1 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 05:33:51.96 :y4szluut0

高木「えーオホン! 諸君、待たせたね。本日はお日柄もよく、晴天に恵まれた真に良き日であり――」

小鳥「社長っ、前置きはそのあたりで」

高木「あ、あぁ。すまない音無くん。では本題に入るとしよう。我が765プロダクションに待望のプロデューサーが配属されることに決まった!」

春香「プロデューサー、かぁ。どんな人だろうね」

千早「歌わせてもらえるのなら、まぁ、なんでもいいけれど……」

真「千早ってばもう少し興味を持ったら? 春香を見習いなよ」

雪歩「ひぃい、お、男の人ですかぁ?」

亜美「ゆきぴょんってば怖がりすぎだよ→」

真美「そうそう、もっとドードーとしなくっちゃ」

伊織「アンタらが一番落ち着きがないでしょうがまったく」

やよい「楽しみですー!」

あずさ「あらあら~素敵な方かしらね~」

美希「どうせ期待するだけムダだって思うな」

貴音「美希、そういうものではありませんよ」

響「そうだぞ。もしかしたら業界人ですごい人かも知れないし」

律子「ウチにも竜宮小町以外のユニットが生まれるかもしれないのね……」


2 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 05:45:19.49 :y4szluut0

高木「それでは、入ってきてくれたまえ」

一同「ドキドキ……」

シーン

春香「……来ないね?」

千早「いや、待って? 何か遠くから音が――」

プロデューサー(以下P)「ドゥエドゥエドゥエドゥエドゥエ!」シュババババババ

雪歩「ひぃいいい!?!?」

真「な、なに!? 変な人!?」

律子「ひゃ、110しなきゃ」

高木「あー待ちたまえ、この人が件のプロデューサーくんだよ」

一同「……へ?」

P「どうも初めまして、これから君たちをプロデュースする『あ』だ」

伊織「亜? 中国か韓国からの方かしら」

P「いや、『あ』だ。ひらがな一文字でいいんだ。名前を長くするとテキストの表示速度が遅れにつながるからな」

やよい「て、てきすと? ひょーじ……?」

亜美「うあうあー意味わかんないっしょー!」

真美「つまり、どういうことだってばよ」

小鳥「社長ったらまたおかしな人をスカウトしてきちゃったんですね……」

高木「あいや音無くん。おかしな人とは彼に失礼だぞ。こう見えて彼は実績と経験に富んだ、非常に頼りになるプロデューサーでな」

P「テキスト表示速度は関係ないのか……じゃあ『プロデューサー』って呼んでくれ」

響「な、なんだか怖いな」

美希「見た目はフツーって感じなの」

貴音「えぇ、好感の持てる素敵な殿方かと」


3 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 05:53:17.49 :y4szluut0

あずさ「よろしくお願いします~」

春香「あずささん、大人な対応でさすがですね……」

高木「とりあえず今日から彼は君たちのプロデューサーだ。皆、しっかりとコミュニケーションを築き上げ、アイドルの道を邁進してくれたまえ!」

P「みんなよろしくな。とりあえず今日はアイドルたちのレッスンの様子を見に行きたいと思うんだが」

春香「えっ、あっ、は、はい。私と真、千早ちゃんがレッスンのメンバーです」

P「オッケー。ちょっと待っててくれ」シャカシャカシャカ

真「どうかしたんですか? 数歩進んだり後ろ向きに歩いたり……」

P「乱数調整」

一同「(絶対変な人だ……)」


4 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 06:04:45.77 :y4szluut0

~レッスンルーム

P「乱数調整の甲斐あって無事にパーフェクトコミュニケーションだ。ほら、水分補給はしっかりな」スッ

春香「あっ、ありがとうございます」

真「ぷはーやっぱレッスンのあとはこれだね」グビグビ

千早「……(指導は驚くほど的確ね)」

春香「あのー、プロデューサーさんのこと聞いちゃってもいいですか?」

P「…………おう、なんだ?」

春香「社長が言っていた『TAS』っていうのはプロデューサーさんのお名前ですか?」

P「あぁ、あれは個人名じゃなくてなんというかその、プレイの方法というか趣旨というか」

真「プレイ?」

P「……………………ツール・アシスティッド・スーパープレイってやつだよ。」

春香「えーっと……」

P「つまりゲーム内で出来うることをツール使用で再現してすごいことをするっていう話さ」

千早「よくわからないですね」

P「…………………………あー、つまりだな」

真「すっ、すいません! 何ですかその間!?」

P「テキスト送りのタイミングをずらして調整を」

真「もどかしい!!」


5 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 06:14:49.09 :y4szluut0

千早「つまり、プロデューサーは私たちのプロデュースをゲームとしてお考えという――」

P「それは違うさ。何度も何度もトライアンドエラーを繰り返し、一つの芸術を作り上げる。俺はその手助けをしたいんだよ」

千早「……信じていいんでしょうか」

P「あぁ。ただ、俺の注文は細かいぞ。フレーム単位でとやかく言うからな」

千早「(ふれーむ?)指導の腕は確かのようですので、これからもよろしくお願いいたします」

P「任せておけ。年明けにはみんなまとめてトップアイドルさ。目標は冠番組でゴールデン生放送だ!」

春香「な、生放送ですか!?」

真「へへっ、テンション上がってきましたよ!」


6 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 06:22:01.29 :y4szluut0

P「とりあえず今日のレッスンはここまでだ。疲れを残さないようにしっかり休むんだぞ」

3人「はーい」

春香「千早ちゃん、今日はまっすぐ帰るの?」

千早「いえ、ちょっとCDショップに寄ってから帰ろうと思うわ」

真「あ、ならボクも行くよ」

P「じゃあ皆は直帰だな。俺は一旦事務所に戻るよ」スッ

春香「ぷ、プロデューサーさん? どうしたんですか? 壁に背を預けて腕を伸ばして……」

P「イヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤヤ!!!!!!」

春香「ひっ!?」

真「プロデューサーがなんか……こう……ブレてる! 上下に!」

<イヤッフー!!! ヤッフー ッフー

千早「……窓から彼方に吹っ飛んでいったわね」

春香「私たち、夢でも見てるのかな」

真「きっと現実だよ、流した汗がリアルすぎるし」


7 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 06:31:09.24 :y4szluut0

~竜宮小町(社用車内)

ブロロロロ

律子「ふぅ、とりあえず今日の活動はここまでね。みんなお疲れ様」

あずさ「律子さんもお疲れ様です~」

亜美「ちかれたー。いおりんおんぶー」

伊織「自分で歩きなさい。……にしても、今日来たPってやつはだいぶ一癖ありそうね」

律子「だいぶどころか相当って感じだけど」

亜美「亜美よくわかんなかったなー。たす?ってなに?」

伊織「調べてみたけど、ゲームでなんかすごいことをする、みたいな……」

あずさ「何かすごいこと、ねぇ。いったいどんな――」

<ドゥエドゥエドゥエドゥエ!!!

亜美「りっちゃーーん! なにあれなにあれ! 兄ちゃんがなんかしてる!」

あずさ「……あら~」

伊織「……なんだかデジャブ感じるわ」

律子「何にせよ、退屈はしなさそうね……」





8 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 06:41:00.59 :y4szluut0

★お前が下、俺が上だ★
雪歩「ひぃいい……私みたいなちんちくりんでダメダメなのは穴掘って埋まりますぅ……」ザクザク

P「心配するな雪歩! お前が下を制するなら俺は上だ!」

ババッ シュー……

雪歩「ばっ、爆弾んんん!? プロデューサー、発破作業なんていったい……」

P「爆弾はこう使うんだよぉお! はっ! てやっ! はぁっ!」シャキンシャキン ドガーン ドガーン

雪歩「すっ、すごいですぅ! 何もない空中をどんどんのぼっていって!」

P「二人揃えばデバッグだって思いのままだ! がんばるぞ雪歩!」ゴマダレー

雪歩「はいぃ! なんだかわからないけど、やってみます!」


10 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 07:28:24.24 :y4szluut0

★いつもいつでも同じシチュエーション★
P「お疲れ様です」ドアガチャ

小鳥「お疲れ様ですPさん。いつもどおりの時間にご出勤、しっかりしていますねー」

P「えぇ、昔から遅刻だけはしたことがなくて」

小鳥「すごいですねぇ。実は私、朝が弱くて……何か秘訣とかあるんですか?」

P「状況再現」

小鳥「え?」

P「状況再現」

小鳥「……十字キー押しっぱなしですか?」

P「あとはボタンのタイミングとメモリの記憶ですね」

やよい「伊織ちゃん、Pと小鳥さんが難しい話してるよ」

伊織「どうせくだらないことよ」


11 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 07:38:15.67 :y4szluut0

★たぶんこれが一番★
春香「ぜったーいー わたしナンバワーン♪」

P「うん、いい調子だぞ春香。やっぱり春香には多少のフレーム誤差があったほうが味が出るな」

春香「それって下手ってことですか?」プー

P「そんなことはないさ。むしろそういった人間アピールはかわいらしさが増して人気アップだ」

春香「え、えへへ……可愛いですか。えへへへ」

P「俺みたいに細かいことばかり気にするより、のびのびと歌ってくれたほうがみんな魅力的に感じるよ」

春香「でも、Pさんの指導のおかげで歌が巧くなれたのは嬉しいです! ありがとうございます!」

P「よーし、それじゃあもう一回頭から再走といくか。振り付けもしっかりな」

春香「はいっ!」

<ヤレバデキル-


12 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 07:54:42.50 :y4szluut0

★新しいトレーニング法★
響「P! 自分、新しいダンスを覚えたいぞ!」

P「おっと唐突だな。そんなに焦らなくても今日はみんなでレッスンが……」

響「うがー、そうじゃなくて! なんというか、Pが来てから真とか美希がますますダンス上手になって……そのうち負けそうなのが嫌なんだ」

P「ははは、響は負けず嫌いだなぁ。上昇志向はいいことだけど、本質を見失うなよ? みんなでトップアイドル、だからな」

響「わかってるけどぉ……」

P「よーし、ならばとっておきのダンスを教えてやるぞ! まずは松明とサルのお面が必要でだな」

響「ふむふむ」

律子「それ上半身裸になるやつですよね」ケイタイトリダシポパピプペ

響「ふぇっ!?」

P「待て律子、通報はダメだって」


13 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/19(水) 08:04:11.72 :y4szluut0

★ゲームは一日30時間★
亜美「兄ちゃんゲームつよすぎっしょ→ アクションでも格ゲーでもFPSでも勝てない……」

真美「こんなんチートや! チーターや!」

P「TASはチートじゃないぞ! まぁ、なんだかんだ幅広く手を出してるからな」

真美「苦手なのってあるの?」

P「ムービーが長いやつかなぁ……」

亜美「操作関係ないやつじゃん……」


30 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/21(金) 09:56:03.26 :lSsKOHBE0

★最適化★
P「ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ!!!!」シュババババ

小鳥「あ、おはようございますPさん。何か速くなってますね」

P「あれ以上速くなるわけがないって思ってたのに、意外といけるもんですね」ドゥドゥドゥドゥズサーッ

小鳥「はたから見てると不気味ですけど……」

P「アイドルも同じことが言えるかもしれませんね」

小鳥「え? ヴァンパイアハンターがですか?」

P「違いますよ。アイドルも同じで、限界を決めないでどこまでも走り抜けられる存在であるべきなのかなって……」

小鳥「ちょっと強引すぎません?」

P「ですよね」


31 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/21(金) 10:15:54.13 :lSsKOHBE0

★これにて勝利確定です★
黒井「フゥーハハハ! 軟弱な765プロのアイドルたちよ! 私が鍛えに鍛え上げた『Jupiter』の圧倒的パフォーマンスにひれ伏すがいい!」

冬馬「いくぜお前ら! 765プロの連中なんて楽勝、だぜ!」

北斗「エンジェルちゃんたちにいいところ見せないとな☆」

翔太「がんばろうね!」

<マチハユガンダラビリンス…

響「うぅ……Jupiterの人たち、すごい存在感だぞ」

美希「大丈夫だよ響! ミキたちは自分のライブを貫くだけなの!」

貴音「美希の言うとおりです。とはいえあれほどのぱふぉーまんすでは、不安になってしまうのも無理はありません。貴方様、申し訳ありませんが背中を押してもらってもよろしいでしょうか?」

P「…………もう勝負ついてるから。もとい、自信を持て! お前らはいつだって最高のライブで輝けるはずだ! いってこい!」グッ

三人「はい!(だぞ!)(なの!)」

――このとき、三人を見送るPは勝利を確信していた。なぜなら彼の乱数調整ダンスとメッセージ送りによって、すでにライブの結果はフェアリーの勝利で確定しているのだから。

P「正直ライブしなくても棒立ちしてれば勝てるんだが……」

<シャーナリシャナリオージョウサマ♪

P「この姿を見届けてこそ、プロデューサーだよな」シミジミ


32 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/21(金) 10:31:36.05 :lSsKOHBE0

★TAS.Pさんの日常★
律子「プロデューサー殿、この書類の打ち込みお願いできますか」スッ

P「任せろ。『回らせないお寿司』の異名を見せてやる」カタカタッタンッ

小鳥「プロデューサーさん。書類の判子押し、手伝ってもらってもいいですか?」

P「めうめうぺったん、つってな」ペーッタンペッタンペッタンペッタン

千早「」ガタッ

春香「千早ちゃんステイ」

高木「すまないキミィ! この会議書類を○○ビルの120階まで届けてほしいのだが、エレベーターが使えず階段で頼む!」

P「余裕ですよ余裕」ドゥドゥドゥスィーッドゥドゥスィーッ

小鳥「う、上に落ちるPさん……」



あずさ「TASさんの日常ってこういうことだったのね~」

伊織「日常と呼ぶには常軌を逸してるわよ……」

亜美「街中でドゥエってる兄ちゃん見ても日常と思うあたり毒されてるよNE」


33 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/21(金) 10:59:29.23 :lSsKOHBE0

★クレイジー社用車★
やよい「うぅ~……次の現場まで急がないといけないのに……電車にもバスにも乗るお金がないよぉ」

春香「私が払おうと思ったけど、さっき転んでお財布落としちゃったし……どうしよう」

ブゥー キキィッ

P「やよい、春香! 待たせたな!」

やよい「プロデューサー!」

P「乗りな!!」

春香「待ってこの流れって」

ガッタンドタン!! ガコッドコッ チャリンチャリンチャリン

春香「わぁーっ!」

やよい「うっうー! ジェットコースターみたいです!」

P「しかも他の車とすれ違うたびにドルを落とすぜ!」

やよい「おおがねもちですー!」

春香「やー!やー!やーっ!」

P「お、春香。All I Wantか」

春香「これは悲鳴です!!」

やよい「HAHAHA! Yeah!!」

春香「やよい!?」


35 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/21(金) 11:30:34.77 :lSsKOHBE0

★765プロミュージックライブ41連続★
P「という企画を考えたんだが」

律子「はぁ」

P「今人気絶頂の765プロダクションアイドルによる怒涛の息継ぎなしライブ!ってことでな」

律子「セットリストはどうするんですか?」

P「そうだな……

THE IDOL MASTER太陽の魔法をおはよう!キラメスタ→KosmosDo-Dai何度も大志を抱け七彩神SUMMER自転車エージェントIWant蒼い鳥arcadiaふるふるマリオネットALRIGHTサニーシャララチェリースマイルDIAMOND風花空見つめてトリッパー目が合うinferno約束SMOKYオーバーマスター迷走Day of the隣に…笑って!自分REST@RT MUSIC♪

ってのはどうだ?」

律子「略して『剣』ですね」


47 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/22(土) 20:35:09.57 :ESTt0CCnO

★↑X↓BLYRA★
P「アイドルたちのぬいぐるみを作ってみたぞ。物販限定販売だ」トンッ

春香「わぁ~かわいいですね。ちゃんと律子さんや小鳥さんのぶんまで……」

P「それはおまけというか、興が乗って作った。まぁ要望があれば物販に出すかもしれないな」

春香「ん? なんですかこのボタン」ポチッ
プロデュ-サ-サンッ! ド-ムデスヨド-ム!

春香「わわっ、喋った!?」

P「あぁ、ボタンを押すとボイスが出るような仕掛けも搭載しておいた。音声は以前収録したゲームのものを流用してる」

春香「何気に豪華仕様ですね……」ポチッ
<スッゴクワクワクシテキマシタ!! ウゥ...ジムショノマエデコロンジャイマシタ...

P「ぬいぐるみ1体に5つボイスが収録されてて押すたびに変わる仕様だ。激レアボイスは1/765に設定されてる」

春香「ななひゃくろくじゅうごぶんのいち……ですか。ひっくいですねー」

P「まぁ俺ならすぐに出せるけどな」ポチッ
<イチバンウシロノヒトモチャントミエテルカラネ-!!

春香「な、なんだか恥ずかしいですね……///」

P「連打すると面白いぞ」ポチチチチチチチチチッ
<ププププロイチスッスッウゥ...ププイチ...

春香「もう少し優しくしてくださいよ!」

P「おっ、ぬいぐるみだけ優しくするんでいいのか?」

春香「えっあっいや、その……うぅ、ずるいですよプロデューサーさん」

P「冗談だよ冗談、TASジョーク」


49 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/23(日) 05:22:57.00 :rG55035m0

★メモリ弄ってED★
P「みんなの努力が実って、ついにゴールデン生放送と記念ライブが決定した!」

春香「やりましたねPさん……ぐす」

千早「まだ泣くのは早いわ春香。このライブを成功させてからよ」

真「そうさ! それにこれからもっと忙しくなるんだからね、へへっ」

雪歩「わ、私でもファンのみなさんに元気を与えられるなら……がんばります!」

亜美「おーおーゆきぴょんもたくましく成長したNE」

真美「ゆきほはわしがそだてた……ってやつだNE」

伊織「育てたのはPでしょ、まったく」

やよい「そうだよね、Pはすごいですっ!」

あずさ「私たちもアイドルとして立派に成長できたものね~」

美希「ハニーのおかげでミキたちの将来もキラッキラに輝いてるの!」

貴音「まこと感謝の極みです」

響「ありがとうな、P!」

律子「私もPとして色々と学ばせていただきました。そしてこれからも、頼りにしていますよ」

P「さぁみんな! ステージまでダッシュだ!」

一同「765プロ~ ファイトオー!!」

ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ――




小鳥「……ドゥエ走りはどうにかならなかったのかしら」


END


50 :◆nZk5ePRW4w :2017/07/23(日) 05:28:48.69 :rG55035m0

ネタが尽きてしまったのでこれにて完結です。
TAS動画だとサガフロが好きだったので絡ませたかったのですが、私の脳内では巧く構築できませんでした。

初VIPだったので何か至らぬことがありましたら申し訳ないです。
また何か765で書くかもしれないので、そのときはレスをくれたらリアルで狂喜乱舞ドゥエします。

では、お粗末さまでした。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】高木「紹介しよう!新しいPだ」T.A.SP「ドゥエドゥエドゥエ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500410031/