【SS速報VIP】渋谷凛「おはようございます」 武内P「おはようございます、渋谷さん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430149516/



1 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:45:26.35 :05O5Nt8v0

アニメ13話後を想定 
短めです


2 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:47:02.83 :05O5Nt8v0

武内P「本日は、ニュージェネレーションズの皆さんはお休みとお伝えしたと思うのですが」 

凛「知ってるよ。なんとなく寄ってみただけだから」 

武内P「そうですか」 

凛「プロデューサーは、今日も仕事?」 

武内P「はい。今日中に仕上げなければならないことがいくつかありますので」 

凛「そうなんだ。なら、私にかまわず仕事に戻ってよ」 

武内P「しかし、他の皆さんはレッスンや撮影などで全員部屋にいませんし……」 

凛「別にひとりでも平気だよ。話し相手を探しに来たわけじゃないし」 

武内P「そうですか……では、私は隣の部屋に戻ります。何かあったら知らせてください」 

凛「わかった」 


3 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:48:00.46 :05O5Nt8v0

凛「………」 

凛「(この部屋、さすがにひとりだと広く感じるな)」 

凛「(初めのころは、小物とかほとんどなかったけど……未央の提案でみんなが私物を持ってきて、今はいろんな物が置いてある)」 

凛「(私達の部屋って感じがする)」 

凛「……なんだかいいかも。こういうの」 

凛「………」 

凛「(プロデューサー、どんな仕事してるんだろう)」 


4 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:49:18.19 :05O5Nt8v0

凛「プロデューサー」ガチャ 

武内P「渋谷さん。どうかしましたか」 

凛「特に何かあったわけじゃないんだけど……私もこの部屋にいていい?」 

武内P「この部屋、ですか? 何も面白いものはありませんが……」 

凛「確かにパソコンくらいしかないけど、プロデューサーが仕事している様子、なんとなく見たいと思ったから」 

武内P「はあ……」 

凛「私がいると気が散るっていうなら、諦めるけど」 

武内P「いえ……心配いりません。渋谷さんが望むのであれば、ここにいていただいて大丈夫です」 

凛「ありがとう」 


5 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:51:25.89 :05O5Nt8v0

武内P「………」カタカタ 

凛「(パソコン見てる時、目つきの悪さが2割増しだ。一生懸命頑張ってる証拠なんだろうけど)」 

凛「(というか、タイピング速い……社会人ならあのくらいできないと駄目なのかな)」 

武内P「……ふう」 

凛「(あ、一段落ついたのかな)」 

武内P「………」カタカタ 

凛「(と思ったらほんの一息入れただけだった)」 

凛「(仕事、たくさんあるんだ……考えてみれば当然だよね。人気が出てくるにつれて私達の仕事はどんどん増えてるし、そもそも14人同時に担当するなんて素人考えでも相当大変だ)」 


6 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:52:31.27 :05O5Nt8v0

凛「プロデューサー」 

武内P「はい」 

凛「プロデューサーって、すごいんだね」 

武内P「……はい?」 

凛「事務処理とか、仕事をとってくるのとか、すごく優秀だって聞いたよ。部長さんに」 

武内P「いえ、私はまだまだで……」 

凛「謙遜しなくてもいいんじゃない? 私達だって感謝してるんだから」 

武内P「……それは、ありがたいお話ですね。ですが、私にはそれくらいしか満足にできることがないので……他の部分は、なかなかうまくいきません」 


7 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:53:35.85 :05O5Nt8v0

凛「それって、みんなとのコミュニケーションとか?」 

武内P「はい。未熟なままで、申し訳ありません」 

凛「……そんなに困った顔しなくていいと思うよ。確かに口下手だなって思う時は今でもあるけど、プロデューサーは私達ひとりひとりとちゃんと向き合ってくれているから」 

武内P「逃げるのは、よくないですから」 

凛「……あの時は、ちょっと強く言いすぎたと思う。プロデューサーにもいろいろあったのに……ごめん」 

武内P「いえ。渋谷さんの言葉で、私も大切なことに気づけました」 


8 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:55:04.69 :05O5Nt8v0

凛「私ね。卯月や未央、みんなと一緒にアイドル頑張ってるけど、まだはっきりとした何かをつかみきれていない気がするんだ」 

武内P「はっきりとした何か、ですか」 

凛「たとえば卯月やみくは、ずっと前からトップアイドルを目指して努力している。杏は印税目当てだって言ってるけど、それも形を持った目標でしょ?」 

凛「でも私は、そのあたりがまだふわふわしてる」 

凛「今はただ、仲間と一緒にアイドル活動を楽しく続けたい……そう思っているだけなんだ」 

武内P「………」 

凛「これって、いいのかな」 


9 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:56:52.93 :05O5Nt8v0

武内P「……私が見た限りの話ですが、渋谷さんはよく笑うようになったと思います」 

凛「え、そうかな」 

武内P「意識していないということは、自然に笑顔になっている証拠です。そして、それは今が充実しているということ」 

武内P「今はまだ、確固たる目標や意志が見つかっていないのかもしれません。ですが、いつかそれを見つけられると私は思います」 

凛「本当に?」 

武内P「……おそらくは」 

凛「そこは男らしく、絶対って言ってほしかったかも」 

武内P「あ……すみません。渋谷さん自身の問題ですので、私が断定するのはおこがましいかと思いまして……」 

凛「(そう言ってプロデューサーは、首の後ろに手をやるいつものポーズを見せる)」 


10 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:57:44.80 :05O5Nt8v0

武内P「申し訳ありません。気が利かなくて」 

凛「いいよ。プロデューサーのそういう真面目なところ、私は好きだから」 

武内P「……好き、ですか」 

凛「あっ……好きって言っても、別に変な意味じゃないから」 

武内P「変な意味とは、どのような意味でしょうか」 

凛「んぐ……な、なんでもないから! 今のやり取り丸々なし!」 

武内P「はあ……?」キョトン 


11 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:58:38.76 :05O5Nt8v0

凛「そろそろ帰るね」 

武内P「もう少し待っていただければ、新田さんとアナスタシアさんがレッスンから戻ってきますが」 

凛「お昼からお店の手伝いしなくちゃいけないし、残念だけど今日はいいよ」 

武内P「そうですか」 

凛「それじゃあね」 

武内P「はい……あの、渋谷さん」 

凛「なに?」 


12 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 00:59:44.85 :05O5Nt8v0

武内P「私も、お手伝いさせていただきます。渋谷さんが『はっきりとした何か』をつかめるよう、精一杯プロデュースしていきます」 

武内P「それから……今後も、休日に来たいと思えばいつでも来てください。待っています」 

凛「……うん、ありがとう」 

武内P「明日は朝からレッスンの予定ですので、遅れないように気をつけてください」 

凛「わかってる。プロデューサー」 

武内P「はい」 

凛「また、明日」ニコッ 


13 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 01:00:30.68 :05O5Nt8v0

凛「……今の私、笑ってた?」 

武内P「はい。いい、笑顔です」 


おしまい 


14 :◆C2VTzcV58A :2015/04/28(火) 01:01:38.44 :05O5Nt8v0

ゲームのデレ凛もいいけどアニメの凛もいいよね 
というわけでお付き合いいただきありがとうございました


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/28(火) 01:04:24.43 :AowORUm70
あーこの距離感 
良いなあ