1:2014/04/11(金) 22:58:26.65 :4OEvFi32o

モバP「磁石ってあるじゃないですか」 

ちひろ「ありますね」 

モバP「今日の朝に目が覚めたら、なんか俺の体質に変化があったみたいでして、それも突然」 

ちひろ「はあ、どんな変化が?」 

モバP「見ての通りですよ」 

モバP「俺に触れた親しい女の子たちがくっつくんですよね」 

モバP「あ、物理的な意味で、磁石みたいに」 

まゆ「……うふふ」ベター 

ちひろ「あー、くっついてますね」


2:2014/04/11(金) 23:03:56.74 :4OEvFi32o

まゆ「まゆにもよくわかりませんけど、何故か離れることができないんですよねえ」 

まゆ「まあ、まゆとしてはこのままでいいんですけどね」スリスリ 

ちひろ「……」 

ちひろ「信じると思いますか?」 

モバP「実は俺もまだ確信持ってないんですよね」 

モバP「この通り、背中に引っ付いてるわけだから引き剥がすのは難しいし」 

モバP「そもそも女の子の身体に触るのもちょっと気が引けますし」 

ちひろ「そういうところは紳士的ですね……」 

モバP「というわけで、本当はまゆがただくっついてるだけなんじゃないかなと、ちょっぴり思ってるわけでして」 

まゆ「む……Pさんはまゆのことを疑ってるんですかぁ?」 

モバP「だってなあ、まゆだしなあ」


3:2014/04/11(金) 23:10:56.58 :4OEvFi32o

モバP「とにかく、確証を得ていないので、ちひろさんがまゆを引き剥がしてみてください」 

ちひろ「はあ……まあ、このままだと仕事にも影響が出ますしね」 

ちひろ「では失礼して……よっ」グイ 

モバP「おっとと」フラ 

ちひろ「ちょっとプロデューサーさん、つられないでくださいよ」 

モバP「いやいや、こっちもちゃんと踏ん張ってるつもりですよ」 

ちひろ「本当ですか? ぬんっ」グイ 

まゆ「あ、いたたたたたた!」 

ちひろ「あれま、マジだった」 

ちひろ「まゆちゃんも必死でしがみついてるように見えないし」 

まゆ「だから言ったじゃないですかあ……」


5:2014/04/11(金) 23:17:21.44 :4OEvFi32o

ちひろ「……」 

ちひろ「困ったことになりました」 

モバP「なんですか?」 

ちひろ「私の両手が離れません」 

モバP「え?」 

ちひろ「まゆちゃんを引き剥がそうとして手を回したんですけど」 

ちひろ「そこでプロデューサーさんに触れた部分がくっついちゃいました」 

モバP「マジか」 

ちひろ「マジです」 

モバP「……どうしましょ」


10:2014/04/11(金) 23:24:15.04 :4OEvFi32o

ちひろ「あかん、このままでは事務仕事すらできない……」 

まゆ「二人に挟まれて、少し苦しいです……」 

モバP「幸い、俺の両手は空いてますけど」 

ちひろ「どうしますか、このままではマズイですよ」 

モバP「どうすればいいんだろうなあ」 

ちひろ「とりあえず移動、移動しましょう」 

モバP「移動、どこに?」 

ちひろ「えーと、電話が取れる位置に」 

モバP「よし……あっ」 

ちひろ「ちょっと、どうしました?」 

モバP「俺の両足にですね」 

モバP「くっついてるんですね」 


乃々「あうぅ……」ベター 

輝子「……フ、フヒ……」ベター 

ちひろ「えー……?」


13:2014/04/11(金) 23:32:34.10 :4OEvFi32o

乃々「何なんですかこれ……いぢめですか……」 

モバP「こっちが聞きたい」 

輝子「フヒ……原木栽培のキノコになった気分……」 

モバP「こっちはのんきだな」 

モバP「ともかく、このままだと移動すらできません」 

ちひろ「マズイですね、本格的に」 

乃々「帰りたいのに帰れません……うぅ……」 

輝子「あ、このままだとキノコの世話ができない……」 

ガチャ 

茜「おはようござ……?……お!?」 

きらり「ん!? みんなで遊んでるのかにぃ?」 

ちひろ「あ、ちょうどよかった、助けてください」


16:2014/04/11(金) 23:39:43.56 :4OEvFi32o

茜「せーのっ!」 

きらり「にょわっ!」グイッ 

ちひろ「うひゃあっ」ドテッ 

ちひろ「あいたた……なんとか私は離れることが出来ましたね」 

モバP「これでひとまずは電話応対と事務仕事ができますね」 

まゆ「まゆも楽になりましたよぉ」 

茜「それにしても、どうなってるんですかね、これ」 

きらり「くっついちゃうなんて、とても不思議だにぃ☆」 

茜「そうですね!」ベタベタ 

モバP「あ、おい、触ったら」 

茜「あ」ベタッ 

茜「手が離れませんっ!」 

ちひろ「あーあ……」


17:2014/04/11(金) 23:46:59.68 :4OEvFi32o

きらり「うーん……」 

きらり「皆を見てるときらりもくっつきたくなってくるにぃ☆」 

モバP「頼むからやめてくれ」 

茜「離れないですねー……」 

茜「ふんぬっ!」グイッ 

モバP「あ、バカ、そんな強く引っ張ったら」 

ドテッ 

モバP「ぐえっ」 

まゆ「あうっ」 

茜「ひゃあっ」 

乃々「うあっ」 

輝子「フヒャっ」 

ちひろ「あー、倒れちゃった……」


18:2014/04/11(金) 23:52:52.62 :4OEvFi32o

モバP「いてて……」 

茜「さらにくっついてしまいました……」 

モバP「俺の胸にベッタリだもんなあ……」 

茜「……ん!? プ、プロデューサーの、胸っ胸の中ですかっ!?」 

茜「……あー」カァァ 

モバP「(押し付けられてるんだよなあ……)」 

モバP「(言ってなかったけど、後ろからも押し付けられてるんだよね、うん)」 

モバP「……えっとだな、男の胸の中は辛いだろうけど、我慢してくれ」 

茜「あ、いえ! 別に嫌というわけでは無くて、えっとその!」 

まゆ「……」ギリッ 

ちひろ「(まゆちゃんが怖い顔してる……)」


19:2014/04/12(土) 00:00:23.14 :m32yPiz/o

モバP「こんな状態じゃあ立ち上がるのも難しいぞ」 

きらり「きらりが助けるぅ!」ガシッ 

モバP「あ」 

きらり「……くっついちゃったにぃ」 

ちひろ「うかつに触ることもできないわね……」 

モバP「被害は広がるばかりか……」 

モバP「……んん!?」 

輝子「…………」 

モバP「今気づいた」 

モバP「輝子お前、どこに顔を突っ込んで……」 

輝子「モ、モガモガ……」ジタバタ 

モバP「おふぅっ!?」 

乃々「……う、うわぁ……」カァァ 

ちひろ「おい、変態」 

モバP「不可抗力だ!」 

まゆ「っ……っ……」ギリギリ 

きらり「まゆちゃんの歯軋りがすごいにぃ……」


22:2014/04/12(土) 00:06:36.49 :m32yPiz/o

ガチャ 

菜々「おはようございまー……へぇ!?」 

輝子「モガ、モガ!」 

モバP「暴れんなよ……暴れんなよ!」 

菜々「うわあ! Pさんがついに!」 

菜々「案の定!」 

菜々「アイドルに手を出した!」 

モバP「待て! これは違う!」 

モバP「てか、案の定ってなんだよ!」


24:2014/04/12(土) 00:12:18.01 :m32yPiz/o

菜々「はあ……磁石みたいにくっつくんですか」 

モバP「そうなんだよ」 

きらり「きらりも手が離れないんだにぃ」 

菜々「これは……!」 

菜々「ウサミン星の特殊磁場の影響ですね!」 

茜「マジですか!?」 

モバP「冗談はいいから」 

菜々「てへっ」 

茜「あ、嘘なんですか、なんだ」 

菜々「……まあ、本当なんですけどね」 

モバP「は?」


26:2014/04/12(土) 00:20:14.15 :m32yPiz/o

菜々「昨日、Pさんがウサミン星にある私の家に来たじゃないですか」 

モバP「あー、あのアパ 

菜々「ごほんっ!」 

菜々「その時にですね、ウサミン星特有の磁場を浴びてしまったのではないでしょうか」 

乃々「……??」 

菜々「ウサミン星人にも、その、繁殖期……というものがありましてですね」 

菜々「ウサミン星では繁殖期に合わせて特殊な磁場が発生するんです」 

きらり「にょわ……?」


27:2014/04/12(土) 00:26:38.23 :m32yPiz/o

菜々「その特殊な磁場を浴びると、親しい異性同士が引き寄せ合ってくっついてしまうのです!」 

菜々「今はちょうど繁殖期なので、たまたまPさんが私の家に来た時に浴びてしまい」 

菜々「その磁場の影響が残っているんだと思います」 

まゆ「えーと……?」 

菜々「あ、そうなると地球で生活する上では不便なので」 

菜々「ナナのように地球で生活するウサミン星人はその磁場を遮断する特殊な金属、ウサミニウムを持ち歩いているのです!」 

ちひろ「は、はあ」 

茜「ウサミ、ニウム……?」 

モバP「即興にしては中々込んだ設定じゃないか」 

菜々「だから本当ですってば!」


29:2014/04/12(土) 00:32:55.81 :m32yPiz/o

菜々「今から証明してみせますよ!」 

菜々「このウサミニウムをPさんに持たせれば」 

菜々「磁場の影響があっという間に無くなって、皆が離れるはずです!」 

菜々「ほら」ヒョイ 

きらり「おっ?」スッ 

きらり「なんかスッと手が離れたにぃ!」 

茜「は、離れましたね……」 

茜「(まだドキドキしてます……)」 

まゆ「うーん……まゆとしてはもうちょっと、いや、もっと長くくっついていたかったんですけど」 

輝子「ヒ、ヒャッハァーーーーー!! イッツァ、マッシュルゥゥーーーー厶ッッ!!」 

乃々「(輝子さん、顔が赤くなってる……)」 

ちひろ「本当に離れちゃった……」 

モバP「ウサミン星人とは一体……うごごご」


31:2014/04/12(土) 00:38:33.95 :m32yPiz/o

ちひろ「ともあれ、これでやっと仕事ができるのは確かですね」 

モバP「うーむ、ありがとうと礼を言うべきなのか」 

菜々「ナナは困っている人の味方なのです!」 

菜々「お金の相談以外なら受け付けますよ!」 

ちひろ「わりとリアルなのね……」 

乃々「これで、やっと帰れます……」 

モバP「帰しません」ガシッ 

乃々「む、むーりぃー……」


32:2014/04/12(土) 00:44:52.40 :m32yPiz/o

数日後 

モバP「おはようございまーす」 

ちひろ「おはようござ……うっ!?」ググッ 

モバP「あれ? ちょっとちひろさん、なんで俺から離れるんです?」 

ちひろ「いや、離れたくて離れているんじゃなくてですね」 

ちひろ「何故かプロデューサーさんに近づけないんです」 

モバP「そんな言い訳しなくても、嫌なら嫌とはっきり言ってもらった方が……」 

ちひろ「だからわざとじゃないんですってば!」 

菜々「これは……ウサミン星の特殊磁場ですね!」 

モバP「え? また?」


34:2014/04/12(土) 00:50:51.04 :m32yPiz/o

菜々「ウサミン星人は繁殖期の後に安静期というものが来るんですね」 

菜々「安静期というのは、女性がその……繁殖期のときに……ン、ン! した後」 

菜々「他の人の邪魔が入らないように、その名の通り安静にする時期なんですが」 

菜々「ウサミン星では、それに合わせてこれまた特殊な磁場が発生するんですね」 

菜々「ぶっちゃけこの前の反対です、すごく親密な相手以外の異性同士が近づけなくなります」 

モバP「な、なるほど……」


35:2014/04/12(土) 00:55:29.14 :m32yPiz/o

ちひろ「……ん?」 

ちひろ「その磁場の影響をプロデューサーさんが受けているということは」 

ちひろ「また菜々ちゃんの家に行ったんですか?」 

モバP「え? ええまあ」 

ちひろ「……何しに行ってるんですか?」 

モバP「それは……なあ?」 

菜々「え? ……あ、あはは!」 

ちひろ「……!」 

ちひろ「異性が近づけない中で菜々ちゃんは平然としているということは……」 

ちひろ「そしてこの前、繁殖期って言ってましたが、まさか」 

モバP「仕事行ってきます!」 

菜々「ナナも行ってきます!」 

ちひろ「おい待て! こら!」 


おわり


36:2014/04/12(土) 00:56:12.38 :m32yPiz/o

おかしいな、当初は□リ勢が群がってそれこそ塊魂的なSSを書こうと思ったのに…… 

見てくれた人、ありがとう

 
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397224706