・高垣楓さんのSSです


2 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:15:40.13 :CK3aHBT50

~事務所


楓「かわいい子にパーカーを着せたい」

沙紀「いきなりなんすか」

楓「だって、そうおもわない?」

柚「んー、意味はわかるけど、わかんないかなーって。でも突然だね!」

沙紀「まぁ、いまに始まったことじゃないんすけどね」

楓「あら、沙紀ちゃん、高垣博士ね」

沙紀「その学位は返還お願いするっす」

 
3 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:17:35.93 :CK3aHBT50

楓「ふたりともパーカーは好き?」

柚「いま着てるくらいには好きだよー」

沙紀「アタシも同じっす。ラクっすからね」

楓「さて、私はどっちでしょう?」

柚「どっち?」

沙紀「なんでアタシを見るんすか」

柚「だって沙紀サン、高垣博士なんでしょ?」

沙紀「違う、違うっす」

楓「じゃあ、楓博士?」

沙紀「姓と名を変えただけじゃないっすか!」

 
4 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:18:17.85 :CK3aHBT50

楓「さぁ、どーっちだ」

柚「あと3秒!」

沙紀「え、ちょ、なんで柚ちゃんそっち側なんすか!」

楓「3、2、1……」

沙紀「す、好きっ! 好きっす!」

柚「わっ、沙紀サンだいたーん♪」

楓「私のことをそこまで……」

沙紀「ふたりともなに言ってんすか!? パーカーのことっすよ、パーカー!」

楓「ざーんねん♪」

柚「ざーんねん♪」

沙紀「なんなんすか、いったい……」

 
5 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:19:02.11 :CK3aHBT50

楓「正解はー……」

柚「ドコドコドコドコ……」

沙紀「なんすかこのノリ……」

柚「ドン!」

楓「好・き♪」

柚「沙紀サン、だいせーいかーい!」

楓「おめでとう、沙紀ちゃん。正解者には私の……」

沙紀「いや、そういうのはいいっすから、本題をっすね」

楓「もう、沙紀ちゃんノリ悪くて、お姉さんガッカリ」

柚「ダメだよー、年上の人の言うことは聞かなきゃ」

沙紀「……そっすね」

楓「あら、今度は塩対応」

 
6 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:20:06.82 :CK3aHBT50

柚「それで、それで。楓サンはどーしたの?」

沙紀「本題、早く言ってください」

楓「最初に言った通りだけど?」

柚「でも柚たち着てるし」

沙紀「またあれっすか、美優さんが着てくれない、みたいな」

楓「あの人、部屋着はラフなのよね」

柚「へ~、なんか意外カモ」

沙紀「川島さん、美優さんあたりはセクシ-なネグリジェとか着てそうっす」

柚「すっごいわかる! あ、違った、わかるわ」

沙紀「別にキメ顔で言い直さなくても」

楓「大事、それすっごく大事」

 
7 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:21:00.40 :CK3aHBT50

沙紀「だったら尚のことわかんないっす」

柚「もしかして、もしかして、き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!」

沙紀「どういうことっすか……」

楓「ならカフェオレでも飲みながら話しましょうか」

沙紀「全然会話ができてないけど、大丈夫っすか?」

楓「安心して。私のおごりだから」

柚「わーい、楓サン大好きー♪」

沙紀「あぁ、うん、ありがとうっす」

楓「ふふっ、どういたしまして」

 
8 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:21:35.43 :CK3aHBT50

沙紀「いまさらっすけど」

楓「どうしたの?」

沙紀「楓さん、仕事は?」

柚「そういえばそうだねー、柚たちはレッスンまで時間あるけど」

沙紀「……もしかしてまた」

楓「沙紀ちゃん、察しがいい」

柚「なになに、どーゆーこと?」

 
9 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:22:04.21 :CK3aHBT50

楓「このあと現場に行く予定だったのに、延期になっちゃって」

沙紀「呪われているんじゃ」

楓「そうかもしれないわね、ふふ」

柚「おはらいに行かなきゃだねー」

楓「小梅ちゃん曰く、すごく強い守護霊みたいな人がいるから、私のせいじゃないって話だけど」

沙紀「小梅ちゃんが言うとマジトーンっぽい……」

柚「なんたって世紀滅歌姫だもんねー」

 
10 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:22:29.08 :CK3aHBT50

楓「サイキックとか不幸がどうのって言ってたけど、詳しいことは聞いてないの。でも予定がまたなくなっちゃったから」

沙紀「退屈をもてあまして、変なことを考えちゃうと」

柚「沙紀サン、今日はキレッキレだね!」

楓「辛辣ー」ブーブー

沙紀「事実じゃないっすか……」


 *


11 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:23:13.09 :CK3aHBT50

楓「はい、これが沙紀ちゃんの」

沙紀「ありがとっす」

楓「柚ちゃんのはシロップ多めよね」

柚「うんっ、ありがと楓サン」

沙紀「お金、本当にいいんすか?」

楓「私はふたりよりも半回り以上お姉さんなんだから、気にしちゃだめ」

柚「柚は気にしてなーい」

沙紀「了解っす」

楓「うん、よろしい」

 
12 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:24:06.52 :CK3aHBT50

沙紀「ついに本題っすか」

柚「なんだったっけ?」

楓「かわいい子にパーカーを着せたい」

柚「落ち着いて聞いてもわかんないね」

沙紀「まず、なんでパーカーなんすか?」

楓「特に意味は」

沙紀「そうっすね、そうでした」

楓「最近の沙紀ちゃん、すぐ投げ出しちゃって、ちゃんとお仕事できてるかお姉さん心配」

柚「これがさとり世代ってやつだね!」

沙紀「柚ちゃんも同世代っすよ」

柚「ニーチェもビックリ!」

 
13 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:25:03.54 :CK3aHBT50

楓「きっかけはちゃんとあってね」

柚「ふむふむ」

楓「以前、肇ちゃんが女子力のかたまりみたいな服を着ていて」

沙紀「言葉選びに女子力がないっすね」

楓「似合っていた以上に、それを着慣れていなくてそわそわする肇ちゃんがすごくかわいくて」

沙紀「あー、わかるかも」

柚「肇サンってオトナモードな服のイメージだったし、あれスゴかったねー」

沙紀「普段、落ち着いてるからこそのギャップっすね」

 
14 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:25:37.77 :CK3aHBT50

楓「いわゆる、萌え」

沙紀「まさか楓さんからその言葉を聞くなんて」

柚「これもギャップ萌え?」

楓「萌えた?」

沙紀「萌えはしないっすけど、そのギャップにふり回されてるのは事実っす」

楓「あら、沙紀ちゃん素直じゃない」

柚「ツンデレだね!」

沙紀「デレてないっす」

 
15 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:26:20.26 :CK3aHBT50

楓「沙紀ちゃんはユニセ--クスな格好が多いのかしら」

沙紀「そっすね。これが一番ラクっすから」

柚「そーいえば、スカートはいてるのって見たことないかもー」

沙紀「制服くらいかなぁ。別にイヤってわけじゃないんすけどね」

柚「お願いしたらはいてくれるの?」

沙紀「お願いされなくてもはくっすよ」

 
16 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:26:56.71 :CK3aHBT50

楓「私としては照れさせてこそって部分があるから、ロングスカートとか」

柚「沙紀サンのふともも! おみあし!」

楓「……」

楓「やっぱりミニスカートで」

沙紀「ちょっとの沈黙に欲望がだだ漏れっすよ……」

 
17 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:27:34.98 :CK3aHBT50

楓「それは2割くらい冗談で……沙紀ちゃんにはドレスかしら」

柚「ウエディングドレス!」

楓「もしくは私が前に着た、胸元がキャベツに似てるのとか」

柚「キャベツ……?」

楓「こう、ティッシュをくしゃくしゃってしたみたいな」

沙紀「……ホント、残念だなっておもうときあるっすよ」

楓「うん?」

沙紀「こっちの話っす。それでわかっちゃうアタシもアタシっすけどね」

 
18 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:28:07.75 :CK3aHBT50

柚「ハイハイ! 柚は柚はー?」

楓「うーん、柚ちゃんは……」

沙紀「なんでも喜んで着そうっすよね。着ぐるみだって大丈夫そう」

柚「最初のお仕事がスノーマンの着ぐるみだったよー」

沙紀「普段がオシャレだし」

楓「うんうん、スタイルもいいし」

 
19 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:28:45.39 :CK3aHBT50

沙紀「カッコイイ系も似合うっすよね。いつもの柚ちゃんを知ってる身としては、かなり驚いたっすよ」

楓「柚ちゃんといえば元気いっぱいで、そう、オレンジサファイヤがパッションしている、みたいな」

沙紀「言いたいことはわかるっすよ……あれ、柚ちゃん、うつむいちゃってどうしたっすか?」

楓「沙紀ちゃんがいじめるから」

沙紀「直前の会話を聞いての発言なら、それこそいじめっすね」

 
20 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:29:33.68 :CK3aHBT50

柚「えっ、いやぁ、こう面と向かってホメられると……へへ、てれくさくって、えへへ」テレテレ

沙紀(かわいい)

楓「連れて帰りたい」

沙紀「楓さん」

楓「あら、ついうっかり。うふふ」

 
21 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:30:03.73 :CK3aHBT50

柚「じゃあ今日は楓さんちにお泊りする!」

楓「ならお酒より、お菓子を用意しなくちゃね」

柚「わーい、パジャマパーティー、パジャマパーティー♪ 秘密の花園~♪」

楓「沙紀ちゃんは?」

沙紀「えっ、こんな急に決まることなんすか」

柚「ノリだよー沙紀さんも楓さんち行こーよー」

楓「行こーよー♪」

沙紀「……まぁ、明日は学校もないし、うん、いいっすよ」

 
22 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:30:52.91 :CK3aHBT50

柚「おっとまり、おっとまり♪」

沙紀「……最初の話題からずいぶん離れちゃったすけど」

楓「つぶあんかこしあんか、だったかしら?」

沙紀「きのこたけのこ論争と同じくらい終わることのない話題じゃないっす」

柚「柚はコアラのマーチ!」

楓「私はパイの実!」

沙紀「ふたりとも、反射神経で会話するのやめないっすか?」

楓「これがトークバトルショーよ」ドヤガキカエデ

沙紀「アタシが知ってるのと違うみたいっすね……」

 
23 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:31:23.71 :CK3aHBT50

沙紀「パーカーの話からいろいろ飛びすぎっすよ」

柚「でも楽しいよー!」

沙紀「まぁ、それはね」

楓「おまけに沙紀ちゃんのツッコミ能力も磨かれて、一石二鳥とはこのこと」

沙紀「ほとんど処理できてないっすから」

 
24 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:31:58.10 :CK3aHBT50

柚「それでそれで、どーいう話だったカナ」

沙紀「パーカーを着慣れていない子に着させたいって話っすよね?」

楓「もうそれはいいかなぁって」

沙紀「……なんなんすか!」

楓「てへぺろ」

柚「事務所のエースに許された特権だね!」

楓「これが私の絶対特権」ドヤガキカエデ

 
25 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:32:33.69 :CK3aHBT50

沙紀「もう……なんも言えないっす……」

楓「沙紀ちゃん」

沙紀「……なんすか」

楓「諦めたらそこで試合終了だよ」

柚「安西先生……!」

沙紀「……」



沙紀「……なんなんすかぁ」グスッ

楓「えっ」

 
26 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:33:17.65 :CK3aHBT50

柚「あ、あーあーあー」

楓「さ、沙紀ちゃん、泣かないで」オロオロ

沙紀「うぅ……泣いてないっすよ……」

柚「泣いてる沙紀サン、初めて見た……」

楓「ご、ごめんなさい。おふざけが過ぎたわ……」

柚「うろたえてる楓サンも初めて見た……」

沙紀「いいっすよ……アタシが悪いんすから……」

楓「あっ、そうだ、沙紀ちゃんと柚ちゃんにプレゼントがあるの!」ゴソゴソ

柚「お? 誕生日はまだまだ先だけど」

沙紀「……アタシは誕生日にもうもらったっす」

 
27 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:33:43.76 :CK3aHBT50

楓「はい、これ」

柚「なんだろー、開けていい?」

楓「どうぞ。ほら、沙紀ちゃんも」

沙紀「うん……」ガサガサ

柚「おぉ、これは……!」

 
28 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:34:31.33 :CK3aHBT50

柚「パジャマだー! カワイイパーカーワンピ!」

楓「いつかふたりにあげようって、実は買ってあったの。もしかしたら持ってるかもしれないけど」

柚「嬉しい! ありがとう、楓サン! えへへー、これ着て今夜はブギーバックだー♪」

沙紀「……」

楓「気に入らなかった?」

沙紀「……こういうかわいいの、持ってないっす」

楓「スウェットが多い?」

沙紀「そうっすね……似合うかなぁ……」

楓「沙紀ちゃんはかわいいから。だからこれを選んだのよ?」

沙紀「……楓さんが言うなら」

 
29 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:35:42.86 :CK3aHBT50

楓「ふふっ」

沙紀「なにも面白いこと言ってないっす」

楓「ううん、かわいいなぁって」

沙紀「……そんなこと言って、でないっすよ、なにも」

楓「かわいい沙紀ちゃんが見れただけで満足よ」

沙紀「もう……はぁ、勝てないなぁ」

 
30 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:36:31.88 :CK3aHBT50

柚「沙紀サンのはなんだったの? おー! お姫様みたいなネグリジェ!」

沙紀「アタシにはかわいすぎるかなっておもったんすけど」

柚「そんなことないよ? だって沙紀さんカワイイし!」

沙紀「……そうなんすかね」

楓「照れてる照れてる♪」

柚「沙紀サン、顔赤いー♪」

沙紀「もう、ふたりして……」
 

31 :◆ksPx5/M7Wg :2016/06/09(木) 01:37:08.54 :CK3aHBT50

おわり

この3人がこういう会話をしてたらなぁってやつでした
オチなし


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】楓「メープルお姉さん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465402490/