春香?」

春香 「……折角早めに来たんだよ?もうちょっと頑張ってみようよ」

千早 「……そうね、ありがとう」


10 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:56:52.25 :moZUOvcc0

P 「?二人とも、どうかしたのか?」キョトン

千早 「あの、プロデューサー。実は、ちょっとしたお願いがあるんですけど」

P 「ああ、なんだ?」

千早 「実は――」


11 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:58:28.10 :moZUOvcc0

ガチャリ

田中琴葉(以下、琴葉) 「おはようございます」

P 「琴葉、おはよう……琴葉も朝早く来たんだな?」

琴葉 「はい、ちょっと練習に付き合って欲しくて」

琴葉 「春香ちゃんたちも朝早いんだね?」

春香 「えーっと……ちょっとね!」アハハ

P 「今日は朝から賑やかだな……」

P 「それで千早、相談ってなんだ?」


12 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 20:59:36.21 :moZUOvcc0

千早 「……私の方は後で良いです」

千早 「それよりも、琴葉さんの方を優先してあげてください」

P 「良いのか?」

千早 「私のは、大した用事じゃないですから……」

春香 「千早ちゃん!?で、でも……」アワアワ

千早 「良いのよ春香、まだ時間はあるから」

春香 「で、でも……うぅ」

春香 「…………」ジトー

P 「お、俺にどうしろっていうんだ……」


13 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:01:00.36 :moZUOvcc0

P 「それで琴葉、何の練習に付き合って欲しいんだ?」

琴葉 「はい……このドラマのシーンなんですけど」

P 「これは……この前、オーディションに受かった奴だよな?」

琴葉 「はい、あの後貰った台本を読みこんだんですけど……」

琴葉 「どうしても、最後のシーンが想像できなくて」

P 「想像?琴葉がイメージできないなんて珍しいな」

琴葉 「はい、このシーンなんですけど……」

P 「どれどれ……」


14 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:12:26.61 :moZUOvcc0

琴葉 「春香ちゃん達も見てもらっていい?」

春香 「良いの?それじゃ……」チラッ

千早 「学園モノ、なんですね?」

琴葉 「そうなの、高校生の役……部分は大丈夫なんだけど」

P 「ラストのシーンか」

琴葉 「はい……告白シーンが、良く分からなくて」

琴葉 「プロデューサー、お願いできますか?」

P 「ああ、勿論だ……よし」


15 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:13:42.54 :moZUOvcc0

P 「ちょっと台本借りるぞ、今からこのシーンだけ覚えてくる」

琴葉 「え?私覚えてるし、読みながらやったって……」

P 「折角だから、春香と千早に台本と照らし合わせてみてもらおうかなと思ってさ」

P 「監督がどう感じるかの参考にもなるだろうしな」

琴葉 「なるほど……」

P 「春香、千早、お願いできるか?」

春香 「はい、大丈夫です!」

千早 「琴葉さんの演技、楽しみにしてますね」

琴葉 「あ、ありがとう……頑張るね?」


16 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:14:36.82 :moZUOvcc0

春香 「でも、ドラマかぁ……良いなぁ」

琴葉 「春香ちゃん、ドラマにもいっぱい出てるんじゃないの?」

春香 「私、バラエティの方が多いから……」

千早 「それは春香が人を笑顔に出来るからだと思うわよ?」

春香 「言い方は良いけどぉ……なんだかなぁ」ムスー

P 「……よし、大体流れだけは頭に入れた」

P 「それじゃ始めるぞ、用意は良いか?」

琴葉 「はい、お願いします!」


17 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:15:10.84 :moZUOvcc0

~~~~~

琴葉 『ふぅ……』

P 『おっ、田中。いたのか』

琴葉 『先生……』

P 『卒業おめでとう、今日で田中ともお別れか……』

琴葉 『お別れ……』

P 『ははは、ちょっぴり寂しくなるな』


18 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:15:43.43 :moZUOvcc0

琴葉 『……本当に、そう思ってくれますか?』

P 『ああ、田中はずっと俺のクラスだったからな』

P 『いつも頼りにしてたぞ、委員長』ハハハ

琴葉 『もう、また委員長って呼んで……』プクー

琴葉 『……でも、ありがとうございます』クスリ


19 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:16:47.09 :moZUOvcc0

~~~~~

千早 「琴葉さん、流石に上手ね」

春香 「……なんでプロデューサーさんも演技上手いんだろ」ボソ

春香 「でも、今のところ何も問題ないよね?」ペラペラ

千早 「……これ、最後は悲恋なのかしら」

春香 「一応、そうだと思うんだけど……?」


20 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:17:47.96 :moZUOvcc0

~~~~~

P 『それで、友達の所に行かなくて良いのか?』

P 『外でお前の事、待ってたみたいだが』 

琴葉 『……忘れ物しちゃったの、思い出して』

P 『忘れ物?田中にしては珍しいな?』

琴葉 『…………』トコトコ

P 『……ん?』


21 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:19:16.15 :moZUOvcc0

琴葉 『先生。私の話、聞いてくれますか?』

P 『ああ……』

琴葉 『……私、先生の事が好きです』

P 『…………』

琴葉 『ずっと、ずっと前から好きでした……っ!』ウルッ


22 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:24:31.74 :moZUOvcc0

~~~~~

千早 「…………」ゴクリ

春香 「……見惚れちゃうね」

千早 「ええ……流石だわ」

春香 「プロデューサーさん、あんな事言われてどう思ってるのかな?」チラッ

千早 「……目が泳いでるわね」

春香 「汗も出てきてるね」

千早 「…………」ジトー

春香 「デレデレしちゃってぇ……」プクー


23 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:25:54.56 :moZUOvcc0

~~~~~

P 『た、田中……それはだな』

琴葉 『分かってます、先生を困らせちゃうって』

琴葉 『それでも……伝えたかったんです』

P 『……そうか』

P 『悪い田中、俺は……その想いには応えてやれない』

琴葉 『…………』ホロリ

P 『田中……』


24 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:26:39.75 :moZUOvcc0

琴葉 『な、なんでかな……うぅ』ポロポロ

琴葉 『分かってた筈なのに……涙が、止まらないんです』

琴葉 『……最後に、一つだけお願いをしても良いですか?』

P 『……俺に出来る事か?』

琴葉 『……最後に、キスだけして欲しいんです』

P 『だが、俺は教師で――』

琴葉 『お願いです、先生……』ジリッ

P 『…………』ゴクリ


25 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:27:29.87 :moZUOvcc0

~~~~~

春香 「はーい!カットですよ、カット!!」

P 「うおっ!?いきなりなんだ春香!」

春香 「なんだじゃないですよ!なんだじゃ!」

春香 「なんでそのまま続けようとしてるんですか!」

P 「そ、それは演技の為に……」アワアワ

春香 「アドリブでキスシーンとか、プロデューサーさんは入れても良いと思ってるんですか!?」

P 「そ、それは……そう言われると、確かに困るな」


26 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:28:20.38 :moZUOvcc0

春香 「琴葉ちゃんとちゅ、チューしたいからって続けちゃダメですよ!」

P 「そ、その言い分には語弊があるだろ!?」

千早 「…………」ジトー

P 「千早……お、俺はだな」

千早 「ふんっ」プイッ

P 「千早まで……」


27 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:29:08.64 :moZUOvcc0

琴葉 「わ、私ったら……」

P 「琴葉の熱演に呑まれちゃったな……反省しないと」

琴葉 「ご、ごめんなさい」

P 「謝らなくて良いよ、それだけ琴葉の演技が良かったって事だからな」

P 「でも、キスはちょっと控えてもらえると……」

琴葉 「……それは、プロデューサーが嫌だからですか?」

P 「へ?まぁ、そうなるか」

琴葉 「……そうですか♪」ルンルン

P 「それじゃ、演技の方は大丈夫そうだな」

琴葉 「はい、ありがとうございました!」


28 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:29:59.27 :moZUOvcc0

P 「……さて、琴葉の用事が済んだところで」

P 「千早、相談について聞かせてもらっても良いか?」

千早 「はい……実は、ボイストレーニングについてきて欲しくて」

P 「ボイトレに?でも、俺に教えられる事なんてそうそうないと思うんだが……」

千早 「ひ、人が聞いた感想が欲しいんです」

P 「感想?」

千早 「はい、だから……」

P 「そうは言ってもな……昼にかけて、ここを無人にするのはちょっと」


29 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:30:59.14 :moZUOvcc0

ガチャリ

桜守歌織(以下、歌織) 「おはようございます、プロデューサーさん」

P 「あっ、歌織さん!丁度いい所に!」

歌織 「良い所にって……どうかしたんですか?」

P 「はい、実は千早の歌を聴いてもらいたくて」

歌織 「千早ちゃんの?」

P 「はい、客観的な意見が欲しいらしくて」


30 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:31:41.52 :moZUOvcc0

歌織 「客観的、ですか……なるほど」

P 「俺ではアドバイスにならないと思うので……歌織さんなら、いいアドバイスができるんじゃないかと」

歌織 「はい、任せて下さい!」

千早 「……よろしくお願いします」ペコリ

春香 「……もう!プロデューサーさん、空気を読んでください!」プクー

P 「……!?」


31 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:32:29.96 :moZUOvcc0

――――― 

千早 「……流石だったわね」

春香 「歌織さん、スッゴク教えるの上手かったね……」

春香 「プロデューサーさんも聞いてくれたらよかったのに」

千早 「……そうね」シュン

春香 「千早ちゃん、どうするの?」

千早 「……春香、もう少しだけ付き合って貰ってもいいかしら?」

春香 「モチロン!」グッ


32 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:33:04.55 :moZUOvcc0

――――― 

P 「ぐぅ、ここまで書類を残してたのか音無さん……」

P 「千早についてってやりたいのは山々だけど……事務所に誰もいないのは問題だしな」

P 「くそぅ、世の中上手くいかないな……」

ガチャリ

高山紗代子(以下、紗代子) 「あっ、良かった……居た」ホッ

P 「紗代子?おはよう」

紗代子 「おはようございます、プロデューサー」


33 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:34:06.91 :moZUOvcc0

P 「今日オフだろ?忘れ物でもしたのか?」

紗代子 「実は、ちょっとプロデューサーに相談があって……」

P 「今日は相談事が多い日だな……で、相談の内容って?」

紗代子 「あの、宿題を手伝って欲しいんです!」

P 「紗代子が!?珍しいな」

紗代子 「い、インタビューの宿題なので……」

P 「なるほど……何のインタビューなんだ?」

紗代子 「はい、『身近で働く社会人』っていう内容なんですけど」

P 「ん?それってご両親じゃダメだったのか?」


34 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:35:03.70 :moZUOvcc0

紗代子 「それも勿論考えたんですけど……」

紗代子 「やっぱり、私の傍で働く社会人って言ったらプロデューサーかなって」

P 「そう言ってもらえると嬉しいな……」

紗代子 「インタビュー、お願いしてもいいですか?」

P 「ああ、勿論受けるよ」

紗代子 「本当ですか!?ありがとうございます、プロデューサー!」

紗代子 「それじゃ、早速始めますね……」

P 「よし、どんとこい!」


35 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:36:10.83 :moZUOvcc0

――――― 

千早 「ただいま戻りました」

春香 「あれ、紗代子ちゃん?」

紗代子 「二人とも、おはよう!」

千早 「あの、何やってるんですか?」

P 「ああ、インタビューを受けてるんだ」

春香 「インタビュー?プロデューサーさんがですか?」

紗代子 「学校の宿題でね、プロデューサーに協力してもらってるの」

千早 「そうだったんですか……」


36 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:37:20.84 :moZUOvcc0

春香 「……千早ちゃんのお願いは人任せにしたくせに」ジトー

P 「こ、ここを無人にできないって理由がちゃんとあったんだよ……」タジタジ

千早 「あの……まだしばらくかかりますか?」

紗代子 「うん……半分くらいまだ残ってるから」

P 「もしかして、さっきのとは別に何か話があるのか?」

千早 「はい……聞いてもらっても良いですか?」

P 「分かった、これが終わるまで待っててもらえるか?」

千早 「……分かりました」トボトボ


37 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:40:25.01 :moZUOvcc0

春香 「もう、プロデューサーさんったら……」プクー

千早 「仕方ないわよ、プロデューサーは人気者だもの」

春香 「もう……千早ちゃんはもうちょっと欲張りでも良いと思うよ?」

千早 「そんな事な……」ウトウト

春香 「千早ちゃん?」

千早 (今日、早めに起きたから……少し、ねむ)

千早 「…………」スヤスヤ


38 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:42:36.65 :moZUOvcc0

―――――

千早 「……ん」モゾモゾ

P 「千早?起きたか?」

千早 「……プロデューサー?」モゾモゾ

P 「っと……落ちちゃうな」パサリ

千早 「上着……プロデューサーが?」

P 「ああ、そのまま寝てると流石に風邪ひくかもと思ってな」

千早 「ごめんなさい、私が聞いてもらうって言ったのに……」


39 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:43:33.16 :moZUOvcc0

P 「俺の方こそすまなかった、まさかそんな理由で早く来てたとは思わなかったんだ」

千早 「そんな理由?」キョトン

P 「……対局が終わった後、春香が言いに来てくれてな」

千早 「……そ、それじゃあ」カァアアア

P 「……うん、構って欲しかったんだってな」

千早 「そ、それは春香が言い出しただけですから!」

P 「そうなのか?」

千早 「そうです!」


40 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:44:17.68 :moZUOvcc0

P 「……まぁ最近、あんまり話せてないのは事実だしな」

P 「ゴメンな、千早の力に頼りきりになってたかもしれない」

千早 「そんな……プロデューサーは悪くありません」

千早 「……私が弱かっただけですから」

P 「それは違うぞ千早、それは決して弱いわけじゃない」

千早 「でも……」

P 「人に頼りたいとか、接したいって思う事が弱い事な訳ないだろ」

P 「そんな事言い出したら、俺が社長にドヤされちゃうよ」ハハハ

千早 「765プロとして、ですか……」

P 「そうだよ、だからもっと気軽に頼ってくれて良いんだ」


41 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:44:47.46 :moZUOvcc0

P 「下手な理由をつける必要もない、ワガママ程度で良いんだぞ?」

千早 「でも、それじゃプロデューサーの負担が大きくなってしまいます」

千早 「ただでさえ、受け持つアイドルが増えたのに……」

P 「それが俺の仕事、って言っても納得してくれないか?」

千早 「…………」コクリ

P 「ふむ……困ったな」

P 「それじゃ、貸しって事にしておこうか」

千早 「貸し?」キョトン


42 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:45:59.78 :moZUOvcc0

P 「ああ。千早が俺に頼ってくれた時は、その分俺が千早に頼るって事にすれば上手くいくと思ってな」

P 「それなら、千早も遠慮しなくて済むだろ?」

千早 「……もう、いつもそういう事言うんですから」フフ

千早 「それじゃ、いつか私にもワガママ言ってくださいね?」

P 「分かった、考えとく」

千早 「……それじゃ、早速お願いをしても良いですか?」

P 「良いけど……俺に出来る事か?」

千早 「はい、勿論です」


43 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:47:17.56 :moZUOvcc0

千早 「…………」コテン

P 「……ち、千早さん?」

千早 「せ、折角なので……膝枕、してもらおうかなと」

P 「男の膝枕なんて嬉しいか……?」

千早 「……ダメですか?」

P 「いや、千早が良いなら良いけどさ」

千早 「…………♪」


44 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:48:04.16 :moZUOvcc0

P 「……このまま黙ってるのもアレだな」

千早 「?」

P 「笑うなよ?……こほん」

千早 「…………」ドキドキ

P 「……ね、ねーんねーんこーろーりーよー」

千早 「……ふふっ」クスッ

P 「わ、笑うなって言ったのに……」

千早 「ご、ごめんなさい……ちょっと可笑しくて」


45 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:50:02.47 :moZUOvcc0

P 「……やっぱりやめておくか」

千早 「いえ……続き、お願いしても良いですか?」

P 「千早みたいに上手くないけど、それでもいいか?」

千早 「『歌は気持ちが一番大事』」

千早 「……プロデューサーが言ってくれたんですよ?」

P 「……そうだったかな?」

千早 「はい、そうです」


46 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:51:16.02 :moZUOvcc0

P 「それじゃ……こほん」

P 「~~~♪」

千早 「…………」ウトウト

千早 (プロデューサーは自信がなさそうだったけど)

千早 (……私にとっては、最高の子守歌で……)

千早 「…………」スヤスヤ

P 「……おやすみ、千早」ナデナデ

千早 「…………♪」


47 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:52:13.87 :moZUOvcc0

――――― 

春香 「おっはよーございまーす!」バターン

青羽美咲(以下、美咲) 「春香ちゃん、おはよう!」

音無小鳥(以下、小鳥) 「今日も元気が良いわね?」

春香 「えっへへ~そうですか~?」

春香 「……あれ?プロデューサーさんはいないんですか?」


48 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:53:45.41 :moZUOvcc0

美咲 「そっちで千早ちゃんと話してるよ?」

春香 「えっ、千早ちゃん来てるんですか?」

小鳥 「ニッコニコよ?」

春香 「…………?」チラッ


P 「この曲の後に、これを入れようかと思ってるんだけど……どう思う?」

千早 「盛り上がりを考えると、こっちを先に入れた方が良いと思いますけど」

P 「でも、そうなると後半の盛り上がりに欠けないか?」

千早 「いえ、この曲を入れれば――」


春香 「……何やってるんですか?」

小鳥 「今度の定期ライブのセトリ決めらしいわよ?」


49 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:54:54.19 :moZUOvcc0

春香 「へっ?それってプロデューサーさんがいつも決めてるんじゃ……」

小鳥 「なんでも、今日は千早ちゃんに頼るらしいわ」

美咲 「珍しいですね、プロデューサーさんが頼ってるの」

小鳥 「……昨日、何かあったのかしら」

小鳥 「春香ちゃん、何か知らない?」

春香 「わ、私も昨日は途中で帰っちゃったので……」


50 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:57:28.31 :moZUOvcc0

P 「よっし、これでいこう!千早、ありがとう!」

千早 「いえ、お役に立てたなら良かったです」

春香 「終わりましたか?」

P 「ああ、バッチリだ!こんなちゃんとセトリが組めたの久々かもしれないな!」

千早 「もう、プロデューサー……大げさですよ?」

P 「全然、大げさなんかじゃないんだがな……」


51 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 21:58:47.92 :moZUOvcc0

P 「さて!セトリも決まったし甘いものでも食べに行くか!」

春香 「甘い物、ですか?」

P 「ああ、紬から聞いたオススメの甘味処に行こうと思ってな」

P 「営業も兼ねてるんで、誰か一緒に……」

春香 「そ、それなら私が行きます!」ビシッ

P 「春香はこの後レコーディングが入ってたと思うんだが」

春香 「あぅ……そ、それはそうですけど」


52 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 22:01:53.58 :moZUOvcc0

千早 「プロデューサー、それなら私が」

P 「悪いな……ついて来てもらって良いか?」

千早 「私で良いなら、喜んで」

P 「よし、それじゃ二人で行ってみるか」

小鳥 「……そ、それはもしかしてデートなのでは」

千早 「それじゃ、早速行きましょうか」

P 「ああ……留守はお任せします、青羽さん、音無さん」トコトコ

美咲 「わ、分かりました……」ポカーン


53 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 22:03:46.67 :moZUOvcc0

千早 「…………」ギュッ

P 「ん?手を……」

千早 「あ、あの……ダメでしょうか」

P 「……車乗るまでの間だけだぞ?」

千早 「!はい!」パァアア

千早 「………♪」ギュッ

小鳥 「手を繋いで出て行くアレがデートでなくてなんなのか……」

春香 「……ず、ずるい!私も」

美咲 「春香ちゃん、お仕事」ポン

春香 「あぅ……わ、私だって構って欲しいですよーっ!」ウワーン


おしまい


54 :◆SESAXlhwuI :2018/02/25(日) 22:06:21.16 :moZUOvcc0

以上、千早誕のつもりでした……ギリギリ間に合った
春香と琴葉が異様に多かったかもしれないけどそこはご勘弁をば

最後まで読んでくれた皆に多大な感謝をば


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【ミリマス】春香「千早ちゃん、プロデューサーさんに構って欲しいんじゃないの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519559127/