■関連SS

モバマスSSです 


2:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 19:54:36.73 :+L8KXI6M0

―喫茶店 

神谷奈緒「それで、相談って一体なんなんだ?」 

島村卯月「私達でよければ、なんでも聞きますよっ!」 

若林智香「うん、ありがとうっ☆それでね……」 

奈緒「あ、待てよ智香。注文してからにしよう」 

智香「えっ?」 

奈緒「多分あたしが言わなくても……」 

ピンポーン 

卯月「奈緒ちゃん智香ちゃん、店員さん呼んでもいいかな!」 

奈緒「うん、だと思った。ほら智香、決めとこうよ」 

智香「そうだね……アタシはどれにしようかなっ」 


3:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 19:55:38.59 :+L8KXI6M0

ゴユックリドウゾー 

奈緒「それで、相談だけど……」 

智香「あ、奈緒ちゃんのパフェ、一口もらってもいいかな?」 

奈緒「えっ」 

卯月「私のショートケーキも、一口どうぞっ!」 

奈緒「……いいよ、ほら。その代わり食べながらでも聞けよ?」 

卯月「それで智香ちゃん、相談ってなんですか?」 

智香「あ……そ、そうだね、えっと……」 

奈緒「その……Pさんのこと、だよな?」 

智香「……はいっ☆」 


4:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 19:56:27.36 :+L8KXI6M0

奈緒「ふむふむ……Pさんと両思いになれたのはいいけど、それからどうしたらいいかわからない、か……」 

智香「そうなんです……」 

奈緒「あのさ、智香」 

智香「?」 

奈緒「あたし達、そういうのに詳しいと思う?」 

智香「えっと、詳しくないんですか?」 

奈緒「あちゃー……。卯月、どうしたらいいんだ?」 


卯月「……!」ピコーン 

卯月「デートに誘いましょう!」 

智香「えっ?」 

奈緒「……はぁっ!?」 


5:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 19:58:21.70 :+L8KXI6M0

卯月「恋人同士がすることといったら、デートですよデート!」 

奈緒「た、確かにそうだけどよ……」 

智香「こっ、恋人……!!」カァァァ 

奈緒「できると思う?」 

卯月「やってみなければ、わかりませんよ!」 

智香「そっ、そ、そうですねっ!ででデートですよねっ!!」アタフタ 

奈緒「……智香、デートってどういうことするのか知ってるか?」 

智香「あっ……どうすればいいのかな……」 

奈緒「……あたしは知らないぞ?そんな、デートなんて、したことないし……」 

卯月「私もありませんけど……どうしたらいいんでしょう?」 

智香「うーん……」 


7:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:02:49.99 :+L8KXI6M0

奈緒「例えば、智香の好きなこととかに誘ったらいいんじゃないか?」 

智香「好きなこと、ですかっ……?」 

智香「チアリーディングかなっ」 

奈緒「よし卯月、何がいいと思う?」 

卯月「そうですねー……」 

智香「えっ?」 

奈緒「安心しろ智香、あたし達も一緒に考えるからな!」 

卯月「そうだ、プロデューサーさんとお散歩なんてどうですかっ?」 

智香「お、お散歩……ですかっ?」 

卯月「まずは二人っきりで、お話してみるのもいいんじゃないかなっ」 

奈緒「そうだな……恋人らしいことは、それからでも遅くないかもな」 


8:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:03:51.07 :+L8KXI6M0

智香「……!」ピコーン 

奈緒「おっ、何か思いついたか?」 

智香「はいっ!」 

卯月「やったね奈緒ちゃん!」 

奈緒「うん……でもなぁー……」 

智香「?」 

奈緒「いや、Pさんだからなーって思ったんだけど……大丈夫だよな?」 

卯月「大丈夫、絶対大丈夫ですよ!」 

智香「えへへ……うん、きっと大丈夫☆」 

奈緒「だといいけど……不安になってても仕方ないか」 

奈緒「頑張れよ、智香!」 


9:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:06:32.95 :+L8KXI6M0

――後日、事務所 


P「んー……疲れてきたし、そろそろ休憩するか……」 

智香「!」 


奈緒「よし、いいぞ……チャンスじゃないか」ヒソヒソ 

森久保乃々「あ、あの……奈緒さん、どうしてまたもりくぼの城に……というかどうして輝子さんまで」ヒソヒソ 

星輝子「フフフ……気にするな、親友……」 

奈緒「これも智香のためだと思って……今度パフェでもなんでもおごるから」ヒソヒソ 

乃々「あぅ……き、今日だけ、今日だけですよ……」ヒソヒソ 


P「あれ、声が……?」 

智香「Pさん、今大丈夫ですかっ?」 

P「ん、智香か。大丈夫だけど」 


10:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:08:58.32 :+L8KXI6M0

智香「あのっ……お散歩でも行きませんかっ?」 

P「散歩?」 

智香「気分転換にも、丁度いいですよ☆」 

P「……そうだな。行き詰まってたし、ちょっと気晴らしに行こうか」 

智香「はいっ!」 


奈緒「よし!いいぞ智香、その調子だ!」ヒソヒソ 

乃々「奈緒さん……その、そんなに動くとせまいです……」ヒソヒソ 

奈緒「あ、ごめん……」ヒソヒソ 

輝子「大丈夫、大丈夫……奈緒さんも、親友……だからな」 


11:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:10:09.93 :+L8KXI6M0

智香(えっと、えっと……) 

智香(Pさんを誘ったのは良かったんだけど……) 


P「どうした、智香?」 

智香「はっ、はいっ!?」 

P「おいおい、そんなに驚くことか」 


智香(うぅ……ま、まともにお話するのも、顔を見るのも……あぅ……)ポワー 

P「……?」 


12:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:11:18.88 :+L8KXI6M0

P「智香、大丈夫か?」グイッ 

智香「ひゃぁっ?!」 

P「顔が真っ赤だぞ……熱でもあるのか?」 

智香(Pさんのせいですっ……!)カァァァ 

P「……んー、風邪とかじゃなさそうだけどなぁ」 

智香「だ、大丈夫ですよっ☆」 

P「それならいいんだが……」 


智香(や、やっぱりアタシにはで、デートなんて……) 

P「ほら、智香行くぞー」グイッ 

智香「あ……」 

智香(手……握られて……) 

P「?」 

智香「あ、は、はい……」プシュー 

P「だ、大丈夫か智香!?」 


13:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:12:03.20 :+L8KXI6M0

――カラオケ店 


奈緒「で、Pさん前にして固まって、おぶってもらって帰ったのか」 

智香「う、うん……えへへ」 

奈緒「いや待て待て、智香!それデートじゃねぇよ!!」 

智香「えぇっ!?」 

卯月「……やっぱりここは、もっと沢山の意見を聞きましょう!」 

奈緒「……卯月、アテはあるのか?」 

卯月「もう呼んでますよ!」 

智香「さすが卯月ちゃんっ!」 

卯月「えへへっ♪」 

奈緒「……はぁ」 


14:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:14:54.45 :+L8KXI6M0

奈緒(卯月だぞ……?人選大丈夫か?) 

奈緒「……いや、卯月だもんな。ちゃんとした人を呼んで」 

ガチャッ 

輝子「フフフ……卯月さん、わ、私を呼ぶとは……お目が高い」 

卯月「いらっしゃい、輝子ちゃん、乃々ちゃん!」 

乃々「あ、あの……輝子さんに連れて来られたんですけど……というかカラオケとかもりくぼにはちょっと……」 

智香「大丈夫だよ、乃々ちゃんっ☆」 

乃々「そ、それなら……あ、ありがとうございます、ですけど」 


奈緒「……なあ、卯月」 

卯月「どうしました?」 

奈緒「……いや、なんでもない」 


15:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:16:05.59 :+L8KXI6M0

奈緒「なあ、輝子、乃々。ちょっと」 

奈緒「……どうして呼ばれたか、卯月から聞いてる?」ヒソヒソ 

輝子「と、智香さんのこと……だよね?」ヒソヒソ 

乃々「そうだったんですか……?もしかして智香さんとプロデューサーさんのことですか……」ヒソヒソ 

奈緒「そうなんだけど、いい案あるのか?」ヒソヒソ 

輝子「フヒヒ……奈緒さん、私達にお任せ、だよ……」ヒソヒソ 

乃々「ああ……えっと、もりくぼたちでよければ……」ヒソヒソ 



卯月「あ、智香ちゃんは何頼む?」 

智香「えっと、ポテトにジュースに……あ、これとか輝子ちゃん喜びそうだねっ☆」 


16:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:18:08.34 :+L8KXI6M0

ゴユックリドウゾー 

奈緒「いつの間に注文……いや、それよりもだ。ほら、輝子、乃々」 

輝子「フヒ……と、智香さん、もうすぐ何があるか、知ってる……?」 

智香「えっ?えーと、今は2月の……あっ!」 

輝子「そう……バレンタイン。私とPはトモダチだけど、智香さんとPは……ね?」 

智香「そ、そうだね……ど、どうしたらいいのかな」 

乃々「あ、あの……私、この前イベントの練習で作らされ……作りましたし、少しくらいなら教えられるかと……」 

奈緒「おお……まともだ。なんか意外だな」 

卯月「輝子ちゃんも乃々ちゃんも、流石ですねっ!」 

輝子「智香さんのため、トモダチのためですよー……フフ」 

乃々「自信ないですし、もりくぼでよければ……ですけど」 


17:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:19:00.25 :+L8KXI6M0

智香「……みんな、ありがとっ☆」 

智香「……うん。アタシ、今ならとっても頑張れそう!」 

奈緒「よし、それでこそ智香だよ」 

卯月「私達も、智香ちゃんを応援するよっ!」 

輝子「フヒヒ……智香さんなら、大丈夫、だよ」 

乃々「さりげなくですが、もりくぼも応援してますので……」 

智香「よしっ……みんな、帰ったら早速チョコを作ろうよっ☆」 

乃々「は、はい……がんばりますけど」 


輝子「フフ、よかった……あ、カラオケ……わ、私、歌っても、いい?」 

奈緒「いいけど、輝子は何を歌うんだ?」 

輝子「……ヒャッハァーッ!!!お前も蝋人形にしてやろうかァーッ!!!!」 

乃々「ひぃっ!?」ビクッ 

卯月「輝子ちゃん、すごいですね!」 

智香「いつも通りだねっ!」 


18:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:22:29.54 :+L8KXI6M0

――バレンタインデー当日、事務所 


P「おはようございます……って、何してるんだ乃々」 

乃々「べ、べつに……あと、これ……義理ですけど」 

P「ありがとな。それで、そこにいられると仕事が……」 

輝子「フフフ……P、予定表、見て」 

P「ん、どうした輝子まで……あれ、今日は俺、休みになってる」 

乃々「ですから今日はお仕事しなくていいんですよ……もりくぼも働かないことにしました」 

P「いや待て、乃々も輝子も今日仕事だろ」 

乃々「……あぅ」 

輝子「あ、そうだ……P、わ、私からもだ。トモチョコ、だぞ」 

P「輝子もありがとな」 


19:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:23:44.59 :+L8KXI6M0

乃々「と、とにかく……プロデューサーさんがお仕事しないように、もりくぼはお仕事までここで見張ってますんで……」 

輝子「そうだ……今日はこの机、キノコ達に譲ってあげてくれ……フヒッ」 

P「……まあ、そこまで言うなら……でも仕事はちゃんと行けよ」 

乃々「……おにですか、あくまですか……」 

輝子「机の上……フフ、圧巻だ……」 

P「帰るときにはキノコは片付けろよ」 


P「全く、一体どうなってるんだか……あれ、メールだ」 

P「ちひろさんからだ……えっ、本当に休みなのかよ……!?」 

ガチャッ 

P「……あ」 

智香「えへへ……Pさん、おはようございますっ」 


20:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:26:50.74 :+L8KXI6M0

智香「Pさんも、今日はオフなんですねっ」 

P「あ、ああ……って、どうしてそれを」 

P「……俺も、って智香、もしかして」 


奈緒「おいおい、智香、Pさん……事務所の入り口でなにやってんだよ」 

卯月「ほら、二人ともオフなんですから!さあ、さあ!」グイグイ 

P「わっ?!卯月、奈緒、何してんだよ、引っ張るなっての」 

奈緒「Pさん、後はあたし達に任せとけって」 

卯月「今日は私達が、Pさんの代わりに頑張りますっ!」 

P「が、頑張りますって……そんな」 


21:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:28:12.55 :+L8KXI6M0

奈緒「大丈夫、ちひろさんから色々聞いたからあたし達でもできるって」 

卯月「ちゃんと大人の方にも頼んでいますし……プロデューサー、私達に任せて下さい!」 


P「……」 

智香「あ、あの、えっと……Pさんっ!」 

智香「その……ふ、二人もそう言ってることですし……」 

P「……あー、そういうことか」 

P「分かった分かった、俺の負けでいいよ。……任せていいんだな?」 

奈緒「おう、もちろん」 

卯月「大丈夫ですよっ!」 

P「ほら、俺のスケジュール帳も貸すから……でも困ったら頼れよ?」 

奈緒「ああ……もちろん、ちひろさんと大人組にね」 


22:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:30:56.10 :+L8KXI6M0

奈緒「そうだ、Pさん……あたしからのチョコも、ほら」 

卯月「私のチョコも、プレゼントですよ!」 

P「お、おう……ありがとな」 

奈緒「義理だからな」 

卯月「義理ですからね!」 

P「……面と向かって言われると、なんか痛いんだけど」 

卯月「でしたら、はやく本命チョコをもらってきてくださいっ♪」 

奈緒「ほらPさん、智香待ってるぞ?」 

智香「え、えっと……Pさん、そういうことなので……ねっ?」 


23:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:32:56.45 :+L8KXI6M0

P「……それじゃ、任せたぞ」 

智香「え、えっと……行ってきますっ☆」 

バタン 


奈緒「……はぁ、Pさんってば……」 

卯月「でも、どうにかなってよかったですね」 

輝子「フフ、フフフ……あとは、智香さんなら……」 

乃々「だといいですけど……」 


奈緒「さ、仕事だ仕事!Pさんの代わり、ちゃんとやらなきゃな!」 

卯月「輝子ちゃんは楓さんやみちるちゃんと一緒に撮影ですよ!」 

輝子「うん……智香さんのためにも、が、頑張る……」 

奈緒「乃々は泰葉や清美、フレデリカに夕美と一緒にイベントのお仕事だな。大人組も協力してくれてるし、ちゃんと行くんだぞ」 

乃々「あぅ……今日だけは、その……逃げないように、頑張りますけど」 


24:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:37:08.51 :+L8KXI6M0

―――― 

智香(Pさんと、二人きり……!!) 

P「……はぁ、大丈夫かな……」 

智香(だ、大丈夫……!奈緒ちゃんに卯月ちゃん、輝子ちゃんに乃々ちゃん……皆が、アタシを応援してくれてるんだから!) 

智香「あのっ、Pさん……今日は、ごめんなさい」 

P「いいよ、皆気遣ってくれたんだろ?」 

智香「はいっ……アタシ達のスケジュールはちひろさんに頼んで、勝手にずらしてもらっちゃいました」 

P「それで、卯月や奈緒が俺の代わりにか」 

智香「はい……でも、二人なら大丈夫ですよっ!」 

P「……俺も、任せるって言ったしな。二人を信じるよ」 


25:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:38:28.79 :+L8KXI6M0

P「そういえば、あの日から……あまり、ちゃんと話したことも、なかったもんな」 

智香「そ、それは……だってPさんも、アタシも忙しかったじゃないですかっ」 

P「それでも、だよ」 

P「……この前だって、デートだったんだもんな」 

智香「でも、アタシずっと緊張しちゃってて……」 

P「俺は楽しかったよ。あんな智香を見るの初めてだったし」 

P「……俺の方こそ、ごめんな。あんまり気が利かなくて」 

智香「……いいんですよ、お互い様なんですからっ」 


26:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:39:36.30 :+L8KXI6M0

智香「Pさん、せっかくですから……えいっ」 

ギュッ 

智香「えへへ……手、繋いじゃいましたねっ」 

P「そうだな。この前はそんな感じじゃなかったしな」 

智香(Pさんの手、とっても温かい……) 

智香(この前は、こんなことも考える余裕なかったのかな……) 

P「……なあ、智香」 

智香「なんですかっ?」 

P「……いや、智香の手って、細くてちっちゃくて、温かいんだなって」 

智香「アタシも同じこと、思ってます」 

智香「Pさんの手、大きくて、しっかりしてて……温かいですよ」 

P「……そうか」 


27:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:42:23.49 :+L8KXI6M0

P「これからは、もっと……二人での時間、見つけような」 

智香「……はいっ」 

P「でも、その前に……智香はアイドルだからな?」 

智香「もちろんですよっ」 

智香「……いつか、ちゃんとトップに立ってみせますから」 

智香「その時も、アタシがアイドルの舞台から降りる時も、その先も……」 


智香「ずっと……アタシを応援してくださいっ!」 


28:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:43:13.05 :+L8KXI6M0

P「……智香」 

ギュッ 

P「……えっと、あんまり気の利いたことも言えないけどさ」 

P「これからも、よろしくな」 

智香「……は、はいっ」 

P「あと……こちらこそ、応援しててくれると嬉しい」 

智香「もちろんです!アタシの得意分野ですからっ☆」 


智香「だから……これからも一緒、って気持ちを込めて作ったんです」 

智香「そ、その……チョコ、受け取ってくださいっ!!」 


29:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:43:56.19 :+L8KXI6M0

智香「…………あ……」 


智香「……えへへ」 



智香「ありがとう、Pさんっ」 


智香「これからも、ずっと、ずっと……一緒ですよっ☆」 


30:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:49:04.19 :+L8KXI6M0

――後日、事務所 


智香「えへへ……」ポワー 


奈緒「……智香、成功したんだろうな」 

卯月「今日はずっとあの調子ですからね」 


智香「えへへへ……」グルグル…… 


乃々「あ、あの、智香さん……目の前でプロデューサーさんの椅子で遊ばれると、で、出れないんですけど……」 

輝子「でも……智香さん、いい笑顔……フフ、上手くいったようだな……」 


31:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:53:35.69 :+L8KXI6M0

奈緒「幸せそうだし、いいか。お疲れ様でしたー」 

卯月「そうですね。それじゃあ私も、お疲れ様でしたっ!」 


輝子「あ、時間……乃々、急がないと美玲、もう待ってるぞ」 

乃々「本当ですね……えっと、もりくぼ達もそろそろ帰ります……あの、智香さん、そろそろ出させてください……」 


智香「えへへ……あれっ?」 

智香「あっ、もうこんな時間……」 

ガチャッ 

??「お疲れ様です……あら、智香ちゃんじゃないですかぁ」 

智香「あっ、まゆちゃんお疲れ様っ!」 

佐久間まゆ「うふ……お疲れ様、智香ちゃん」 


32:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 20:57:52.50 :+L8KXI6M0

まゆ「……」ジーッ 

智香「?」 


まゆ「……ねぇ、智香ちゃん?ちょっと、お話があるんですが……」 

智香「……?いいよっ」 

まゆ「では……場所を移しましょうか♪」 


33:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:03:59.22 :+L8KXI6M0

――会議室 


智香「それで、お話って……」 

まゆ「あのね、智香ちゃん……私、最近とっても悩んでて……」 

智香「えっ、悩んでるって、どうしたのまゆちゃん?」 

まゆ「私にはとーっても好きな人がいて……でも、最近その人に悪い虫がついちゃったみたいで……」グイッ 

智香「!」 

まゆ「ずっと、ずっと……気になって、夜も眠れないんです…………」 

智香「ま、まゆちゃん……?」 

まゆ「だって、まゆと運命の赤いリボンで繋がってるはずなのに……!!」 


まゆ「……こんなの、おかしいですよねぇ?」 


まゆ「だから早く悪い虫を追い払わないといけないなって、いつも、いつも考えてるんです……うふ」 

まゆ「それで……智香ちゃんに聞きたいことがあって……」 

智香「え、えっと……」 


34:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:06:34.29 :+L8KXI6M0

ガチャッ 

「はぁー……あれ、開いてる……誰かいるの?」 

智香「!」 

智香(まゆちゃんのプロデューサーさん……!) 

智香「え、えっと……」 

「あ………まゆ…………!」 

まゆ「お疲れ様です、――さん……ど、どうしたんですかぁ?」 

「……うぅぅぅ、まゆぅぅぅぅぅ!!」 

まゆ「きゃっ、いきなりどうしたんですか、――さんっ……♪」 

「聞いてよぉ……うぅ……やっと、やっと彼氏が出来たと思ったらさ……」グスン 

「もうその人には家族がいたんだって……」 

まゆ「あらぁ……」 

「うぇぇぇぇ……どうしよう、まゆぅー……また結婚から遠ざかっちゃったよぉ……」ポロポロ 

まゆ「もう、何を言ってるんですか♪」ギュッ 

まゆ「――さんには、まゆがいるじゃないですかぁ……♪」ニコニコ 


智香「……えっ?」 


35:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:07:31.01 :+L8KXI6M0

「もうやだよぉ……お母さんは結婚しろってうるさいし……でもいい人見つからないし……」 

「まゆー、どうして私、女に生まれてきちゃったのかなー……ぐすん」 

まゆ「そ、そんな……♪まゆはどんな――さんでも、好きですよぉ……♪」ナデナデ 

「うぅぅ……まゆー、私も好きだよ……でも、まゆも私も女の子だもん……結婚できないじゃない……」 

まゆ「うふ……大丈夫ですよ♪だって、まゆと――さんは運命の赤いリボンで……」 


「あ、そうだ、それどころじゃないの。まゆ、急にお仕事の話が入っちゃったんだけど」 

まゆ「……あら、本当ですかぁ?」 

「うん……それがさ、来週の日曜日なんだよね……あ、スケジュール帳置いてきちゃった」 

まゆ「それじゃあ、場所を……ああ、先に取りに行ってください。まゆはちょっと、智香ちゃんとお話が」 

「あら、そう?それじゃ事務室で待ってるからね」 

「ごめんね智香ちゃん……急で悪いけど、まゆを借りてくね」 

智香「だ、大丈夫ですよっ☆」 


バタンッ 


37:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:09:05.59 :+L8KXI6M0

まゆ「……ごめんなさい、智香ちゃん」 

智香「へっ?な、何のこと?」 

まゆ「さっきの話、智香ちゃんにどうしたらいいか聞きたかったんですけど……解決しちゃいました♪」 

智香「……えっ?」 

まゆ「でも、もっともっと大事な相談があって……」 

まゆ「そ、その……私、――さんと二人っきりになると……とっても胸がドキドキして」 

まゆ「見つめ合うと、素直におしゃべりできなくなって……うふ、うふふ……♪」 

智香「えっと……」 

まゆ「あっ、ごめんなさい智香ちゃん、――さんが待ってるから……」 

智香「う、うんっ」 


38:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:10:20.95 :+L8KXI6M0

まゆ「……そうそう、智香ちゃんっ」 

まゆ「Pさん、少し鈍そうなところがあるから……もっとアタックしていいと思いますよ♪」 

まゆ「そうね……智香ちゃんなら、映画よりもスポーツの観戦とか、どうかしら」 

智香「えっ?!」 

まゆ「うふ……私も智香ちゃんも、同じですから」 

まゆ「智香ちゃんと同じ……恋する乙女からのエールですっ♪」 

まゆ「うふふ……智香ちゃんに相談できてよかった……♪こんなこと相談できるの、智香ちゃんしかいませんし……」 

智香「そ、そっか……ならよかった、けど」 

まゆ「また今度、お話聞いてくださいね♪」 


バタンッ 


智香「えーっと……まゆちゃんには好きな人がいて……?」 

智香「それって、まゆちゃんと、まゆちゃんのプロデューサーさん……?」 

智香「……あれ、でも二人とも……?」 


39:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:11:28.76 :+L8KXI6M0

智香「えーっと……うーん……」 


prrrr prrrr…… 

智香「もしもし卯月ちゃんっ?ちょっと相談が……」 

智香「あれ、奈緒ちゃんもいるの?よかった、あのねっ……」 


智香「ちょっと、アタシにはよくわかんないことが起こってて」 




「……どうしたらいいのかなって」 


40:◆.FkqD6/oh.:2014/02/14(金) 21:12:30.73 :+L8KXI6M0

以上で終わりです