■関連SS
新田美波「美しい少女役?」
アーニャ「最後の一振り」
文香「月飼い」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:31:07.97 :Zh1FMLjL0

文香視点の地の文多め?です
短めです


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:32:50.68 :Zh1FMLjL0

貴女はいつもどこか不思議で、突然思いもよらぬ事を言い出す人でした


以前からそう感じることがあり、ふとした時にこの心中を漏らしてしまったことがあるのですが

「あなたも大概よ」

と言われてしまったことがありました


貴女がそう言うのであれば、そうなのかもしれません

それでも、自身が不思議だと言われたことについて、貴女は否定しなかったのを覚えています


貴女のそういったところが、私を惑わせ、心を惹きつけ、私を驚かせ、貴女をもっと紐解きたいと思わせたのでしょう


そんなある日のことでした


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:33:32.64 :Zh1FMLjL0




「月を飼うの」




4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:34:45.65 :Zh1FMLjL0

月が綺麗な真夜中のこと

窓辺に腰掛け背中をもたれかけながら、夜風に煌めくその満月を横目で見上げる貴女は

なんとも詩的で美しさと儚さを醸し出しておりましたが


その側へと唐突に持ち出された水槽がなんともアンバランスで

その時の姿は、まるで水面のように揺れ動いているように感じられました


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:36:03.16 :Zh1FMLjL0

飽きもせず


触れもせず


その小さな水槽にいとも簡単に捕獲された小ぶりな月を


ただじっと眺めている




静寂と沈黙をそのまま形にしたかのように佇むはずの貴女が


夜風に揺られるかのように


雫の触れた水面のように


揺れ動いて見えたのです


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:37:56.93 :Zh1FMLjL0

しばらく経った後のことでした




「大事にしてね」




貴女はそう言い残し、ゆらゆらとドアへと歩いて行きました


こんな真夜中に何処へ行くのだろうと思い、呼び止めようとしたのですが




「ただの散歩よ」




そう告げて月夜の世界へ歩む貴女を


私はただ呆然と見つめることしかできませんでした。


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:38:57.31 :Zh1FMLjL0




そしてその日



貴女が帰ってくることはありませんでした




8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:40:05.93 :Zh1FMLjL0

ほんとうに、何処へ行ってしまったのでしょうか




貴女の居ないこの部屋は酷く静かに感じられ


私と月とが二人きり残されたのみ


二人で住むには少し狭いかもねと苦笑いしていたこの部屋も


海のように広く思えました


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:41:34.00 :Zh1FMLjL0


久しく忘れていた静寂


書のことのみに執着していた時からは信じられない程に


この無音の空間が恐ろしく


水面の月を抱えながら


貴女との夜を思い出すことに意識を向けたのでした


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:44:00.52 :Zh1FMLjL0


貴女は月をよく見上げていましたが


闇夜もまた好んでいました


見せたくないものをきれいに隠してくれるから、と



たびたび静止が効かなくなり


必要以上に踏み込んでしまう私は


それを許してくださる貴女に少々甘え過ぎていたのかもしれません




そしてあの夜もまた、そうだったのでしょう


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:46:57.45 :Zh1FMLjL0

満月がとても綺麗な夜でした




開け放たれた窓は何一つ拒むこと無くその月明かりを受け入れ


まるで朝が来たかのように、私の隣に寄り添う貴女が照らし出されました




私達にとって朝とは、一日の始まりでもあり、同時に終止符でもあって


そのせいもあってか


その日の夜の太陽は


始まりを告げるスポットライトのように思え


私は、貴女に夢中になってしまいました




朝は嫌いと


全てを白々と見せるからと


貴女がいつの日かそう言っていたのも忘れて……


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:47:49.86 :Zh1FMLjL0




大事にしてねと言われましたが




月は空へと返そうと思います




13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:48:53.24 :Zh1FMLjL0


月は船のように


優しい夜風を受けて


星の海を流れ行く


西へ西へと


遥かな時と思いを乗せて



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:50:20.89 :Zh1FMLjL0


その船が行く先に


きっと貴女が待っている


私もまた向かおうと思います





月の無い暗闇では


読み解くことができませんから




大切に


大切に手を伸ばして





歩く速さで近づこうと思います


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/01/22(月) 21:53:29.39 :Zh1FMLjL0

短いですが以上です
こういう形式では初めて書くのでアレですが読んでくださった方々はありがとうございます


過去作です




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】文香「月飼い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516624267/