【SS速報VIP】モバP「男子力」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468585148/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/07/15(金) 21:19:09.17 :V/ZcR1Uqo

P「男子力を上げようと思うんですよ」

ちひろ「………?」

P「お、ちひろさんが困惑してるぜ、珍しい」

ちひろ「というか唐突すぎますよ、そもそも何ですかソレ?」

P「俺も知りません」

ちひろ「えぇ…」


2 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:19:50.20 :V/ZcR1Uqo

P「とはいえ女子力はあるじゃないですか」

ちひろ「具体的ではないですけどまあ一応」

P「ならば男子力もあるのは必然だと思うんです」

ちひろ「そうなんでしょうか…?」

P「この女子だらけの我が事務所、俺も押されないように男を鍛えようかなと!」

ちひろ「はあ、でも知らないならどう鍛えるのかと?」

P「ちょっと皆に聞いて回ってみますよ、これだけいるんですから誰か知ってます」

ちひろ「…人選にはくれぐれも気を付けて下さい」


3 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:22:09.06 :V/ZcR1Uqo

P「ははは何を形容しがたい顔してるんですか、平気ですよ平気」

ちひろ「だといいですね」

P「あ、そうだ、せっかくだからちひろさんにも聞きますけど男子力って何だと思います?」

ちひろ「たくさんお金を稼いでくれるかどうかですかね」

P「期待を裏切らないど真ん中ストレートの返答ありがとうございます」

ちひろ「うふふ」

………
……

P「さーてそれじゃ早速聞き込みと行くか」

P「とりあえず初めに見かけたアイドルに声をかけるとして…ん?」

巴「…………」

P「巴か………………いけるな!」

 
4 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:27:57.65 :V/ZcR1Uqo

P「(巴の周りには親父さんの仕事繋がりの若い衆っていう男らしい人が多いらしいしいい答えをくれそうだ)」

P「よっおはよう巴、今日もいい日だな!」

巴「おう、おはようございますP…朝から随分と機嫌がいいの、どうしたんじゃ?」

P「ちょっくら男子力を鍛えようと決めたんだ」

巴「…あ?なんじゃそのけったいな言葉」

P「眉間にしわ寄せるなよ、可愛いけど」


5 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:31:12.59 :V/ZcR1Uqo

巴「だから可愛いはやめえや、調子狂うわ」

P「(そういう所がさらに可愛いと言いたいけど言ったら怒られるから我慢しよう)」

巴「で、どういう意味なんじゃ?そのだんしりょくとかいうのは」

P「意味合いとしては男らしさかな」

巴「男らしさ?ほうそーかそーか、Pもちっとはそういうのを気にしてく事にしたんか?」

P「え、俺って今まで巴から見たらちょっとも男らしさ無かったのか?」

巴「……………まあ、男の魅力はそれだけじゃないぞP」

P「割とショック…」

 
6 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:37:55.97 :V/ZcR1Uqo

巴「ふん、自分で聞いておいてへたれるなや」

P「ぐぬぬ…それで巴から見たら男子力、つまり男らしさって何だと思う?」

巴「うん?うちに聞くんか?」

P「おうとも、参考にしたくてな」

巴「そーいうのは人に聞かず自分で見つけてこそじゃ…って所じゃが、まあええか」

P「いいのか?」

巴「おう、Pの頼みじゃし、それに直ぐ身に付く方法をうちは知っとるしな」

P「なんと、そこまでとは思わなかった…それは一体?

巴「P、家の組のもんになれや」

 
7 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:47:17.32 :V/ZcR1Uqo

巴「男らしさってのは口で説明できるもんじゃなか、じゃが家の組にでも入れば嫌でも身に付くぞ」

P「(えーっと巴の親父さんの会社の事だよな?、いかつい人多いし体育会系なんだろうな)」

巴「どうじゃ?うちは歓迎するぞ?他の奴らはうちが黙らせたるし不便はかけさせん」

P「体で覚えろっていう魅力的な提案ではあるが…プロデューサーやってる以上難しいな」

巴「むっ」

P「二足の草鞋が出来るほど簡単な物じゃないだろ?」

巴「表の顔で別の仕事持ってる奴はおるぞ」

P「え?」

巴「じゃが、言う通りじゃ確かに難しいの、少なくともプロデューサーやりながらじゃ無理じゃろうな」

巴「もし辞めたとしたらうちとPがこれから先のアイドル道を歩く事もできんし…うむ、これは駄目じゃ」

P「だな」

 
8 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 21:52:21.37 :V/ZcR1Uqo

巴「うーむ…」

P「そう上手くは行かないか、だがありがとうな巴話聞いてくれて」

巴「…………」

P「よしじゃあ次の相談相手を探しに行くかと」

巴「待てやP」

P「ん?」

巴「家の組のもんじゃなくて『うち』のもんになればええ」

P「…?それってどういう意味だ?」

巴「前々から言っとるじゃろ、うちと契りを交わせと」

P「…………?」

 
9 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 22:03:04.31 :V/ZcR1Uqo

巴「ええ機会じゃ、ここらで白黒つけようや」

P「…ああそうだな」

P「(とは言ったけど実は正直良く解らないんだよな…
突っ込んで聞くと何故か誤魔化されるし、契約って事だけは解るが何するかが未だに)」

巴「大丈夫じゃ、Pが不安に思うのも無理はないが…悪い様にはうちがさせん」

P「そ、そうか?頼もしいな」

巴「そうなればそれこそ嫌でも何でもPに男らしさは身に付く事になるぞ」

P「(どうなるんだよ俺…)」

 
10 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 22:08:52.55 :V/ZcR1Uqo

P「(あかんな流されるままじゃ駄目だ、ここらではっかりさせるか)」

P「あー巴よ、ところで結局それってどういう意味で」

巴「さあどうじゃ、答えろや」
ズイ

P「って、お、おいちょっと近いぞ」

巴「Pが答えたら離れたる」

P「いやこの距離は巴の可愛い顔が近すぎるからさ、な?」

巴「…………」

P「(よし眉間にまた皺が寄った、これなら…)」

巴「…別にPになら近くで見られてもええ、可愛いは慣れんが…悪くはないわ」

P「」


12 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 22:17:22.74 :V/ZcR1Uqo

巴「…………」

P「…………」

巴「…………」

P「…………」

P「(うむ、もうこの状態で誤魔化す方法など無い、俺も腹をくくるか)」

P「(それに解らなくてもここまで巴が真剣なんだ、それなら受け入れる事にためらいも───)」

「おはようございますわ」

P「えっ?」

巴「…っ!」
バッ

「あら?そんな急に離れる何て一体どうしたんですか巴さん?」

巴「おのれ…何時から…!」

P「この声は…」


16 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 22:32:21.95 :V/ZcR1Uqo

P「桃華か?」

桃華「はいPちゃま、御機嫌ようですわ…ところでお話の邪魔でしたでしょうか?」

P「え、ああ、おはよう、ちょっと立て込んでたけど巴?」

巴「…もうええわ、人前で話すもんじゃなか」

P「そ、そうか」

巴「っけ、しかしええタイミングで話の邪魔したのう?盗み聞きとはいい趣味しとるわ」

桃華「あらPちゃまの解らぬ間に囲おうとするのはいい趣味なのかしら?」

巴「…………ほう」

桃華「…………うふふ」

P「(空気が重い)」


19 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 22:48:02.80 :V/ZcR1Uqo

巴「おのれやっぱり解っててやったんじゃな?あ??」

桃華「あらあら怖いですわ、そんな皺の寄った顔アイドルがしてはいけませんわよ?」

P「(二人から龍虎のオーラが見え始めてる…)」

P「ま、待て待て二人とも、喧嘩は良くないって」

巴「…っち」

桃華「そうですわねPちゃまの前でそんなはしたない真似はいけませんわ…それにわたくし用事があるのです」

P「そうだったのか?ひょっとして俺を見つけたのもそういう理由か」

桃華「はいですわ、ちひろさんから聞きましたけどPちゃまは今殿方の魅力を追求してるのですのよね?」

P「おう男子力をな」

桃華「…………はぁ」

P「(巴ほどじゃないけど眉間に皺寄ってる、可愛い)」

 
20 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 23:03:02.11 :V/ZcR1Uqo

桃華「そういう訳でわたくしもPちゃまにアドバイスを差し上げようかと思ったのです」

P「成る程、ありがとうな」

桃華「いえいえ、それでは早速ご説明をしますわね」

巴「待てや、Pが求める男らしさはもううちが見つけたわ」

桃華「あら?そうでしたか?それは何よりですわ」

巴「何?」

P「え?」

桃華「ですが殿方…いえ男子力という物はまだはっきりとしていないのでして?
それならわたくしの意見も聞いた方がきっとPちゃまのためになりますわ」

P「あーそれはそうだな、色々聞いてみたかったし」

巴「っ…!」

桃華「ふふっ」


23 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 23:17:03.89 :V/ZcR1Uqo

巴「ふん、ええじゃろ、比べればうちとどっちがええかはっきりするわ」

桃華「それはわたくしも望むところですわ」

P「いや俺はどっちも参考にしたいんだけど」

巴「駄目じゃ」

桃華「駄目ですわ」

P「えぇ…」

桃華「そういう訳でPちゃま?準備の方はよろしくて?」

P「え、あ、おう、なんだか流されてばかりだがOKだぞ」

桃華「ではお伝えします」
ズイ

P「何故近寄る」

桃華「さっきの再現ですわ、こうしてすり寄って条件を同じにしないと不公平ですもの」

巴「う、うちは擦り寄っとらんわ!」

 
24 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/15(金) 23:22:49.53 :V/ZcR1Uqo

P「(また顔が近いけど…まあさっきと違って解ってるし楽しそうだしいいか)」

桃華「あら?Pちゃま?わたくしには可愛いとは言ってくれないのでしょうか?」

P「え?いやそりゃ桃華は可愛いけど、それで離れたり怒ったりしないし言う必要ないだろ」

桃華「…言ってくれないとさらに近寄りますわ」

P「桃華の可愛い顔が近すぎるから離れて欲しいなー」

桃華「嫌ですわ♪」

P「そっか」

巴「おのれら…遊んどらんとさっさと始めえや」


32 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 19:00:03.23 :Ct2ISkkEo

桃華「あらせっかくのPちゃまとの逢瀬なのに、横やりは無粋ですわよ?」

巴「」
ピキピキ

P「(巴の表情が放送できないレベルに!)」

P「た、頼むって桃華、何時までもこうしてはいられないだろ?」

桃華「わたくしはずっとこのままでもいいですわよ、ふふっ」

P「」

桃華「とはいえ…Pちゃまの頼みでは仕方ありませんわね、そろそろ始めましょう」

 
33 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 19:07:44.51 :Ct2ISkkEo

桃華「桃華が思う殿方の魅力という物は…きちんと責任を取って下さる方、ですわ」

P「責任?」

桃華「口に出した事や行動した事には当然結果が付いて回ります」

桃華「それが望む結果でも望まない結果でも受け入れて、責任を取って進んでくださる方は男子力という物に溢れてると思いますわ」

P「それは確かに男らしいな!」

桃華「でしょう?そういう訳でPちゃまは責任を取ってわたくしの物となるのです」

P「そうだな!……ん?」

巴「待てやコラ」

 
34 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 19:14:23.99 :Ct2ISkkEo

P「ああ、つい同意しちゃったがちょっと待て、何故そうなるんだ」

桃華「Pちゃまはわたくしをスカウトしましたよね?」

P「したな」

桃華「そして桃華はアイドルになった訳です」

P「うむ」

桃華「それ以来桃華の生活は大きく変えられてしまいました」

P「それは…間違いないな、普通の生活だったのがアイドルになって大変だったよな」

桃華「はい、レッスンにお仕事にアイドルの皆さんとの出会いに…あの出会いからわたくしの人生はもうPちゃまに染められたも同然です…」

P「お、おう」

 
35 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 19:31:41.35 :Ct2ISkkEo

桃華「だからPちゃまは責任を取るべきなのですわ」

P「だが普段からサポートやレッスンなどお世話はしてるつもりだぞ?それに手を抜いた事も無い」

桃華「それは解ってますわ、Pちゃまの気持ちは痛いほどに」

桃華「でもそれでもPちゃまがわたくしを見てくれるのはお仕事だから、何時かPちゃまは必ずわたくしから離れてしまいます」

P「それは…何にも終わりはあるからな、しょうがないさ、それに終わっても縁が切れる訳では無いぞ?」

桃華「今の関係よりPちゃまと離れるのは無理ですわ、わたくしの体はもうPちゃま無しではいられませんから」

P「誤解招きそうだからその言い方は止めて」

桃華「さあ!これでわかりましたわね?Pちゃま!男らしくあるのならば、わたくしと供にあるのです!」

 
36 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 19:47:35.19 :Ct2ISkkEo

桃華「…………」

P「…………」

P「(男子力の話で何故こうなった)」

P「(が…言う事に一理あるのも事実、これだけ桃華が思っていたならばそうする事になった俺に責任がある)」

P「(ものと言われても具体的には謎だが…受けいれるべきか…?そしてそれこそが男子力という物であるのか……?)」

巴「ふん、くだらんわ」

P「っ!」

桃華「…あら、どういう意味でしょうか?」

巴「そのまんまじゃ、Pが押しに弱いのをええ事に良く言うわ」

桃華「そうですわね、巴さんも先ほどそこを上手く突いてましたし」

巴「うっ…あ、あれは力みすぎただけじゃ!うちはそげな事せんわ!」

P「(押しに弱かったのか俺…?)」

 
37 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 20:13:39.92 :Ct2ISkkEo

巴「第一じゃ桃華の言い分にはうちもあてはまるぞ?それはええんか?」

P「そういやそうだった」

桃華「Pちゃまがわたくしを見る目は他の人とは特別違いますもの」

巴「うちだってPからの視線は特別心を感じるぞ」

P「なあ二人とも、外でそういう言い回ししてないよな?」

桃華「え?してますわよ?皆驚いてくれますわ」

巴「うちもそうじゃが、別にええじゃろうちとPの仲だし」

P「(不安しかない)」

 
38 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 20:23:59.82 :Ct2ISkkEo

桃華「でもまあ…Pちゃまは誰にでもお優しいですから巴さんが勘違いしてもしょうがないですわね」

巴「よっしゃその喧嘩買ったる」

P「だから待ってくれ、喧嘩は良くないって」

桃華「巴さんとは何れはこうなる運命なのですわ」

巴「あぁ、そうじゃ、もう血ィ見んことには収まらんわ」

P「いやいや何する気だよ一体!?」

 
39 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 20:54:08.17 :Ct2ISkkEo

P「(どうすりゃこの場を丸く収められる?何か、何かいい言葉は…)」

「駄目ですよぉ」

桃華「えっ?」

巴「なっ!」

P「(二人の間にいつの間に誰かが割り込んでいる…っ!?)」

「どんな理由が合ってもそういうのは駄目です」

 
40 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 21:00:21.70 :Ct2ISkkEo

巴「お、おのれどうやって…!」

桃華「目を逸らしてなどいませんのに…!」

「Pさんのためならこの程度容易い事です」

P「…そうかありがとう、そしてやっと目が追い付いて誰か解ったぞ、まゆか」

まゆ「はい、あなたのまゆですよ」

P「助けられたが…一体どのタイミングで現れたんだ?さっぱり解らなかったぞ」

まゆ「私は何時でもPさんのお傍にいますよ?」

P「えっ?」

 
41 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 21:09:34.03 :Ct2ISkkEo

まゆ「そんな些細な事はさておき、桃華ちゃん、巴ちゃん?」

巴「な、なんじゃ、おのれの出る幕じゃないぞ」

桃華「そ、そうですわ、まゆさんがどうにかできる問題ではありませんわよ」

まゆ「いえいえ、そんな事ありませんよ、まゆはお友達が喧嘩しそうになってるから止めるだけです」

桃華「そのお気持ちは嬉しいですわ、しかしわたくし達は決して相いれない勝負をしてるのです」

巴「そうじゃ、コレばっかりは争わん事には決着がつかんのじゃ」

まゆ「お二人の事情は解りました…けど、いいですか?」

まゆ「そんな事になったら預かってるPさんの立場ははどうなるんですか?」

巴「む………」

桃華「あら………」

 
42 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 21:12:40.48 :Ct2ISkkEo

P「え?そりゃ困るけど俺の立場とかそういう物までは別じゃ」

巴「そうじゃな、まゆの言うとおりじゃ」

P「えぇ…」

桃華「ですわね、わたくしたちのいざこざでPちゃまの立場を危うくするのは本意じゃありませんわ…」

まゆ「ふふ、解ってくれたんですね」

P「本当に何する気だったんだよ…」

 
43 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 21:21:32.25 :Ct2ISkkEo

まゆ「申し訳ありませんPちゃま…桃華はPちゃまの不利益になるのにもかかわらず自分のために暴走を…」

巴「P、すまんの、うちも大局を見落としとった、何も弁解はできん」

P「待ってくれ俺が男子力とか言い出したせいだから二人は悪くないって」

まゆ「いえいえわたくしが」

巴「いーやうちじゃ」

P「だから俺が」

まゆ「じゃあまゆが……どうぞどうぞ、なんちゃって」

巴「…………」

桃華「…………」

P「…………」

まゆ「コホン」


45 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 21:33:27.50 :Ct2ISkkEo

P「ここでボケをかますとはやるじゃないかまゆ」

桃華「意外ですわ」

巴「うむ」

まゆ「え、えーと今のは流してくださいぃ…でも、まゆもPさんに一ついいですか?」

P「ん?それってひょっとして」

まゆ「はい男子力です、ここでまゆの思う男子力をお話ししようと思うんですよ」

 
46 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:10:57.61 :Ct2ISkkEo

P「あーそうか、だがもうこんな事になってしまった以上止めようかと思ってるんだ」

まゆ「…大丈夫です、というよりそのためにまゆは言いたいんです」

巴「どういう事じゃ?」

桃華「まゆさん、一体何を…?」

P「まゆ…?

まゆ「…ではいきますね、まゆが思う男子力と言うのは」

まゆ「女の子のお願いを聞いてくれる事、です」

 
47 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:13:33.26 :Ct2ISkkEo

P「…ふむ、わがままか」

まゆ「はい」

P「それは所謂人の器の大きさにもなりそうだが、一つ間違えると甘やかせにもなってしまいそうだな」

まゆ「そうですね、確かに度合はあると思います」

まゆ「でも、女の子にはそういう所がどうしてもあるんですよ」

P「…………」

まゆ「甘えてお願いを言いたくなるのが女の子なんです」

P「それは、まあそうだが」

まゆ「それが信頼できる人であるなら尚更…に、ね」

巴「…………」

桃華「…………」

 
48 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:19:32.27 :Ct2ISkkEo

まゆ「男の人から見たら都合のいい事を言っていると思われそうですけど」

まゆ「それでもちょっとでも受け入れてくれたら素敵だな、ってまゆは思います」

P「…そうか」

P「まゆ」

まゆ「はい」

P「女子力高いな」

まゆ「うふふ」

 
49 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:31:40.65 :Ct2ISkkEo

P「そうだな、桃華と巴もそうだったのか」

P「(男子力の話題からついわがまま言っちゃったんだな…)」

桃華「…いえ、それでも度が過ぎましたわ」

巴「後ろを三歩後付いて行く…何てのは大概じゃが、そういいうのも必要じゃけぇ」

P「だがそれでも、二人とも思う事があったんだよな」

P「うん、決めたぞ」

桃華・巴『?」

P「巴、契りが何するか未だに解らんから…しっかり話してくれるなら俺も決めよう」

巴「…っ!お、おう!近いうちにP家に招待して皆の前で説明したるわ!」

P「(そ、そこまでするのか…結局何なんだ…?)」

 
50 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:39:20.73 :Ct2ISkkEo

P「それと桃華」

桃華「は、はいですわ!」

P「物とまでいかんが、そこまで言ってくれるなら俺も考えよう」

P「桃華のお家は大きいしな、俺の思う以上に桃華には変わった影響はあったんだよな」

桃華「…ええ、それはとても大きく」

P「桃華が望む形が何処までかを説明してくれるか?」

桃華「あ………勿論です!その時はわたくしもPちゃまをお家に招待してたっぷりゆっくりお話しします!」

P「どうして二人はそんな招待したがるのさ」

 
51 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:46:20.30 :Ct2ISkkEo

巴「…これで一歩進んだな」

桃華「それはわたくしも同じですわよ」

巴「…………」

桃華「…………」

巴「ふっ」

桃華「ふふっ」

P「(不敵に笑い合ってるが…仲直りしてくれて良かった)」

まゆ「あの…それでまゆもいいでしょうか?」

 
52 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:49:38.05 :Ct2ISkkEo

P「まゆ…?あ、そうだよな、そう言ったからにはまゆも当然わがままがあるよな」

まゆ「はい、こんな堂々とお願いするのもはしたないと思うんですけれど…」

まゆ「私もPさんにおねだりしていいでしょうか?」

P「はははここにきて断る理由何てないって」

まゆ「本当ですか?嬉しいです…」

P「いいからいいから、さあどんと来い」

まゆ「ありがとうございます…それじゃあPさん」

P「おうよ」

まゆ「まゆと結婚して下さい」

P「」

巴「」

桃華「」

 
53 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 22:57:59.43 :Ct2ISkkEo

まゆ「?どうしました?」

P「ちょっと聞き間違えちゃってな、凄い事が聞こえた気がしてな」

まゆ「まゆとマリッジして下さい」

P「うわあああああああ!!意味が変わってない!!」

まゆ「あれ?どうしたんですか?」

P「どうもこうもあるか!なんじゃそりゃあ!?」

まゆ「二人のお付き合いも長くなりましたしそろそろかなって」

P「お付き合いしてたの俺たち!?」

 
54 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 23:00:07.28 :Ct2ISkkEo

まゆ「え?Pさんとまゆのアイドル活動ってそう言う事ですよね?」

P「どういう解釈!?」

まゆ「もーわがまま言っちゃだめですよ?このゼクシィをくらってちゃんと答えて下さい」
ベシン

P「あいたー!?ってこらゼクシィは丸めて叩くものじゃないぞ、雑誌何だから!」

まゆ「そうこうして広げて読む物です…読んでくれますね?」

P「っ!これが誘導尋問…!」

桃華「な、 なんという冷静で的確な判断力なんでしょうか!」

巴「おのれらアホじゃろ」

 
55 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 23:04:39.89 :Ct2ISkkEo

まゆ「むぅ、Pさんは男子力のためにわがままを聞いてくれるじゃないんですか?」

P「そ、それはそうだが、限度があるだろ?」

まゆ「…しょうがないですね、じゃあ結婚じゃなくてお付き合いからでいいです」

P「え?」

まゆ「これくらいのわがままならいいですよね…?ねぇ…?」

P「そ、そうだな…?確かにわがままを聞くのが男子力で男の甲斐性だよな…?結婚とかは無理だけどそれくらいなら…?」

桃華「いけませんわPちゃま!これは初めに無理なお願いをして次のお願いが軽く見える心理術!」

P「っはあ!?危ないッ!?」

まゆ「…残念」
ニヤリ

巴「何じゃコレ」

 
56 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 23:15:31.97 :Ct2ISkkEo

まゆ「でも聞いてくれないとまゆだけわがままが叶えられません…そんなの泣いちゃいます───」

P「あ、あ、あ、…そうか、やっぱり受け入れ…」

桃華「お待ちなさい!ならわたくしも今ここでPちゃまと供にある事の誓いを────」

巴「だったらうちだってそうじゃ!こうなりゃやけじゃ!P今度こそうちと契りをせぇ!!はい意外の答えは認めんから───」

P「」

………
……








と、グダグダになって大騒ぎになって人が集まってきたのでその場はお流れとなった
ただ巴と桃華との約束は当然残るし、妥協したお願いにまゆと何処かに出かけるっていう約束もできた
これで3人とも多少はお願いを聞く事が出来たかなと思う



P「そんな訳で器の大きさというか、男子力はちょっとは身に付きましたかね」

ちひろ「Pさんにはありませんが3人に肉食な女子力と言うか男子力的な物を感じましたかね」

おしまい

 
57 :◆1ksIWCqdi2 :2016/07/16(土) 23:17:32.79 :Ct2ISkkEo

おしまい、読んでくれた方ありがとうございました
まゆは二人に対抗して何処に連れていくのでしょうか


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「男子力」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468585148/