1:2014/02/19(水) 08:40:00.40 :Pl1oUoKM0

亜美「ねぇねぇ真美~」 

真美「どうしたの?」 

亜美「こないだ亜美、竜宮でタモさんの番組でたじゃんか?」 

真美「ああ、あの割と奇妙な物語だね。真美も観たよ→」 


2:2014/02/19(水) 15:01:36.06 :Pl1oUoKM0

亜美「それでさ、学園の七不思議ってあったじゃん?」 

真美「あったね」 

亜美「アレ良いよね→! 何だかチョー楽しそうジャン!」 

真美「ふむふむ。亜美さんや、言いたいことは分かりましたぜ」 

亜美「その通り! 我が765プロにも」 

真美「七不思議が星井! もとい欲しい!」 

亜美「と言うことで、いざ出発!!」 


3:2014/02/19(水) 15:08:22.86 :Pl1oUoKM0

真美「と言っても、そんな簡単に不思議な事なんて見つかんないよね→」 

春香「どうしたの二人とも。何か探し物?」 

亜美「あ、はるるん。実は……」 

春香「何?」フツーウ 

亜美「やっぱいいや」 

春香「え? 真美、何なの?」 

真美「はるるんに不思議を願うのは酷ってもんだぜぃ」 

春香「何だかよく分かんないけど、バカにされた気がする……」 


5:2014/02/19(水) 15:14:00.86 :Pl1oUoKM0

亜美「とんだところで時間を浪費してしまったYO」 

真美「全く、はるるんにも困ったもんだね。お、アレは……」 

貴音「おや、亜美に真美ではありませんか」 

真美「不思議!」 

亜美「はっけーん!」 

貴音「面妖な!?」 


6:2014/02/19(水) 15:19:26.89 :Pl1oUoKM0

亜美「そういやいっつも思ってたんだけどさ」 

貴音「はて、何でしょう?」 

真美「お姫ちんの食べたラーメンって何処に消えてるの? どう考えても胃袋よりも食べてることがあるんだけど……」 

貴音「ふふ、それは勿論、とっぷしーくれっと。ですよ、亜美」 

亜美「ふちぎだな→」 

真美「ふちぎだね→」 


8:2014/02/19(水) 15:27:32.54 :Pl1oUoKM0

亜美「早速第一の不思議を見つけたね」 

真美「残り六つ! おや、あれに見えるは……」 

響「うぎゃー、自分が悪かったぞー!」 

亜美「Do‐したんだいおじょうちゃん?」 

真美「真美達に相談してご覧?」 

響「あ、亜美と真美! いやぁ、自分お腹すいちゃって、悪いとは思いつつもついついハム蔵のヒマワリの種食べちゃって……」テヘヘ 


9:2014/02/19(水) 15:30:52.83 :Pl1oUoKM0

真美「ひびきんも懲りないねぇ」 

亜美「学習能力が無いとも言うねぇ」 

響「ひ、酷いぞ真美。二人が相談してみろって言ったんじゃないかー!」 

ハム蔵「ジュイ」 

響「あ、ハム蔵!」 

ハム蔵「ジュジュジュイ、ジュイ!」 

響「え~、その条件はちょっと……」 

ハム蔵「ジュージュイ、ジュイ!」 

響「わ、分かったよぅ」 

亜美「ハム蔵何て?」 

響「一週間ご飯二倍にしたら許してくれるってさ。うー、食費が……」 

真美「ねぇねぇ亜美」 

亜美「! 確かに」 

響「? そう言えば、今日はどうしたんだ二人とも」 

真美「765プロ第二の不思議!」 

亜美「ひびきんは動物語が理解できる!」 

真美「ふちぎだな→」 

亜美「ふちぎだね→」 

響「?? またよく分かんない遊びをしてるなぁ」 


10:2014/02/19(水) 15:34:35.74 :Pl1oUoKM0

亜美「なかなか順調じゃないか真美探偵」 

真美「はっ、亜美警部! 残り五つであります」ビシッ 

あずさ「あらあら~、真美ちゃんに亜美ちゃん」 

亜美「これまた分かり易い不思議がやってきたね、真美」 

真美「そだね、亜美」 

あずさ「あら~? どうしたの二人とも。何かの悪戯かしら~?」 

亜美「まだ何にもやってない内からヒドいよあずさお姉ちゃん」 

真美「そうだYO! ボーボーだよー!」 

あずさ「もしかして、横暴のことかしら……だって二人とも……」 

亜美「そんなことよりあずさお姉ちゃん!」 

真美「あずさお姉ちゃんはどうしてそんなに方向音痴なの?」 

あずさ「ぅう、それは~……」 

あずさ「どうしてかしらねぇ、私も頑張って治そうとはしてるんだけど……」ハァ 

亜美「ふちぎだな→」 

真美「ふちぎだね→」 

あずさ「あらあら~」


11:2014/02/19(水) 15:38:46.50 :Pl1oUoKM0

亜美「早くも三つだね→」 

真美「この事務所が大丈夫なのか心配になるレベルだね」 

亜美「お、そこにいるのは……」 

雪歩「へ? 真美ちゃん……それに亜美ちゃんも」 

亜美「ヘイヘイゆきぴょん! どしたのさ?」 

真美「元気ないジャン? 真美に相談してみなよ」 

亜美「いやいや、ここは亜美が」 

雪歩「?? え、え~と……」 

真美「……もしかして、言いにくい事だったりする?」 

雪歩「え、あっ、ううん。そう言う訳じゃないんだけど……」 

雪歩「私、さっきのレッスンでまた失敗しちゃって……」 

雪歩「やっぱし私、アイドル向いてないのかなぁ」 

亜美「そんなことないっしょ!」 

真美「そうそう、ゆきぴょんは真美達のアイドルだぜー」 

雪歩「二人とも……ふぇぇ、年下の子に気を使わせるなんて、こんなダメダメな私なんて、穴掘って埋まってますぅ!」スチャッ 

亜美「あ!」 

真美「お!」 

雪歩「ふぇ?」


12:2014/02/19(水) 15:46:21.97 :Pl1oUoKM0

亜美「ねぇねぇゆきぴょん! 今、何処からそのスコップ出したの?」 

雪歩「え、何処からって……」 

雪歩「鞄の中から、こうやって……」 

雪歩「こうだよ?」スチャッ 

真美「な、何も見えなかった……」 

亜美「これが天才か……」


13:2014/02/19(水) 15:52:15.97 :Pl1oUoKM0

亜美「いよいよ残り三つだね」 

真美「大詰めですなぁ」 

亜美「お、そこ行く人! キミだよキミィ」 

社長「ん? 真美君に、亜美君じゃないか。ハハハ、今のは私の真似かね? よく似ているねぇ」 

真美「……」ジー 

亜美「……」ジー


14:2014/02/19(水) 15:56:25.40 :Pl1oUoKM0

社長「ん? どうしたんだね二人とも。私の顔に何かついてるかね?」 

亜美「ううん」 

真美「むしろ、何がついてんのか分かんないYO!」 

亜美「こいつぁ超弩級の不思議ですぜ、真美の旦那ぁ!」 

真美「帰って対策を練るぞ、ついてこい亜美公!」 

亜美「らじゃー!」ドタドタ 

社長「ふむ、行ってしまったねぇ。それにしても、何の遊びだったんだろうかねぇ?」


16:2014/02/19(水) 16:05:27.70 :Pl1oUoKM0

亜美「はぁ、びっくりしたね」 

真美「もうふちぎどころの騒ぎじゃないね」 

亜美「しかし、我々は止まるわけにはいかない!」 

真美「残る二つの不思議の為にも!」 

P「ん、真美と亜美じゃないか。そんなところで何やってんだ?」 

真美「あ、兄ちゃん!」 

亜美「聞いて聞いて! シャチョーさんってさぁ」 

P「ああ、顔にいっつも影かかってるよな。偶に明るいところにいても、何故か木が邪魔してたりするし……」 

亜美「だよね→」 

真美「……兄ちゃんってさ」 

P「ん?」 

真美「いっつも真美達の欲しがってるモノや、言ってほしい言葉に気付くよね?」 

亜美「あ、そういやそうだね」 

P「そりゃ、セーブとロード繰り返してるからなぁ」 

亜美真美「??」 

P「ま、貴音風に言うと、トップシークレットってやつさ」HAHAHA 


亜美「……ふちぎだな→」 

真美「ふちぎだね→」


17:2014/02/19(水) 16:10:39.00 :Pl1oUoKM0

真美「結局、あっという間に六つも不思議が見つかったね」 

亜美「ホント大丈夫なのかなこの事務所?」 

真美「だよね……」 

ガチャ 

P「ありゃ、お前らまだ残ってたのか。そろそろ暗くなるから帰りな」 

真美「はーい。亜美、帰ろ!」 

亜美「オッケー、ちょっと待ってて真美!」 

P「あのさ」


18:2014/02/19(水) 16:16:04.20 :Pl1oUoKM0

亜美真美「「?」」 

P「悪戯のつもりかも知れんが、入れ替わってんの皆にばれてるぞ。んじゃ、暗くならん内に帰れよ~」バタン 

亜美「……」 

真美「……」 

亜美「に、兄ちゃん何言ってんだろうね?」 

真美「だ、だよね→」 

亜美「亜美は亜美で」 

真美「真美は真美?」 

亜美「亜美は真美?」 

真美「真美は亜美?」 

??「「私は……ダレ?」」 

おわり


19:2014/02/19(水) 16:22:34.68 :Pl1oUoKM0

短いですが以上です 重複失礼しました 
書き溜めが完成して残ってたら、またここに書かせてもらうかもしれません


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392766800