【SS速報VIP】【デレマス】佐久間まゆ「エヴリデイドリーム」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462287931/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:05:32.10 :1YPguZAQ0

初投稿です
何番煎じかわかりません


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:07:11.09 :1YPguZAQ0

まゆ「(せっかくの高校生活だから何かやってみたいと思ったけど、お母さんは『恋愛でもしてみたら?恋愛の神様はきっといるわよ』なんて言って。そんな神様いる訳ないのに….…)」

まゆ「(だからなんとなくで読モを始めて見たけど、やり甲斐を感じないしまゆよりスタイルが良い子が多いから辞めちゃおうかな……)」

まゆ「はぁ……」

タッタッタッ

ドンッ!
P「うわっ!」

まゆ「きゃっ!」

P「いてて……君、大丈夫?」

まゆ「はい、大丈夫で……あっ……」

P「ごめんね突然ぶつかって。急いでたものだからさ」

P「ん?君可愛いね!ティンときた!うちの事務所でアイドルをやらないかい?と言ってもまだ立ち上がったばかりの事務所で僕も新人なんだけどね(アハハ」

まゆ「え、あっ、でも私はモデルをやってて……」

P「あ、そうなんだ…まあでもとりあえず名刺を渡しておくよ!アイドルをやりたくなったら電話して!急いでるからそれじゃ!!」タッタッタッ

まゆ「……」

まゆ「みつけた……」



この時まゆは初めて恋をした。一目惚れだった。この一目惚れからまゆの全てが始まった
運命の出会いなんて信じてはなかったのに……神様ごめんね?


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:08:59.68 :1YPguZAQ0

___
__
_

プルルル プルルル ガチャ

P『もしもし、CGプロダクションのPです』

まゆ「もしもし。この前お会いしたものですけど」

P『あ!この前の!ええと、名前はなんだっけ?』

まゆ「まゆ……佐久間まゆです」

P『まゆちゃんね!電話をかけてきてどうしたの?まさか……』

まゆ「はい、アイドルになりたいです」

P『おおおお!ありがとう!それじゃあ○○日に事務所に来て!住所は名刺に書いてあるから大丈夫だよね?』

まゆ「はい、大丈夫です」

P『よかった!それじゃあまたね!』
ガチャ プ- プ-

まゆ「凄く元気な人……あんなに嬉しそうにして……でもそういう所が……うふっ♪」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:10:36.79 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「初めまして。いや、お久しぶりでしょうか?」

P「よろしく!これからは一緒に頑張ろうねまゆちゃん!」

まゆ「はい、プロデューサーさんっ♪それと……」

P「ん?」

まゆ「まゆのことはまゆと呼んで下さい。ちゃん付けせずに」

P「うーん……わかった!よろしくなまゆ!」

まゆ「はい♪」

P「それじゃあまずはレッスンからだな!」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:11:56.74 :1YPguZAQ0

___
__
_

P「うーん……」

まゆ「プロデューサーさん。お茶淹れましょうか?」

P「おお、頼む」

コポポポッ

まゆ「はいっどうぞ♪」

P「ありがとう。うーん……」

まゆ「そんなに唸ってどうしたんですか?」

P「ん?ああ。どうやったらまゆをもっと売り出せるかなーって。まゆは間違いなくアイドルの素質があるからもっと売れても良い筈なんだがなぁ……俺のやり方がダメなのかな……」

まゆ「……」

まゆ「プロデューサーさん。街に出かけませんか?」

P「え?なんで?」

まゆ「気晴らしですよ。そんなに難しく考えてもあまり良い考えは思いつきません」

P「んー……それもそうだな!」

まゆ「うふっ……それじゃあ早く準備をして行きましょう♪」

まゆ「(Pさんとデート……嬉しい……うふふっ♪)」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:13:12.30 :1YPguZAQ0

___
__
_

P「で、街に来たはいいがどこの店に行きたいんだ?」

まゆ「そうですねぇ。どこでもいいですけれど、服を買いたいですね」

P「わかった!それじゃあどこの店に入ろうか?」

まゆ「それじゃあの店に……あっプロデューサーさん!色んな服を着るから感想を言ってくれませんか?」

P「ええっ!?別いいけど……そんな詳しい感想は言えないよ?」

まゆ「いいですよ♪」

P「それじゃあ行こうか!」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:14:59.26 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「どうですか?」

P「いい……凄く可愛いよ!」

まゆ「うふっ♪それじゃあこれは?」

P「これもすっごく可愛い!」

まゆ「うふふっ♪なら次はこれもどうでしょうか?」

P「いいよ!どのまゆも可愛い!」

まゆ「うふふふっ♪それなら次は……」

まゆ「(Pさんが色んなまゆに可愛いと言ってくれている……凄く嬉しい……♪)」


まゆ「それじゃあプロデューサーさんが可愛いと言ってくれた服全部買っちゃいます!」

P「ええっ!?こんなに買ってお金足りるの!?」

まゆ「あっ……足りません……」

P「……」

P「プッ……アハハハハハッ!」

まゆ「ちょ、ちょっとプロデューサーさん!?笑わないで下さい!ううっ……恥ずかしい……」

P「だって……まゆって意外とポンコツな所があることがわかって、そしたらなんだか面白くて……アハハハハ!」

まゆ「ポ、ポンコツ!?まゆはポンコツなんかじゃありませんよ!もう……」

まゆ「(でも最近Pさんのことばかり考えてるせいで色んなことが空回りしてる気もする……Pさんの言う通りポンコツなのかなぁ……)」

P「ふぅ……笑ったらお腹すいちゃった。お昼食べにいこうか」

まゆ「そうですね。まゆもお腹すいちゃいました」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:15:41.33 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「プロデューサーさん。はい、あーん♪」

P「ちょ、まゆは仮にもアイドルなんだからそういうのはよくないよ」

まゆ「今日のまゆはアイドルではなく、普通の女の子だからセーフです♪」

P「それなら大丈夫かな?」

P「(いけない気もするけど)」

まゆ「あーん♪」

P「あ、あーん……うん、おいしい!まゆがあーんしてくれたから2倍おいしいよ!」

まゆ「うふっ……美味しく食べてもらえて光栄です♪」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:17:03.47 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「今日は楽しかったですね。プロデューサーさん」

P「そうだな。こんなに遊んだのも久しぶりだ」

まゆ「まゆもです♪」

まゆ「……プロデューサーさん。もしまゆが忙しくなっても、またこうして一緒に出かけてくれますか?」

P「うーん……時間が取れるかわからないから難しいなぁ……」

P「でも、絶対に行くよ!根拠はないけど!」

まゆ「もう、プロデューサーさんったら……あ、家に着きました。それではまた明日♪」

P「おう!また明日な!」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:18:10.73 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「(ふぅ…今日のPさんとのデートは本当に楽しかった……)」

まゆ「(目を閉じると、瞼の裏に今日のデートが浮かび上がってくる……)」

まゆ「(Pさんの笑った顔。Pさんの恥ずかしそうな顔。Pさんの嬉しそうな顔。Pさんの常に明日を見てるような横顔……どれもステキだった……)」

まゆ「(うふっ……ほっぺたが赤くなっちゃう)」

まゆ「Pさん……ダ・イ・ス・キ……うふふっ♪」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:19:10.77 :1YPguZAQ0

___
__
_

ピピピピ ピピピピ

まゆ「ふわぁ……朝か、起きなきゃ……」

まゆ「服装はどうしようかな。昨日全部買えなかったとはいえ幾つか買った服のどれかにしたいけど、Pさんはどういう服装が好みなのかな……どれも可愛いとは言ってくれたけど……」

まゆ「あ、Pさんの為にお弁当も作らなきゃ。ハンバーグが好きなんて子供っぽい所もあるんだ……うふっ♪」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:19:57.52 :1YPguZAQ0

___
__
_

P「お!今日もハンバーグ入れてくれたのか!」

まゆ「はい、プロデューサーさんに喜んで欲しいですから」

P「いや~嬉しいな~アハハ!」

P「それじゃあ早速、いただきます!んん~……やっぱり美味しい!まゆの料理は最高だな!」

まゆ「うふふ♪ありがとうございます♪」

P「しかし、やっぱ悪いなぁ……」

まゆ「?」

P「いや、まゆに毎日弁当を作ってもらって。面倒臭いだろ?」

まゆ「いえ、まゆはアイドルをする前から自分のお弁当を作っていたから1人分増えても大して手間はかからないんですよ」

P「うーん……でもやっぱり悪い気が……」

まゆ「それに、まゆはプロデューサーさんが喜んでくれたらそれが一番のお礼になるからいいんです♪」

P「そうか。それじゃあ毎日弁当を作ってくれないか!?」

まゆ「え、プロデューサーさんそれって……」

P「ん?……あ、ちっ違う!今のはそういう意味じゃなくてだな!普通に美味しいから作って欲しいって意味で!」

まゆ「うふふふっ……はい、毎日作ってあげますよ。プロデューサーさん♪」

P「お、おう……なんか照れるな……」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:21:40.93 :1YPguZAQ0

___
__
_

まゆ「ス-……ス-……」

P「ただいま戻りましたー。ってあれ?まゆ?寝てるのか?」

まゆ「ウーン……Pさぁん……」

P「夢にまで俺が出てきてるのか……おーい起きろーまゆー」ユサユサ

まゆ「ん……ふわぁ……あれ……プロデューサーさん……?」

P「おう、おはようまゆ」

まゆ「もしかしてまゆ、寝てましたか……?」

P「ああ、バッチリ寝てた」

まゆ「うぅ……プロデューサーさんの前で寝てしまうなんて恥ずかしい……//」

P「まあまあ。遅くなってきたし送るから帰る準備をしてきたら?」

まゆ「はい……そうします……」スタスタ

P「ふぅ……俺も帰る準備を……ってなんだこれ?ノート?勉強してたのかな」

P「今の高校生ってどういう勉強をしてるんだろう。ちょっと読んでみるか」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:22:41.86 :1YPguZAQ0

○月×日
今日、私は運命の出逢いに遭遇した。一目惚れってこういうことなんだ。お母さんの言ってることも何だかわかったかな。名前はPと言うらしい。Pさん、かぁ……

○月△日
今日はPさんとデートをした。Pさんは何だか悩んでるみたいだから私から誘ってみたら嬉しそうだった。
Pさんは色んな服を着た私を可愛いと言って褒めてくれた。そのことに浮かれてうっかり抜けてる所を見せてしまって恥ずかしかったがPさんの楽しそうな笑顔が見れて恥ずかしさなんてどうでもよくなった。
昼ご飯の時にPさんにあーんをして食べさせて食べさせてあげると恥ずかしそうにしながらも少し嬉しそうな顔をしていた。
Pさんも私のことを好いてくれてるのかな?

×月□日
Pさんプロポーズされた。と言っても本当は「毎日お弁当を作ってくれ!」と言われただけでプロポーズではないけど。
そんなこと言われたら嬉しくなっちゃう……でも私はいつも心の中で同じようなことを叫んでいるんだよ?だからいつかPさんと……


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:23:47.00 :1YPguZAQ0

P「これって……」

まゆ「プロデューサーさん、準備できましたよぉ」

P「まゆ……これ……」

まゆ「あ、それは……」

P「……」

まゆ「……」

P「まゆ……」

まゆ「はい……」

P「俺とお前はプロデューサーとアイドルの関係だ」

まゆ「ッ……!」ズキッ

P「プロデューサーとアイドルの恋愛なんて御法度だ。悪いが返事を返すことが出来ない」

まゆ「うぅ……ひっく……」ポロポロ


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:25:09.25 :1YPguZAQ0

P「……今は、な」

まゆ「……え?」ポロポロ

P「もしまゆがトップアイドルになれたらこの返事は必ずする。それまで待ってくれないか」

まゆ「はい……はいっ……」ポロポロ

まゆ「……プロデューサーさん」

P「なんだ?」

まゆ「お願いがあります」

まゆ「今だけ、今この瞬間だけでいいです。アイドルをやめさせてくれませんか?」グイッ

P「え?」

チュッ


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:26:35.10 :1YPguZAQ0

まゆ「……」

P「……」

P「答えを聞かないなんてずるいぞ」

まゆ「うふふっ♪」

まゆ「それともう一つ、このお願いは答えてください」

P「なんだ?」

まゆ「もしまゆがトップアイドルになれたらまゆに言ってくれませんか……」

まゆ「『   』って…」

P「ああ……絶対に言う、約束するよ!」

まゆ「ありがとうございます♪それじゃあ薬指を出して下さい」

P「ん?何をするつもりだ?」

まゆ「これをこうして……」クルクル

まゆ「できました♪」

P「これは……赤いリボン」

まゆ「その時が来た時までの代わりです♪」

P「あはは、照れるな……」

まゆ「うふっ♪」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:27:19.46 :1YPguZAQ0

数年後


まゆ「忘れ物はありませんか?」

P「ないよ!それじゃあ行ってきますの……」

チュッ

P「……なんで不満気なんだ?」

まゆ「毎日言ってくれるって言ったじゃないですか」

P「えぇ……でもやっぱり恥ずかしいから……」

まゆ「言ってくれなきゃ離しません!」

P「わかった!わかったよ!やっぱり言わなきゃダメ?」

まゆ「ダメです。ちゃんと貴方の口で聞かせてください」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:28:03.22 :1YPguZAQ0

まゆ「『大好き』って……」


おしまい


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/04(水) 00:30:33.24 :1YPguZAQ0

以上です、駄文失礼しました
ただただ純愛まゆが書きたかった…

HTML化依頼だして終わり!閉廷!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【デレマス】佐久間まゆ「エヴリデイドリーム」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462287931/