1:2013/06/25(火) 00:57:11.92 :kL49AfvE0

のんびり書いていきます


2:2013/06/25(火) 01:23:01.31 :kL49AfvE0

ちひろ「プロデューサーさん、ちょっとこの書類確認してもらえます?」 

P「はーい、そこ置いといて下さい」カタカタ... 

ちひろ「あら、それは....」 

P「まあ、次のライブに向けていろいろと....」 

ちひろ「李衣菜ちゃんと夏樹ちゃんでしたっけ?」 

P「ええ、なんといってもついに夏フェスですからね!」 

ちひろ「だいぶ気合入ってますね」 

P「そりゃそうですよ!ついにあいつらもここまで来たかと思うと....」 

ちひろ「二人とも喜んでるんじゃないですか?」 

P「うーん、夏樹は言わずもがなですけど李衣菜がわかってるんだかわかってないんだか.....」 

ちひろ「まぁ、相変わらずってとこですか.....」 

P「はい....」


4:2013/06/25(火) 01:33:07.87 :kL49AfvE0

夏樹「おはよーございまーす」 

P「おっ、おはよう夏樹....って、ひとりか?」 

夏樹「うん、まあね」 

P「珍しいな、李衣菜はどうした?」 

夏樹「ああ、だりーなら部屋で寝てるよ」 

P「えっ?なんだよ寝坊か?」 

夏樹「ううん、風邪引いたんだって」 

P「なに!?」 

夏樹「今朝あいつを起こしに行ったらさ、やたらとゲホゲホせき込んでるから熱を測ってみたらアウトってわけ」 

P「おいおい大丈夫かよ....」 

夏樹「一応暖かくして寝るようにって言ってあるけど....」 

P「フェスも近いのに心配だな....」


5:2013/06/25(火) 01:43:54.07 :kL49AfvE0

夏樹「気になるんなら見に行ってみれば?」 

P「だな、午前中の打合せが終わったらちょっと様子見に行くか」 

夏樹「あっ、でもさ....」 

P「なんだ?」 

夏樹「うーん...いや、なんでもない」 

P「変な奴だな?それよりフェスに向けての練習はどうだ?」 

夏樹「バッチリだよ、任しといて!」 

P「夏樹は安心だけど問題はあいつだな.....」 

夏樹「一応練習に付き合ってはいるんだけどね」 

P「イマイチか?」 

夏樹「もう少し身入れてほしいとこかな」 

P「まっ、それもおいおい考えとくよ」 

夏樹「たのむよ、Pさん」


6:2013/06/25(火) 01:55:02.10 :kL49AfvE0

P「じゃあちひろさん、俺先方との打ち合わせが終わったらちょっと女子寮に行ってくるんで」 

ちひろ「はーい、お気を付けて」 

P「夏樹、なにかあるか?」 

夏樹「いいかげんアタシの貸したストーンズのCD返せって言っといて」 

P「わかったよ、それじゃ行ってきまーす」 

夏樹・ちひろ「いってらっしゃーい!」 


バタン 


ちひろ「ところで夏樹ちゃん、さっきプロデューサーさんに何を言いかけたんですか?」 

夏樹「うん?まあこれを機にあいつももう少しシャキッとした生活をしてほしいなって」 

ちひろ「?」 

夏樹「少しは懲りるといいさ、だりー....」


7:2013/06/25(火) 02:10:47.99 :kL49AfvE0

----女子寮---- 


李衣菜「ゲホッ!ゲホッ!」 

李衣菜「あ゛ー、のどいたいなー.....」 

李衣菜「だりーなだけに身体もだるいし.....」 

李衣菜「ってこれじゃ楓さんじゃん.....」 

李衣菜「あー、つらいなー...」 

李衣菜「うぅぅ...さみしい...」 

李衣菜「はやくなつきち帰ってこないかな....」 


コンコン 


李衣菜「あっ、なつきち帰ってきたのかな!」 

李衣菜「はーい、今行くよ~」フラフラ 


ガチャッ 


李衣菜「いやー、さみしかったよなつきち...」 

P「俺なんだけど....」 

李衣菜「.....えっ?」


8:2013/06/25(火) 02:33:42.40 :kL49AfvE0

李衣菜「ぴ、Pさん?なんで?」 

P「いや、夏樹からお前が風邪ひいたって言われてな」 

P「それでちゃんとしてるかどうかと思って見に来たんだけど.....」 

李衣菜「そ、そうですか....」 

P「あと、お前な....」 

李衣菜「はい?」 

P「暖かくしろって夏樹に言われたんじゃなかったのか?」 

李衣菜「はあ、言われましたけど?」 

P「じゃ、なんで下着姿なんだよ.....」 

李衣菜「へっ?うひゃあああ!」バッ! 

P「まったく.....」


9:2013/06/25(火) 03:12:28.72 :kL49AfvE0

李衣菜「み、見ないで下さい!あっち向いてて!」 

P「痛て!こら、物を投げるな!」 

李衣菜「許可なく女の子を肌を見るなんてサイテー.....」 

李衣菜「あっ....」フラッ 

P「おっと」ダキッ 

P「風邪ひいてるやつが無茶するな」 

李衣菜「だ、だって...」 

P「暴れるなよ」ヒョイッ 

李衣菜「わっ!」 

李衣菜(お、お姫様だっこだ....) 

P「病人は静かに寝てろ」 

李衣菜「うぅぅ...こんなのロックじゃない.....」 

P「はいはい、そういうセリフは元気になってから言え」


10:2013/06/25(火) 03:32:05.39 :kL49AfvE0

P「よいしょっと....もう無理するなよ?」 

李衣菜「は、はい....」 

P「いろいろと食べるもの買ってきてやったからちょっと待ってろ」 

李衣菜「あ、ありがとうございます.....」 

P「台所どこだっけ?」 

李衣菜「あっ、共同なんで部屋を出て左です」 

P「じゃあ今からおかゆ作ってくるからおとなしく寝てるんだぞ」 

李衣菜「はーい....」 


スタスタスタ... 


李衣菜(うぅぅ....まさかPさんに下着姿見られるなんて....) 

李衣菜(し、しかもあんな取り乱し方しちゃったし....) 

李衣菜(私のクールなイメージが.....)


13:2013/06/25(火) 03:57:19.80 :kL49AfvE0

prrrrr♪ 


李衣菜「んっ?なつきちからだ」 

李衣菜「もしもし?」 

夏樹「よっ、起きてたか?」 

李衣菜「うん、それより聞いてよなつきち、さっきPさんが....」 

夏樹「おっ、もう着いたのか」 

李衣菜「えっ、どういう事?」 

夏樹「アタシが言ったんだよ、だりーのお見舞いに行った方がいいって」 

李衣菜「ちょ、ちょっと...」 

夏樹「だりーがPさんに会いたくて泣いてるよ、ってな感じでさ」 

李衣菜「な、なにそれ!?私は別に.....」 

夏樹「そうなの?だりーの事だからそろそろヒマでヒマで人恋しくなる頃だと思ったんだけど....」 

李衣菜「そ、そんなことないってば!」


18:2013/06/26(水) 00:29:58.66 :Rdm+Y2pr0

夏樹「ふーん、まあ身体は大事にすることだな」 

李衣菜「ケホッ、わかってるって」 

夏樹「せいぜいPさんに甘えろよ、じゃあな」ブツ! 

李衣菜「あっ!まったくなつきちのやつ.....」 

P「お待たせ~、出来たぞ~」 

李衣菜「うわあっ!」 

P「なんだよ、そんなに驚くことないだろ」 

李衣菜「す、すみません....」 

P「ほれ、お腹減っただろ?あったかいうちに食べろ」 

李衣菜「別にそんなことは....」ググーッ 

李衣菜「っっ!!」 

P「わかりやすい奴だな.....」


21:2013/06/26(水) 00:45:03.03 :Rdm+Y2pr0

李衣菜「だ、だって朝から何も食べてなかったから....」 

P「しょうがないな....ほれ、あーん」 

李衣菜「な、なんですか!?」 

P「いや、食べさせてやろうと....」 

李衣菜「だ、だからってそんな、あーんなんて....」 

P「嫌なら自分で食べてもいいぞ?」 

夏樹『せいぜいPさんに甘えろよ』 

李衣菜「.....」 

P「どうするんだ?」 

李衣菜「....あ、あーん」 

P「ほれ」ヒョイ 

李衣菜「んぐんぐ...」 

P「どうだ?」 

李衣菜「お、おいしいです....」


24:2013/06/26(水) 04:38:06.82 :Rdm+Y2pr0

李衣菜「ごちそうさまでした」 

P「ほい、お粗末さま」 

李衣菜「ありがとうございましたPさん」 

P「気にするな、自分の担当アイドルの健康管理もプロデューサーの大事な仕事だからな」 

李衣菜「なるほど.....」 

P「だけどな李衣菜、いくら暖かくなってきたからって下着姿はマズイだろ?」 

李衣菜「わ、わかってますよ.....」 

P「それに....」 

李衣菜「な、なんです?」 

P「あまり言いたくはないが.....」 

P「もう少し部屋を片付けたらどうだ?」 

李衣菜「うぅぅ....」


27:2013/06/26(水) 12:07:09.43 :Rdm+Y2pr0

P「お前も17才の女の子なんだから....」 

李衣菜「や、やろうと思ってたんです!ホントですよ!?」 

P「せめて使ったものを元に戻してだな....」 

李衣菜「こ、この方がロックな感じに見えません?」 

P「でもこれとか....」ヒョイ 

李衣菜「あ゛ー!私のパンツ!」 

P「ちゃんと洗濯かごにいれとけ」ポイッ 

李衣菜「は、はい....」 

P(もしかして夏樹が言おうとしてたのってこの事か...) 

李衣菜「くぅぅ....なつきちに言われた通りもっとちゃんと片付けとけばよかった....」 

P「あんまり不潔な状況だと風邪が悪化するからな?杏の部屋みたいになりたくないだろ?」 

李衣菜「わかってます.....」


28:2013/06/26(水) 15:22:04.54 :Rdm+Y2pr0

P「ヘッドホンもすごい量だな....」 

李衣菜「フフーン!そうでしょ?」 

P「幸子のマネか?」 

李衣菜「似てません?」 

P「少しな、っていうか案外元気だなオマエ」 

李衣菜「なんかPさんと話してたら元気になっちゃいましたね!」 

P「そうか?ならいいんだけどな」 

李衣菜「えへへっ」 

P「おっ、これが噂の一度も弾いてないギターか」 

李衣菜「い、今はちゃんと練習してますから!」 

P「ウン、ソウダネ」 

李衣菜「あっ!信じてませんね!そのうちすっごく上手くなりますからね!」


29:2013/06/26(水) 15:44:25.70 :Rdm+Y2pr0

李衣菜「だ、大体Pさんは弾けるんですか?」 

P「んっ、俺か?まあ少しはな」 

李衣菜「じゃあ弾いてみて下さいよ!」 

P「じゃ、ちょっとだけ....」 


♪~ 


李衣菜「おおっ....」 

P「夏樹ほどじゃないけど、このくらいはな....」 

李衣菜「ふ、普通にうまい....」 

P「せめてこのくらいは弾けるようになってもらわないとな」 

李衣菜「そ、それなら!」 

P「?」


30:2013/06/26(水) 17:21:42.61 :Rdm+Y2pr0

李衣菜「こ、こうですか?」♪~ 

P「そんな感じだな、もっとゆっくりやっていいぞ」 

李衣菜「は、はい....」♪~ 

P「うん、それでいいぞ」 

李衣菜「やった!できた!Pさん、次は?」 

P「その辺にしとけ、風邪引いてるんだからな」 

李衣菜「次でやめますから!もう少しだけ!」 

P「元気なやつだな、ところで....」 

P「なんでさっきから俺の脚の上に座ってるんだ?」 

李衣菜「こ、この方が楽じゃないですか.....///」 

P「変なやつだな?」 

李衣菜「大丈夫です、これが原因で風邪が伝染っちゃったら私が看病してあげますから」 

P「残念だけど俺は身体が丈夫なのがとりえなんだ」 

李衣菜「ちぇー」


31:2013/06/26(水) 18:25:25.96 :Rdm+Y2pr0

P「でも少しは上達してたな、ちょっと驚いたぞ」 

李衣菜「あっ、それってひどくないですか?」 

P「いやいや、ほめてるんだって」 

李衣菜「昨日だってちゃんと練習してたんですからね」 

P「なるほどな」 

李衣菜「お風呂からあがって練習してたらいつの間にか寝ちゃうくらい夢中になってたんですから」 

P「へぇー....んっ?」 

李衣菜「どうしたんですか?」 

P「風呂上がりにそのままか?」 

李衣菜「そうですよ、もう、すぐに!」 

P「ひょっとしてそれが原因で風邪ひいたんじゃないのか?」 

李衣菜「あ、あれ?そうかな....」 

P「ちゃんと身体拭いたのか?」 

李衣菜「ちょ、ちょーっとさぼったかも....」 

P「やっぱりそれが原因じゃないかよ!」 

李衣菜「ご、ごめんなさーい!」


32:2013/06/26(水) 19:34:14.13 :Rdm+Y2pr0

P「まったく、上手になってくれるのはありがたいけどそのせいでお前が体調悪くしたら意味ないだろうが」 

李衣菜「はーい....」 

P「どうしてそんなことしたんだ?」 

李衣菜「だって....」 

P「?」 

李衣菜「夏フェスへの参加が決まって、私とっても嬉しかったんです」 

李衣菜「これでロックなアイドルに近づいたって....」 

李衣菜「でも私自身が何のとりえもないままじゃいけないって思ったんです....」 

李衣菜「なにか一つでもロックに近づくためになにかしたい」 

李衣菜「だから私もなつきちみたいにギター上手くなりたいと思って、それで....」 

P「なるほどな....」


33:2013/06/26(水) 22:17:24.33 :Rdm+Y2pr0

李衣菜「お、怒ってます?」 

P「少しな」 

李衣菜「そ、そうですよね....」 

P「でも嬉しいって部分の方が大きいかな」 

李衣菜「えっ?」 

P「李衣菜がそれくらいアイドル活動に本気になってるってのがわかったし...」 

李衣菜「Pさん....」 

P「えらいぞ李衣菜、本当にえらい」ナデナデ 

李衣菜「あっ....」 

P「だけど無理はするな、フェスも近いしお前が元気じゃないと俺も調子でないからな」 

李衣菜「は、はい!」


35:2013/06/27(木) 00:19:31.56 :xTQFnwIq0

P「「じゃあ俺はそろそろ帰るからな」 

李衣菜「えー、もう帰っちゃうんですかぁ?」 

P「ずいぶん元気そうだし、もう安心したよ」 

李衣菜「そうですか....」 

P「ちゃんと暖かくして寝ろよ?ぶり返すといけないからな」 

李衣菜「わかってますよ」 

P「早く元気な李衣菜が見たいからな、きちんと直すんだぞ」 

李衣菜「はーい、あっPさん!」 

P「なんだ?」 

李衣菜「その....またギター教えてくれますか?」 

P「夏樹がいるじゃないか」 

李衣菜「Pさんがいいんです!」 

P「ああいいぞ、だから早く寝ろ」 

李衣菜「約束ですからね!約束!」 

P「わかったわかった、じゃあお大事にな」バタン


37:2013/06/27(木) 00:45:18.33 :xTQFnwIq0

李衣菜「.....」 


ボフン 


李衣菜「...『李衣菜が本気でアイドル活動をしてくれて嬉しいよ』」 

李衣菜「『嬉しいよ』だって....」 

李衣菜「えへへ、Pさんが嬉しいだって////」 

李衣菜「えへへへへ♪」ゴロゴロゴロゴロ 

李衣菜「頭なでられちゃった////」 

李衣菜「あっ、なつきちにメールしよ」メルメル 

李衣菜「『Pさんに誉められたよ』っと....」 

李衣菜「そ~しん!」 

李衣菜「うん!明日からまた頑張ろう!」


42:2013/06/27(木) 13:02:43.15 :aIQ7ajBL0

---翌日--- 



李衣菜「おっはよーございまーす!」 

P「おはよう李衣菜、その調子だと大丈夫みたいだな」 

李衣菜「あったりまえじゃないですか!風邪で寝込んでるなんてロックでクールな私らしくありませんからね!」 

P「それだけしゃべれるんならいいことだ」 

李衣菜「Pさん、昨日の約束忘れないで下さいよ?」 

P「約束?さあ、なんのことだ?」 

李衣菜「もう!私にギター教えてくれるって言ってたじゃないですか!」 

P「わかってるって、ちょっとからかっただけだ」 

李衣菜「忘れないで下さいよ、これもロックなアイドルになるためなんですから!」 

夏樹「ふーん、だり―にしては珍しくやる気あるな」 

李衣菜「な、なつきち!いつからそこにいたの!?」 

夏樹「Pさんとだりーがイチャついてたときからさ」


44:2013/06/27(木) 14:36:32.91 :aIQ7ajBL0

李衣菜「べ、別にイチャついてなんか....」 

夏樹「いつもアタシがギター教えてやるとすぐに『休憩しよー』とか『疲れたー』とか言うくせに....」 

P「そうなのか?」 

李衣菜「え、えーっとあれは....」 

夏樹「そのだりーが自分から『ギター教えて』か、おまけに普段ならアタシが起こさないといつまでも寝てるのに...」 

P「へえ....」 

李衣菜「わ、私だってマジメな時くらいあるもん!」 

夏樹「だりーは本当にPさんが好きだ.....」 

李衣菜「わーっ!!わーっ!!!」 

P「なんだよいきなり?」 

李衣菜「なんでもないです!なんでも!」 

P「変なヤツ....」


45:2013/06/27(木) 14:44:51.60 :aIQ7ajBL0

夏樹「まっ、それはそれとしてちゃんと練習しとけよだりー」 

李衣菜「大丈夫だってば」 

P「安心しろ李衣菜、今日からおれが毎日教えてやる」 

李衣菜「ほ、本当ですか!?」 

P「ああ、夏樹と一緒にな」 

李衣菜「ええっ!?」 

夏樹「Pさんとアタシがいればさみしくないだろ?」 

李衣菜「そ、そうかもしれないけど.....」 

P「李衣菜、今年の夏フェスは海外から大物バンドが来るんだ」 

P「それに負けないようにしなきゃならないって、昨日夏樹とメールで相談してたんだよ」 

李衣菜「な、なつきちー!」 

夏樹「そういうことだ」 





P「安心しろ、みっちり特訓してやるからな」 

夏樹「ギターソロが出来るくらいにはしてやるって」 

李衣菜「お、お手柔らかにお願いします......」 






おわり


46:2013/06/27(木) 14:47:49.48 :aIQ7ajBL0

駄文失礼しました~ 
誕生日にはフライング気味ですけどだりーなSSです 
誕生日当日には投下できなさそうなので今しました 
今年のサマーソニックにはメタリカが来るそうですよ 
機会があればぜひ 
ではまた~


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372089431