1:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:31:53.35 :0d9aSk1S0

ミリマスSSです。 
プロデューサーはP表記。 
ザ・ありきたり。 
既視感たっぷりな感じなので、そういうのでも良い方はどうぞ。 


2:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:34:08.42 :0d9aSk1S0

午後18時30分 駅 


P「うわ、どうしよう・・・」 

可奈「帰れなくなっちゃいましたね・・・」 


「只今、大雨の影響で電車を見合わせております。復旧のめどは・・・」 


P「まとまった雨が降るとは予報で言ってたけど、まさかこんなにとは・・・」 

可奈「すごくザーザーって音立てて降ってます~!」 

P「これ・・・帰れるか?」 


3:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:35:23.87 :0d9aSk1S0

キラメキラリ♪ 

P「んっ、音無さんからだ。もしもし?」ピッ 

小鳥『あっ、プロデューサーさん!今どこにいますか?』 

P「今、駅で可奈を送ろうとしてたんですけど、電車が動いてなくて・・・」 

小鳥『プロデューサーさん、実はこれからの予報見てもこの雨は続くみたいで・・・』 

小鳥『おそらく今日は動かないと思います』 

P「マジですか・・・そうだ、他のアイドルたちは大丈夫ですか?」 

小鳥『はい。この時間までお仕事があった娘は可奈ちゃんだけで、他の娘たちはレッスンを早く切り上げたりして家に戻りました』 

P「音無さんは?」 

小鳥『実は社長に早く切り上げるように言われて、今家に着いたところです』 

P「そうですか、皆無事に帰れて良かったです」ホッ 


4:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:36:32.98 :0d9aSk1S0

小鳥『プロデューサーさん・・・帰れそうですか?』 

P「えっと・・・タクシーとバスは人であふれかえってて、いつ乗ることが出来るか分からないです」 

P「ホテルも・・・たぶん空いてないかなあ」 

小鳥『大雨洪水警報出てますからね、待ってるうちに道路が冠水したりする可能性も・・・』 

P「確かに水が溜まってる所はもう溜まってます。そうなるといよいよ帰れなくなるな・・・」 

小鳥『プロデューサーさんは今どちらの駅に?』 

P「○○です」 

小鳥『○○ってことは確かプロデューサーさん家近かったですよね・・・そうだ!』ティン 

小鳥『プロデューサーさん!可奈ちゃんを泊めてあげたらどうです?』 

P「ええっ!?た、確かに今この状況でベストな方法ですけど・・・」 

小鳥『背に腹は代えられない状況ですよ?』 

P「・・・」チラッ 

可奈「うう・・・」ソワソワ 

P(やっぱりこんな状況だと不安だよな・・・) 

P「・・・最終手段、だな」 



・・・・・ 


5:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:38:56.94 :0d9aSk1S0

P「はい、はい・・・分かりました。勿論です!しっかり面倒見ます!はい、それでは」ピッ 

P「ふぅ、これで社長に報告は済んだ・・・と。可奈、お母さんは何って?」 

可奈「はい!プロデューサーさんだから大丈夫ね、って言ってました!」 

P「それなら良かった」 

P「よし可奈、行こうか。大体ここから10分くらい歩いたところに家があるけど大丈夫?」 

可奈「はい!それじゃあプロデューサーさんのお家に出発進行~♪」 

可奈(なんとプロデューサーさんのお家でお泊りすることになりました!) 

可奈(お母さんから『良かったね?』って言われたのは秘密です!えへへ・・・) 


6:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:40:17.49 :0d9aSk1S0

カチャ ガチャ 

可奈「お、お邪魔します!」 

P「ちょっと待ってな、今タオル渡すから」 

可奈「ありがとうございます、結構足元とか濡れちゃいました・・・」エヘヘ 

P「濡れて寒いのだったらお風呂沸かすぞ?」 

可奈「そこまで濡れてないので大丈夫ですよ!」ニコッ 

P「そっか、じゃあくつろいでていいぞー」 

可奈「はいっ、ありがとうございます!」 

可奈「・・・」キョロキョロ 

可奈(ちょっとだけ緊張するなあ・・・)ソワソワ 

可奈(お部屋綺麗だなあ、お掃除ちゃんとしてるからかな?) 


7:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:44:09.72 :0d9aSk1S0

グウゥ 

可奈「!」バッ 

P「おっ、お腹が鳴ったな」アハハ 

可奈「はい、おなかペコペコです・・・」/// 

P「それじゃあ早速夕飯作るよ」 

可奈「プロデューサーさん、私も手伝います!」 

P「可奈はゆっくりしてたらいいよ、今日も疲れただろ?」 

可奈「そんな・・・泊めてもらって、ご飯までご馳走してもらうなんて悪いです!」 

可奈「それに私、お母さんの料理のお手伝いしてるんですよ?」 

P「ん~、じゃあお言葉に甘えてお願いしようかな」 

可奈「はい!任せてください!」 

可奈「プロデューサーさんとお手伝い~♪美味しい料理できるかい~♪」 


8:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:46:54.72 :0d9aSk1S0

P「可奈、ネギをみじん切りして」 

可奈「はいっ」トントントン 

P「お母さんの手伝いしてるだけあって手際はいいな」 

可奈「ホントですか!?えへへ・・・ありがとうございます♪」 

P(うん、思ってた以上に上手い) 

P(以前サンドイッチ作ってくれた時は・・・うんあれは気にしないでおこう) 

可奈「そういえばプロデューサーさん、今日は何を作るんですか?」 

P「今日は・・・佐竹飯店流の麻婆茄子と炒飯だ!」 

可奈「わあ、楽しみです!」 

P「可奈、辛いのは大丈夫?」 

可奈「一応食べられますけど、辛すぎると・・・」 

P「それならちょっと辛さは控えめにしておくか」 


9:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:48:26.61 :0d9aSk1S0

P「次は茄子を頼む」 

可奈「はいっ!」トンッ 

可奈「プロデューサーさん、切り方はこんな感じでいいですか?」 

P「ああ、完璧だ」 

P「しかし、ホントに手際がいいな」 

可奈「えへへ、そこまで褒められちゃうと照れちゃいます」テレテレ 

P「お嫁さんでも十分やっていけるな」 

可奈「ふえっ、お嫁さん!?」ザクッ 

可奈「ああっ!茄子が変な形に切れちゃいました~!」 

P「あはは。変なこと言っちゃったな、悪い悪い」 

可奈「むぅ・・・」/// 

可奈(この前のブライダルの写真撮影の時も『ドレス姿似合うぞ』って言われちゃったし・・・) 

可奈(そんなこと言われると、意識しちゃうなあ・・・)/// 


10:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:49:53.94 :0d9aSk1S0

P「可奈、そこの引き出しにお皿あるから出してくれる?」 

可奈「分かりました!」スッ 

P「ありがとう。あとは盛り付けを・・・よっと!」 

P「よし、出来た!」 

可奈「わあ!すっごく美味しそうです!」 

P「早速食べよっか、お腹減ってるだろ?」 

可奈「はい。ずっといい匂いがしてるからさっきからずっとお腹ペコペコです・・・」エヘヘ 

P「飲み物はお茶でいい?」 

可奈「大丈夫です!」 


11:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:51:24.27 :0d9aSk1S0

P「じゃあ・・・」 

P可奈「「いただきます!」」 

可奈「アムッ・・・ん~っ!美味しいです!プロデューサーさん、すっごく美味しいですよ!」 

P「あはは、喜んでくれて嬉しいよ」 

可奈「私もこんな風に美味しく、ごはん作れるようになるのかなあ?」 

P「大丈夫だよ、ちゃんと作れるようになるから」 

可奈「でも、この前サンドイッチ作った時・・・」 

P「あれは可奈のおっちょこちょこちょいが出たからだろ?」 

可奈「もーっ!プロデューサーさんイジワルなこと言わないでください!」 

可奈「今はちゃんと言えますよ!おっちょこちょこちょい!って・・・あれ?」 

P(かわいい) 


12:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:53:02.61 :0d9aSk1S0

可奈「・・・ふう、ごちそう様です!」 

P「いっぱい食べたな」アハハ 

可奈「美味しかったのでついつい食べ過ぎちゃいました」 

P「そうだ、杏仁豆腐買ってきたけど食べる?」 

可奈「わあ!食べます!」 

可奈「杏仁豆腐~♪プルンとのどを通る~♪」 

P「ホントによく食べるなあ」 

可奈「えへへ・・・」 

P「食べ過ぎると、またあの時みたいになっちゃうぞ?」 

可奈「むっ!プロデューサーさん、そういうのデリカシーが無いって言うんですよ?」プンスカ 

P「分かってるよ、ゴメン。でもあの時のちょっと丸くなった可奈も可愛らしかったけど」 

可奈「かわっ」カアァ 

P「まあ、アイドルやってる今の可奈はもっとかわいいけどな?」 

可奈「///」ボンッ 


13:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:58:17.90 :0d9aSk1S0

P「よし。ごはんも食べたし風呂に入る?」 

可奈「そうですね!」 

P「分かった。それじゃあ風呂入れてくるよ」スタスタ 

可奈「はいっ」 

可奈「えへへ・・・プロデューサーさん優しいな・・・」 

オトメヨタイシヲイダケ♪ 

可奈「あっ、電話・・・志保ちゃん?」ピッ 


14:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 17:59:28.38 :0d9aSk1S0

志保『もしもし、可奈?』 

可奈「もしもし?志保ちゃんどうしたの?」 

志保『今日あなた仕事だったでしょ?それなのにこんな雨だからちょっと心配で・・・』 

可奈「大丈夫だよ、ありがとう。えへへ、志保ちゃん優しいね」 

志保『!・・・た、ただ気になっただけよ・・・それじゃあ、ちゃんとお家に帰ったってことね?』 

可奈「違うよ?プロデューサーさん家に泊めてもらってるんだよ?」 

志保『そう、プロデューサーさん家に・・・ええっ!?どういうこと!?』 

P「可奈、10分くらいで風呂入るからなー」 

可奈「あっ、分かりましたプロデューサーさん!」 

志保『そこに今プロデューサーさんいるのね?ちょっと代わって!』 

可奈「ええっ?う、うん、分かった」 


15:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:00:50.81 :0d9aSk1S0

可奈「プロデューサーさん、志保ちゃんが電話に出てほしいみたいです!」 

P「えっ、どうしたんだ?・・・もしもし、志保?」 

志保『プロデューサーさん、どういうことですか!?』 

P「えっ、何が?」 

志保『プロデューサーさんが可奈を家に泊めてるってことです!』 

P「ええっと、それは・・・」 

志保『ハッ!まさか、大雨を口実に可奈を連れ込んで・・・』 

P「ち、ちょっと待て!」 

P「ちゃんと理由を説明するから!」 


16:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:01:37.54 :0d9aSk1S0

P「実はな・・・」カクカクシカジカ 

志保『な、なるほど、完全に可奈の行くあてが無くなったから、仕方なくプロデューサーさんが・・・』 

P「そういうこと」 

志保『す、すみません!変な誤解しちゃって・・・』 

P「あのなぁ、俺がアイドルに手を出すとでも?」 

志保『アイドルに小学生メイドの役をさせる方がですか?』 

P「うぐっ・・・あ、あれはちょっと調子に乗っただけで・・・」 

志保『クスッ・・・冗談です、分かってますよ。プロデューサーさんのこと信頼してますから』 


18:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:06:28.61 :0d9aSk1S0

志保『でもプロデューサーさん、今日は仕方ないですけど頻繁にアイドルを泊めたらダメですよ?』 

P「勿論、分かってるよ。っていうか今日は本当に最終手段として使っただけだぞ?」 

志保『でも、プロデューサーさんの家でお泊まりとかちょっと羨ましい・・・』ブツブツ 

P「志保、何か言った?」 

志保『ああっ、い、いや!何でもないです!』 

『おねえちゃーん!』 

志保『すみません、弟が呼んでるのでこれで失礼しますね?』 

志保『可奈にもよろしく伝えておいてください』 

P「ああ。志保もありがとう」 

志保『はいっ、では』ピッ 

P「志保とはよく電話するの?」 

可奈「はいっ!最近は電話したり、メールしたりしますよ!」 

可奈「昨日も志保ちゃんといっぱい電話でお話ししました!」 

P(志保・・・)ジーン 


19:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:08:33.25 :0d9aSk1S0

P「おっ、そろそろお風呂入るぞ。先入っておいで」 

可奈「ありがとうございます。それじゃあ準備を・・・あっ」 

P「どうした?」 

可奈「その、下着は買ったんですけど・・・パジャマ買い忘れちゃいました・・・」 

P「あっ、マジか・・・そうだ、俺のジャージならあるけどそれ使う?」 

可奈「いっぱいお世話かけちゃって、ごめんなさい」エヘヘ 

P「大丈夫、大丈夫」 

可奈「それじゃあ入って来ますね!」 


20:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:10:28.05 :0d9aSk1S0

チャプン 

可奈「ふう、あったかい・・・」 

可奈「あったかぽかぽか~♪からだもほかほか~♪」 

可奈「・・・このお風呂にプロデューサーさん、入ってるんだよね」 

可奈「あう・・・ちょっとドキドキしてきた・・・」カアァ 

可奈「ハッ!変なこと考えちゃダメダメ!」 

可奈「お風呂に入ると疲労も全快~!気分も爽快~!」 

_________ 

~♪ 

P「・・・楽しそうに風呂入ってるなあ」 


21:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:12:37.53 :0d9aSk1S0

ガララッ 

可奈「プロデューサーさん、上がりましたよー!」 

P「おー、今から入ろう」 

P「って、ジャージがブカブカだな」アハハ 

可奈「ウエストのところ目一杯縛らないとずり落ちちゃいそうです・・・」エヘヘ 

P「お、おう・・・」 

P(胸元も少しゆるい気もする・・・) 

P「と、とりあえず俺は風呂に入ってくるから、テレビ見るなりしてゆっくりしてていいぞ?」 

可奈「はいっ♪」 


22:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:15:53.04 :0d9aSk1S0

ピッ 

可奈「確か今日は歌番組が・・・あった!」 

可奈「あっ、春香ちゃんと千早ちゃん!」 

可奈「わあ、やっぱり二人ともすごいなあ・・・!」 

可奈「私ももっと頑張らないと!」 


可奈「・・・あれっ、何か音がする?お風呂場から?」 

~♪ 

可奈「プロデューサーさん?」 

可奈「お風呂場で楽しそうに歌ってる・・・」 

可奈「えへ、何だかプロデューサーさんと一緒に住んでて・・・お嫁さんになったみたいだなぁ・・・」 


23:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:17:07.28 :0d9aSk1S0

P「ああ~サッパリした」ガラッ 

可奈「あっ、プロデューサーさん♪」パァ 

P「ん?可奈どうした?」 

可奈「いえ、何でもないです!えへへ・・・」 

P「?」 

P(よく分からないけどまあいいか、かわいいし) 

P「そうだ、まだ眠くないか?」 

可奈「まだ大丈夫です!」 

P「そっか」 


24:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:20:59.40 :0d9aSk1S0

P「よっと」ゴトッ 

可奈「パソコンですか?」 

P「ああ。隣、座るぞ」スッ 

可奈「は、はいっ!」ドキッ 

可奈「あれっ、お仕事ですか?」 

P「ん?まあな」 

可奈「それならテレビ消した方が良いですか?」 

P「いや大丈夫。いつも点けて仕事してるから」カタカタ 

P「可奈は自由にゆっくりしてたらいいよ」 

可奈「そ、そうですか・・・ありがとうございます」 


25:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:22:50.19 :0d9aSk1S0

P「そうだ可奈、歌番組の出演が決まったぞ!」 

可奈「ホントですか!?やったあ!」 

P「それこそ確かさっきまでやってた歌番組だったはず」 

可奈「わあ!さっき、千早ちゃんと春香ちゃんが出てたやつですね!」 

P「そうそう、って『千早ちゃん』に『春香ちゃん』?」 

可奈「あっ、つい出ちゃいました・・・」カアァ 

P「普段もそうやって呼べばいいのに、2人とも喜ぶぞ?」 

可奈「でも、それ以上に尊敬してますから!」 

可奈「そうだ!さっきの春香ちゃ、春香さんと千早さんのステージ凄かったですよ!」キラキラ 

P「録画してるし、今度見ておくよ」クスッ 


26:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:25:26.01 :0d9aSk1S0

ザアァァ 

可奈「雨が凄いですね」 

P「そうだな、明日大丈夫かなあ・・・」 

P「さっきから雷も遠くから聞こえるし」 

可奈「そ、そうですね。怖いなあ・・・」ガタガタ 

ピカッ ドオオォン! 

可奈「ひゃああ!!」 

P「うおっ!今のは落ちたな!」 

P「停電しないよな・・・わぷっ!か、可奈!?」 

可奈「怖いです!ま、真っ暗にならないですよね!プロデューサーさん!!」ギュウゥ 

P「だ、大丈夫だから落ち着けって!」 

ドオオォン! 

可奈「ぎぃやああぁ!!」ギュウウッ 

P「可奈、ちょっとそんなに抱きつかれると、く、苦しい・・・」 


27:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:26:21.76 :0d9aSk1S0

P(その後も雷が完全に遠ざかるまで可奈は離れない状態だった) 

可奈「ご、ごめんなさい・・・怖くて・・・」 

P「いいって、仕方ないよ」 

可奈「あの・・・お仕事出来なかったんじゃ・・・」 

P「いや、案外進んでるもんだぞ?もう少しで終わるし」カタカタ 

可奈「そ、そうですか・・・」 

P「・・・」カタカタ 

可奈「・・・」ジー 

可奈「!」ティン 


28:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 18:28:52.02 :0d9aSk1S0

可奈「プロデューサーさん、どうぞ」コトッ 

P「ん?ああ、お茶か。ありがとう、丁度欲しかったんだ」 

P「うん、美味い」ズズッ 

可奈「雪歩さんのお茶には負けちゃいますけど・・・」 

P「雪歩のお茶はもう別次元のものだからな」アハハ 

P「でも、十分美味しいよ。ありがとう」 

可奈「えへへ、喜んでくれて嬉しいです」テレテレ 


34:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:35:14.23 :0d9aSk1S0

P「・・・よしっ、終わったぁ~」 

可奈「お疲れ様です・・・ふわぁ・・・」 

P「そろそろ眠くなった?」 

可奈「ふぁい・・・」 

P「俺もやること終わったら眠くなってきたな・・・そろそろ寝るか」 

P「隣の部屋にベッドあるから、そこで寝て良いよ」 

可奈「プロデューサーさんは・・・?」 

P「俺?俺はそこのソファにでも寝るから良いよ」 

可奈「ええっ、でもそれだとプロデューサーさんが・・・ダメですよ!ベッドに寝ないとちゃんと疲れが取れないです!」 

可奈「私がソファで寝ますから!」 

P「それだと本末転倒じゃないか?」 

可奈「あっ、そうでした。うう・・・」 

可奈「そうだ!」ティン 


・・・ 


35:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:36:48.13 :0d9aSk1S0

P「・・・それじゃあ、電気切るぞ?」カチッ 

可奈「はいっ、お願いします」 

P「でも良かったのか?流石に一緒に寝るというのは・・・」 

可奈「大丈夫です!さっき志保ちゃんに『プロデューサーさんから何かされたら私に言うように』ってメールが来ました!」 

P「あんにゃろ・・・いや、絶対に手は出さないけどさ」 

可奈「それにプロデューサーさんですから」 

P「それはどういう意味だ?」 

可奈「えへへ、ナイショですっ!」 


37:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:39:29.21 :0d9aSk1S0

P「狭くないか?」 

可奈「大丈夫です」 

P「それならいいけど・・・」 

可奈「あの、プロデューサーさん」 

P「どうした?」 

可奈「今日はいっぱい迷惑かけちゃってごめんなさい」 

P「え?」 

可奈「ただでさえお仕事でも色んな迷惑かけちゃってるのに、それなのにプロデューサーさんのお家まで上がって色んな事させちゃって・・・」 


38:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:40:33.21 :0d9aSk1S0

P「迷惑だなんて・・・そんなこと思ってるわけないだろ?」 

P「今日だって料理手伝ってくれたし、お茶も入れたり・・・何より今日は楽しかったからな」 

P「それに、仕事だってそんなこと思ってないぞ?」 

可奈「ホントですか?」 

P「それこそ、始めの頃の春香とか千早の方が大変だったし・・・俺が未熟だったってのもあるけど・・・」 

可奈「そうなんですか?」 

P「ああ、例えばだけどな・・・」 


39:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:42:47.59 :0d9aSk1S0

P「・・・というわけだ」 

可奈「春香さんも千早さんも今はすごいのに、最初は大変だったんですね」 

P「やば、結構言いふらしてしまったな。可奈、出来たら2人には秘密に・・・」 

可奈「どうしましようかな~♪言いふらそうかな~♪」 

P「あっ、このやろ」ペチッ 

可奈「冗談ですよ、えへへ」 

P「2人も最初は苦労したんだ、だから大丈夫だよ」 


40:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:44:44.33 :0d9aSk1S0

可奈「私も春香さんや千早さんみたいなアイドルになれますかね?」 

P「・・・もちろん。俺が必ず連れて行ってあげるからな」 

可奈「約束ですよ?」 

P「ああ、約束だ」ナデナデ 

可奈「あっ・・・」 

P「悪い、撫でられるの嫌だった?」 

可奈「いえ、気持ちが良いです・・・」エヘヘ 

可奈「プロデューサーさん、良かったら私が寝るまで撫でてくれませんか?」 

P「ああ、いいよ。ゆっくり寝なさい」ナデナデ 

可奈「はい・・・プロデューサーさん、おやすみなさい」ニコ 

可奈(えへへ、ホントに優しいなぁ) 

可奈(プロデューサーさーん、だいすきですよー・・・) 

可奈「・・・」スゥスゥ 

P「・・・」ナデナデ 

P「おやすみ、可奈」 

_________ 
______ 
___ 


41:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:46:59.23 :0d9aSk1S0

P「んっ、朝か・・・ってまだ5時か、少し早すぎたな」 

P「でも昨日の大雨とはうって変わって晴れたな、これなら大丈夫そうだ」 

P「って動けない・・・」 

可奈「zzz・・・」ギュッ 

P「寝てるうちに忘れてたぞ、可奈を泊めてたんだった」 

P「でも・・・」 

可奈「zzz・・・」ギュウゥ 

P(ここまで抱きしめられると、その・・・体が細い分、数字の割に出てるところは出てるから・・・うん、柔らかいです) 


42:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:48:49.71 :0d9aSk1S0

可奈「ぷろでゅーさーしゃん・・・えへへ・・・」ムニャ 

P「俺が出るとか・・・どんな夢を見てるんだか」 

可奈「どこにも、いかないでくだしゃいね~・・・」 

P「・・・」 

P「当り前だ、ちゃんとそばにいてあげるからな」ナデナデ 

可奈「エヘヘ・・・」ムニャ 

P「さて、俺ももう一眠りするか・・・」 

_________ 
______ 
___ 


43:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:51:45.77 :0d9aSk1S0

午前7時30分 


「可奈・・・可奈、起きなさい」 

可奈「むにゃ・・・んっ、プロデューサーさん?」 

P「可奈、そろそろ起きないと遅刻するぞ」 

可奈「ああ・・・ふぁい、おはようございます・・・」 

P「それと、早く離れてもらわないと俺も起きられないんだけど・・・」ギュウゥ 

可奈「え?・・・ひゃあ!」バッ 

可奈「ご、ごめんなさい!!」カアァ 

P「顔洗って、眠気でも覚まして」 

可奈(さっきのでほとんど目が覚めちゃってるけど・・・うう・・・)/// 


44:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:55:23.66 :0d9aSk1S0

可奈「と、とりあえず、顔をバシャってしてきます!」スクッ 

スルッ パサッ 

P「」 

P(ズボンが落ちた・・・) 

可奈「きゃあぁっ!!」 

可奈「」クルッ 

P「」サッ 

可奈「み・・・見ました?」カアァ 

P「い、いや、見てないぞ・・・」メソラシ 

可奈「プロデューサーさんの好きな色って何ですか?」ニコッ 

P「淡いピンク!・・・ハッ!」 

可奈「やっぱり見てるじゃないですか~!プロデューサーさんのばかあぁぁ!!」ポカポカ 

P「ふ、不可抗力なのは仕方ないだろ!可奈、痛い痛い!!」 

_________ 
______ 
___ 


45:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 22:58:22.17 :0d9aSk1S0

事務所 午前9時 


ガチャ 

P可奈「「おはようございます!!」」 

小鳥「おはようございますプロデューサーさん、可奈ちゃん」 

可奈「あれ、みんなまだ来てないんですか?」 

小鳥「ええ、可奈ちゃんが一番乗りよ?」 

小鳥「それよりも可奈ちゃん、プロデューサーさん家のお泊りデートどうだった?」 

可奈「で、デートだなんて!!」カアァ 

P「そうですよ音無さん、変なこと言わないでくださいって」 

小鳥「でも~、一緒にご飯作ったりとか?どっちがベッドに寝るか言い争ったけど結局1つのベッドで一緒に寝ちゃったりしたんでしょ~?」ニヤニヤ 

P「な、何でそんなピンポイントに当てて・・・」 

可奈「・・・あぅ」プシュー 

小鳥「ふふ、これが妄想力ってやつですよ」フンス 

P(ダメだこの大人なんとかしないと) 


46:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:05:15.91 :0d9aSk1S0

ガチャ 

「「「おはよーございまーす!!!」」」 

P「おっ、そうしてたら一斉に来たみたいだな?」 

未来「あっ、可奈ちゃん来てたんだ!おはよう!」 

可奈「うん!未来ちゃんおはよう!それに静香ちゃんも!」 

静香「ええ。可奈、おはよう」 

翼「プロデューサーさん、可奈ちゃん、おはようございまーす!」 

P「おはよう、翼」 


47:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:15:24.47 :0d9aSk1S0

琴葉「だからあの後カラオケ行かないように言ったでしょ?雨降ってたし止めなさいって」 

恵美「確かに帰りにびしょびしょになったけどさ、やっぱり少し歌って帰りたかったんだから良いじゃん?」 


莉緒「う~頭痛い・・・」 

このみ「だから言ったのに、私とおんなじペースで飲んだら痛い目見るって・・・」 


百合子「昨日読んだ小説に・・・」 

瑞希「なるほど、面白そうですね。・・・わくわく」 

杏奈「百合子さん、私も・・・読んでみたい」 


春香「千早ちゃん、今日もお仕事一緒だって!」 

千早「そうなの?それは楽しみね」クスッ 


ガヤガヤ 


48:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:18:13.44 :0d9aSk1S0

P「結構集まってきたか?」 

律子「そうですね。みんな、昨日の雨の影響を受けなくてよかったです」 

ガチャ 

志保「おはようございます」 

P「おっ、志保も来たか。おはよう」 

志保「おはようございます、プロデューサーさん」ニコ 

可奈「志保ちゃんおはよう!」パアァ 

志保「おはよう、可奈」ニコッ 


49:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:19:32.91 :0d9aSk1S0

雪歩「昨日はホントに雷が怖くて怖くて・・・」 

真「そうだよね、ボクもちょっとだけ寝られなかったよ・・・」 

春香「昨日の雨、凄かったもんねー」 

春香「そういえば昨日、可奈ちゃん大丈夫だったの?私が帰る前に小鳥さんが心配してたけど・・・」 

真「確か、プロデューサーと一緒に仕事行ってたよね?ちゃんと帰れた?」 

可奈「実はプロデューサーさんのお家に泊めてもらって・・・」 

春香「あっ、そうなんだ~!」 

「「「へっ?」」」 

P「あっ」 


50:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:22:08.41 :0d9aSk1S0

春香「ぷ、プロデューサーさん!どういうことですか!?」 

真「可奈をプロデューサーの家に泊めたって本当ですか!?」 

P「し、仕方ないだろ!最後の手段として使ったんだ!」 

静香「可奈!プロデューサーに何もされてないよね!?」 

P「おいっ!俺をどういうやつだと思ってるんだ!?」 

可奈「うんっ、何もされてな・・・あっ」カアァ 

静香「!?・・・何かされたのね!?」 

可奈「あの、その・・・ぱ、パンツ、見られちゃった・・・」/// 

P「」 

静香「」 

春香「」 

志保「」 

小鳥「!!」ガタッ 


51:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:27:01.93 :0d9aSk1S0

可奈「あうぅ・・・やっぱり思い出すと恥ずかしい・・・」/// 

静香「・・・やっぱりプロデューサーは変態でしたね」ジトー 

春香「女の子のパンツ覗くとかサイテーですよ!プロデューサーさん!」 

P「ちょっと待って!ちゃんと事情があるから!不慮の事態だったから!!」 

志保「・・・」ジー 

P「あ、あの~志保さん?そうやって無言で白い目で見られるのが一番堪えるんですけど・・・」 

志保「ヘンタイ♪」ニコッ 

P「だから誤解だあぁ!誰か話を聞いてえぇ!!」 

ギャーギャー 



可奈「・・・でも、とっても楽しかったな、えへへ♪」 



その後何かにつけて家に帰れない口実を作り、プロデューサーの家に泊まろうと図ったアイドルが続出したのはまた別の話 


おわり 


53:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:29:37.13 :0d9aSk1S0

可奈は嫁って言うより娘って感じだよね。 
本当に見守っていたいです。 


54:◆kBqQfBrAQE:2014/07/01(火) 23:34:19.77 :0d9aSk1S0

結局可奈の新SRはお迎えできなかった・・・恒常SRって言うところがせめての救い。 
ゆっくり待ってお迎えしたいと思います。 
って思ってたら今度は百合子に破壊力抜群のSRが・・・ 


今度、百合子のSS書いて昇華しよっと。でも奈緒のことも書きたい・・・ 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404203513