【SS速報VIP】「はじめましてのご挨拶は」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467209050/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:04:10.66 :UwUjkB310

藤原肇ちゃんを中心にわちゃわちゃするSSです

短めです


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:07:16.60 :UwUjkB310

肇「おはようございます」

モバP(※以下表記P)「あぁ、おはよう。初出勤だな。昨晩は眠れた?」

肇「いえ……やっぱり、胸の奥がずっと落ち着かなくて。いつもより寝不足です」

P「ま、そんなに緊張することはないんだけどな。とりあえずこっちに」

肇「はい」

P「はい、どうぞ。ちょっと待ってもらうことになるけど、リラックスしてて」

肇「わかりました」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:08:13.74 :UwUjkB310

肇(ここが……芸能事務所)

肇(おもっていたより普通のオフィス、かな)

P「あぁ、そうだ。飲みものなにがいい?」

肇「あ……おかまいなく」

P「若いうちから遠慮を覚えてもいいことないぞ?」

肇「えっと、それならお茶を」

P「熱いのでいいかな」

肇「それでお願いします」

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:09:41.79 :UwUjkB310

肇(ソファ、ふかふか)

肇(やっぱりいいものなのかなぁ)

P「へい、お待ち」

肇「ありがとうございます」

P「そこにある雑誌とか好きに読んでくれていいから」

肇「はい」

P「じゃあ申し訳ないけど」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:11:56.29 :UwUjkB310

肇(神秘の歌姫、高垣楓……)ペラッ

肇(そういえばこの人、ここの事務所だったような)

肇(……トップアイドルにいきなり会えるわけなんてないか)

柚「じーっ」

楓「じーっ」

肇「……?」

柚「じ~~~~~っ」

肇「あ……お、おはようございます」

柚「柚たちが見える……!?」

肇「えっ」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:13:57.46 :UwUjkB310

楓「ふう、座っていい?」

肇「は、はい」

肇(わ、ほ、本物だ……)

柚「おはこんばんちはなら!」

楓「あら、さようならも入れちゃうの?」

柚「どんな状況でも使えるようにしてるんだー」

楓「私も使っていい?」

柚「いいよ! まぁ柚のじゃないんだけどねー」

楓「ふふ、おはこんばんちはなら」

 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:18:00.41 :UwUjkB310

楓「はじめまして、よね?」

肇「は、はい。今日からこちらへお世話になる藤原肇と申します」

楓「肇ちゃん」

柚「肇サン」

楓「肇ちゃんにはじめましてって、安直ね。ふふっ」

肇「えっ、あ、は、はい、そうですね」

柚「肇サン、真面目に反応しなくて大丈夫だよ」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:24:55.53 :UwUjkB310

楓「肇ちゃんはどこから?」

柚「柚のカゼは鼻からが多いよ!」

肇「え、えっと……私は喉からくることが……」

楓「あら、きれいな声だから気をつけなきゃね」

柚「アメ食べる?」

肇「ありがとう、ございます……」

柚「龍角散のど飴って意外とおいしいよね」

楓「私は梅のど飴。ところで出身は?」

肇(あ……どこからってそういうことだったんだ)

 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:26:39.09 :UwUjkB310

肇「岡山県の備前市というところです」

楓「岡山県」

柚「びぜんし?」

楓「備前焼で有名なところね」

柚「ドコだっけ? 四国?」

肇「広島と兵庫の間ですね。中国地方の」

柚「香川? うどん?」

楓「それが四国」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:34:19.73 :UwUjkB310

柚「ん~……とりあえず地図で見ると左側にあるとこだね!」

楓「そうそう。柚ちゃんえらいえらい」ナデナデ

柚「へへーん。あっ、そうだ、きびだんごがあるとこ!」

肇「そうですね。私はあまり食べたことがないですけど……市街に行くと、桃太郎の像があったりします」

楓「あとは、もんげー」

柚「もんげー!」

肇「よくご存知ですね」

楓「もんげー?」

柚「もんげーもんげー♪」

肇(……使い方がちがうけど、まぁいっか)

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:37:05.88 :UwUjkB310

沙紀「ふたりともなにやってんすか」

楓「あら、沙紀ちゃん、おはよう。肇ちゃんとお話を」

柚「こみゅにけーしょん!」

沙紀「おはようっす。交流は大事なことっすけど、困ってるじゃないすか」

楓「そう?」

肇「あ、楽しいですよ。あまりこういうのに慣れていないだけで……」

柚「だって! あっ、もしかしてもしかして、沙紀さんさみしかった~?」

沙紀「なに言ってんすか」

柚「返しがクール!」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:41:43.11 :UwUjkB310

沙紀「えっと、肇さん?」

肇「は、はい。なんでしょう」

沙紀「Pさんが急に用事入っちゃって。ちょっと時間空くからレッスン見学しておいてって伝言っす」

肇「わかりました」

楓「プロデューサーも忙しい人だから。ごめんなさいね、肇ちゃん」

肇「い、いえ! お仕事はしょうがないですから」

沙紀「あと30分くらいで行くから、それまでのんびりしといてっす」

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:43:36.04 :UwUjkB310

柚「沙紀サンのレッスン見学?」

沙紀「そうっすよ」

柚「柚も見たい!」

沙紀「柚ちゃんは他の仕事が入ってるじゃないっすか」

柚「あー、そうだった。ちぇー」

沙紀「そんなに残念がることっすかね」

楓「ふふ、それだけ沙紀ちゃんのことが好きなのよ、柚ちゃんは」

柚「そーだよ! 沙紀サンガチラブ勢! あっ、もちろん楓さんも!」

楓「私も柚ちゃんかわいがり勢」ナデナデ

柚「うへへ」ナデラレナデラレ

肇(かわいい)

 
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:44:58.27 :UwUjkB310

沙紀「じゃ、行くとき声かけるんで」

肇「はい」

柚「えーっ、沙紀サンもこっちでおしゃべりしよーよー」

楓「しよーよー」

沙紀「したいのは山々っすけど、アタシにもやることがあるんすよ」

柚「ぶーぶー」

楓「ぶーぶー♪」

沙紀「はいはい、別に今日しかできないわけじゃないっすから、またあとで」

柚「しょうがないなぁ、まったく」

沙紀「なんでアタシが悪いみたいな感じなんすか」

楓「沙紀ちゃん、それはしょうがない」

沙紀「なんなんすか、もう……」

 
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:49:06.09 :UwUjkB310

肇(仲いいんだなぁ……)

楓「そういえば」

柚「ん?」

楓「岡山といえばままかりって魚があって、昔その酢漬けを食べたとき、すごいお酒に合ったのを思い出して」

柚「へぇ~、ままかりってヘンな名前だねー」

肇「ご飯が進んで、家で炊いた分を食べきってしまっても足りないから、隣の家からご飯を借りてこないといけないくらいおいしい、っていうのが名前の由来ですね」

柚「ままがごはん? なんで?」

肇「漢字で書くとこう……飯借りって書くんですよ。ご飯のことをまま、とか、まんまって言ったりしませんでした?」

柚「ほぉ~……」

楓「焼いたままかりの酢漬けがあるって聞いて、すっごく食べてみたいのよね~」

肇「私は未成年なのでわからないですけど、おじ……祖父や父がお酒の肴にしていました」

 
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:50:49.72 :UwUjkB310

柚「えっ!?」

肇「ど、どうしました……?」

楓「肇ちゃん、いくつ?」

肇「16ですが……」

柚「柚といっこ違い!?」

楓「ごめんなさい。随分と落ち着いているから、大学生くらいだって勘違いしちゃって」

柚「柚よりいっこお姉さん……」

肇「大丈夫です。よく間違われるので……」

楓「言葉使いも丁寧だから余計に……どうしたの、柚ちゃん?」

柚「柚といっこ違い……」

 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:55:31.61 :UwUjkB310

肇「あの……大丈夫ですか……?」

楓「肇ちゃんがひとつ違いっていうのでびっくりしたみたい」

柚「もっとお姉さんだって……」

肇「ご、ごめんなさい……?」

楓「柚ちゃんはかわいい系で妹系だもの。肇ちゃんは、その逆かしら?」

肇「そう、なんでしょうか……自分じゃわからないですね」

柚「……柚は妹系?」

楓「純然たる妹系よ。なんといっても抱き心地がいいし」ギュッ

柚「むっ、柚太ってないよ! むしろちょっとだけ痩せた!」プンスコ

肇(妹系と抱き心地ってどう関係あるんだろう……?)

 
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 23:59:28.86 :UwUjkB310

肇(あ、そういえば)ゴソゴソ

肇「これ、よかったら事務所のみなさんで分けてください」

柚「袖の下だ!」

肇「えっ、いや、あの……そういうつもりじゃ……」

楓「……ツッコミ不在だとまとまらないわね」

肇「ツ、ツッコミ?」

楓「ううん、こっちの話。それで、これは? 開けていいかしらって言う前に柚ちゃんが開けちゃってるけど」

柚「てへ。ガマンできずについ」

 
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:08:02.74 :k7FSa/IR0

柚「むらす、むら……なんて読むの?」

肇「むらすずめと言って、岡山のお菓子です。薄いどら焼きの生地をひっくり返してあんこを包んだもの、と言えば伝わるでしょうか」

柚「あんこ!」

楓「岡山のお菓子といえばきびだんごのイメージだったから、これは初めて見たかも」

柚「柚はつぶあん派ー」

肇「むらすずめはつぶあんを使っているので、ちょうどよかったです」

楓「うん、おいひい」モグモグ

柚「お茶が欲しくなるねー」

肇「気に入ってもらえてよかったです」ホッ

 
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:09:41.08 :k7FSa/IR0

楓「せっかくだし、肇ちゃんも食べたら?」

肇「いえ、私は……みなさんにと買ってきたものですし」

柚「肇サンもこの事務所の一員になったんだからさー、一緒に食べよ!」

肇「えっと……」

楓「こういうときは遠慮しちゃダメよ?」

肇「……なら、いただきます」

柚「やっぱりみんなで食べるとおいしいねー!」モグモグ

楓「ふふ、そうね」

肇(久しぶりに食べたかも……)モグモグ

 
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:13:19.82 :k7FSa/IR0

柚「んまんま」モグモグ

肇(おいしそうに食べるなぁ)

楓「柚ちゃん」

柚「なにー?」モグモグ

楓「食べ過ぎじゃない?」

柚「大丈夫だよー、今日はレッスンあるし!」

楓「前もそう言って後悔してなかった?」

柚「うっ……ま、前とは違うから! 今日は頑張るし!」

楓「それも前に聞いたような……」

柚「ううう……だっておいしいのがいけないんだもん……」モグモグ

楓「おいしいものはなかなか止められないからしょうがないわね。私もお酒やめられないし」モグモグ

 
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:17:16.48 :k7FSa/IR0

楓「3人で一箱空けちゃった」

柚「ほとんど柚と楓サンが食べてたけどね」

肇「まだあるので……これを他のみなさん用に」

柚「肇サンはいいおヨメさんになるね」

楓「わかるわ」

肇「えっ、あ、ありがとうございます」

柚「……なんだか調子狂っちゃうねー」

肇「え、えっと……」

柚「ううん、こっちの話ー」

楓「新たな刺客の登場ね」

 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:19:44.74 :k7FSa/IR0

沙紀「おしゃべりをお楽しみのところ申し訳ないっすが」

楓「あら、沙紀ちゃんもやっぱり寂しくなって?」

柚「もー、最初っから素直になればよかったのにー」

沙紀「違うっす。時間になったんで声かけに来たんす」

肇「あ……もう30分」

楓「楽しい時間はあっという間ねぇ」

柚「おしゃべりしたりなーい」

沙紀「別に今日だけってわけじゃないのに」

柚「今日という日は今日しかこない!」

楓「明日は明日の風が吹く」

沙紀「午前中なのになんでそんなにテンション高いんすか……」

楓「ふふ、肇ちゃんのおかげね」

 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:21:50.83 :k7FSa/IR0

肇「わ、私ですか?」

沙紀「困ってるじゃないすか」

肇「い、いえっ、私も楽しいです」

柚「ほらほらー、レッスン見学ってあとでもできるじゃーん」

沙紀「Pさんの指示なんだから、アタシに言われても」

柚「もっと自主性を持つべきだっておもうカナ!」

沙紀「便利な言葉に仕立てるのはやめるっす」

肇(沙紀さんが入って、すごい賑やかになって……仲いいんだなぁ)クスクス

楓「あ、そうだ」ピコーン

柚「お? 沙紀サンを丸めこむ作戦カナ?」

沙紀「それ、本人の目の前で言っちゃう?」

 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:23:24.88 :k7FSa/IR0

楓「肇ちゃんの歓迎会をしましょう」

柚「パーティー! やるやる!」

沙紀「全然いいとおもうっすけど、楓さんが言うとお酒を飲む理由が欲しいからに聞こえちゃうっす」

楓「もうっ、失礼しちゃう。4割しか考えてないのに」プンプン

肇「4割……」

沙紀「もうちょっとで半分すけど、大丈夫すか」

楓「その1割の壁は高いから」

 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:24:40.51 :k7FSa/IR0

柚「肇サンのこともっと知りたいし、柚たちのことももっと知ってもらいたいし!」

沙紀「アタシは賛成っす」

楓「なら今日やりましょう」

肇「すごく嬉しいんですけど、随分急ですね……」

楓「楽しいことを後回しにする理由なんてないでしょう?」

柚「思い立ったが吉日、だね!」

肇「……ありがとうございます。私のためにわざわざ」

 
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:25:49.19 :k7FSa/IR0

楓「あとのことは私たちに任せて、ふたりはレッスンに行ってらっしゃい」

沙紀「……余裕持っといてよかったす」

柚「沙紀サンったらうっかりやさんなんだから~」

沙紀「……」グリグリ

柚「ほっぺぐりぐりしないでぇ~」

楓「ふふ、じゃあ、いってらっしゃい」

柚「またあとでねー!」




28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:29:32.76 :k7FSa/IR0

沙紀「スタジオは歩いてすぐなんすよ」

肇「本当に近いんですね。遅刻の心配はなさそう……」

沙紀「はは、そうっすねぇ」

肇「……事務所はいつもあんな感じなんですか?」

沙紀「騒がしかったっすか、やっぱり」

肇「い、いえっ、にぎやかでいいなぁって」

沙紀「あのふたりは特にあんな感じっすから。迷惑だったらハッキリ言っていいすよ」

肇「迷惑だなんてそんな……むしろ緊張していた私に気を使ってくれたみたいで」

沙紀「そこまで考えてるのかなぁ」

肇「戻ったらお礼を言わなきゃ……」

沙紀「律儀っすねぇ……夜になったら絶対会えるっすよ」

 
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:31:04.59 :k7FSa/IR0

肇「本当にやるんでしょうか」

沙紀「ふたりに限らず、こういうのが好きな人ばっかりいる事務所っすから。まぁ、アタシもそのひとりっすけど」アハハ

肇「……嬉しいです。こういうの、あまり経験がないので」

沙紀「これから先、楽しいことをいっぱい体験できるっすよ。もちろん大変なことも多いけど、それ以上にドキドキできる毎日を過ごせるっす」

肇「素敵、ですね……」

沙紀「……まぁ、これPさんからの受け売りなんすけどね。でもアタシが保証するっす!」

肇(……お父さん、お母さん、おじいちゃん。私、ここでなんとかやっていけそう)

 
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:31:30.77 :k7FSa/IR0

沙紀「改めて、これからよろしくっす!」

肇「はい……! よろしくお願いします」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/30(木) 00:36:01.91 :k7FSa/IR0

おわり


岡山のお土産はきびだんごよりむらすずめか大手まんぢゅうを
ありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】「はじめましてのご挨拶は」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467209050/