スポンサーリンク

モバP「ん?何だこのグルグルした黒いグミ?」 

0

モバP「ん?何だこのグルグルした黒いグミ?」 

モバP(以下P表記)「えーと…シュネッケン?聞いたことないお菓子だな」

P「いっぱいあるし、食べてもいいよな」

P「ひとつもーらい、っと」パクッ…モグモグ

P(…さーて、今日も一日仕事がんばr)モグモ

P「」ブフゥッ!!
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 11:39:54 :RpViTze6
P「うぶっふぅえっ!!おっげぇ!!がっはごっほぉ!!」ゲホゲホ

P「くっそ!くっそマズ!!ぶぁはっwぶはっww!やべぇ、なんかわかんねえけどマズすぎてわらえてきたwwwがぼほぉっw!!……おろ、おろろろ……」オロロロロ

P「……はぁ……はぁ……」

P「……なんだコレ……なんなのなの……」

P「噛んだ瞬間に口の中にタイヤの香りが広がったの……」

P「お花畑がみえたって思うな……」

P「……」
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 11:47:18 :RpViTze6

ちひろ「おはようございまーす」

P「あ、ちひろさんおはようございます」

P「お菓子差し入れてもらったので、おひとつどうぞ」つシュネッケン

ちひろ「なんですかこれ?グミ?」ヒョイッ

P「結構美味しかったですよ。コーラグミみたいです」

ちひろ「へぇー」パクッ
ちひろ「」ブフォッ

P「んっはwwwwww」バンバンバンッ!!
4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 11:57:06 :RpViTze6
ちひろ「げほっげほっ!!?…なっ、なんですかコレ……かはっ…」ゲホゲホ

P「ひーwwwはらw腹いてぇwwwwwwざまぁwwwwww」

ちひろ「プ、プロデューサーさん……ハメましたね…?」ゴホゴホ

P「正当なw罰だろwwwこの課金ババアwwwwww」

ちひろ「……」

ちひろ「」ニコッ

P「クズの分際で調子こいてすみませんでした」ドゲザ
5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 12:08:19 :RpViTze6

ちひろ「……ほんと、コレ何なんですか?タイヤの断片とかですか?」

P「俺が聞きたいくらいですよ」

ちひろ「…シュネッケン……こんなのがお菓子として販売されてるなんて…」

P「話のネタに売れるってやつですかね。きくぞ○ラーメンみたいな」

ちひろ「マズイマズイ言われてると興味わきますからね」

P「これは本当にマズイですけどね」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 13:25:32 :RpViTze6

杏「……おはー…」ガチャッ

ちひろ「おはようございます杏ちゃん」

P「収録は昼過ぎからだぞ?」

杏「だいじょぶ。ただ寝に来ただけだから」テクテク…ポスンッ

P「何が大丈夫なんだ」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 15:01:25 :RpViTze6

杏「時間になったら起こしてくれればいーよ。我はねるー…」zzZ…

P「……」

ちひろ「……」
P「……」ヒョイッ

P「……」テクテク
杏「くかー」

P「……」ポイッ

杏「…あむ……」パクッ
杏「!?!?!?!?」ガバッ
9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 15:47:33 :RpViTze6
杏「べっ!げほっげほっ!!うえぇっ…」

P「おはよう杏」

杏「ぺっ…ぺっ……なにこれぇ…まだ変な味がするんだけど……」

P「シュネッケンっていうお菓子だ」

杏「……タイヤ味のやつか…」

杏「…プロデューサー」

P「うん」

杏「このグミのせいで杏はもう再起不能だよ」

P「うん」

杏「だから休みを」

P「とりあえずアメで口直ししとけ」ポイッ

杏「あむ」パクッ

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 21:56:13 :RpViTze6
このとき、双葉杏は完全に油断していた。
Pが何かを差し出してきたとき
一瞬、またシュネッケンをたべさせられるかと杏は危惧していたが、
Pが差し出したのは、杏が危惧していたシュネッケンではなかった。
Pは懐から、包装に『コーラ味』と書かれているアメをひとつ取りだし、
中身を杏の口の近くへと差し出していたのだ。
杏はそれを見て、目の前の、この『黒い球体』を『コーラアメ』だと確信した。
そして、そいつが口の中へと侵入してくるのを許してしまった。
15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 22:12:58 :RpViTze6
口を閉じた瞬間、
彼女はほんの僅かに違和感を感じていた。
このとき吐き出していれば、彼女は助かっていただろう。
だが、もう遅い。
違和感など気に止めず、口の中で幾度か『そいつ』を転がしてしまった。
ころん、ぬとっ、べちゃぁっ……
杏「」ゴフッ

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 22:24:48 :RpViTze6

ちひろ「杏ちゃん完全に気絶してましたけど」

P「いやあー、あの『サルミアッキ』ってやつも不味いやつだったんですねー」

ちひろ「味も分からずに食べさせたんですね。…っていうか、いつ準備したんですか……」

P「シュネッケンの束に埋もれてたのを見つけたんで……」

P「ダミーとしてコーラ飴の袋に未開封っぽく入れといて、誰かにイタズラで使おうかなー……と」

P「『未開封の袋から出てきた』って概念があれば、入れ替えとは思わず、多分安心して食べるじゃないですか」

ちひろ「なるほど」

ちひろ「最低ですね」

P「ありがとうございます」
17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 22:39:53 :RpViTze6

飛鳥「おはよう」ガチャッ

P「おお、飛鳥おはよう」

ちひろ「おはようございます飛鳥ちゃん」
P「飛鳥、外暑かっただろ。アイスコーヒー飲むか?一気に作ったからちょうど余ってるんだよ」

飛鳥「…そうだね、余ってるなら貰おうかな」

P「わかった」スタスタ

ちひろ(プロデューサーさん、コーヒーなんて作ってたかしら…?)
18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 22:46:24 :RpViTze6

P「ほれ、おまたせ」コトッ

飛鳥「ありがとう。早速いただくよ」ヒョイッ

飛鳥(…黒い……)
飛鳥(いつもならボクが『ブラックで』と言っても、ミルクを入れてくれるのに……)
飛鳥(……砂糖も入っていなさそうだ…)

飛鳥(なんで……)

飛鳥(……)

飛鳥(……!)
飛鳥(そうか……!!)

飛鳥(これは………試練!!)

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/23(木) 23:19:13 :RpViTze6
飛鳥(これは……大人に近づくため……大人となるための試練!!)
飛鳥(それを今、プロデューサーはボクに投げ掛けている……)ジッ…

P「……ん?どうした?」

飛鳥「…いや、何でもないさ」

飛鳥(…よし、余裕で飲みきろう。そして言ってやるんだ。『コーヒーはブラックだ』……ってね)

飛鳥(…もう大丈夫だ。最近は砂糖もミルクも徐々に数を減らしてきたから……)

飛鳥(…下手にチビチビ飲むと、逆にアレだし…一気にいこう)
22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/24(金) 06:12:14 :DHmd.qN2
飛鳥「……」
『一気に飲む』
その行為は、死へのカウントダウンを早めるだけなのだ。
彼女は、それを知らなかった。
飛鳥「」ゴクゴクゴクゴ

飛鳥「んぶぅっ!!?」ブフーーッ
23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/24(金) 06:20:24 :DHmd.qN2
飛鳥「うぇっ…!えほえほっ……ごほっ、こほっ!!」

飛鳥「こっ、これは……な、こほっ……」
P「あんなに勢いよく行くとはなぁwwwwww」

飛鳥「……!!」
P「シュネッケンをミキサーで刻んで、煮詰めてなんやかんやした物体を……」

P「コーヒーだと信じて飲むとかwwwwww」

飛鳥「……おまえ…」

P「危機管理能力がなってないんじゃないですかwwwwww」

飛鳥「」ドゴオッ

P「おぼぉふっ!!」ドサッ
25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/24(金) 08:31:15 :DHmd.qN2

ちひろ「飛鳥ちゃん屋上行っちゃいましたよ」

P「まさかアイドルが、渾身の右ストレートをみぞおちに決めてくるとは思いもしませんでした」

ちひろ「真顔で殴ってましたもんね」

P「いやあ、まだ痛みますね」

ちひろ「もしかして興奮してますか?」

P「もしかしなくても興奮してます」
ちひろ「最低ですね」

P「ありがとうございます」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/24(金) 20:05:21 :EsQkkG4o

ありす「おはようございます」ガチャッ

ちひろ「ありすちゃん、おはようございます」

P「おっはー、りすりす」

ありす「りすりすって何ですか」

P「あ、そうだ。苺料理のトッピングに似合いそうな材料を見つけたんだよ」

ありす「興味深いですね」
P「それがこちら」つ◎

ありす「黒い……グミ、でしょうか?見るからにゲテモノに見えますが」

P「ところがどっこい、すげぇ旨かったんだよこれ」

ありす「…一見信じられませんが……」
30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/24(金) 20:18:52 :EsQkkG4o
P「多分、いちごパスタとかに合うんじゃないかな」

ありす「そうですね…時間もありますし、早速作ってみましょうか」

P「いや、そこまでしなくていい。ただ、合うかどうか食べて判断してみてくれ」

P「やっぱ俺の素人舌じゃ、な?完璧には分からないから」

ありす「……」
ありす「その前に、その食べ物の名前を教えてください」

P「……っ!」ギリィッ…

ちひろ(ありすちゃんは強敵ね)
32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 08:23:03 :JtRpmHq2
P「……」
P「名前?あー、俺が来たときには袋から出されてて、中身だけ皿の上に乗ってたから……わからん。すまない」

ありす「…いえ、別に謝られるようなことでは……。とりあえず、ひとつ食べてみます」

ちひろ(謝りを付け加えることで不信感を和らげた……!)

ちひろ(そこまでしてアイドルを地獄に叩き落としたいんですね……)
P「ほい。ベタベタするから、早く口に入れちゃった方がいいかもな」つ◎

ありす「わかりました」パクッ
ありす「……」モグモグ

P「……」
ありす「……」モグモグ

P「…………」
ありす「……」ゴクン

P「………………!?」
33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 08:30:14 :JtRpmHq2
ありす「確かに悪くありませんね」

P「……ぇ…」
ありす「この苦味と独特の香りは、甘酸っぱい苺とのアクセントになる気がします」

P「……お、おう…」
ありす「お陰で、新しい苺料理が思い付きました。ありがとうございます」

P「……そうか…良かったな……」
ありす「レッスンから戻り次第作ろうと思うので、試食お願いします」

P「」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 10:09:58 :JtRpmHq2

P「ちひろさん」

ちひろ「はい?」
P「今日のありすのレッスン伸ばせませんかね。俺が帰った後くらいまで」

ちひろ「無理ですね」
P「そこをなんとか。ちひろさんに今日中の書類半分あげるんで」

ちひろ「しね」

P「ありがとうございます」
37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 16:43:08 :JtRpmHq2

幸子「おはようございます!今日もカワイイボクが」ガチャッ…

P「はい、あーん」つ◎ ポイッ

幸子「あむっ?な、なんですかこれ……」モグモグ
幸子「」ブフッ
38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 16:46:12 :JtRpmHq2

みく「おはよーにゃ~」ガチャッ

P「おらよ前川」つ◎ ポイッ

みく「むぐつ…こ、これ一体なんに…」モグモグ

みく「」ガフッ
39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 16:49:49 :JtRpmHq2
ちひろ「二人の扱い酷くありませんか?」

P「あの二人はわざわざ騙す必要ないかなーって」

ちひろ「なるほど」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 22:49:22 :JtRpmHq2

菜々「おはよーございます!」ガチャッ

ちひろ「おはようございます、菜々さん」

P「おはようございます菜々さん」

菜々「だからなんで私には敬語なんですか!年下なんですからタメ語で話してください!」

P「……いや、ねぇ?そんな、人生の大先輩に……ねぇ?」

菜々「菜々はリアルJKです!!」
43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 22:57:43 :JtRpmHq2
P「まあ、とりあえずこれでも食べて(機嫌直してくれ」つ◎

菜々「見たことないお菓子?ですね。外国のお菓子ですか?」パクッ
菜々「」ゴファッ

P「」ビチャァッ
44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 23:06:45 :JtRpmHq2
菜々「げっほげほっ!なななっ、なんですかこれ!シンナーですか!!?」

P「人生の大先輩からの洗礼を受けた……」ビチャァ…

菜々「すっ、すみません!……というより、元はと言えばプロデューサーさんのせいじゃないですか!」

P「まあ、確かに」
P「というか、今の高校生って『シンナー』って単語使うんですか?」

菜々「え”っ」
P「……」

菜々「……」
菜々「あ!ウサミン星からの電波を受信しました!ちょ、ちょっと行ってきます!」ダッ

P「…………」

P「アベナナサンジュウナナサイ」

ちひろ「やめてあげてください」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 23:12:42 :JtRpmHq2

友紀「おっはよー!」ガチャッ

ちひろ「おはようございます友紀さん」

P「ご機嫌だな。……あ、そうか。今日はキャッツの試合だったな」

友紀「そーなんだよプロデューサー!家で一人で見るのもアレだし、ここで見よーと思って」

P「見るためだけに来たのか」
51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 23:20:42 :JtRpmHq2
P「おお、そうだ。いいおつまみがあるぞ」つ◎◎◎◎◎

友紀「んー?なにそれ?」ゴクゴク

P「最近見つけたんだけどな、独特な苦味が酒に合うんだ」

友紀「へー!ちょうだーい!」パクパクパクッ
友紀「……うーん?あんまり味わかん……ない…」モグモグ……
友紀「……」ピタッ……

友紀「」ゲロロロロ
52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/25(土) 23:24:13 :JtRpmHq2

ちひろ「友紀さん大丈夫ですか?」

P「とりあえず復活しました。一回吐いて楽になったみたいですね」

P「……いやあ、差し出した分全部食うとは思いませんでした」

ちひろ「ただでさえあの量なのに、お酒飲んでたから余計に気持ち悪くなったんでしょうね……」
P「いやぁ……友紀のゲロならぶっかけられても構いませんね」

ちひろ「きめぇ」

P「ありがとうございます」
55 :◆JOQh7hK1z.:2015/07/27(月) 20:15:46 :sajz50Bo

きらり「うきゃー☆おっすおっす!」ドガァ

ちひろ「おはようきらりちゃん」

P「おお、きらりか」
きらり「杏ちゃんもうきてるぅ?」

P「そうか、今日の収録は二人でやるんだったな。杏は……寝てるよ。うん」
56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/27(月) 20:18:38 :sajz50Bo
P「それより、お菓子食べるか?」

きらり「食べたいにぃ!」

P「はい、あーん」つ◎

きらり「はぴはぴ☆」パクッ

モグモグ…

きらり「にょわー!!!!」ベキッ

P「おごふっ」グシャァッ
57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/27(月) 20:25:26 :sajz50Bo

きらり「…もう、Pちゃん!イタズラはめっ!だよ!」

P「ああ、すまなかったきらり。」ズタボロ

P「死ぬかと思いました」

ちひろ「トラックに激突した人みたいな吹き飛び方してましたもんね」

ちひろ「杏ちゃんに食べさせたことばれたら、もう一回吹き飛ばされるかもしれませんよ」

P「…………」

P「ゾクゾクしますね」

ちひろ「最低ですね」
58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/27(月) 20:32:44 :sajz50Bo

まゆ「おはようございまぁす…」ガチャッ

ちひろ「おはようございます、まゆちゃん」

P「……」
まゆ「Pさぁん……」

P「…うん?なんだい?」
まゆ「まゆ……Pさんが望むなら、いくらでも食べますよぉ?」

P「はっはっは。何を言ってるのか、よくわからないなあ」
まゆ「苦痛に歪む顔を見せればいいですか?吐けばいいですか?それとも、気絶すればいいですか?」

P「よくわからないけれど、気持ちは受け取っておくよ。ははは、ありがとうままゆ」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 10:06:23 :LLuNsnkA
まゆ「じゃあ、10個くらいでいいですかぁ?」つ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

P「ギネス記録狙ってるのかな?数えててあげるよ」
まゆ「Pさぁん、見ててくださいね…♪まゆ、Pさんのために全部食べきってみせますから……」パクッ…

P「ひとーつ」
まゆ「ぶふっ」ブフォッ

P「」ベチャァッ
65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 10:22:04 :LLuNsnkA
まゆ「げ、げほっ!こほっ!…ご、ごめんなさ…Pさ…おろろろろ……」オロロロロ…

P「これはマーキングかな」ビチャビチャビチャ
まゆ「けほっ……ま、まだ諦めません……ぉぇっ……あむっ…。……うえ”えっ!」パクッ……オロロロロ…

P「もう食べなくていいよ?何と闘ってるの?」ビチャビチャビチャ
まゆ「……はぁ……はぁ……」

まゆ「…ごめんなさいPさん……体中汚してしまおろろろろろろ」オロロロロ

P「凄い勢いで吐いてるけど大丈夫なの?」ビチャビチャビチャ

まゆ「けほっけほっ!だ、大丈夫です……ぴ、Pさん……本当にごめげろろろろろろろ」オロロロロ

P「本当に大丈夫?病院行く?」ビチャビチャビチャ
66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 10:26:41 :LLuNsnkA

P「一応酔い止めとか飲ませて、仮眠室で寝かしときました」

ちひろ「正直、まゆちゃんは全部食べきると思ってました」

P「ポンコツままゆでした」

ちひろ「担当アイドルをポンコツとか言っていいんですか」

P「誉め言葉です」

ちひろ「なるほど」
ちひろ「…あ、スーツ着替えたんですね」

P「あれは永久保存版となりました」

ちひろ「結局変態じゃねえか」

P「ありがとうございます」
68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 16:17:23 :LLuNsnkA

ありす「ただいま戻りました」ガチャッ

ちひろ「お帰りなさいありすちゃん。レッスンお疲れさま」

P「おう、お帰りありす」

P「……」

P「あ」

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 20:36:21 :LLuNsnkA
ありす「プロデューサー、あの」

P「あ、すまんありす。俺営業行ってこなくちゃいけないから、作り終わるの待てないわ。ごめんな」イソイソ

ありす「いえ、もう作り終わってますので、試食をお願いします」

P「Oh……」
74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 22:42:24 :LLuNsnkA
ありす「さあ、どうぞ」コトッ

[いちご◎ソースパスタ◎添え]
[いちご◎絞りジュース]
[◎のいちごソース炒め]

P「ごめんな、食べる時間もなi」

ありす「くえ」ググググッ

P「うぶぶぶぉげっ!おげらっしゃあっっ!!」ゲボァッ
75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 22:49:03 :LLuNsnkA

P「今度こそ死ぬかと思いましたおぼろろろろろ」オロロロロ

ちひろ「逆によくまだ生きてますね」

P「なんとか逃げてこられましたが、これ以上食ったら死にますね」

<プロデューサー、ドコデスカー。マダ、アマッテマスヨー。

P「……」

ちひろ「……」
76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 23:07:49 :LLuNsnkA
ちひろ「軽いホラーですね」

P「俺ちょっと打ち合わせいってきますね」ダッ

ちひろ「逃げやがった……」

P「…ふう、楽しかったな」

P「さて、765プロのプロデューサーさんとの打ち合わせがあるわけだが……」

P「……」
P「これ差し入れするか」つ◎

おわれ

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/29(水) 23:12:18 :LLuNsnkA
残った◎は、
レッスン後で腹ペコとなった大食い系アイドルたちが
美味しくいただきました。

765プロ版も書こうと思ってたけど、
既にサルミアッキのSSがまとめられてた。
シュネッケン、興味沸いた人いたら、食べてみてね
78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/30(木) 02:54:30 :tjn4JDWQ
調べてみたけどかなりヤバそう
というかさらっと流してるけど大食い系の人たち平気でこれ食ったのか

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2015/07/30(木) 23:21:48 :cs3Wm.Jo
サルミアッキだかは前に食ったけど薬草っぽい位でまぁ食えなくはなかったで
アレよりもむしろ板藍飴とかいうのど飴のがキツかったわ

SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介です

0

『モバP「ん?何だこのグルグルした黒いグミ?」 』へのコメント

  1. 名前:敏腕プロデューサー 投稿日:2016/09/06(火) 02:44:40 ID:5d4c0033e 返信

    どっちもベジマイトよりはマシだけどな。

  2. 名前:2018売れっ子プロデューサー 投稿日:2018/05/31(木) 01:39:54 ID:e055a833e 返信

    シュネッケンもサルミアッキも密林で普通に子供でも買える値段で売ってるからな(一袋1000円しない)