■関連SS

モバマスSSです。 

よろしくお願いします。 


3:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:48:19.45 :f62w+LDW0

――撮影スタジオ前 

P「ふぅ、やっと終わったか」 

P「打ち合わせも無事に終わったし、一安心だな」 

P「しかし、公用車が使えないってのも不便だなぁ……」 

P「まあ、いいか。それほどの距離でもないし、帰りも歩こう」 


ポツポツ…… 

P「……ん?」 

サァァァァァ…… 

P「やばっ、雨か……!?」 

ザァァァァァ……!! 

P「かなり強いな……」 

P「タクシーは……こんな時に限ってか、仕方ない……!!」 


4:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:49:38.00 :f62w+LDW0

――事務所 

サァァァァァ…… 

池袋晶葉「む……雨か」 

晶葉「……そうか」 

晶葉「……」カチャカチャカチャ…… 


ザァァァァァ……!! 

晶葉「……」キリキリキリ…… 

晶葉「雨脚が強いな……」 

晶葉「大丈夫、だよな……」 


5:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:51:05.34 :f62w+LDW0

ザァァァァァ…… 

晶葉「……」カチャカチャカチャ…… 

晶葉「ふむ……」カチャカチャ…… 

晶葉「……」ピタッ 

晶葉「本当に、大丈夫だよな……?」 


晶葉「……」ドクンドクン…… 

晶葉「……まさか、な」 

晶葉「むぅ……」スッ 


prrrr prrrr…… 


6:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:53:53.28 :f62w+LDW0

――事務所、入り口 

P「はぁ……はぁ……まるでスコールだ」 

P「タクシーもいなかったとはな……はぁ、全身ずぶ濡れだ」 

P「鞄……大丈夫、だよな?」 

P「書類は……あー、かなり酷いな……」 


ガチャッ 

P「只今帰りまし……」 

晶葉「P……」ギュッ 

P「……ただいま、晶葉」 


7:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:55:14.92 :f62w+LDW0

P「携帯……雨で駄目になってたのか」 

晶葉「……心配したんだぞ」 

P「はいはい。悪かったよ」 

晶葉「全く……人のことは、心配するくせに」 

P「そうだな」 

晶葉「……タクシーくらい、呼べばいくらでも来ただろう」 

P「……確かに」 

晶葉「君は……本当に、馬鹿だな」 

P「そうか。光栄だよ」 


8:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:56:25.71 :f62w+LDW0

晶葉「いつもそうだ、私達のことは散々心配するくせに……」 

P「それだけ、大切だからな」 

晶葉「だったら、もう少し自分自身に気を使いたまえ。風邪でも引いたらどうするんだ」 

P「その時はその時さ」 

晶葉「……君の事が、心配なんだぞ」 

P「……」 

晶葉「あまり、心配させないでくれ……」グスッ 

P「……そうだな。悪かったよ」 


P「……晶葉、そろそろ離れてくれないか」 

晶葉「……駄目だ」ギュッ 

P「流石に、濡れたままじゃ本当に風邪を引く」 

晶葉「……っ!す、すまない……」 


9:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:58:33.83 :f62w+LDW0

晶葉「……」 

P「……どうした、晶葉」 

晶葉「いや……なんでもない。大丈夫だったか」 

P「ああ。シャツまで濡れちまってたけどな。着替えくらい常備してる」 


P「……机、半分返せよ」 

晶葉「……あ」 

P「俺の椅子は、使っていいから」 

晶葉「……すまない、P」 


10:◆.FkqD6/oh.:2013/10/27(日) 23:59:48.89 :f62w+LDW0

ザァァァァァ…… 

P「雨、止まないな」 

晶葉「……そうだな」 


カタカタカタ…… 

カチャカチャカチャ…… 

P「……」 

晶葉「……」 


ザァァァァァ…… 


11:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:01:40.91 :vJF/c8Dr0

カランッ 

晶葉「……あっ」 

ササッ 

P「あっ……」スッ 

晶葉「む……」スッ 

晶葉「……君が拾ってくれないか」 

P「なんで俺が」 

晶葉「……いや、なんでもない」 


12:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:02:58.81 :vJF/c8Dr0

P「ふむ……」 

ヒョイッ 

P「ほら」 

晶葉「……ありがとう、P」 

P「自分で拾っても、良かったのにな」 

晶葉「いや……何故だか、君に拾ってもらいたかったんだ」 

晶葉「どうしてかは……私自身、上手く説明ができないのだが」 

P「……いいんじゃないか?」 

P「たまには理屈に合わなくたって、それでいいだろ」 

晶葉「……確かにな」 


13:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:05:52.41 :vJF/c8Dr0

ザァァァァァ…… 

晶葉「……」 

P「……」 

晶葉「……なあ、P」 

P「どうした?」 

晶葉「ネジ、締めてくれ」 

P「……ああ」 


キュッ……キュッ…… 

P「……ところで、こいつは?」 

晶葉「……ウサちゃんロボのプロトタイプさ」 

P「プロトタイプ?」 


14:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:11:43.00 :vJF/c8Dr0

P「そういや、どうしてプロトタイプを?」 

晶葉「この子は、思い入れのあるロボだからだよ」 

P「思い入れ?」 

晶葉「ああ……ウサちゃんロボは、初めて誰かと作ったロボだからな」 

P「そうだったのか」 

晶葉「ああ。ウサミンのオーダーで作ったものだし、この子以降のウサちゃんロボは全てウサミンのデザインだ」 

晶葉「……それに、この子は」 

P「ん?」 

晶葉「今こうして、君の手で生まれ変わったからな」 

P「……そうだな」 


キュッ……キュッ…… 

キュッ 


15:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:12:36.38 :vJF/c8Dr0

晶葉「そんな風に、思い入れのある子だからな……」 

晶葉「時々、こうやって手入れをしているんだ」 

P「そうだったのか」 

晶葉「……本当は、こんな念入りな手入れなんていらないんだがな」 

晶葉「この子には……自律起動するプログラムを入れていないんだ」 

P「……つまり、どういうことだ?」 

晶葉「今のウサちゃんロボ達みたいに、自ら動くことはない、ってことさ」 

晶葉「……いつかは、動かしてあげたいんだがな」 

P「プログラム、入れないのか」 

晶葉「ああ」 


16:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:14:53.68 :vJF/c8Dr0

晶葉「……もっと、ちゃんとしたプログラムを持たせてあげたいんだ」 

P「現時点で、ウサちゃんロボのプログラムは凄いと思うんだがな」 

晶葉「まあ、な。ただ、あれはまだまだ未完成な部分が多いんだ」 

晶葉「確かに、数台はおかしな挙動を見せるが……本来なら、命令を受け取ってそれに答えているだけなんだ」 

晶葉「つまり、指示待ちということさ。自ら動くとは言ったが、自分で考えて動いている訳ではないんだよ」 

P「じゃあ、月見の時のウサちゃんロボとかは」 

晶葉「……私にもさっぱりだ。偶然ああなった、としか私には言えないよ」 

P「そうだったのか……」 

晶葉「本当に、偶然の産物さ。下手にいじるのも気が引けるから、あのままにしているんだ」 


17:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:18:21.81 :vJF/c8Dr0

晶葉「プログラムについては、私は完璧じゃないからな」 

晶葉「その辺は泉に頼めば作ってもらえるのかもしれないが……」 

P「自分の手で作りたい、か」 

晶葉「ああ。みんなで作るのもいい事だが、やはり自分でプログラムを打ってこそだからな」 

晶葉「だから……誰かと作ったロボなのにおかしな話だが、この子は私の手で完成させたいんだ」 

晶葉「言わば、私のアイドルとしての原点となるロボ、だからな」 

P「なるほどな」 

晶葉「この子は……私が一人じゃないと、教えてくれたんだ」 


P「本当に、いいお母さんだな」ナデナデ 

晶葉「わわっ、い、いきなり何をする!」 

P「褒めてるだけさ」 

晶葉「ふ、ふんっ……」フイッ 


18:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:19:32.26 :vJF/c8Dr0

P「まあ、少し位いいだろ」 

晶葉「……いつものことだからな」 

P「それだけ、俺も信頼されてるってことか」 

晶葉「ふん……好きに言っていたまえ」 

P「ははは、ありがとな」 

晶葉「全く、君は不思議な人だな」 


晶葉「……本当に、不思議な人だよ」 

晶葉「やはり、君以外に助手はつとまらない」 

P「よしてくれ、いつ聞いてもむず痒い」 

晶葉「君が私の頭を撫でるのと同じことさ。ふふん」 


19:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:21:31.22 :vJF/c8Dr0

ザァァァァァ…… 

カタカタカタ…… 

P「ん……また、ミスか」 

晶葉「……」ジーッ 

晶葉「……ふむ」 


カタカタカタ…… 

コトッ 

P「ん?」 

晶葉「コーヒーでも、どうだ」 

P「ああ、ありがとう」 


20:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:24:03.94 :vJF/c8Dr0

P「コーヒー、淹れられるんだな」 

晶葉「君は失礼なやつだな」 

P「素直に生きているだけさ」 

晶葉「嘘をつけ……と言いたいが、嘘じゃないんだろうな」 

P「アイドルに嘘をつく必要なんて、ないだろ?」 

晶葉「……そうだな」 


晶葉「次は、ウサちゃんロボに嘘発見器でも搭載するか」 

P「何のためにだよ……」 

晶葉「いや、何かと使えるかもしれんぞ?君が嘘をついているかどうかとか、イタズラの犯人とか……」 

P「イタズラの時点で、もう決まってるようなものだろ」 

晶葉「う……たしかにそれは、否定出来ないな」 


22:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:25:42.35 :vJF/c8Dr0

晶葉「……コーヒーの淹れ方は、ちひろに教えてもらったよ」 

P「へぇ、ちひろさんが」 

晶葉「ああ。おかげで笑われたが」 

P「なるほど……」ゴクッ 

P「……うん、練習したんだな」 

晶葉「もっと、素直に褒めてくれてもいいと思うぞ」 

P「予想してた以上に、良いと思う。流石だな」 

晶葉「ふふん、この天才に不可能はないのだよ」 

P「ちなみに、ラボの冷蔵庫は」 

晶葉「い、いや待て。今は散らかっていて入れないぞ」 

P「……よく頑張ったな」ナデナデ 

晶葉「ふん。私にだって、不得手なものくらいあるさ……」 


23:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:27:12.96 :vJF/c8Dr0

ザァァァァァ…… 

カタカタカタ…… 

P「よし、これで終わりだな」 

晶葉「お疲れ、P」 

P「ありがとな……ふぁぁぁ……」 

晶葉「……大丈夫か?疲れて見えるぞ」 

P「いや……大丈夫、じゃないな……視界が霞む」 

晶葉「仮眠室にでも行くがいい。どうせこの雨では、私は帰れないしな」 

P「……タクシー、呼べるだろう?」 

晶葉「……馬鹿と天才は、紙一重さ」 

P「……そうか」 


24:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:29:34.17 :vJF/c8Dr0

P「あー……駄目だ、ソファでいいや」ゴロンッ 

晶葉「ま、待てP。仮眠室の方が……」 


P「ん……」スゥ…… 

晶葉「む、寝てしまった……ようだな」 

晶葉「全く……」 


晶葉「仮眠室……いや、前に頼子から聞いたな。この引き出しに……あった」 

バサッ 

晶葉「自分の机に毛布など用意して……仕事以外では、君は一体何をしているんだ」 

晶葉「だが……私が研究に没頭するのと同じように、君も仕事に没頭しているのかな」 

晶葉「……馬鹿なやつだよ、全く」 


25:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:31:24.35 :vJF/c8Dr0

ザァァァァァ…… 

晶葉「む……」ジーッ 

晶葉「P……半分ほど飲んでも、眠気には勝てなかったのか」 

晶葉「……ふむ」 


晶葉「……なあ、P?」 

晶葉「……うん。寝てるな」 

スッ 

ゴクッ 

晶葉「……苦いな」 

晶葉「さて、砂糖とミルクでも入れるか……」 


26:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:33:20.90 :vJF/c8Dr0

ザァァァァァ…… 

晶葉「しかし……こんな雨の日でも」 

晶葉「時には、いいものだな。ふふん」 

晶葉「なあ、P」 


晶葉「ふふっ、まるで子供みたい顔だな」 

晶葉「……しかし、君ってやつは本当に、わかっていないな」 


晶葉「君がソファに横になっていては、その……」 

晶葉「私の寝る場所が、ないじゃないか」 


晶葉「……Pの、ばか」 

ザァァァァァ…… 


27:◆.FkqD6/oh.:2013/10/28(月) 00:34:04.99 :vJF/c8Dr0

以上で、終わりです。 

ありがとうございました。

 
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382885143