【SS速報VIP】みりあ「ペンデュラム召喚とタッグデュエル♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428710249/


■ちゃおラジ外伝シリーズ
幸子「142'sの決闘者デビュー!」
みりあ「ペンデュラム召喚とタッグデュエル♪」


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/11(土) 08:57:29.77 :vKOWNk/FO

ちゃおラジの外伝です。本編を呼んでなくても大丈夫です。 
本編 
蘭子「混沌電波第6幕!(ちゃおラジ第6回)」 


2 :1 :2015/04/11(土) 09:11:30.51 :vKOWNk/FO

美嘉「あのさ蘭子。ちょっといいかな?」 

蘭子「いかがした?黒星の姉崎姫よ(どうしました?美嘉さん)」 

美嘉「実は相談したいことがあるんだけどさ…」 

蘭子「よかろう!尋ねたきことを申してみよ!(いいですよ。何が聞きたいんだけど)」 

美嘉「あのさ、みりあちゃんと仲良くなるにはどうしたらいいかな★」 

蘭子「…」スッ 

美嘉「ちょっと!早苗さんに連絡するのやめて!」


3 :1 :2015/04/11(土) 09:55:40.91 :vKOWNk/FO

蘭子「フッ。戯れよ。しかし汝らの間に亀裂はないように見えるが?もしや小児◯形態を潜在者の前で発現したか?!(冗談ですよ。でも2人って仲いいですよね?まさかキモチワルイモードをみりあちゃんの前で出しちゃったんですか?!)」 

美嘉「あれは鋼の意思で抑えてるから大丈夫だよ★そうじゃなくてさ、アタシってみりあちゃんからしたら友だちのお姉ちゃん的なポジションなわけじゃん?そこからもう一歩進めないかなって思ってさ★」 

蘭子「ならば決闘をすればよい!(それなら決闘すればいいんです!)」 

美嘉「決闘?!みりあちゃんとそんなことできるわけないじゃん!」 

蘭子「否!札遊びだ!電波で赤き瞳の潜在者を決闘者のに勧誘したのを知らぬのか?(違いますよ。カードゲームです。ラジオでみりあちゃんを決闘者の道に誘ったんですけど知りませんか?)」 

美嘉「あー。確かにラジオでそんな話してたかも…」 

蘭子「決闘者は全て対等!決闘を通し更に繋がりを凝固にできるだろう!(決闘者に立場なんて関係ありません。決闘を通してもっと仲良くなることもできるはずです)」 

美嘉「いいねそれ!アタシも始めてみようかな★」 

蘭子「ならば夜が明けたら我が棲み処に参れるか?潜在者が洗礼を受けるのだ!(じゃあ明日寮に来れますか?みりあちゃんに教えることになってるんです)」 

美嘉「えっと明日ってことかな?それならオフだから大丈夫だよ★」 

蘭子「決まりだな!闇に飲まれよ!(決まりですね。今日ははお疲れさまです)」 

美嘉「うん。やみのま★」 


4 :1 :2015/04/11(土) 10:33:56.60 :vKOWNk/FO

文香「それでは…今日の決闘講義を始めます…。今日は…新たな仲間が加わりました…」 

みりあ「よろしくー!」 

泉「よろしく」 

美嘉「よろしく★」 

飛鳥「もうデッキがある泉とラジオで誘ったみりあがいるのはわかるけど…。美嘉はなんで来たの?」 

蘭子「我が引き込んだ!決闘者を増殖させたいと思ってな!(私が誘ったんです。決闘者を増やしたいと思ったので)」 

のあ「何にしても決闘する相手が増えるのはいいことね」


5 :1 :2015/04/11(土) 10:58:38.96 :vKOWNk/FO

文香「これで前回のおさらいは…終わりです…。今日は…ペンデュラム召喚をします…」 

幸子「泉さんが使ってる召喚法ですね。何なんですかあれ反則ですよ!」 

輝子「フヒ。凄い展開力だった…」 

小梅「あ、あんなの…聞いてないです…」


7 :1 :2015/04/11(土) 13:15:35.53 :3Ate9Fe1O

文香「まずペンデュラム召喚には…ペンデュラムモンスターという特殊なモンスターカードが必要です…。泉さん…」 

泉「はい。これがペンデュラムモンスターだよ」 

幸子「?下半分が魔法カードと同じで緑色になってますね。それにテキストの上に赤と青のひし形と数字ともう1つのテキストがあります」 

文香「これがペンデュラムモンスターの…特徴です…。ではペンデュラム召喚の…流れを説明しますね…。まずは2枚のペンデュラムモンスターを…ペンデュラムゾーンに置きます…。こうすることで2枚の青と赤のひし形に書かれている数字…ペンデュラムスケールの間のレベルの手札のモンスターとエクストラデッキのペンデュラムモンスターを…1ターンに一度だけ特殊召喚できます…」 

小梅「ぼ、墓地を調べても…ペンデュラムモンスターがないのは…何でですか…?」 

文香「フィールド上のペンデュラムモンスターは…破壊されたりリリースされたりしても墓地には行かずエクストラデッキに行きます…。ペンデュラムゾーンのペンデュラムモンスターは魔法カードとして扱われますが…その場合も同様です…。ただしオーバーレイユニットの場合…カード扱いされない方におくられます…。後フィールド魔法と違い…違うカードを発動させて交換することはできません…」 

輝子「フヒ。そんなことができたら強すぎる…」


8 :1 :2015/04/11(土) 13:51:34.48 :3Ate9Fe1O

幸子「なかなかすごいですね!ボクのデッキに組み込むことってできますか?」 

文香「ギミックの1つとしてなら…組み込むのもありかもしれませんね…。デッキとの兼ね合いも考えて…必須とは言えないカードと交換するのも手かもしれません…」


9 :1 :2015/04/11(土) 14:40:14.91 :hJ5Pc52sO

みりあ「それじゃ私のデッキを考えるの手伝ってくれる?私の条件にピッタリ合うデッキがあるってホント?!」 

文香「はい…。魔轟神で…いいんですよね…?」 

蘭子「ウム!さすがは決闘の詠姫だな!(さすが文香さんですね)」 

みりあ「まごうしん?それってどんなデッキなの?」 

飛鳥「暗黒界と同じで手札から捨てることで展開していくデッキだよ。暗黒界と共通して使えるカードも多いかな」 

のあ「暗黒界との違いはシンクロが主な戦術ということと、暗黒界にはある要素が1つだけないことね。後光属性ってことも違うわ。それ以外はかなり似通っているカテゴリね」 

みりあ「だったらそれにする!」 

美嘉「アタシのデッキはどんなのがいいかな?」 

のあ「帝でいいんじゃないの?名前的に。それにかなり強いわよ」 

美嘉「ずいぶんテキトーだね?!まあ強いならいいけど★」


11 :1 :2015/04/11(土) 17:02:53.58 :9K0vR1uMO

蘭子「それなら我が力の一端を汝に授けよう!(だったら私のカードを分けてあげます)」 

みりあ「え?ホントにいいの?!」 

蘭子「構わぬ!札の束にはこれで足りるわ!(いいんです。デッキの分は十分ですから)」 

みりあ「わーい。ありがとう蘭子ちゃん!」 

蘭子「更に我が戦術を伝授しよう!暗黒界と魔轟神、通ずる物も多いだろう!(後使い方も教えてあげます。暗黒界と魔轟神、参考になることも多いでしょう)」 

文香「みりあさんは…蘭子さんに任せて大丈夫そうですね…。美嘉さんには…私が教えましょう…。帝で最も優先すべきは…リリース要員の確保です…一番いい型は…次元帝ですね…。『異次元の偵察機』や『異次元の生還者』は…除外されると戻ってくるので恒常的にリリースが確保できます…。ペンデュラムでもいいですが…どうしてもエクストラデッキにカードが残ってしまいますね…。帝のサポートカードにはエクストラデッキがあると効果が発揮できないカードが多いので…受けられる恩恵が少なくなります…」


12 :1 :2015/04/11(土) 17:57:40.90 :9K0vR1uMO

泉「それって私と美嘉さんが組むのが一番いいってこと?」 

みりあ「それナイスアイディアだよ泉ちゃん!私蘭子ちゃんと一緒に組んでみたい!」 

飛鳥「タッグか…。なかなか面白そうな試みだね」 

のあ「そうなると美嘉は次元帝と別にもう1つタッグ用のデッキを用意する必要があるわね」 

美嘉「え、何で?」 

文香「皆さんが組んでるデッキは…墓地利用が主な戦術です…。クリフォート 
も…除外されるとエクストラデッキには戻りません…。のあさん以外戦術が致命的に破綻するのは…さすがにいただけません…」 

美嘉「そっか。ならしかたないね」 

文香「タッグ用のカードは…私がどうにかしておきます。ベースデッキも…組んでおきます…。デッキ構築に使えそうなカードは…預かった予算内でおじさんに用意させます…。ではまた後日デッキを完成させて…タッグ戦をしましょう…」


13 :1 :2015/04/11(土) 18:41:24.49 :9K0vR1uMO

文香「これがお2人のベースデッキと…デッキ構築に使えそうなカードです。みりあさんは…主にシンクロモンスターをどうするか考えればいいでしょう…。美嘉さんはどの帝とサポートカードを入れるか…考えればいいと思います…。後美嘉さんのタッグようのカードを用意したので…ここに書かれてるカードと入れ替えて下さい…」 

美嘉「わかった…って何これ?!」 

文香「見ての通り…カエルです…。次元帝と同じくらい…リリース要員が確保できますからね…」 

のあ「さすが文香。やってくれると信じていたわ」 

飛鳥「基本的に使えるかどうかしか考えてないからね…」 

美嘉「それなら強いんだろうけど…。アタシにもカリスマギャルのイメージって物がさー!」 

みりあ「えー。カエルさんかわいいよー」 

美嘉「そ、そう?ならいいかな★」 

蘭子「さすが潜在者!姉崎姫の扱いを心得ておるな!(さすがですみりあちゃん。うまく美嘉さんを言いくるめましたね)」 

泉「それでいいのカリスマギャル…」


14 :1 :2015/04/11(土) 19:18:43.40 :9K0vR1uMO

蘭子「ククク。右腕は3枚揃っておるな!(ソルキウスは3枚そろってますね!)」 

文香「確かにソルキウスは…シンクロ素材としてものすごく優秀ですね…。ただ注意して欲しいのはこのカードが蘇生する時は『捨てる』ではなく…『墓地に送る』ということです…。大抵のカードは効果が発動できません…」 

みりあ「えー!右腕さんあまり効果使えないの?!」 

蘭子「案ずるな!破棄のための破棄には最適であるからな!(大丈夫です。手札からカードを捨てるためにクシャノを手札に戻すためにクシャノを墓地に送るのに使えますから)」 

みりあ「そうなんだ!クシャノも3枚あってよかった♪」 

飛鳥「蘭子の言葉がわかる方が言ってることが難解だね」 

のあ「そうね」


15 :1 :2015/04/11(土) 20:09:18.94 :/PghblUmO

美嘉「ねー文香さん。レベル8の帝って入れた方がいいかな?」 

文香「効果が強力なので…使ってみてもいいかもしれません…。ただアドバンス召喚した帝なら一体リリースで召喚できますが…他のカードは2体リリースしなければいけません…。どうするかは自由ですが…『轟雷帝ザボルグ』だけはエクストラデッキがないので採用する意味はありません…。まあ使えないカードをエクストラデッキに何枚か入れて…相手のエクストラデッキを破壊するという戦法もとれますが…」 

美嘉「うーん…。レベル8はまた今度にするよ★」 

文香「ならば『始源の帝王』は…いりませんね…。『帝王の轟毅』も…優先順位は低いでしょう…」 

みりあ「ねー蘭子ちゃん。私魔王龍使ってみたいな♪」 

蘭子「ならば輪廻の骸を一体入れてみてはいかがか?降臨させられたら天命だと思え!(ならゾンビキャリアを入れときましょう。運がよければ出せるかもしれません)」


16 :1 :2015/04/11(土) 20:58:30.93 :/PghblUmO

文香「デッキは…組めましたね…。ではタッグ戦の前に…事務所内のタッグデュエルのルールを…定めたいと思います…。決闘CGIでも適用したいので…泉さんには後で同じルールを書いた紙を渡しますね…」 

泉「了解しました」 

文香「では発表します…。パートナーの場にモンスターがいない時に限り…パートナーへのダイレクトアタックを自分のモンスターで受けることができます…。当然戦闘で発生したダメージは…自分が受けます…。パートナーのフィールドのモンスターを…アドバンス召喚のためのリリースにできます…。条件が合えばモンスターをコストや…特殊召喚に使えます…。パートナーのフィールド上のモンスターを…シンクロやエクシーズのために使用できます…。融合召喚の場合は…表側表示のモンスターに限りパートナーのモンスターを使用できます…。当然お互いの手札や…セットされているカードの情報を共有することはできません…。後対象を取らない効果の『相手』という記述は…対戦相手を指しますが…対象を取る効果の場合…パートナーに対して発動できます…。またパートナーのカードの効果は『相手』から受けた物とみなされますが…対象を取らない効果は対戦相手に対して適用されます…」 

蘭子「真か?!その言葉に偽りはないな?!(本当ですか?!ウソじゃないですよね?!」 

文香「はい…。本当です…」


18 :1 :2015/04/11(土) 21:43:31.47 :/PghblUmO

蘭子「言質は取ったぞ!我が封じられし札の力今こそ使う時!(確かに聞きましたよ!ついにこのカードの力を使う時が来ました!)」バッ、シュッ、シュッ、ストッ、トンッ 

みりあ「カッコいい!でも今何と何のカードを入れ替えたの?」 

蘭子「秘密だ!しばし戦術会議をしたら決闘を始めようか!(内緒です♪少し作戦を話し合ったら決闘を始めましょう)」 

文香「いいですよ…。話し合いが終わったら…決闘を始めます…」 

美嘉「…蘭子は何をデッキに入れたのかな?」 

泉「さあ?…でも用心した方がよさそうだね」 

のあ「この時美嘉と泉は知る由もなかった。ルールを聞いた時の蘭子のテンションの高さの意味とこのルールの本当の恐ろしさを」 

飛鳥「大体のあさんが言う通りになるだろうね」 


19 :1 :2015/04/12(日) 00:09:25.27 :VRFDax2GO

蘭子「我は暗黒界の取引を発動!破棄した龍神の効果により電脳の申し子の振り子領域の機殻道具を破壊!(私は暗黒界の取引を発動!捨てた暗黒界の龍神グラファの効果で泉さんのペンデュラムゾーンのクリフォート・ツールを破壊します!)」 

みりあ「更に捨てた魔轟神獣キャシーの効果発動!泉ちゃんのフィールドのクリフォート・アーカイブを破壊!」 

泉「サーチカードとリリース要員が…。何で私のカードばかり集中狙いされてるの?」 

美嘉「多分展開力を警戒してるんじゃない?」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

みりあ「私は墓穴の道連れを発動!…えっと泉ちゃんの召喚師のスキルと、美嘉ちゃんの帝王の烈旋を捨てるね♪」 

泉「クリフォート・ツールのサーチ手段がなくなった…」 

美嘉「こっちは相手のカードをリリースできなくなっちゃったよ!さっきのターンに帝が手札にいたら出せたのに!」 

みりあ「じゃ、美嘉ちゃんも選んでね♪」 

美嘉「みりあちゃんも蘭子も1枚しかないじゃん!それとそれ捨てて!」 

蘭子「我は捨てた龍神の効果を発動!申し子の振り子領域の機殻の言語を破壊!更に相手の効果で捨てられた故申し子の手札を無作為に選択!…魔物故双色の眼の振り子竜を特殊召喚!(私は捨てた暗黒界の龍神グラファの効果発動!泉さんのペンデュラムゾーンのクリフォート・アセンブラを破壊します!更に相手のカードによって捨てられたのでランダムで手札を選択します。…モンスターだったからオッドアイズ・ペンデュラムドラゴンを特殊召喚!)」 

泉「エンドフェイズにクリフォート・ツール呼ぼうと思ったのに…。何なのそのチートカード」


20 :1 :2015/04/12(日) 08:12:08.16 :jmmMV8KZO

蘭子「暗黒界の奥深くに封じられし龍よ!尖兵を依り代とし再び我が元に舞い戻れ!復活せよ我が右腕暗黒界の龍神グラファ!星8の龍神に星2の輪廻の骸を調律!数多の苦難を潜り抜けし牙の王よ!神樹を守護する力を我が為に振るえ!同調召喚!神樹の守護獣ー牙王!更に手札抹殺!皆手札を全て破棄しその枚数引く!破棄せし尖兵を特殊召喚!双龍よ!尖兵を依り代とし再び我が元に舞い戻れ!我は星8の龍神2体を超光化!全てを無力化せし神竜の騎士よ!我が為に剣を振るえ!超越召喚!神竜騎士フェルグラント!」 

泉「そのチートモンスターまだそんな効果あったんだ…」 

蘭子「牙王で姉崎姫に直接攻撃!神樹の牙!」 

美嘉「泉、伏せカードで防げないの?!」 

泉「…ノーコメントで」 

蘭子「神竜騎士で姉崎姫に直接攻撃!神竜剣!」 

泉「本当にゴメン…」 

美嘉「そんなー!」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

美嘉「魔法・罠ゾーンにカードがないから墓地から黄泉ガエルを守備表示で特殊召喚!黄泉ガエルをリリースして邪帝ガイウスをアドバンス召喚!邪帝ガイウスの効果で蘭子の牙王を除」 

蘭子「愚かな!牙王は第2主段階でないと効果の対象とならぬ!(残念でしたね!牙王はメインフェイズ2でないと効果の対象になりません!)」 

美嘉「マジで?!じゃあ蘭子のフェルグラントを除外★」 

蘭子「超光体を1つ取り除き神竜騎士の効果発動!この魔物の効果は無効化され、他の札の効果を受けぬ!従って神竜騎士は除外されぬのだ!(オーバーレイユニットを取り除きフェルグラントの効果発動!このモンスターの効果は無効化され、他のカードの効果を受けません!だからフェルグラントは除外されません!)」 

美嘉「うわ…。モンスター指定したのは失敗だったね」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

みりあ「墓地の2枚のクシャノの効果発動!手札から魔轟神ソルキウスと魔轟神獣ケルベラルを捨てるよ!ケルベラルの効果発動!捨てられた時特殊召喚できるよ!地の奥底に堕ちし光の悪魔よ!2つの御霊を糧とし再び我が元に舞い戻れ!復活せよ我が右腕魔轟神ソルキウス!レベル6ソルキウスにレベル2ケルベラルをチューニング!王者の決断、今赤く滾る炎を宿す、真紅の刃となる!熱き波濤を超え、現れよ!シンクロ召喚!炎の鬼神、クリムゾン・ブレーダー!クリムゾン・ブレーダーでガイウスを攻撃!レッドマーダー!戦闘でモンスターを破壊したから次のターン美嘉ちゃんはレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できないよ♪」 

美嘉「何それヤバすぎじゃん!」


21 :1 :2015/04/12(日) 12:13:23.56 :HnzP6oZaO

蘭子「潜在者よ!(みりあちゃん!)」 

みりあ「いいよ蘭子ちゃん!」 

蘭子「我は星6の潜在者の右腕に星2の輪廻の骸を調律!魔神を束ねし蠅の王よ!ムシズの走る世界に、陰りを!同調召喚!我が分身魔蠅王龍!トドメだ!姉崎姫に直接攻撃!魔王の赦肉祭!(私はレベル6のソルキウスにレベル2のゾンビ・キャリアをチューニング!魔神を束ねし蠅の王よ!ムシズの走る世界に、陰りを!シンクロ召喚!我が分身魔王龍ベエルゼ!トドメです!美嘉さんにベエルゼでダイレクトアタック!魔王の赦肉祭!)」 

泉「ゴメン。守れない…」 

美嘉「何でアタシばっかりー!」 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

蘭子「潜在者よ!(みりあちゃん!)」 

みりあ「いいよ!」 

蘭子「我は星6の潜在者の右腕と星2の魔轟の獣に星2の輪廻の骸を調律!億万の地を這いし蛆虫よ!その身をやつし天を埋めよ!!全ての世界は我らの掌中にあり!!君臨せよ!!我が写し身魔蠅超王龍!!(私はレベル6のソルキウスとレベル2のノズチにレベル2のゾンビ・キャリアをチューニング!億万の地を這いし蛆虫よ!その身をやつし天を埋めよ!!全ての世界は我らの掌中にあり!!君臨せよ!!我が写し身魔王超龍ベエルゼウス!!)」 

泉「攻撃力4000て…」 

蘭子「魔蠅超王龍の効果発動!蠅王覇権!超機殻の殺し屋の攻撃力を零にする!魔蠅超王龍の攻撃!蠅王殲滅覇軍!この戦闘の傷は半減する!(ベエルゼウスの効果発動!蠅王覇権!アポクリフォート・キラーの攻撃力を0にします。ベエルゼウスでアポクリフォート・キラーに攻撃!蠅王殲滅覇軍!この戦闘のダメージは半分になります!)」 

泉「それでもライフがまずいね…」


22 :1 :2015/04/12(日) 13:06:59.95 :HnzP6oZaO

みりあ「蘭子ちゃん!」 

蘭子「よかろう!」 

みりあ「私はレベル5のシルバにレベル3クシャノをチューニング!漆黒の闇を裂き天地を焼き尽くす孤高の絶対なる王者よ!万物を睥睨しその猛威を振るえ!シンクロ召喚!えん魔竜レッド・デーモン!蘭子ちゃん、いいよね!」 

蘭子「構わぬ!我もろとも焼き尽くせ!(大丈夫です!私のフィールドごと焼き尽くしちゃって下さい!)」 

みりあ「レッド・デーモンの効果発動!真紅の地獄炎!このカード以外の攻撃表示のカードを破壊!」 

蘭子「フッ!我が魔蠅王龍と魔蠅超王龍の闇の衣の前では炎など無力よ!(ベエルゼとベエルゼウスは効果では破壊されません!)」 

みりあ「私は手札抹殺を発動!全てのプレイヤーは手札を全て捨ててその枚数ドローする!」 

蘭子「武神を特殊召喚!相手により破棄したので残りの申し子の魔物を破壊!更に我が手にはもう一枚ある…。フハハハハ!時は満ちた!古より鎖に縛られし虹の魔神よ!今こそ呪縛から解き放たれその絶大なる力を振るえ!降臨せよ暗黒界の虹魔神!効果により魔法と罠を全て破壊!(ゴルドを特殊召喚!相手により捨てられたから残りのモンスターを破壊します。そして私はもう1枚捨てました。やっとこのカードを使えます!古より鎖に縛られし虹の魔神よ!今こそ呪縛から解き放たれその絶大なる力を振るえ!暗黒界の魔神レインを特殊召喚!効果で魔法と罠で破壊します!)」 

泉「何その壊れカード?!」 

蘭子「潜在者!汝が決めよ!(みりあちゃん、トドメです!)」 

みりあ「レッド・デーモンの攻撃!極獄の裁き!」 

泉「完全に負けた…」


23 :1 :2015/04/12(日) 13:40:52.57 :HnzP6oZaO

みりあ「やったね蘭子ちゃん!私たち最強コンビだよね♪」 

蘭子「ウム。我らの力を存分に発揮できたな!(はい!うまく実力を発揮できましたよね)」 

飛鳥「元々相性はいいからね。ただ泉と美嘉がまずかったのは魔法を伏せなかったことだね。伏せても破壊されるかもしれないけど被害は格段に抑えられるよ」 

美嘉「なるほどー!に確かにそうすれば大事な時にないなんてとあないね★」 

泉「奥が深いんだね。私も管理人としてもっとプレイング磨かないとね」 

のあ「それより蘭子。最後にロマン砲が出せてよかったわね」 

蘭子「ウム!一度使用してみたかったのだ!(はい!一回だけでいいから使ってみたかったんです!)」 

みりあ「もしかしてあの時入れてたのってそれ?でも何であんな強いカード最初から入れてなかったの?」 

文香「暗黒界の魔神レインは…相手のカードの効果で捨てられないと…効果を使えません…。暗黒界にハンデスしてくれる人は…まずいませんからね…。一応コンボを決められるカードはありますが…ベエルゼのためにシンクロを組み込んでる蘭子さんのデッキには採用しにくいです…」 

のあ「効果は文句なしに強いけど発動できる可能性はかなり低い。だからロマン砲なのよ」


24 :1 :2015/04/12(日) 13:47:43.23 :HnzP6oZaO

泉「何だかわかるほど面白くなってくるね。もう一戦やってみたくなってきたよ」 

のあ「なら私とやりましょう。先攻は“譲る”わ」 

文香「の、のあさん…?少しは手加減する気…ありますよね…?」


25 :1 :2015/04/12(日) 13:50:16.50 :HnzP6oZaO

おわりです。ほぼライブ感しかありません。