1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 16:56:30.89 :HmictWCG0

響「えっ、あい…?」

P「アイアンクロー」

響「ごめん、何それ?」

P「こういう事だ!!」ガシィッ

響「いぃ!? う、うぎゃあああああぁぁっ!!!」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 16:57:26.68 :HmictWCG0

P「ハッハッハッハッ」

響「いだだだだだいったいいったいっってば!!!」ガバッ


響「な、何するんだプロデューサー!! うーわ本当いったぁ、血ぃ出たぞ自分たぶん」

P「出てないぞ」

響「どうでもいいでしょ! 何でいきなりこんな事するんさー! ひどいぞ!!」

P「すまない、だが俺は響にアイアンクローをしたいんだ!」

響「だからそれは何…!」

P「今だっ!!」ガスッ

響「うぎゃああああぁぁっ!!!」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 16:58:14.39 :HmictWCG0

P「ハッハッハッハッ」

響「いぃだだだだだだだだ!! だ、っは!!」ガバッ

響「本当に痛いんだぞ!! 絶対血ぃ出てるもん、出てなくても気持ちで出てる」

P「何を言ってるんだお前は…」

響「プロデューサーが言えた事じゃないでしょ!!」

P「ハハハ、まぁそう…」ザッ

響「ひっ!? う、わ、わああぁぁぁぁぁっ!!」ダッ!

P「あ、逃げた!」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 16:59:45.66 :HmictWCG0

貴音「……なるほど、これがかの有名な『ふっくら』なるものですね」

貴音「ダンスもしましたし、この四条貴音に抜かりはありません」

貴音「いざ」パキッ

響「うわーん、貴音ぇ助けてくれぇっ!!」

貴音「おや、響? すみませんが、後にし…」

響「どん兵衛なら後でいくらでも食べさせてあげるから!!」

貴音「……ほう」ピクッ


P「待てー」ダダダ

響「プロデューサーが自分の事をいじめるんだ! 頼む貴音、力を貸してくれ!」


貴音「……プロデューサー、何があったかは存じませんが」

P「貴音、頼む。そこをどいてくれ」

貴音「なりません。響は約束してくれました、いくらでも食べさせてくれると」

貴音「今の私は、後退の二字を知りません。響を苦しめる殿方に対しては、なおの事」

P「……そうか」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:01:06.54 :HmictWCG0

P「ならこれで好きなだけラーメン食ってこい」10万円PON☆

貴音「うひゃあああぁ!! ま、マジですかっ!?」ウッヒョヒョーイ!

響「ええぇぇぇっ!?」

P「ゴッドハァンド! スマァッシュ!!」グワシィッ

響「うぎゃああああぁぁぁぁっ!!!」


P「ハッハッハッハッ」

響「いぃいいいだだだだだだだだだっ!!! や、めっ! ろっつは!!」ガバッ

響「ヤバかったぞ……今のは本当に骨までいったぞ、絶対血ぃ出てる」

P「だから出てないってば、俺の手にだって付いてないでしょ?」

響「うるさいぞ!! プロデューサー、ヘンタイを通り越して犯罪者じゃないか!!」

響「うわーん!! プロデューサーのバカぁぁっ!!」ダッ!

P「ま、待ってくれ!」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:03:12.93 :HmictWCG0

やよい「つっくりーましょー♪ つっくりーましょー♪」

やよい「さってさって なーにがー でっきるっかなー♪」

やよい「はいっ! もやしをふんだんに使ったもやしサラダですー!」

響「やよいぃっ!! やよい、ごめん、力を貸してくれぇっ!!」

やよい「はわっ!? ひ、響さんの顔ちょっと怖いかなーって」


P「待てー」ダダダ

響「プロデューサーから自分を守ってくれ!! スラムダンク、貸したでしょ? アレをやるんだ!」

やよい「あっ、アレですねー! よぉーし……!」

P「やよい、ちょっとそこをどい…」

やよい「フンフンでへんすですー! うっうー!」フンフンフンフン!

響「いいぞっ、やよい! 舌足らずな所も良い!」

千早「ベネ(良し)」カシャッ カシャッ


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:05:12.08 :HmictWCG0

P「まずいぞやよい、タイムセールの時間が早まったそうだ」

やよい「えっ!? マ、マジですかぁ!? 行かなきゃっ!!」ウッウー!

響「お、ええええぇぇっ!?」

P「灼光拳!! でりゃあ!!」ガオッ

響「うぎゃあああああぁぁぁぁっ!!!」


P「ハッハッハッハッ」

響「いだだだだだだだだだいったいって!!! ふん、ぐっふ!!」ガバッ

P「よく俺のアイアンクローをひっぺがせるな」

響「人間、死ぬ気でやれば出来ない事なんて無いんだぞ! ていうか死ぬ気にさせないでよ!! 本当に痛いんだぞ、血ぃ出た」

P「自分で触ってみ? 出てないって」

響「プロデューサーのバカぁっ!!」ダッ!

P「どこへ行こうというのだね?」

響「えっ?」ピタッ


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:07:17.83 :HmictWCG0

P「俺はお前達のプロデューサーだ。当然、その性格やバックボーンも誰よりも熟知している」

P「いくらお前が他の誰かに助けを求めたとしても、より深い行動原理を唆してやれば無効化する事は容易という訳だ」

響「そ、そんな……!」

響「……ッ!!」ダッ!

P「ムッ!? 諦めの悪い…!」


響「ぴ、ぴよ子! たす……!」

響「いや、やっぱいいや一番ダメそう!!」ダッ!

小鳥「何がっ!?」

P「待てー」ダダダ


響(どうする……どうする!? どうやってあのヘンタイから身を守る!?)

響(事務所の中じゃ逃げ切れない……ならばっ、外だ!)ガチャッ

響「うわーんっ!!」ダダダッ

P「待て―」ダダダ


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:07:49.41 :HmictWCG0

響「うわーんっ!!」ダダダ-ッ…!



P「待てー」タッタッタ…


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:08:42.00 :HmictWCG0

響「うわーんっ!!」ダダダ-ッ…!








P「待てー」タッタッタ…


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:09:26.23 :HmictWCG0

響「うわーんっ!!」ダダダ-ッ…!















P「ま゛、待てぇっほ、ゲェホ! エ゛ッホ、はぁ、はぁ……!」タッタッタ…


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:10:18.72 :HmictWCG0

響「うわーんっ!!」ダダダ-ッ…!





響「…………?」ピタッ

響「はぁ、はぁ……ま、撒いたか!?」


響「よかったぁ……とりあえず、難は逃れたな」

響「でもこれからどうしよう……プロデューサー、何でこんな事になっちゃったんだよぅ…」




男A「おい、アンタ」ザッ

響「えっ?」


男共「へっへっへっへ……」

響「え……えっ、誰?」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:11:41.31 :HmictWCG0

男B「おい、この子765プロの我那覇響ちゃんじゃね?」

男C「こんな所で会えるなんてマジ運命じゃね?」

男A「よぉ、オレ達とどっかお茶しようぜぇ、そんで楽しいトコ行こっか?」ニヤァ

響「い、いや……助け…!」ダッ!

男A「おぉっと逃がさねぇよ」ガシッ

響「い、や、やだぁ! 離して、離せよぉっ!!」ジタバタ

男B「ハッハッハ、やっぱ元気っ子だなぁ、でもオレこういうタイプのが好みだぜぇ」

男C「最初イヤがってた子が後になって盛り上がっちゃうのとか最高だよなぁ」ニタァ

響「だ、誰かぁぁぁっ!!」


P「まちぇぃっ!!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:13:01.39 :HmictWCG0

一同「!?」


男A「まちぇ……?」

P「待てぃっ!!」

響「言い直した! 言い直したぞ! 待てっていうたったの二字を噛んだのが恥ずかしくて言い直したぞ!!」

男B「言い直さない方がまだマシだよな……?」コソコソ

男C「うん」

P「響を返してもらう! 俺は765プロのプロデューサーだ!!」

男A「な、何だとぉ~~?」

P「どうしても返さないというのなら……!」ガシンッ


響「あ、あの構えは……!」

響「アイアンクロー!?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:14:07.60 :HmictWCG0

男B「アイアンクローだって!?」

響「プロデューサーのアイアンクロー、めっちゃくちゃ痛いんだぞ! 血ぃ出るんだぞ!」

男C「ち、血ぃ出るの!?」


P「俺のこの手が光って唸る!」

P「お前を倒せと輝き叫ぶ!!」


男A「あ、あわわわわわ…!!」ガタガタ…!

響「いっけぇぇ、プロデューサぁー!!」


P「砕けっ! 必殺!!」

P「シャァァアアイニングゥ!! フィンガアァァーーッ!!!」ガボスッ

響「うぎゃああああああぁぁぁぁっ!!!」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:15:27.74 :HmictWCG0

男共「えっ」

P「ハッハッハッハッ」

響「なあぁぁいいあだだだだだだあだだだっ!!!」

男A「と、とにかく今のうちに逃げようぜ!」

男B・C「お、おう!」

タタタ…


響「いったいいったいっての!! ふんが!!」ガバッ

響「血ぃ出てない!? 出てるよね!?」

P「大丈夫だ、出てない」

響「大丈夫なワケないでしょ!! 何で自分にするんさー、こっちじゃなくてあっち!!」

P「俺は響にアイアンクローをしたいんだ!」

響「だから何でだよっ!! ハッキリ言ってよ、じゃないと自分辞めるぞ!!」


P「! ……分かった、話そう」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:18:36.64 :HmictWCG0

P「響……実はお前の頭。もっと言うと頭蓋骨なんだが、先天性の障害があるんだ」

響「……えっ?」

P「普通の人より頭蓋骨が横に広すぎて、このまま行くと脳が肥大化してしまう」

P「そうなると、お前の完璧すぎる脳の神経細胞から与えられる過剰な情報量に体がついていけず、いずれ重篤な症状を引き起こしてしまうのだ」

響「そ、そんな……!」


P「だから、少しでもそれを抑制しようと、響……お前の頭蓋骨の横幅を狭めようとした」

P「そのためのアイアンクローだったのだが……すまない、ロクに説明もせず、酷な事をしてしまった」

響「ううん、いいんだぞ! 自分の方こそ、そんな、プロデューサーがそんな思いだったなんて、知らないまま…!」


律子「嘘に決まってんでしょ」

響「えっ?」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:21:56.80 :HmictWCG0

P「お、おい律…」

律子「もし本当だったとしても、即座に病院に連れて行かなきゃおかしいわよ。素人考えで頭蓋骨を圧縮させようとアイアンクローしなきゃ、って普通なると思う?」

響「そりゃあ、ならないよね」

律子「それに嘘だったら、なおさらアイアンクローする意味も無いしね」

響「普通、無いよな。自分のアイドルにアイアンクローってな」


P「……すまない」

P「でも俺はアイアンクローをしたいん…!!」ガァッ

響「閃華裂光拳っ!!!」ドォォッ!!

P「お、おぱあぁぁぁっ!!!」


 股間にマホイミを食らった俺はホルモンバランスが崩れ、
 髭もじゃもじゃ、胸毛ボーボーの女の子になっちゃったわよ。

 でも一応伊織に頼んで何とかしてもらった。もう二度とアイアンクローしないごめん。

~おしまい~


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/12/30(土) 17:23:47.48 :HmictWCG0

ただ響にうぎゃああああって言わせたかっただけです。すまない。

皆さんも、アイアンクローをするなら年末のドサクサに心許せる方だけに。じゃあの。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】P「響、頼む!アイアンクローをさせてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514620590/