1:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:04:00.19 :GSr0EO5g0

眠れない夜。 
窓を叩く雨の音と、時計の針が動く音だけが、真っ暗な部屋の中に響きます。 

「もう23時……」 

普段21時には床に着く私にとっては、こんな時間まで起きていたら明日の朝が心配になってきます。 
けれど、心配したところで眠気はやって来ません。 


2:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:04:19.63 :GSr0EO5g0

仕方なく電気を付けて冷蔵庫から牛乳を取り出し、カップに注いで電子レンジで温めます。 
できあがったホットミルクを口に運ぶ。 

「はぁ……」 

その暖かで柔らかい風味に思わず息が零れました。 


3:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:06:36.40 :GSr0EO5g0

もう何日もずっと雨。 
空はずっと暗く淀んでいます。 
だからかしら? 
こんなにも、気分が薄暗くなってしまうのは。 

降り止まない雨にため息をついた時、雨と時計の音に、もう一つの音が混ざりました。 
携帯電話がその身を震わせて音を立てています。 

手に取って音を止めながら画面に目をやると、一通のメール着信の報せが。 
ボタンを操作してメールを開くと、音無さんからでした。 


4:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:07:03.61 :GSr0EO5g0

From:音無さん 
Subject:何だか眠れなくて…… 

まだ起きてますか? 


5:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:07:31.49 :GSr0EO5g0

たった一言、それだけが書かれたメールに、何故か心が軽くなっていくのを感じました。 
私と同じっていうのが、嬉しいのかもしれません。 

送られてきたメールに、すぐに返信を送る。 


6:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:08:35.03 :GSr0EO5g0

To:音無さん 
Subject:Re:何だか眠れなくて…… 

私も眠れなくて、まだ起き 
ています。 


7:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:09:26.62 :GSr0EO5g0

短めの文を打ち込んで返信。 
メールが送信され、数分後、すぐに返事が返ってきました。 

送られてきたメールに目を通します。


8:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:09:55.72 :GSr0EO5g0

From:音無さん 
Subject:Re:Re:何だか眠れなくて 

雨、本当に嫌になっちゃい 
ますよね。 
洗濯物も溜まりますし(笑) 


10:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:12:45.44 :GSr0EO5g0

どうやら音無さんも、この長雨に気が滅入ってしまっているようでした。 

すぐに返事を返すため、携帯電話のボタンを操作します。 
窓を叩く雨音と、時計の針が時を刻む音に、ボタンを押す音が混じり合います。


11:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:13:12.05 :GSr0EO5g0

To:音無さん 
Subject:Re:Re:Re:何だか眠れな 

分かります。気分も暗くな 
っちゃいますよね……。私 
は眠れなくて、今ホットミ 
ルクを飲んでいます。 
温かくて落ち着きますね。 


12:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:15:12.78 :GSr0EO5g0

他愛のない話。 
けれど、とても心地よい時間が流れています。 
ホットミルクの暖かさと、音無さんからのメールが私に安らぎを与えてくれました。 
振り続ける雨で鬱々とした気分が晴れていくような、そんな感覚です。 

色んな話をメールでやりとりしていたら、気がついた時にはもう間もなく日付が変わりそうな時間に。 
気持ちが落ち着いてきたからか、少しずつ眠気がやって来ました。 


13:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:16:03.52 :GSr0EO5g0

From:音無さん 
Subject:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re 

あ、もうこんな時間! 
すみません長々と付き合わ 
せてしまって……。 

あずささんとメールするの 
がすごく楽しくってついつ 
い長引いてしまいました。 


14:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:16:48.55 :GSr0EO5g0

何だか気を使わせてしまいましたね。 
すぐに返事を返しましょう。 


15:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:17:46.74 :GSr0EO5g0

To:音無さん 
Subject:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re 

大丈夫ですよ。 
気にしないでください。私 
も音無さんとメールするの 
楽しかったです。 

明日の朝が起きれるか心配 
ですけれど(笑) 

また眠れない時はメールし 
ましょうね~。 
勿論そうでない時も。 


16:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:18:22.59 :GSr0EO5g0

送信ボタンを押して携帯電話を閉じる。 
カップの中身はいつの間にか空っぽになっていました。 
空になったカップをシンクに置いて、蛇口の水を入れておきます。 

ベッドに戻って布団に入ります。 
枕元には携帯電話と、数個の目覚まし時計。 
朝が弱い私は、こうしないとなかなか目が覚めません。 

寝る準備を整えたところで、携帯電話が鳴りました。 


17:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:18:48.95 :GSr0EO5g0

From:音無さん 
Subject:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re 

遅刻が心配なので朝迎えに 
行きますね。 

楽しんでもらえたなら嬉し 
いです!またメールしまし 
ょう! 

それでは遅くまでありがと 
うございました。おやすみ 
なさい。 

またあとで?(笑) 


18:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:19:17.58 :GSr0EO5g0

少しお茶目な内容に、思わず頬が緩んでしまいました。 
あまり長くなっても悪いので、こちらこそおやすみなさいとだけ返して布団に身を沈めます。 

電気を消して、目を閉じたらあれだけ眠れなかったのが嘘みたいに、すぐに眠れました。 


19:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:20:07.87 :GSr0EO5g0

数個の目覚まし時計が、けたたましく鳴り響き朝を告げます。 
眠い目を擦りながら目覚まし時計を止めて、布団から抜け出しました。 

閉じたカーテンを開くと、昨日までの雨が嘘みたいに綺麗な空。 

いつまで降っていたのでしょうか、道路はまだ濡れていて、ところどころに水たまりが残っています。 
着替えて、朝食を食べた頃、家の呼び鈴が鳴りました。 

扉を開けると、昨夜の宣言通り音無さんの姿があります。 


20:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:20:36.47 :GSr0EO5g0

「来ちゃいました」 

いつも通りの素敵な笑顔がでそう言った音無さん。 

出かける準備を終えて、二人で事務所を目指します。 

「雨、止んで良かったですね~」 

綺麗に晴れた空の下、二人並んで歩く道はとても気持ちが良いです。 


21:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:21:09.60 :GSr0EO5g0

「えぇ、やっぱり晴れてる方が気分いいですね」 

そう話す音無さんの顔も、この空のように晴れ渡っています。 

生い茂る草木には雨の名残のように、露が日差しを浴びて、キラキラと輝きを放っていました。 



おしまい


22:◆sIPDGEqLDE:2014/06/29(日) 22:22:17.21 :GSr0EO5g0

終わりです。 

雨ばかりで嫌になりますね。 
今日もゲリラ豪雨でしたし。 

少しでもお楽しみいただけたら幸いです。 
それではお目汚し失礼しました。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404047040