1:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:36:09.93 :fAcfDmSF0

雪歩「酷い…。真ちゃんのばかっ」 

真 「何だよ!雪歩が悪いんだろ!」 

雪歩「もう知らないっ」ダッ 

ガチャッバタン! 

春香「おっはy…ぅわ!」 

伊織「きゃっ…雪歩?」 


2:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:36:38.10 :fAcfDmSF0

真 「何だよ、あんなに顔中真っ赤にして怒らなくたっていいじゃないか…!」 

春香「おはよう真。…どうしたの?」 

真 「あ、おはよう。聞いてよ春香!酷いんだよ雪歩ったら!」 

伊織「落ち着きなさいよ。」 

真 「伊織も聞いてよ!」 

伊織「はいはい、聞いてあげるから落ち着いてちょうだい。」 

真 「う、うん…。」 

伊織「で、何があったの?」 

真 「実は…」 


3:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:37:03.90 :fAcfDmSF0

―― 


―――― 


――――――― 


真 「きゃっぴぴぴぴぴぴ~ん☆」 

  「う~ん、何か違うな…。もっとこう…。あっ!」 

  「まっこまっこり~ん☆」 

  「こ、これだ!!!」 

雪歩「これだじゃないよ!!」 


4:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:37:30.30 :fAcfDmSF0

真 「うわぁ!…って雪歩いたの?」 

雪歩「真ちゃん、私言ったよね?真ちゃんに似合うのはそういうのじゃないって…。」 

真 「いや、い、言ってたけど…。」 

雪歩「じゃあ何でまたそんなふりふりの服着てるの!?」 

真 「い、いいじゃないか!僕だって…」 

雪歩「真ちゃんは何にもわかってないよ!」 

真 「ゆ、雪歩…?」 


5:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:38:13.23 :fAcfDmSF0

雪歩「真ちゃんにはもっと、カッコイイ王子様みたいな服が似合うのに!」 

真 「待ってよ雪歩!ボクが何着たってボクの勝手だろう?」 

雪歩「そうだけど、もっと自分を大切にして欲しいの!」 

真 「何言ってるの!?そもそも雪歩には関係ないでしょ!?」 

雪歩「酷い…。真ちゃんのばかっ」 

真 「何だよ!雪歩が悪いんだろ!」 

雪歩「もう知らないっ」ダッ 

ガチャッバタン! 


――――――― 


―――― 


―― 


6:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:38:50.31 :fAcfDmSF0

真 「てな感じでさ…。」 

春香「あ~、だからそんな格好してるんだ…。」 

真 「え?」 

春香「いや、どうしたのって何でそんな格好してるのか聞いたつもりだったんだけど…。」 

伊織「まぁ、そんな事だろうとは思ったけどね。」 

真 「えぇぇぇ!?ひ、ひどいよ二人とも!」 


7:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:39:18.89 :fAcfDmSF0

伊織「はいはい、いいからさっさと着替えてらっしゃい。もうすぐ現場でしょ?」 

真 「え?うわぁぁ、も、もうこんな時間!?」 

ドタバタガサゴソ 

真 「い、いってきまぁ~す!!」 

ガチャッバタンッ 

春香「しかしあの二人が喧嘩なんてねぇ。」 

伊織「まぁ、すぐに仲直りするでしょ?」 


8:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:40:36.13 :fAcfDmSF0

真 「あぁ~、疲れた。急いでたせいで準備もロクに出来なかったし仕事は上手くいかないし散々だよ…。」トボトボ 

  「何かお腹すいちゃったな~。コンビニでお菓子でも買って帰ろうかな。」 

ウィーン 

店員「いらっしゃーせー。」 

真 「あ、これ美味しそう。これだったら皆で食べられそうだな。」 

  「よしっ。お願いします。」ドサッ 


9:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:41:54.19 :fAcfDmSF0

店員「150円が一点…」 

真 「あ、このお菓子、雪歩が好きな…あ、これも…。」 

  「……ちょっと、言いすぎちゃったかな…。」 

店員「全部で765円になります。」 

真 「すいません、これもいいですか?」 

店員「ありがとうございます、お会計かわりまして961円になります。」 

真 「1000円でお願いします。」 

店員「1000円お預かりで39円のお返しです。ありがとうござーしたー。」 

ウィーン 


10:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:42:28.41 :fAcfDmSF0

真 「さて、事務所に帰ろう…あっ」 

雪歩「あっ…。」 

真 「雪歩…。」 

雪歩「真ちゃん…。」 

真 「…。」 

雪歩「…今、お仕事の帰り?」 

真 「う、うん…。雪歩は?」 

雪歩「あれからずっと散歩してて…。レッスンもサボっちゃったし。」 


11:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:42:57.51 :fAcfDmSF0

真 「そっか…。じゃあ、行こ…っか。」 

雪歩「…うん。」 

てくてく 

真 「…」 

雪歩「…」 

ぴたっ 

ゆきまこ「あのっ」 

真 「あ…」 

雪歩「あ…」 


12:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:43:32.51 :fAcfDmSF0

真 「雪歩からいいよ。」 

雪歩「ううん、真ちゃんからどうぞ。」 

真 「…わかった。今日の、事なんだけど…。」 

雪歩「うん…。」 

真 「…………ごめん。」 

雪歩「え?」 

真 「雪歩に言われてカッとなっちゃってさ。酷いこと言っちゃったかなって…。」 

雪歩「そ、そんな事ないよ。私も…。」 


13:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:43:59.77 :fAcfDmSF0

真 「ううん、ごめん雪歩。…ボクの話はそれだけだよ。雪歩は?」 

雪歩「私も、おんなじ。真ちゃんに酷いこと言っちゃったから謝らなくちゃって。」 

真 「雪歩……。へへへ。」 

雪歩「えへへ。」 

真 「帰ろっか。」 

雪歩「うんっ」 

てくてく 


14:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:44:33.83 :fAcfDmSF0

雪歩「いい天気だね~。」 

真 「ホントだ…。綺麗な青空だね!」 

雪歩「明日のレッスンはちゃんと受けないと…。」 

真 「ははは、そうだね。僕も一緒に頑張るよ。」 


15:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:45:19.72 :fAcfDmSF0





真 「雪歩が熱!?」 

P 「あぁ、そうみたいだ。今朝親御さんから連絡があってな。」 

真 「そうですか。心配だなぁ…。」 

P 「まぁ、病院には行って薬貰ってきたみたいだし大丈夫だろう。」 

真 「大丈夫かなぁ雪歩…。」 

P 「って話聞いてねぇな。」 


16:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:46:23.64 :fAcfDmSF0

やよい「雪歩さん、病気なんですか?」 

P 「おぅやよい。熱出しちまったみたいだな。」 

やよい「そうなんですか~。心配ですぅ…。」 

P 「まぁ、病院には行って薬貰ってきたみたいだし大丈夫だろう。」 

やよい「雪歩さん、大丈夫でしょうか…。」 

P 「まぁそうよね、聞いてないよね。」 


17:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:47:47.81 :fAcfDmSF0

響 「プロデューサー!雪歩が病気ってホントか!?」 

P 「熱だってさ。」 

響 「そうなのか、心配だぞ…。」 

P 「まぁ、病院には行って薬貰ってきたみたいだし大丈夫だろう。」 

響 「雪歩、大丈夫かな…。」 

P 「うん、知ってた。多分そうなるってわかってた。」 

  「ってお前らまで元気なくしてどうすんだ!」 


18:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:48:20.29 :fAcfDmSF0

真 「プロデューサーは雪歩が心配じゃないんですか!?」 

P 「いや心配だけどさ、ここで俺たちに出来ることはないだろ?」 

  「医者には見せたんだから後はゆっくり休んで治してもらう、俺達はそれを待つ。」 

響 「だけど…。」 

P 「だ~!もうわかったわかった、お前ら見舞いに行ってこい。」 

やよい「いいんですか!?」 


19:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:49:05.41 :fAcfDmSF0

P 「現場は午後からだろ、間に合うならいいよ。」 

真 「ありがとうございますプロデューサー!」ダッ 

響 「よし、やよい。自分たちも行こう!」ダッ 

やよい「二人とも待ってくださ~い。あ、プロデューサー、ありがとうございます!」ガルーン 

   「待って~。」ぱたぱた 

P 「……感染されてこなきゃいいんだが。」 


20:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:49:39.33 :fAcfDmSF0




真 「はぁ…はぁ…ついた。」 

響 「ま、真…はぁ…心配なのはわかるけど…ひぃ…と、飛ばしすぎだぞ…。」 

やよい「ぜぇ…ぜぇ…。つ、疲れました…。」 

真 「ご、ごめん。雪歩が心配で…。」 

響 「やよい~、大丈夫か?」 

やよい「わ、わたしは…はぁ…はぁ…大丈夫れすぅ…。」 

響 「あんまり大丈夫じゃなさそうだぞ…。」 

ピンポン 


21:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:50:11.81 :fAcfDmSF0

インターホン「…は~い。どなたでしょうか?」 

真 「あ、菊地です。雪歩が熱を出したって聞いて…。」 

インターホン「あら、真ちゃんね。今開けるからちょっと待ってね。」 

やよい「ふぅ、大分落ち着いてきました…。」 

真 「ごめんねやよい。」 

ガラガラガラ 


22:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:50:45.33 :fAcfDmSF0

雪歩母「お待ちどうさま~。あら、お友達が沢山。」 

真 「こんにちは、すいません大勢で押しかけちゃって…。」 

雪歩母「あぁ、気にしないで。きっと雪歩も喜ぶわぁ。」 

響 「雪歩の具合はどうなんですか?」 

雪歩母「さっき薬を飲んだ所よ。さぁさ、上がってちょうだい。」 

やよい「お邪魔します~。」ガルーン 

どやどや 


23:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:51:25.84 :fAcfDmSF0

ラガラガラガ 

雪歩母「今お茶を持って行くわね。」 

真 「あ、すいません。ありがとうございます。」 

とんとん 

真 「雪歩、真だけど。入るよ。」 

雪歩「…。」 

真 「雪歩?」 

雪歩「…。」 


24:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:52:04.51 :fAcfDmSF0

真 「ど、どうしよう返事がない…!なにかあったんじゃ!?」 

やよい「寝てるだけなんじゃないですか?」 

真 「雪歩、入るからね!」 

スパーン 

響 「そんな勢い良くふすま開けなくても…。」 

真 「雪歩!?」 

雪歩「スー…スー…」 

真 「どうしよう…意識がない…!」 

響 「寝てるだけだぞ。」 


25:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:52:47.65 :fAcfDmSF0

真 「どうしよう…どうしたら…。」 

響 「もー真!ちょっとは落ち着くさ!熱があって薬飲んだんだから寝てるに決まってるだろ!?」 

真 「あ、そ、そっか…。」 

雪歩「んにゅ…。んぇ?まことちゃん?」 

響 「あーほら、真のせいで起きちゃったぞ。」 

やよい「どっちかというと響さんの大声のせいかなーって。」 


26:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:53:33.26 :fAcfDmSF0

真 「雪歩、大丈夫?心配で皆でお見舞いに来たんだ。」 

雪歩「真ちゃん。響ちゃん。やよいちゃん。ありがとう…。」 

真 「具合はどう?」 

雪歩「うん、ちょっとボーっとするけどお薬飲んだから大丈夫。」 

真 「そっか。良かった…。」 

雪歩「心配かけてごめんね?」 

真 「ううん、雪歩が無事ならそれで。」 


27:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:54:35.93 :fAcfDmSF0

響 「何だか自分たちの入る隙がないぞ…。」 

やよい「でも雪歩さんが無事でホントに良かったです~。」 

雪歩「やよいちゃんも心配してくれてありがとう。」 

やよい「えへへ~。」 

響 「やよいはかわいいなぁ。雪歩、しっかり休んで早く良くなるんだぞ。」 

雪歩「うん、響ちゃんも心配かけてごめんね?」 


28:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:55:02.69 :fAcfDmSF0

響 「なんくるないさぁ!」 

雪歩「ところで皆今日お仕事は?」 

響 「今日は午後からだからまだ平気だぞ。」 

ヴーヴーヴー 

真 「ん?メールだ。」パカッ 

  「プロデューサーから?」 


29:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:55:52.73 :fAcfDmSF0



送信者:プロデューサー 

件名:スマン 

本文: 

午後からの現場だが、急遽予定が変わって 

二人だけになったんだ。 

申し訳ないんだが、三人の内一人だけ残っ 

れもらう事になる。 

本当にすまない、この埋め合わせは必ずす 

るから! 


30:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:56:37.82 :fAcfDmSF0

響 「何て書いてあったんだ?」 

真 「午後の現場が三人から二人になっちゃったんだって、だから一人行けないみたいなんだけど。」 

やよい「はわっそうなんですか!?うぅ~。ど、どうしましょう…。」 

響 「ジャ、ジャンケンで決めるか?」 

真 「……いや、ボクが残るよ。」 

やよい「え?」 


31:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:57:07.57 :fAcfDmSF0

真 「ボクは残って雪歩の看病するから、二人は現場に行きなよ。」 

響 「いいのか…?」 

真 「うん、残念だけど、でもそうなっちゃったんだから仕方ないよ。」 

やよい「あぅ~、で、でも私より真さんが出た方が…」 

真 「違うよ、ボクはここに残りたいんだ。だからやよい、ボクの分まで頑張っておいで。」 

やよい「真さん…。わかりました!私、ぐわ~!って感じに頑張ってきます!」 


32:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:57:47.77 :fAcfDmSF0

やよい「はい!あ、真さん!はい!」 

真 「タ~ッチ!」 

まこやよ「いぇい!」 

やよい「それじゃあいってきます~!」ガルーン 

どたどた 


33:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:58:17.44 :fAcfDmSF0

雪歩「真ちゃん、いいの?」 

真 「うん、それに一人はとっても寂しいからね。」 

雪歩「真ちゃん…。」 

真 「ほら、外はとっても綺麗な青空だよ!」 

雪歩「わぁ、ホントだぁ。」 

真 「元気になったら、こんな青空の下で思いっきり遊ぼう!」 

雪歩「うん…。うん…!」 

真 「へへへ、早く元気になってね、雪歩!」 


34:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:59:00.34 :fAcfDmSF0







ガチャ、バタン 

雪歩「ただ今戻りました~。…あれ?」 

  「音無さん、いないんですか~?」 

きょろきょろ 

雪歩「ん、何か書置きが。」 


35:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 00:59:39.69 :fAcfDmSF0

~小鳥の書置き~ 

雪歩ちゃんへ、多分一番最初に帰ってくるのが雪歩ちゃんだと思うから 

伝えておくわ。ちょっとお茶っ葉切らしちゃったから買い出しに行って 

くるわね。すぐ戻ると思うけど、もし電話がなったら出てもらえると 

助かるわ。それじゃあよろしくね。 


36:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:00:12.26 :fAcfDmSF0

雪歩「小鳥さん、お買い物かぁ…。」 

  「いつもお疲れ様です。」 

ごそごそ 

雪歩「えへへ、ケーキ買ってきちゃいました。」 

  「た、誕生日だもんそれくらいいいよね?」 

  「あうぅ、誰に話してるんだろう…私。」 

ぱかっ 


37:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:00:39.69 :fAcfDmSF0

雪歩「いただきます~。はむっ。」 

  「ん~、ほわほわで美味しいです~。」まくまく 

ポツーン 

雪歩「一人だと事務所も広く感じるなぁ…。」 

  「グスッ」 

  「あ、え、な、なんで泣いてるんだろう私…。ヒック」 

  「別に…ック…悲しくなん…て…グスッ…ないのに…。」 

  「ふぇぇぇぇん」 


38:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:01:49.95 :fAcfDmSF0

ガチャッ 

真 「たっだいま~!」 

  「あ~、今日も疲れた~!…って雪歩!どうしたの!?」 

雪歩「まこ……ちゃ…グスッ」 

真 「な、なにがあったの!?」 

雪歩「ちが…の…違うのぉ…。」 

真 「落ち着いて、大丈夫だから、ね?」ナデナデポンポン 

雪歩「ヒック…うん…グスッ」 


39:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:02:25.19 :fAcfDmSF0

真 「落ち着いた?」 

雪歩「…うん、ごめんね真ちゃん。」 

真 「大丈夫、何があったか聞かせてもらえる?」 

雪歩「うん、さっき現場から帰ってきたら誰もいなくて」 

  「私、自分用に買ってきたケーキを食べてたんだけど」 

  「いつも賑やかな事務所が静かで、何だか寂しくなっちゃって…。それで…。」 

真 「そうだったんだ…。」 

雪歩「ごめんね真ちゃん、こんなことで…。」 

真 「そんな事ないよ、確かにこの事務所に一人って結構寂しいかも。」 

ガチャッ 


40:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:03:25.27 :fAcfDmSF0

千早「ただいま戻りました。」 

貴音「ただ今戻りました。」 

あずさ「ただいまもどりました~。」 

亜美真美「「たっだいま~!」」 

律子「戻りました~…って小鳥さんは?」 

雪歩「あ、あの、小鳥さんなら買い出しに…。」 


41:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:03:59.85 :fAcfDmSF0

律子「あらそうなの…雪歩、どうしたのあんた、目真っ赤じゃない!」 

亜美「およ、ホントだ~。」 

真美「ゆきぴょん、泣いてたの?」 

雪歩「ふぇ!?あ、あのその…。」 

貴音「雪歩、何か悩みがあるのでしたら遠慮なく言ってください。」 

  「どこまで力になれるかわかりませんが…。」 

雪歩「四条さん…。」 


42:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:04:32.56 :fAcfDmSF0

千早「私も、力になれるかわからないけど何かあったら話してちょうだい。」 

雪歩「千早ちゃん…。」 

あずさ「雪歩ちゃん、私は頼りないかもしれないけれど」 

   「何かの力になれるかもしれないから何かあったら言ってね?」 

雪歩「あずささん…。」 


43:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:05:03.14 :fAcfDmSF0

真美「あ、ずる~い!真美も真美も~!」 

亜美「亜美もだよ~!ゆきぴょん、亜美達の事もど~んと頼ってよね!!」 

律子「はいはい、わかったわかった。」 

  「雪歩、一人で抱えるんじゃないわよ?」 

  「プロデューサー殿程頼りにはならないかもしれないけど」 

  「私だって765プロのプロデューサーなんだから!」 

雪歩「亜美ちゃん、真美ちゃん。律子さん…。皆ありがとうございます。」 


44:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:05:34.86 :fAcfDmSF0

真 「へへへ、全然寂しがる必要なかったね。」 

雪歩「うん、そうだね…。えへへ。」 

真美「え、ゆきぴょん寂しくて泣いちゃったの?」 

雪歩「はぅぅ。///」 

律子「はいはいからかわないの。」 

ガチャッ 

小鳥「ただ今戻りました~。あ、皆戻ってきてたのね。」 


45:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:06:30.07 :fAcfDmSF0

真 「おかえりなさい、小鳥さん。」 

小鳥「ただいま真ちゃん。あら?こんな所に美味しそうなケーキが…。」 

雪歩「あ、それ私のです。」 

小鳥「雪歩ちゃんの?あ、そっか今日は雪歩ちゃんの誕生日じゃない!」 

亜美「あ~、ピヨちゃん忘れてたな~!」 

あずさ「あ、あらあら亜美ちゃんダメよそんな事言ったら。」 

ピリリリリ、ピッ 


46:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:06:58.42 :fAcfDmSF0

美希『あ、雪歩?ミキなの。』 

雪歩「美希ちゃん?どうしたの?」 

美希『あのね、ハニーが雪歩の誕生日会をやるから駅前に来て欲しいって。』 

雪歩「え、プロデューサーが?」 

美希『他の皆には今春香がメールを送るから~。』エッワタシ!? 

雪歩「全員でやるの?」 

美希『もっちろん!だってミキ達は全員で765プロだから!』ナカマダモンゲ! 

雪歩「美希ちゃん…。ありがとう…!」 

美希『お礼ならハニーに言うべきって思うな。あは☆』ア、アレウケナカッタ? 

  『じゃあ雪歩、待ってるの~。』イイカラアンタサッサトメールシナサイヨ 

ピッ


47:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:09:04.87 :fAcfDmSF0

真 「なんだったの?」 

雪歩「あ、うんえっとね…」 

ピルルピリリリチャラララ~ン 

あずさ「あら、メール?春香ちゃんからだわ。」 

律子「何なに?これから雪歩の誕生会をやるので皆仕事が終わったら駅に来てください。」 

  「また急な話ね~。」 


48:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:09:40.23 :fAcfDmSF0

亜美「わ~いパーティだパーティだ!」 

真美「ケーキだケーキだ!」 

千早「もう春香ったら、もう少し早く連絡してくれればいいのに。」 

貴音「ふふ、では参りましょうか雪歩。」 

雪歩「はいっ!」 

わいわいがやがやぞろぞろ 


49:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:10:07.87 :fAcfDmSF0

真 「雪歩。」 

雪歩「なぁに真ちゃん?」 

真 「困った事があったら、今日みたいにちゃんと話してね。」 

雪歩「…うん。ありがとう。」 

真 「へへへ、ほら見て雪歩。」 

  「青空がとっても綺麗だよ!」 




おわり


50:◆sIPDGEqLDE:2014/01/06(月) 01:16:00.57 :fAcfDmSF0

おわりです。 

ドラ○もんのEDテーマだったあしたもともだちという曲が元ネタというかイメージして書いてます。 
本当にいい曲なので是非聴いてみてください。 

それではお目汚し失礼いたしました。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388936169