関連SS
モバP「新婚っていいですね」
モバP「新婚シリーズに?」
ちひろ「新婚シリーズですが」
モバP「また新婚シリーズに?」
モバP「新婚未放送回?」


362:今回は書き溜め無しの即興でお送りします:2013/04/30(火) 10:01:59.96 :+9FlWNTAO

P「なんでまたこのタイミングで?」 

ちひろ「久美子ちゃんの撮影が遅れてて、これ以上放送を先延ばしにする訳にはいかない故の処置らしいです」 

P「久美子も最近忙しいですからね。でも未放送って……」 

ちひろ「御存知の通り事前に撮影したにも関わらず応募が無かった子、または内容が内容過ぎて放送出来なかった子達ですね」 

P「あの監督、基本的に何やっても一発OKだったんですけどなぁ……」 

ちひろ「自由が売りの番組ですからね。本来なら」 

P「自由にも限度がありますけどね」


363:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:08:35.76 :+9FlWNTAO

ちひろ「まあ今回はすでに撮影が終わってる訳ですし」 

P「まあそうですけど。ちなみに誰の分を放送するんですか?」 

ちひろ「まだ未定らしいです」 

P「は?」 

ちひろ「なんでも最初の子だけは決まってて、後は番組中に募集をかけるらしいです。しかも1人辺りの放送はいつもより短く、出せるだけ出す方向みたいですが」 

P「また面倒な事を……」 

ちひろ「放送出来なかった子を心待ちにしてた人達にはラストチャンスですけどね」 

P「そんな人達いるんですかね」 

ちひろ「そんな時の番組感想板です」カチカチ 

P「多様しますねそれ。なになに……」


364:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:13:55.69 :+9FlWNTAO

『わっくーい! わっくーい』 
『卯月の出番は無いのか』 
『ちゃんみお? 誰ですかそれ(震え声』 
『ロリもおままごとの延長だと思えば』 
『小梅ちゃんまだー?』 
『今井ちゃんはよ』 
『わっくーい! わっくーい』 
『城ヶ崎姉妹が出ないとか』 
『あれ? 加奈ちゃんは……?』 
『今井ち加奈とかめんつゆとか言った奴屋上』 
『加奈ちゃん加奈ちゃん!』 


P「撮影側の悪意が見え隠れする書き込みですね」 

ちひろ「加奈ちゃんに関する書き込みは全部監督だと思ってもらって結構です」 

P「和久井さんのも大概ですけどね」


366:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:18:38.26 :+9FlWNTAO

ちひろ「こほん。まあそろそろ放送開始ですから、今日はのんびり観ましょうよ」 

P「最終回告知してるくせにこんなの放送して大丈夫なのかなぁ……」 

ちひろ「今まで散々視聴者の広い心に助けられて存続出来た番組なんですから問題はないでしょう。たぶん」 

P「相変わらず不確定なんだな」 

ちひろ「世の中が不確定の集まりなんですから」 

P「さいですか……」 

ちひろ「あ。時間ですね」ポチッ 

P「誰が出るのやら……」


367:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:26:13.10 :+9FlWNTAO

ナレーション「最終回の前に特別企画。あのアイドルの新婚姿が見たかったのに……! なんで選ばれなかったの! そんな不満を解消すべく、今回は今まで放送されなかったアイドル達を放送します! 番組中に観たいアイドルの応募も行いますので最後までお付き合い下さいませ!」 


特別企画ルール説明 
・未放送アイドル限定 
・1人辺りはいつもより短め 
・最初のアイドル以外は全て安価 
・放送終了時間は14時 

以上です。 


ナレーション「では口火を切るのはこのアイドルだ!」


368:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:33:27.22 :+9FlWNTAO

巴「ピー!」 

部下「若!」 

P「は、はは……。下手……うっちまったな……」 

巴「喋らんでええ! お前ら、さっさと医者呼べ!」 

部下「へい!」 

P「もういいんだよ巴……。自分の怪我が……ぐっ。どれほどかくらい、わかるさ……」 

巴「うちの旦那がなに弱気な事言っとるんじゃ! こんなのツバつけりゃ治るわ!」 

P「はは……。そうだな……」 

巴「はよ治して御礼参りに行かないかんのじゃけぇ、今は喋んな……!」 

P「ごめんな……。まだ杯交わして間もないっていうのに……さ」


371:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:41:26.99 :+9FlWNTAO

巴「じゃけぇ弱気な事言うな! お願いじゃきん……!」 

P「巴……。よく聞け。御礼参りなんかっ……するんじゃない。あいつらの勢力はうちの比じゃないんだ……」 

巴「萩原組がなんぼのもんじゃ! うちの旦那を傷付けた奴らを許しちゃおけん!」 

P「巴……」ギュッ 

巴「……ッ! な、なんやあんた?」 

P「俺は幸せだったんだ……。少しとはいえ、巴と一緒になれて……さ」 

巴「これからも、やろ? 言ったやん。ずっとうちの傍におってくれるって! 杯で交わした誓いを無碍にするんは極道やない!」 

P「ごめん……」 

巴「嫌じゃ! 嫌じゃ!」ポロポロ


373:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:50:44.96 :+9FlWNTAO

P「これからも……、見えなくなるけど……。魂だけは、ずっと傍にいるからな……」 

巴「馬鹿な事言うな……!」ポロポロ 

P「だから……ずっと幸……せで……。とも……え」パタッ 

巴「……あんた? あんた! 目ぇ覚ませ! ピー! ……あああぁぁぁあああ!」ポロポロ 


 葬式 


部下「姉御……」 

巴「……ピーを弾いた奴はどうした?」 

部下「今頃瀬戸内海でさぁ。でも萩原組にはバレちまってます」 

巴「ならやる事はひとつじゃの」 

部下「……やるんですか?」 

巴「旦那をやられて大人しくしとるのは村上巴やない。奴らには……必ず鉛ぶち込んじゃる」スッ 

部下「……位牌を持ってくんで?」 


巴「ピーにも見せたらなあかんきんの。あんたが選んだ嫁が進む、幸せな生き様をな……」 



P「今観てもただのVシネだな」 

ちひろ「極道の妻とかこんなのありそうですよね」


375:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 10:54:59.69 :+9FlWNTAO

P「これは放送禁止回でしたよね」 

ちひろ「萩原建設はまずかったかなーって」 

P「ちゃんとした企業なんですけどねぇ。巴もなんで言ったかなぁ」 

ちひろ「……実質を知ってるのは裏世界で住む人達だけですから」 

P「やめろ。雪歩ちゃんを真っ直ぐ見えなくなる」 

ちひろ「はいはい。じゃあ続き見ましょうか」 

P「次は誰でしょうかね」 


380:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:03:42.67 :+9FlWNTAO

卯月「美味しいね♪」 

P「ああ。さすが卯月だよ」 

卯月「えへへ。そんな事言われると顔が綻んじゃうよ」 

P「本当だから言ったんだよ」 

卯月「ふふっ。あなたに言われると頑張った甲斐があったなぁ♪」 

P「……これからもっと頑張ってもらわなきゃならないけどな」 

卯月「あなたの為だもん。全然苦じゃありませんよ!」 

P「ありがとな」 

卯月「お礼を言われる事でもありませんー」 

P「そっか。でも楽しみだなー」 

卯月「ふふっ。あなたは気が早いんだから」 

P「とはいえあと半年くらいなんだからさ」


381:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:10:14.02 :+9FlWNTAO

卯月「……そろそろお腹もおっきくなってくるかな?」 

P「卯月は安産型だから心配はしてないけどな」 

卯月「どういう事ですかー……?」 

P「ごめん。フォークこっち向けるのやめて」 

卯月「もう! 失礼なんだから!」 

P「……俺に出来るのは稼ぐくらいだけだから、辛かったらいつでも言ってくれよ?」 

卯月「辛くなんてなりませんよ。あなたとの愛の結晶なんですから」 

P「それでもさ」 

卯月「……それに、あなたが傍にいるだけで私は安心出来るんですからね」ピトッ 

P「……これから頑張ってくれよ。卯月」ナデナデ 


卯月「頑張るのは得意です! あなたの為なら……特に♪」 



P「マズいよな」 

ちひろ「アウトでしたね」


382:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:14:30.25 :+9FlWNTAO

P「しかし早苗さんは許されて卯月は許されないという風潮」 

ちひろ「歳を考えて下さい、歳を。未成年に何安産型とかナチュラルに言ってるんですか。セクハラで訴えられたら余裕で有罪ですよ」 

P「早苗さんの後に収録したから気が抜けちゃってて……。すいませんでした……」 

ちひろ「卯月ちゃんが嬉しそうだったから問題無かったですけど、最終回はこんな事言わないで下さいよ?」 

P「肝に命じておきます……」 

ちひろ「よろしい。では次観ましょうか」 


387:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:21:49.13 :+9FlWNTAO

P「綺麗な夜景だな……」 

のあ「ピーとなら……どんな景色も輝いて見えるわ……」 

P「嬉しいな。でも良かったのか? せっかくの新婚旅行をこんな近場で済ませて」 

のあ「傍に居れるならどこでもいいのよ……。それに、移動する時間が勿体無いわ……」 

P「合理的な事で」 

のあ「……あなたとなら会話も魅力的だけど、少し静かに景色を楽しみましょう……?」 

P「失敬。黙ってるとするよ」 

のあ「…………」ピトッ 

P「…………」ギュッ 

のあ「…………♪」 

P「……………」


388:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:28:35.98 :+9FlWNTAO

P「……なあ、のあ」 

のあ「何かしら……?」 

P「沈黙が心地良いっと思うのは可笑しな話かな?」 

のあ「魂で……」 

P「え?」 

のあ「あなたとは魂で繋がってるから……。言語にしなくても直接会話が出来てるの……。それはとても素敵な事。可笑しくなんてないわ……」 

P「そっか」 

のあ「ふふ……。でもこれから大変よ……?」 

P「え?」 

のあ「魂が繋がってしまったら、二度と離れる訳にはいけないのだから……」 

P「……離れる気がないから、こうして横にいるんだよ」 


のあ「あ……。ふふっ。本当に口が上手なんだから……♪」 



P「うーん……」 

ちひろ「いやこれも禁止回ですよ?」


389:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:33:22.89 :+9FlWNTAO

P「なんで禁止になったんですかね?」 

ちひろ「沈黙が多すぎます」 

P「あー……」 

ちひろ「喋らない人達を映してるだけじゃ番組は成り立ちませんから」 

P「確かにそうだけど、雄弁なのあさんは想像つかないからなぁ……」 

ちひろ「それをどうにかするのが夫役の手腕の見せどころでしょう」 

P「そんな無茶な」 

ちひろ「その無茶を通して番組は続いてるんです」 

P「簡単に言いやがる……」 

ちひろ「プロデューサーさんなら出来そうな気もしますけどね。ほら、次始まりますよ」 

P「次は誰だ?」 


398:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:46:58.99 :+9FlWNTAO

乃々「……むーりぃー」 

P「いや無理じゃなくて」 

乃々「おっ……お花見に親戚一同集まるとか……」 

P「仲良いからなうちの親戚」 

乃々「人数分お弁当作るとか無謀過ぎるんですけど……」 

P「これでも分担はしてるんだよ?」 

乃々「それで20人前作れとか、どれだけ集まるのって話なんですけど……」 

P「総数50人超えかな」 

乃々「むーりぃー……」 

P「俺も手伝うからさ。ほら、頑張ろ? みんな乃々の手料理楽しみにしてるんだから」 

乃々「し、仕方ありませんね……」


399:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:52:25.51 :+9FlWNTAO

P「でもよかったよ」 

乃々「なにがですか?」 

P「いや、乃々の事だからそんな大勢の人前に出るなんてむーりぃーっていうのかと思ってて」 

乃々「分かってるくせに参加させるんですかー……? イジメですか?」 

P「結婚式とか散々文句言ってたのに、今回は言わなかったじゃないか」 

乃々「そ、それは……。ピーさんに恥をかかせる訳にはいかないっていうか、妻としての責務っていうか……」 

P「それが嬉しいって言ってるんだよ。立派に奥さんをこなしてくれてさ」ナデナデ 

乃々「あぅ……。恥ずかしい事躊躇いなく言わないで欲しいんですけど……」


401:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 11:58:30.44 :+9FlWNTAO

P「こうして乃々が成長する姿を垣間見れるのは嬉しいんだ」 

乃々「……私はあなたの子供ですかー?」 

P「違うさ。自慢の嫁さんだ」 

乃々「あ、あぅ……。分かってるならいいんですけど……」 

P「なんだ? 子供扱いされて不満か?」 

乃々「当たり前です……。いじわる……」 

P「じゃあ大人らしいとこ見せて欲しいな」 

乃々「……やっぱりいじわるです。そんな事酷い言う旦那様にはお仕置きなんですけど」チュッ 

P「……ちょっと予想外だった」 

乃々「あ、あああぅ……。もうむーりぃー!」 

P「ちょ! 乃々!?」 



P「頑張ったんだが」 

ちひろ「最後は乃々ちゃんらしいですよね」


402:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:02:04.52 :+9FlWNTAO

P「この後捜すの大変だったんですから……」 

ちひろ「事務所に駆け込んでソファーの後ろでうずくまってたんですよね」 

P「連絡下さいよ……」 

ちひろ「セクハラされて逃げてきたのかと思って」 

P「誰がするか!」 

ちひろ「半ばキスを強制させてるくせになにほざいてるんですか」 

P「」 

ちひろ「ほら、次始まりますよ」 

P「違う……、違うんや……」 


406:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:08:39.15 :+9FlWNTAO

P「」 

きらり「Pちゃんなに食べゆー? お菓子? アイスゥー? そ、それとも……うきゃー!」 

P「お、落ち着けきらり。まずはここを出よう」 

きらり「んー? Pちゃんはきらりんルームきらいー?」 

P「き、嫌いじゃないけどさ。ほら、せっかくの休みなんだしどこか出掛けよう? な?」 

きらり「今日はきらりがPちゃんを独り占めするって決めたのー!」 

P「さ、さいですか……」


407:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:14:17.28 :+9FlWNTAO

きらり「……Pちゃんはきらりと一緒じゃはぴはぴ出来ないにぃ?」 

P「そ、そんな事ないさ! きらりと一緒にいたいと思ったから結婚したんだ!」 

きらり「じゃあ問題ないにぃ♪」 

P「で、でもさ……」 

きらり「ぶー! 今日のPちゃんはワガママだにぃ! きらり悲しくなってきちゃうよ……」 

P「ご、ごめん。でもな?」 

きらり「にょわー……?」 


P「さすがに自分の写真がびっしりの部屋に閉じ込められるのはなかなか辛いんだよ」 

きらり「どのPちゃんもカッコいいよ?」 

P「いやそういう意味じゃなくて」


408:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:19:02.13 :+9FlWNTAO

きらり「いつもPちゃんがお仕事してる間はここではぴはぴしてるんだにぃ♪」 

P「本当にいつの間に作ったんだよこの部屋……」 

きらり「でもねぇ? 今日は本物のPちゃんがいるからもっとはぴはぴしてるんだよ?」 

P「この部屋じゃなくてもはぴはぴ出来るよな? な?」 

きらり「んーん。ここじゃないとダメなの」 

P「な、なんで……?」 


きらり「誰にも邪魔されずにはぴはぴしたいからに決まってるにぃ……♪」 



P「あの時は無我夢中でした」 

ちひろ「よく逃げれましたね」


409:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:22:49.88 :+9FlWNTAO

P「あんな目がマジなきらり初めて見ましたもん」 

ちひろ「素質あるかもとは思ってましたけどここまでとは」 

P「素質ありそうですか?」 

ちひろ「好きなものの為なら全力を尽くすあの姿勢。杏ちゃん然り」 

P「ああ……」 

ちひろ「開花しなければいいですね」 

P「開いた瞬間終了だけどな」 

ちひろ「ある意味まゆちゃんより強敵かもしれませんからね。じゃあ次次」 

P「胃が痛くなってきた……」 


413:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:32:07.63 :+9FlWNTAO

莉嘉「ふむふむ……、うん。これでばっちり☆」 

P「なにがばっちりなんだ?」 

莉嘉「わっ! ぴ、ピーくん脅かさないでよ!」 

P「ごめんごめん。で、そのメモ帳は?」 

莉嘉「え!? こ、これはそのー……。あは☆」サッ 

P「笑って誤魔化せると思うなよ。ほら、出しなさい」ギュッ 

莉嘉「だーめー! これは内緒の大人メモなんだからー!」グググッ… 

P「ますます怪しいわ。諦めろーっ!」ググッ 

莉嘉「いじわるしちゃヤダー! これはお姉ちゃんとの秘密なのー!」 

P「お姉ちゃんと?」 

莉嘉「あっ」


414:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:37:18.06 :+9FlWNTAO

P「美嘉となにを企んでるのかな?」 

莉嘉「わ、悪いことじゃないよ! むしろピーくんの為っていうか……」ゴニョゴニョ 

P「俺の?」 

莉嘉「……もうっ! ピーくんを喜ばす作戦が台無しになっちゃったじゃん!」 

P「いや、まだその作戦を見せてもらってはないんだけど」 

莉嘉「あ、そっか☆ ふっふっふー。ならいじわるしたバツでいっぱい喜んでもらうからねー?」 

P「それを罰というのかどうか……てか近い。莉嘉? ストップストッ――」チュー


416:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:42:33.49 :+9FlWNTAO

莉嘉「ん……ぷは。もうっ、避けちゃダメー!」 

P「いや、あの……ごめんなさい?」 

莉嘉「……お姉ちゃんにね? 初めての夜はどうすればいいかいっぱい聞いたの。そしたら積極的にした方がいいって」 

P「美嘉ェ……」 


莉嘉「今日からは門限もないし☆ 2人でいっぱい大人メモ、実行しちゃお?」 



P「美嘉には後で怒っときました」 

ちひろ「その割にはまんざらでもない顔ですね」 

P「誤解だ!」


417:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:47:28.45 :+9FlWNTAO

ちひろ「プロデューサーさんがロリコンなのは今更ですからお気になさらず」 

P「あなたにしろスタッフさんにしろどうして俺の社会的地位を崩壊へと導こうとするんですかね」 

ちひろ「事実ですし」 

P「違いますってば!」 

ちひろ「薫ちゃんや仁奈ちゃんをスカウトしてる時点で気付いて下さいよ自分の性癖に」 

P「違うし! そんな目であの子らをスカウトした訳じゃないし!」 

ちひろ「はいはい。次いきますよ次」 

P「ちきしょう……。違うんだよぉ……」 


423:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 12:55:50.84 :+9FlWNTAO

雪乃「あなた、お茶が入りましたよ」 

P「お、ありがとう。良い香りだな」 

雪乃「今日はアップルティーですわ。お茶菓子にミルフィーユを用意しました」 

P「至れり尽くせりとはこの事だな。じゃあ頂こうか」 

雪乃「はい。召し上がって下さいまし」 

P「ん……。随分甘味を抑えてるな。それに熱すぎないし」 

雪乃「ミルフィーユの甘味を引き出すためですわ。温度は人肌くらいが香りがよく立ちますの」 

P「相変わらず妥協しないな」 

雪乃「愛する旦那様のための一杯ですもの。当然ですわ」


425:>>424画像支援さんくす:2013/04/30(火) 13:03:34.68 :+9FlWNTAO

P「いいなー。こうしてハーブが咲く庭を眺めながらお茶を啜るってのも」 

雪乃「あら。あのハーブ達は旦那様がお手入れしてくれてるからこそ咲き誇ってるのですわよ?」 

P「そりゃ雪乃の為に出来る事はしたいからさ」 

雪乃「お優しいですわね♪」 

P「当たり前だろ?」 

雪乃「御謙遜を。草花を立派に育てるのは容易な事ではございませんわ」 

P「そうか?」 

雪乃「ええ。慈しむ心があってこそです。それがお茶の味にもなって。ふふっ。少し嫉妬してしまいそう」 

P「な、なんだか恥ずかしいな」


426:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:08:05.78 :+9FlWNTAO

雪乃「あのハーブのように、私も育ててもらいたいものです」 

P「そりゃ無理だな」 

雪乃「……え?」 

P「俺には雪乃を育てる資格はないし、そのつもりもない」 

雪乃「だ、旦那様?」 

P「……雪乃は俺の横で自ら成長するんだ。だろ?」 

雪乃「あら……。ふふ、そうですわね」ピトッ 

P「いつまでも俺の横にいろよ」 


雪乃「ええ。あなたが望むなら永久に咲き誇りましょう♪」 



P「これは?」 

ちひろ「単なる未放送回ですね」


427:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:11:53.31 :+9FlWNTAO

P「割とイベントにもよく出てるのに応募無かったですからね」 

ちひろ「んー。こればかりはなんとも。単に他の子を優先させただけか、あるいは……」 

P「あるいは?」 

ちひろ「知名度がまだ足りないのかと」 

P「……つまり?」 

ちひろ「プロデューサーさんの力不足です」 

P「……効くわぁ」 

ちひろ「まあこれを機に気持ちを改めて下さい。じゃあ次です」 

P「ぼちぼち終盤ですね」 


433:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:19:39.54 :+9FlWNTAO

族「へっへっへ。無敵の特攻隊長様が結婚とは世の中わかんねぇなあ、おい」 

拓海「ちっ……。ヤるならアタシだけヤりゃいいだろ! ピーは関係ねぇ!」 

族「そうはいかねぇな。幸せをぶち壊してこそ怨みが晴らせるってもんだ」 

P「くそ……ゲス共が……っ!」 

族「テメェは黙ってろ!」ゲシッ 

P「ぐっは!」 

拓海「やめろ! 落とし前はアタシがつける。だからやめてくれ!」 

P「こ、こんな奴らに頭を下げるんじゃない……」 

拓海「アンタがヤられて黙ってられるかよ!」


434:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:25:44.93 :+9FlWNTAO

P「こんな時くらい、旦那の言う事聞いて欲しいな……」 

拓海「だって!」 

族「俺らを無視していちゃいちゃするとはいい度胸だな。おら、コイツをバイクに結べ」 

拓海「お、お願いだ……。ピーだけは許してやってくれ。アタシにならなにやってもいいからよ……」 

P「拓海……」 

族「あっはっは! あの向井拓海が土下座かよ!」 

拓海「アタシにとってそいつは何より大事な旦那なんだ……。だからもう……」ポロポロ 

族「泣きやがった! はは、有り得ねぇ! ほら見ろよお前……ら!?」 

P「ふぅ……」ポキポキ


436:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:32:19.84 :+9FlWNTAO

族「い、いつの間に!?」 

P「……」ザッザッザッ 

族「く、くるな!」 

P「……これは拓海の分!」バキッ 

族「ぐほっ!」 

P「これは痛められた拓海の心の分!」ゲシッ 

族「ぎゃあ!?」 

P「これは拓海を泣かせた分!」ボキッ 

族「たわばっ!?」 

P「そしてこれは俺の……。俺の分だぁ!」ドドドドッ 

族「ひでぶ! はわっ……ひっ! うわらばっ!?」ブシュー 

P「……貴様には地獄すら生ぬるい」 

拓海「ピー!」 

P「ごめんな……。俺の為に土下座なんて……」 

拓海「いいんだ! ピーさえ無事なら、アタシ。アタシ!」ギュッ 



ちひろ「あかんて」 

P「いやもう本当にごめんなさい」


437:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:38:41.02 :+9FlWNTAO

ちひろ「調子乗るのも大概にして下さいよ」 

P「いやあのね? 拓海が泣いてるの見た瞬間に本気で覚醒しちゃって」 

ちひろ「いつから北斗神〇伝承者になったんですか。族役の彼無事なんでしょうね?」 

P「撮影後にマスク被って謝りに来てましたよ……」 

ちひろ「あのね。アイドルの新婚生活を見せる番組なんですよ。ユーシー?」 

P「オーライ……。ただあのままいくと薄い本のネタにされかねませんでしたから」 

ちひろ「もうされてます」 

P「分かってるから流れを変えたんです」 

ちひろ「悪化してますよ完全に」 

P「……次いきましょ次」 

ちひろ「まったく……」 


442:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:45:47.56 :+9FlWNTAO

千枝「えへへ……」 

P「あはは……」ギコギコ 

千枝「薫ちゃんが羨ましかったんですよ?」ボソッ 

P「ソ、ソッカー……」 

千枝「だから今日はうんと楽しみましょう♪ ね、ピーさん?」 

P「そ、そうだな」ギコギコ 

千枝「でも本当に久しぶりだなー、この遊園地」 

P「このヨットもな……。足漕ぎタイプならよかったんだが」 

千枝「それじゃ意味がないんです。これじゃないと……」 

P「初めて一緒にデートした思い出のヨットだからか?」 

千枝「はい♪」


443:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:53:52.40 :+9FlWNTAO

千枝「千枝にとって、これがピーさんとの距離を埋めてくれた大切なヨットなんです。他のじゃダメですよ」 

P「そうかい。で、どこまで漕げばいいかな?」 

千枝「湖のまん中までお願いします」 

P「了解。姫の仰せの通りに」 

千枝「ふふっ♪ あの頃とは違った景色ですね」 

P「そうか? 何も変わってない気もするけど」 

千枝「変わりましたよ。ほら……あなたに寄りかかれるくらいに……」ピトッ 

P「お、おいおい」 

千枝「……あの頃の千枝はまだ臆病で、伝えたい気持ちも心の中から出てきませんでした」 

P「うん……」


444:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 13:58:37.12 :+9FlWNTAO

千枝「でも今は違います。あなたと結ばれたから」 

P「そ、そうか……」 

千枝「……ちょうどまん中ですね」 

P「え!? あ、ああ、いつの間に……」 

千枝「千枝は大人になりました。もう子供じゃないの。だ、だから」 

P「う、うん?」 


千枝「こうして、大胆にだってなれるんです……!」チュッ 

P「」 



P「明らかにもう一撃ありそうだったんで湖に飛び込みました」 

ちひろ「さすがにそこはカットされてますね」


446:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:03:14.97 :+9FlWNTAO

P「あれ以来千枝に加速がかかったというか……」 

ちひろ「千枝ちゃんに関しては何も言いません。千枝ちゃんですし」 

P「薫とお嫁さんは私なの口論は凄かったなぁ……」 

ちひろ「しっかり桃華ちゃんも参戦してましたしね……。あれでまだ小学生なんだから先が楽しみですよ」 

P「アイドルとしてですよね?」 

ちひろ「さあ? ほらほら、次で最後みたいですよ」 

P「やっとか……」 


452:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:13:48.01 :+9FlWNTAO

比奈「あれ、何してるんスかー?」 

P「ん?」 

かな子「3時のおやつにはちょっと早いけど差し入れですよ♪」 

P「お。ありがとう」 

未央「おー! いいタイミングで帰ってきたかも! 私もちょーだい♪」 

比奈「本田さんお疲れ様ッスよ。で、何観てるんスか?」 

P「ああ、新婚シリーズの未公開編だとさ」 

未央「あれかー! 私も恥ずかしかったなぁ」ポリポリ 

比奈「なんかずっと漫画書いてただけな気もするッス」 

かな子「お、お菓子食べてただけかも……えへへ」 

P「……お前ら未公開のまま終わったけどな」 

未央「んなっ!?」 

比奈「アタシ的には助かったッスけど」 

かな子「ちょっぴり残念かな?」 

P「まあちょうどいいや。最後だし一緒に観るか」 

アイドルズ「はーい(ッス)」


454:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:23:04.34 :+9FlWNTAO

P「おー。やっぱり本物の城はデカいなぁ」 

舞「ほ、本当にここにお泊まりするんですか?」 

P「せっかくの新婚旅行なんだ。奮発しなきゃ」 

舞「でもこんなおとぎ話のようなところに泊まるなんて……。えへへ、まるで夢みたいですね」 

P「夢で終わらせるには勿体無いぞ? ほら、お姫様。ここからは私めがエスコートさせて頂きます」スッ 

舞「う、うむ! くるしゅうない!」ギュッ 

P「……ぷ。あはは」 

舞「あはは! もう、あなたったら」 

P「ごめんごめん。じゃあ行こうか。マイリトルプリンセス」 

舞「お願いしますね? 私のプリンス♪」


455:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:29:40.62 :+9FlWNTAO

舞「スゴい……。中はきらきらしてますね」 

P「元々は本当に王族が住んでた城だからな。今じゃ持ち主が変わって宿泊施設になってるけど」 

舞「あ! 鎧が立ってますよ!」 

P「おー。これ着て戦場に出てたのか……。重そうだな」 

舞「あなたなら平気で着こなして暴れてそう」 

P「そうか? 我一陣の風になりて姫を助けに行かん! ってか」 

舞「なんだか日本の武将みたいですよ?」 

P「ぐっ……。日本人なんだから仕方ないだろ。舞はどんな騎士がいい?」 

舞「そうですねぇ……」


456:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:39:55.71 :+9FlWNTAO

舞「じゃあ……」ゴニョゴニョ 

P「なるほど。姫よ、迎えに馳せ参じました!」 

舞「だ、ダメ! もうあなたとはいられないの!」 

P「王家の鎖に縛られる姫を見るのはもう耐えれないのです! さあ、御手を!」 

舞「も、もう魔法は解けたんです! 普通の生活に憧れる姫はもう……いないんです!」 

P「……ならば私がもう一度貴女様に魔法をかけてご覧になりましょう」 

舞「え……?」 

P「解けぬ魔法です。姫を幸せにする、たったひとつの魔法。さあ!」 

舞「騎士様……。はい!」 

P「ロミオとジュリエットっぽいな」 

舞「いいじゃないですか。それに私はもう魔法にかかってるんですよ?」 

P「ああ、一生解く気はないぞ?」 


舞「解かないで下さいね? プリンス♪」 



かな子「ひゃあ……」 

未央「うわぁ……」 

比奈「頂きッス」 

P「おい待てお前ら」


457:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:45:33.15 :+9FlWNTAO

ちひろ「これは要望が無かっただけの未放送ですね」 

未央「小学生相手によくもまあ……」 

P「そういう番組なんだから仕方ないだろ! 比奈、お前は何描いてるんだ!」 

比奈「い、いやぁー。夏コミのネタ考えてたんでちょうどいいかなーッて」 

P「脱オタはどうした」 

かな子「ダメですPさん……! 追っ手がもう……!」 

P「かな子は目を覚ませ。それは日菜子の専売特許だ」 

ちひろ「結局ロリコンを露呈しただけでしたね」 

P「違いますって! 明らかに人選に悪意があるじゃないですか!」


458:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 14:49:33.65 :+9FlWNTAO

ちひろ「そういう事にしといてあげますよ」 

比奈「騎士と姫との禁じられた愛……。タギるッス!」 

未央「でもやっぱり私も出番欲しかったなぁ」 

かな子「Pさん格好いい……」 

加奈「お疲れ様でーす! あれ? 皆さんどうしたんですか?」 

ちひろ「加奈ちゃんお疲れ様。毒牙にかかる前にあっちに行こうね?」 

加奈「はい?」 

P「誤解だーっ!」 



おわり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365746774